室鳩巣とは?

むろきゅうそう -きうさう 【室鳩巣】 ○

1658~1734江戸中期儒学者江戸の人。名は直清。加賀藩仕え藩命により木下順庵朱子学を学ぶ。のち、新井白石推挙により幕府儒官となり、将軍吉宗侍講。著「六諭衍義大意りくゆえんぎたいい)」「赤穂義人録」「駿台雑話」など。

むろきゅうそう 【室鳩巣】

江戸中期朱子学者江戸生まれ。父は医者。名は直清。木下順庵学び幕府儒官従来仁斎学派・徂徠学派闇斎学派などに対し、純粋な朱子学説を再興しようとした。著『赤穂義人録』他。(一六五八~一七三四)

室鳩巣

読み方むろ きゅうそう

江戸中期儒者備前生。名は直清、字を師礼・汝玉・別号滄浪初め金沢藩仕え、のち京都遊び木下順庵師事新井白石と並んで英才誉れ高く、また白石推薦幕府儒官となり、経学文章共に優れた大儒となる。著書多数享保19年(1734)歿、77才。

室 鳩巣 (むろ きゅうそう)

1658〜1734 (万治元年享保19年)
儒者新井白石と並ぶ、木下門下俊才吉宗享保の改革補佐
江戸生まれ朱子学派儒者15歳加賀藩出仕し、京都木下順庵師事同門新井白石推挙幕府儒官となり、合理的な人材登用を可能にした足高の制設けるなど、享保の改革補佐した。のちには将軍吉宗家重二代侍講となる。赤穂事件の折には『義人録』を著し主従の義を重んじる立場浪士を讃えた。新井白石、室鳩巣らの登場朱子学は、林家から木下順庵門下にその中心移した。

 年(和暦)
1659年 (万治2年) 江戸城本丸造営竣工 1才
1663年 (寛文3年) 武家諸法度改定 5才
1681年 (天和元年) 護国寺建立 23
1682年 (天和2年) 江戸大火八百屋お七火事 24
1687年 (貞享4年) 生類憐みの令 29
1698年 (元禄11年) 江戸大火勅額火事 40
1702年 (元禄15年) 赤穂浪士討ち入り 44
1703年 (元禄16年) 江戸開府100年 45
1705年 (宝永2年) 御蔭参り流行 47
1707年 (宝永4年) 富士山噴火 49
1718年 (享保3年) 御蔭参り流行 60
1719年 (享保4年) 相対済し令 61
1720年 (享保5年) 江戸大火 62
1720年 (享保5年) 江戸町火消しいろは組設置 62
1722年 (享保7年) 小石川養病所設置 64
1732年 (享保17年) 西日本蝗害 74


 人物
新井 白石 1657年1725年 (明暦3年享保10年) +1
柳沢 吉保 1658年1714年 (万治元年正徳4年) 0
尾形 光琳 1658年1716年 (万治元年享保元年) 0
大石 内蔵助 1659年1703年 (万治2年元禄16年) -1
市川 団十郎 1660年1704年 (万治3年宝永元年) -2
尾形 乾山 1663年1743年 (寛文3年寛保3年) -5
鳥居 清信 1664年1729年 (寛文4年享保14年) -6

室鳩巣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/18 02:01 UTC 版)

室 鳩巣(むろ きゅうそう、万治元年2月26日1658年3月29日) - 享保19年8月12日1734年9月9日))は、江戸時代中期の儒学者。室玄樸の子。は直清、字は師礼、通称は新助(信助とも)、号は鳩巣・滄浪。


  1. ^ 7代将軍徳川家継の後見人として、徳川吉宗の最大のライバルであった尾張藩主徳川吉通の突然の死に関し、「食後に血を吐き、苦しみながら死んだ。医者も全く手に負えなかったため、多くの者がその死を疑った」との記述がある。同年の数か月前に尾張藩士二人が吐血頓死・自害する事件が起きている。また、江島生島事件に関しては、事件の顛末に触れた記述の中に「不義密通」の文言が無かったため、事件が当時大奥で権勢を奮っていた月光院派を排除するための、天英院派の陰謀・でっち上げだったとする説の根拠となっている。


「室鳩巣」の続きの解説一覧



室鳩巣と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「室鳩巣」の関連用語

室鳩巣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



室鳩巣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2019 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの室鳩巣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS