鳥居 清信とは? わかりやすく解説

とりい‐きよのぶ〔とりゐ‐〕【鳥居清信】


鳥居 清信 (とりい きよのぶ)

1664〜1729 (寛文4年享保14年)
浮世絵師現代まで続く、歌舞伎絵名門鳥居家初代
江戸前期浮世絵師大坂生まれ俗称庄兵衛女形役者の父清元とと江戸下って江戸歌舞伎専属看板絵となった伝えられる独特の描画による役者一枚絵により、鳥井派の初代となる。

 年(和暦)
1681年 (天和元年) 護国寺建立 17才
1682年 (天和2年) 江戸大火八百屋お七火事 18
1687年 (貞享4年) 生類憐みの令 23
1698年 (元禄11年) 江戸大火勅額火事 34
1702年 (元禄15年) 赤穂浪士討ち入り 38
1703年 (元禄16年) 江戸開府100年 39
1705年 (宝永2年) 御蔭参り流行 41
1707年 (宝永4年) 富士山噴火 43
1718年 (享保3年) 御蔭参り流行 54
1719年 (享保4年) 相対済し令 55
1720年 (享保5年) 江戸大火 56
1720年 (享保5年) 江戸町火消しいろは組設置 56
1722年 (享保7年) 小石川病所設置 58


柳沢 吉保 1658年1714年 (万治元年正徳4年) +6
室 鳩巣 1658年1734年 (万治元年享保19年) +6
尾形 光琳 1658年1716年 (万治元年享保元年) +6
大石 内蔵助 1659年1703年 (万治2年元禄16年) +5
市川 団十郎 1660年1704年 (万治3年宝永元年) +4
尾形 乾山 1663年1743年 (寛文3年寛保3年) +1
八百屋 お七 1666年1683年 (寛文6年天和3年) -2
荻生 徂徠 1666年1728年 (寛文6年享保13年) -2
Sidotti Giovanni Battista 1668年1714年 (寛文8年正徳4年) -4

鳥居清信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 04:49 UTC 版)

鳥居 清信(とりい きよのぶ、寛文4年〈1664年〉 - 享保14年7月28日1729年8月22日〉)とは、江戸時代中期の浮世絵師。鳥居派の祖。


  1. ^ 辻惟雄監修 『ボストン美術館 肉筆浮世絵 別巻 春画名品選』 講談社、2001年6月27日、pp.20-31,136-137。
  2. ^ 永青文庫 春画展日本開催実行委員会編集 『SHUNGA』 春画展日本開催実行委員会、2015年9月19日、pp.134-137


「鳥居清信」の続きの解説一覧

「鳥居 清信」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鳥居 清信と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鳥居 清信のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鳥居 清信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥居清信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS