検事総長とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 検事総長の意味・解説 

けん じそうちょう -ちやう [4] 【検事総長】

最高検察庁の長である検察官庁務掌管し、かつすべての検察庁職員指揮監督する。

検事総長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 06:45 UTC 版)

検事総長(けんじそうちょう)は、検察官の中で最高位の官吏である。検事総長は官名であり、職名でもある。最高検察庁の長として庁務を掌理し、すべての検察庁の職員を指揮監督する権限を有している(検察庁法第7条)。日本以外の類似する役職名の訳語として用いられることもあるが、本稿では日本の検事総長について記述する。




  1. ^ 渡邉文幸 2009, p. 88.
  2. ^ 衆議院法務委員会 2010年3月9日
  3. ^ 検察官の俸給等に関する法律”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年6月23日閲覧。


「検事総長」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「検事総長」の関連用語

検事総長のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



検事総長のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの検事総長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS