浮世草子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 形態 > 浮世草子の意味・解説 

うきよ‐ぞうし〔‐ザウシ〕【浮世草子】


うきよ‐ぞうし ‥ザウシ 【浮世草子】

〔名〕 近世小説一種文学史上、天和二年(一六八二)出版井原西鶴作「好色一代男以降安永(一七七二‐八一)頃までの約一〇〇年間主として上方中心に出版された写実的庶民文学をさす。浮世本

*浮世草子・風流比翼鳥(1707)一〇「末はよし原細見図、一つとやの数へうた、さてはとはどうしゃうき世ぞうしなどうりあるき」

[語誌](1)西鶴当時はまだ、仮名草子呼ばれており、「浮世草子」の称は、宝永年間(一七〇四‐一一)頃から行なわれたが、その時点では当時の「浮世」の意味を反映して、享楽的猥雑好色本同義に使われた。
(2)正徳(一七一一一六)頃、西川祐信春本まがいの好色本が出ると、それらと区別して、好色物ではあるが、当時世態人情を描く本の意で使われた。
(3)作品内容長編化し時代物主流になる中で、享保(一七一六三六以後は、「読本」と称されることも多くなるが、江戸読本隆盛期迎え文化文政一八四‐三〇)期以後は、それらと区別して、「浮世草子」の語も復活した。これを受けつぎ、明治以後西鶴やその周辺作家作品、及び八文字屋本などを示す文学史上の用語として定着した。


浮世草子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 01:04 UTC 版)

浮世草子(うきよぞうし)は、江戸時代に生まれた前期近世文学の主要な文芸形式のひとつ。


  1. ^ a b c d e f g h 岡本勝雲英末雄編 『新版 近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、30頁。 
  2. ^ a b c d e f 長谷川強監修,『浮世草子大事典』編集委員会編 『浮世草子大事典』 笠間書院、2017年10月、2-5頁。 
  3. ^ 野間光辰校注 『浮世草子集』 岩波書店、1966年11月、3-13頁。 
  4. ^ 岡本勝雲英末雄編 『新版 近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、34頁。 


「浮世草子」の続きの解説一覧



浮世草子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浮世草子」の関連用語

浮世草子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浮世草子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浮世草子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS