木本とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 木本の意味・解説 

もく‐ほん【木本】

読み方:もくほん

樹木のこと。木部発達著しく、その細胞壁木化して強固になり、地上茎多年にわたって生存しつづける植物高木低木とに分けられる。→草本


木本

読み方:コノモト(konomoto)

所在 福井県大野市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒912-0433  福井県大野市木本

(木本 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 17:27 UTC 版)

(き)とは、


  1. ^ a b c d e f g 平凡社『世界大百科事典』vol.6:「き 木」岩槻邦男執筆箇所(p.528)
  2. ^ a b c 「き【木・樹】」『広辞苑』第五版 p.620
  3. ^ NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)p.52
  4. ^ NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)p.57
  5. ^ 尾池和夫 (2007年4月6日). “京都大学-大学の紹介/総長室 2007年4月6日 大学院入学式 式辞”. 2008年4月9日閲覧。
  6. ^ ピーター・トーマス『樹木学』(築地書館 2001年7月30日初版発行)p.38
  7. ^ NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)p.53
  8. ^ 関岡東生監修『図解 知識ゼロからの林業入門』(家の光協会 2016年11月1日第1版発行)p.56
  9. ^ ピーター・トーマス『樹木学』(築地書館 2001年7月30日初版発行)p.27
  10. ^ ピーター・トーマス『樹木学』(築地書館 2001年7月30日初版発行)p.28
  11. ^ 堀大才『絵でわかる樹木の知識』(講談社 2012年6月20日第1刷発行)p.55
  12. ^ ピーター・トーマス『樹木学』(築地書館 2001年7月30日初版発行)pp.28-29
  13. ^ ピーター・トーマス『樹木学』(築地書館 2001年7月30日初版発行)pp.34-35
  14. ^ 堀大才『絵でわかる樹木の知識』(講談社 2012年6月20日第1刷発行)p.6
  15. ^ 堀大才『絵でわかる樹木の知識』(講談社 2012年6月20日第1刷発行)p.42
  16. ^ Heijden, Marcel G. A. van der (2016-04-15). “Underground networking” (英語). Science 352 (6283): 290–291. doi:10.1126/science.aaf4694. ISSN 0036-8075. PMID 27081054. http://science.sciencemag.org/content/352/6283/290. 
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 平凡社『世界大百科事典』vol.6:【き 木】の飯島吉晴および濱谷稔夫執筆箇所(pp.528-529)
  18. ^ 浅井治海『森と樹木と人間の物語: ヨーロッパなどに伝わる民話・神話を集めて』(フロンティア出版、2006年)p.42
  19. ^ a b NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)p.77
  20. ^ NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)p.26
  21. ^ 「世界の森林を守るために 3」環境省(2017年5月27日閲覧)
  22. ^ NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)pp.79-80 
  23. ^ NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)pp.29-30
  24. ^ NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)p.45
  25. ^ 前田秀一『トコトンやさしい紙と印刷の本』(今日からモノ知りシリーズ・日刊工業新聞社 2018年12月19日初版1刷発行)pp.10-15
  26. ^ ルイス・ダートネル著 東郷えりか訳『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』(河出書房新社 2015年6月30日初版発行)pp.128-131
  27. ^ ヘレン&ウィリアム・バイナム著 栗山節子訳『ビジュアル版 世界有用植物誌 人類の暮らしを変えた驚異の植物』(柊風舎 2015年9月22日第1刷)pp.156-159
  28. ^ 漆とは 香川県漆芸研究所(2020年12月10日)2022年7月20日閲覧
  29. ^ NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)pp.16-17
  30. ^ NPO法人共存の森ネットワーク企画 鈴木京子・赤堀楠雄・浜田久美子著『基礎から学ぶ 森と木と人の暮らし』(農山漁村文化協会 2010年3月10日第1刷)p.78
  31. ^ 世界初の「木のお酒」?香りと味わいは 森林総研が開発 朝日新聞
  32. ^ 石毛直道『世界の食べもの 食の文化地理』(講談社学術文庫 2013年5月9日第1刷)pp.114-115
  33. ^ 「木粉混ぜ込んだパウンドケーキ」産経新聞』朝刊2022年9月4日(生活面)2022年9月10日閲覧
  34. ^ [1]
  35. ^ 登山者の「過剰」な目印?ピンクの塗料が樹木や岩に…「憤り感じた」” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年2月28日閲覧。
  36. ^ ど~なの?DJ”. www.tbc-sendai.co.jp. 東北放送. 2022年2月28日閲覧。
  37. ^ 『PEAKS』2021年2月号 No.135 p.57
  38. ^ 福岡義隆 編『植物気候学』(古今書院 2010年3月10日初版第1刷発行)p.23
  39. ^ 「斉藤一雄・田端貞寿編著『緑の環境デザイン 庭から国立公園まで』(日本放送出版協会 昭和60年4月20日第1刷発行)pp.38-42
  40. ^ 地球温暖化防止に向けて 林野庁(2017年7月15日閲覧)
  41. ^ よくある質問 林野庁(2020年4月13日閲覧)



木本(きもと)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 00:02 UTC 版)

ピンクとグレー」の記事における「木本(きもと)」の解説

真吾らと同じマンション住んでいた同級生眼鏡をかけている小太り少年家でアヒルの「マルコフ」を飼っている。小学4年生の冬に転校し、大貴らとは離れ離れになる

※この「木本(きもと)」の解説は、「ピンクとグレー」の解説の一部です。
「木本(きもと)」を含む「ピンクとグレー」の記事については、「ピンクとグレー」の概要を参照ください。


木本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 07:19 UTC 版)

播種」の記事における「木本」の解説

盆栽用の松柏類(コニファー)やカエデハゼノキなどは、ほとんどタネから作られている。メタセコイアユーカリのように、タネから1年で1メートル近くなるものもある。花木類は、開花までに2,3年から10年くらいかかるものまである果樹類のタネ売られているが、これは品種もの接ぎ木挿し木増やしたほうが断然良いタネからまいたものは、果実小さく、また味もまずいので、タネからは作らない方がよい

※この「木本」の解説は、「播種」の解説の一部です。
「木本」を含む「播種」の記事については、「播種」の概要を参照ください。


木本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 10:10 UTC 版)

糺の森」の記事における「木本」の解説

糺の森には、幹の直径が10cmを超える木本がおよそ4,700群生している。そのうち樹齢200年から600年達するものは約600本である。1983年昭和58年)より京都大学研究チーム中心とするグループによって植生調査が行われており、それによればムクノキAphananthe aspera)が71.9%、ケヤキZelkova serrata)が15.9%、その他エノキCeltis sinensis var. japonica)・イチイガシQuercus gilva)・ツバキCamellia japonica)・ナナミノキIlex chinensis)・アオキAucuba japonica)・シュロTrachycarpus fortunei)などの自生確認されている。2001年平成13年)の調査でもこの傾向変化していない。 以下に糺の森詳細な樹種構成を示す糺の森周り1m以上の大径1939年昭和14年)(池田1991年平成3年)(森本ら) 2002年平成14年)(森本ら) 樹種本数 構成比(%) 本数 構成比(%) 本数 構成比(%) ムクノキ44 45.4 239 19.4 243 19.2 ケヤキ21 21.6 129 10.5 147 11.6 イチイガシ6 6.2 5 0.4 4 0.3 エノキ4 4.1 233 18.9 254 20 ナナミノキ3 3.1 7 0.5 4 0.3 ツバキ3 3.1 4 0.3 4 0.3 イヌザクラ3 3.1 0 0 0 0 アラカシ2 2.1 29 2.3 36 2.8 アキニレ2 2.1 5 0.4 4 0.3 シイ1 1 76 6.1 79 6.2 イチョウ1 1 26 2.1 30 2.3 スギ1 1 23 1.8 30 2.3 タラヨウ1 1 11 0.8 11 0.8 ムクロジ1 1 0 0 1 0 カヤ1 1 0 0 0 0 キササゲ1 1 0 0 0 0 コブシ1 1 0 0 0 0 ヤマモミジ1 1 0 0 0 0 クスノキ0 0 336 27.3 324 25.5 シリブカガシ0 0 28 2.2 26 2 シラカシ0 0 10 0.8 14 1.1 その他0 0 63 3.8 56 4.4 合計97 100 1227 100 1267 100 1939年昭和14年)の調査は、調査5年前に当たる1934年昭和9年)の室戸台風翌年大水害被害受けた後の態である。この水害内に数千本あった樹木97本ま激減したが、1991年平成3年になると水害後に植えられクスノキ顕著に生育している。クスノキ他にも多くの樹木生長見せ、1,000以上の大径木が糺の森樹冠構成する至っている。また、水害後に残った97本では、うち25本がなお巨木として内に残っている植林用のクスノキ当時内務省から配布されたものであったが、これは本来京盆地は分していない。このクスノキ順調に成育しムクノキエノキ凌いで主要な樹種になっている。それは原生林であった糺の森植物相人為的な干渉受けたということでもある。ニレ科実生確認されてはいるが、クスノキのような常緑樹優占する陰樹林林床では日照不足し定着して成木に育つ例は少ない。 逆にクスノキによる陰樹林に伴って増殖した樹種もある。シュロも元々は糺の森生育していなかった植物であるが、2003年平成15年時点では直径10cm以上のものだけで250本を越える数となっている。これは種子がによって運ばれ発芽定着したものである考えられている。シュロ糺の森侵入して数を増やした背景としては、日照低下他に年平均気温の上昇などが挙げられる

※この「木本」の解説は、「糺の森」の解説の一部です。
「木本」を含む「糺の森」の記事については、「糺の森」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「木本」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「木本」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



木本と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「木本」の関連用語

木本のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



木本のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのピンクとグレー (改訂履歴)、播種 (改訂履歴)、糺の森 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS