読本とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 読本の意味・解説 

とく ほん [0]読本

明治期から第二次大戦直後まで、小学校国語教科書として使われた本。また、広く教科書一般をもいう。
種々の問題について、やさしく解説したよみものに付ける名称。 文章 人生

よみ ほん [0]読本

江戸後期小説一種。絵を主体とした草双紙に対して、読むのを主とした本の意。寛延宝暦1748~1764)頃、上方に興り、寛政の改革以後江戸流行天保1830~1844)頃まで続いた。中国白話小説影響を受け、日本史実素材にした伝奇的傾向の強い作品多く勧善懲悪因果応報思想などを軸として雅俗折衷的な文体で記された。半紙本五、六冊を一編とし、口絵挿絵を伴う。都賀庭鐘上田秋成山東京伝曲亭馬琴などが著名で、「雨月物語」「南総里見八犬伝」などが代表的


読本

読み方:ヨミホンyomihon

江戸時代文章を読む楽しみを主とした小説一種


読本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/05 05:34 UTC 版)

読本(よみほん)は、江戸時代後期に流行した伝奇小説寛政の改革以降流行し、文化文政の頃全盛となり、明治になっても活字本として流布し読み継がれた。




「読本」の続きの解説一覧



読本と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「読本」の関連用語

読本のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



読本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの読本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS