読本とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 読本の意味・解説 

とく‐ほん【読本】

読み方:とくほん

太平洋戦争前まで小学校国語授業使用した教科書。また一般に教科書のこと。

読みやすいようにやさしく書かれ入門書解説書。「文章—」


よみ‐ほん【読本】


読本

読み方:ヨミホンyomihon

江戸時代文章を読む楽しみを主とした小説一種


読本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/30 14:40 UTC 版)

読本(よみほん)は、中国の白話小説の影響を受けて江戸時代後期に流行した伝奇風小説集。寛政の改革以降流行し、文化文政の頃全盛となり、明治になっても活字本として流布し読み継がれた。




「読本」の続きの解説一覧

読本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/23 02:19 UTC 版)

栗杖亭鬼卵」の記事における「読本」の解説

1811年文化8年)から1821年文政4年にかけて上梓した『勇婦全伝絵本更科草紙』は、石田玉山、および、一峰斎馬円が画を担当している。この『勇婦全伝絵本更科草紙』が、尼子十勇士人物像具体的に描いた初出とされ、のちに尼子十勇士広く知られるきっかけとなった

※この「読本」の解説は、「栗杖亭鬼卵」の解説の一部です。
「読本」を含む「栗杖亭鬼卵」の記事については、「栗杖亭鬼卵」の概要を参照ください。


読本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 01:08 UTC 版)

曲亭馬琴」の記事における「読本」の解説

高尾船字文』(たかおせんじもん)1796 画:栄松斎長喜小説比翼文』(しょうせつひよくもん)1804 画:葛飾北斎曲亭伝奇花釵児』(きょくていでんはなかんざし)1804 (岩波新日本古典文学大系) 『復讐月氷奇縁』(かたきうちげっぴょうきえん)1804 画:流光斎如圭巻一・ニのみ。巻三以降は不明) - 出世作復讐奇譚稚枝鳩』(ふくしゅうきだんわかえのはと)1805 画:歌川豊国源家勲績 四天王剿盗異録』(げんけくんせきしてんのうそうとういろく)1805 画:豊国小夜中山復讐 石言遺響』(さよのなかやまふくしゅうせきげんいきょう)1804 画:蹄斎北馬新編水滸画伝』(しんぺんすいこがでん)1805 画:北斎中絶し高井蘭山に代わる) 『新累解脱物語』(しんかさねげだつものがたり1807年文化4年発行、画:葛飾北斎椿説弓張月』(ちんせつゆみはりづき1807年-1811年文化4年-8年発行、画:葛飾北斎三七全伝南柯夢』(さんしちぜんでんなんかのゆめ1808年文化5年発行、画:葛飾北斎雲妙間雨夜月』(くものたえまあまよのつき1808年 画:歌川豊広頼豪阿闍梨恠鼠伝』(らいごうあじゃりかいそでん)1808年 画:北斎松浦佐用姫石魂録』(まつらさよひめせきこんろく)1808年 画:豊広 『俊寛僧都物語』(しゅんかんそうずしまものがたり1808年文化5年発行、画:歌川豊広 『旬伝実々記』(じゅんでんじつじつき)1808年 画:豊広 『松染情史秋七草』しょうせんじょうしあきのななくさ1809年文化6年発行、画:歌川豊広夢想兵衛胡蝶物語』(むそうびょうこちょうものがたり1810年 画:豊広 『南総里見八犬伝』(なんそうさとみはっけんでん1814年-1842年文化11年-天保13年発行、画:柳川重信渓斎英泉二代柳川重信朝夷巡島記』(あさひなしまめぐりのき1815年文化12年第1集発行未完)、画:歌川豊広近世説美少年録』(きんせせつびしょうねんろく1829年-1830年文政12年-13年発行、画:歌川国貞魚屋北渓開巻驚奇侠客伝』(かいかんきょうききょうかくでん1832年天保3年第1集発行未完)、画:渓斎英泉二代柳川重信歌川国貞

※この「読本」の解説は、「曲亭馬琴」の解説の一部です。
「読本」を含む「曲亭馬琴」の記事については、「曲亭馬琴」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「読本」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「読本」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



読本と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

読本のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



読本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの読本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの栗杖亭鬼卵 (改訂履歴)、曲亭馬琴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS