参勤交代とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 参勤交代の意味・解説 

さんきん‐こうたい〔‐カウタイ〕【参勤交代】

読み方:さんきんこうたい

江戸幕府諸大名定期的に江戸参勤させた制度寛永12年(1635)制度化され、1年おきの在府在国原則とした。このため全国交通発達したが、大名巨額の出費余儀なくされ、その妻子幕府人質となった


参勤交代 (さんきんこうたい)


参勤交代

読み方:サンキンコウタイ(sankinkoutai)

江戸幕府大名統制策の一。一定期間諸大名江戸居住させた制度

別名 参覲交代


参勤交代

作者国枝史郎

収載図書国枝史郎歴史小説傑作選
出版社作品社
刊行年月2006.3


参勤交代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/31 09:25 UTC 版)

参勤交代(さんきんこうたい)とは、江戸時代において各藩の主である大名交代寄合を交替で江戸に出仕させる制度。参勤交替参覲交代参覲交替などとも書く。


注釈

  1. ^ 近世の高野山寺領は2万1,300石で、1649年に高野山の学侶方と行人方の双方に江戸在番が命じられた[2]
  2. ^ 当時の文書は当然手書きであり、「参」の字は康煕字典体の「參 (ムムム人彡)」ではなく、異体字「(ムニニ人水)」となっている。
  3. ^ 熊沢蕃山は著書の「大学或問」で、鎌倉時代の如く、諸大名は三年に一度の参勤、在府五十日か六十日に定めたならば、三十万石の大名でも米五千石で余りがあろう。当代は、江戸に諸大名の母儀・奥方・子たちが居るので、將軍家が気遣う人はいない。公儀から在府を短かくすれば、御恩恵となって辱く思われて心服の本となろう。諸侯が財政難となって参府が出来ず、下から願って許されるのでは悪いであろう。世間に多い善政中でも江戸詰を許されるのが仁政の大本である、と述べている[5]
  4. ^ 室鳩巣は八代將軍吉宗の諮問に答えたものとして「献可録」を残しているが、その中で、古代中国の諸国の例を挙げて、周の時代には五年に一度の朝観とあり、いずれの国でも諸侯が都に逗留するのは僅かであるとしている。鎌倉時代に、和田・畠山・三浦・佐々木などの旧功譜代の家は鎌倉に居て、折ふし領地に行ったが、遠国外様の大名はいずれも在国していた。室町幕府の時も細川・畠山などは在京し、その他の大名は京都へ参勤したが、これも隔年に交代したことはない。江戸中には四方から大勢の人馬が入りこみ、諸物が払底している。大名の参勤が今の通りでは、諸大名も大分の費用がかかり、却て江戸が困窮する。そこで先年の上米の制度の時の如く、在府半年、在国一年半とすれば、在府の大名も半分となり、江戸中も人が少なく物静かになるであろうと述べている[5]
  5. ^ 中井竹山の「草茅危言」は、老中松平定信が大坂に赴いた折に、竹山を召して経義を講じさせ、また、当世の事務を諮問した時に奉呈したものという。それには、今の参勤の制は領地の遠近に拘らず一様である。最も遠い薩摩からは海陸四百里に及び、四、五十里の諸侯と同じでは余りに労逸の差がある。帰国はいつも夏のことであるから、大勢の供廻りの者の中には病人が出て、途中で死ぬ者も年々何人となくある。九州の諸大名は同じ苦痛をしている。そこで、江戸より五十里以内の大名は毎年参勤して在府五十日、百里以内は二年に一度参勤して在府百日、二百里以内は四年に一度で在府三百日、三百里以上は五年に一度、在府一年とし、妻子はすべて帰国させる。こうすれば諸侯の窮乏を救い、天下の民をゆるめ、上下洋々として太平の化に浴するであろう、と述べている[5]

出典

  1. ^ a b c d e f 武部健一 2015, p. 119.
  2. ^ a b 木食応其と高野山”. 和歌山県教育センター学びの丘. 2021年9月21日閲覧。
  3. ^ 『江戸三〇〇年「普通の武士」はこう生きた』著・八幡和郎、臼井喜法
  4. ^ a b 参勤交代のねらいは>:「参勤交代」の授業における留意点 早川明夫、『教育研究所紀要』16号、 pp. 111 - 119、2007-12、文教大学。
  5. ^ a b c d e f g h 児玉幸多「参勤交代制度の意義」『日本学士院紀要』52巻3号、1998年
  6. ^ 山本博文『参勤交代』第一章 参勤交代の歴史 1 参勤交代の源流 丸山雍成説より p28〜29。
  7. ^ 吉村豊雄 1989, p. 35.
  8. ^ 吉村豊雄 1989, p. 28.
  9. ^ 工藤 2009, p. 314.
  10. ^ 山本博文 1998, p. 210-212.
  11. ^ 金沢板橋間駅々里程表 所蔵文書データベース”. 金沢市立玉川図書館近世史料館. 2021年8月8日閲覧。
  12. ^ 永原慶二、青木和夫、佐々木潤之介 『百姓・町人と大名』読売新聞社〈日本の歴史 ジュニア版 第3巻〉、1987年、134頁。 
  13. ^ 『加賀藩大名行列図屏風』加賀藩の大名行列を記した屏風より。
  14. ^ a b 武部健一 2015, p. 120.
  15. ^ コンスタンチン・ヴァポリス 『日本人と参勤交代』柏書房、2010年。ISBN 978-4760138210 
  16. ^ 石川県の金沢市にある大樋松門跡の立札には『通行旅行ノ武士ハ(中略)松門ヲ出レバ行装ヲ崩ス慣例ナリキ』(引用)とある。
  17. ^ 山本博文 1998, p. 93-104.
  18. ^ 山本博文 1998, p. 98-99.
  19. ^ 山本博文 1998, p. 141-142.
  20. ^ 御道中日記
  21. ^ 宇和島伊達家の参勤交代 (PDF) (第19回 宇和島市民歴史文化講座「そこ・どこや」 2011年1月16日)。
  22. ^ a b 参勤交代と日本の文化 コンスタンティン・ノミコス・ヴァポリス(メリーランド大学準教授)日文研フォーラム、第169回 pp. 1 - 29、2004-10、国際日本文化研究センター。
  23. ^ 渡邊容子「参勤交代について華頂短期大学『華頂博物館学研究』Vol.5、1998年12月 ISSN 0919-7702 p. 27 - 44。


「参勤交代」の続きの解説一覧

参勤交代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 07:06 UTC 版)

与板藩」の記事における「参勤交代」の解説

井伊家江戸城詰席は帝鑑間であった上屋敷安永年代数寄屋橋内、文久年代は向柳原明治になると下谷七曲り所在した。参勤の様子は1824年文政7年)を例に取ると、5月15日与板出発三国街道進み川口六日町三俣須川渋川本庄桶川板橋宿泊する5月23日江戸へ到着した

※この「参勤交代」の解説は、「与板藩」の解説の一部です。
「参勤交代」を含む「与板藩」の記事については、「与板藩」の概要を参照ください。


参勤交代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 06:32 UTC 版)

久留米藩」の記事における「参勤交代」の解説

久留米藩の参勤交代は、久留米城出て現在の通町十丁目から北に曲がり百年公園の北にあった宮地渡し筑後川越え宮ノ陣町の古賀茶屋薩摩街道に合流していた。4代藩主有馬頼元までは瀬戸内海海路使っていたが、天候影響され決まった日にたどり着くことができないため、6代藩主則維からは山陽道東海道陸路江戸向かっていた。

※この「参勤交代」の解説は、「久留米藩」の解説の一部です。
「参勤交代」を含む「久留米藩」の記事については、「久留米藩」の概要を参照ください。


参勤交代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 20:14 UTC 版)

岩村藩」の記事における「参勤交代」の解説

岩村藩は参勤交代で江戸へ行き来する際には、岩村城から飯羽間根上から上平を通って夕立山を越え佐々良木竹折村土岐郡駄知村曽木村柿野村から三国山越えて三河の拳母に出て岡崎宿から、東海道江戸へ向かったこの道筋は遠回りではある美濃国内は全て岩村藩領を通るため他領を通る場合面倒な手続き回避できたのである岩村藩では、この道筋を大名街道呼んでいた。また中山道ではなく東海道通行し理由は、享保20年1735年)に1万石の加増を受けて3万石となった際にその内の5,276石が駿河国15で、そこを支配するための岩村藩横内陣屋東海道沿いにあり、立寄る目的もあった。

※この「参勤交代」の解説は、「岩村藩」の解説の一部です。
「参勤交代」を含む「岩村藩」の記事については、「岩村藩」の概要を参照ください。


参勤交代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 09:30 UTC 版)

美濃衆」の記事における「参勤交代」の解説

交代寄合」も参照 交代寄合旗本であるが大名と同様に参勤交代をした。美濃衆の参勤交代は「四月参府五月御暇と言われるほど江戸で滞在期間短かった。更に2家と1家に分かれて隔年参勤することが基本であり、幼少での家督相続があった場合は初御目見までは他の2家が交代勤めた他にも美濃伊勢尾張河川普請見回り勤めた年とその翌年参勤免除され免除期間中に見回り命じられ場合には参勤免除繰り越された。その他に家督相続のための御礼参府をした翌年病気時も参勤免除となったため、結果的にはほとんどの期間を国元過ごした

※この「参勤交代」の解説は、「美濃衆」の解説の一部です。
「参勤交代」を含む「美濃衆」の記事については、「美濃衆」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「参勤交代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「参勤交代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「参勤交代」の関連用語

参勤交代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



参勤交代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの参勤交代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの与板藩 (改訂履歴)、久留米藩 (改訂履歴)、岩村藩 (改訂履歴)、美濃衆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS