徳島藩とは?

徳島藩

読み方:トクシマハン(tokushimahan)

阿波名東郡徳島の藩名。


徳島藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 14:11 UTC 版)

徳島藩(とくしまはん)は、阿波国徳島県)・淡路国兵庫県淡路島)の2国を領有した。藩庁は徳島城(徳島県徳島市)に置かれた。藩主は外様大名蜂須賀氏。支藩として一時、阿波富田藩があった。




  1. ^ 赤松領1万石の内7675石住吉20村。赤松則房は慶長3年(1598年)死去。大坂の陣後に廃され、敬台院の化粧領となる。
    赤松領1万石の内2325石乙瀬、奥野、大寺の3村は赤松則房に仕えていた乙瀬氏の乙瀬領となった。
  2. ^ 阿波おどり発祥には複数の説がある。
  3. ^ 徳川家康の外曾孫
  4. ^ 大坂冬の陣の感状は10個で、そのうち7つが徳島藩に贈られた。
  5. ^ 蜂須賀家の参勤交代先頭は、この時の感状であった。
  6. ^ 四国一の大藩である。
  7. ^ 淡路国の分離は庚午事変が遠因とも言われる。
  8. ^ 洲本城の歴史
  9. ^ 5代藩主蜂須賀綱矩三男。富田藩2代藩主隆長の養嗣子だったが廃嫡。
  10. ^ 最期の至鎮男系子孫
  11. ^ 正室は隆寛の妹 津世。休光の四男。兄弟に休紹。
  12. ^ 休栄と津世の娘・艶と婚姻。婿養子。娘・斐姫は蜂須賀茂韶の正室。娘・倫子は斉裕養女として鷹司輔政に嫁ぐ。
  13. ^ 8代藩主・宗鎮の養継嗣となるが早世
  14. ^ a b 男爵
  15. ^ (蜂須賀玄寅。(池田恒興の曾孫))
  16. ^ (池田興龍(鎮辰)。2代藩主蜂須賀忠英の四男)
  17. ^ (玄寅庶子)
  18. ^ (第8代藩主宗鎮の男系孫)
  19. ^ 蜂須賀家政従兄弟説あり。蜂須賀正勝正室まつが益田氏の出とも言われる。まつ弟益田一正の子
  20. ^ a b 蜂須賀家の御家騒動 山川浩實(徳島県立博物館・博物館ニュース2006年3月)
  21. ^ 武藤家文書 徳島県立文書館蔵
  22. ^ 昭和~平成の歴史学者牛田義文先祖
  23. ^ 歌舞伎の初代中村勘三郎は、重勝(中村右近)の庶子である、とする説がある。
  24. ^ 水戸藩御連枝
  25. ^ 正室は富田藩初代藩主・蜂須賀隆重の次女。
  26. ^ 柳に水車図・桐花図杉戸絵徳島城博物館蔵、徳島市有形文化財
  27. ^ 『大名華族』では「第二次世界大戦時の空襲で焼失した」と書かれているが現存。
  28. ^ 原士とは/原士堀北家控帳 阿波市立図書館 ADEAC
  29. ^ 市場町の民家 郷土研究発表会紀要第25号 徳島県立図書館
  30. ^ 上林春松本店 長屋門の屋根に蜂須賀家の家紋が入った瓦が見られる。
  31. ^ 藍作・養蚕・棉作・焔硝の採取・織物・紺屋人口動態について」阿波学会研究紀要 郷土研究発表会紀要第31号






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「徳島藩」の関連用語

徳島藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徳島藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳島藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS