タブノキとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > クスノキ科 > タブノキの意味・解説 

タブノキ


本州伊豆七島四国九州沖縄台湾南朝鮮中国などに分布しています。海岸沿いのところでは太平洋側では岩手県南部日本海側では青森県南部にまで見られます。

木材
心材辺材境界認められます。前者は紅褐色後者はやや褐色を帯びています。タブノキはその木材の色によって、より赤いものをベニタブ淡色のものをシロタブというように区別することがあり、前者のほうが高く評価されています。年輪認められます。日本木材のなかでは珍しく、木理交錯しています。また、木理乱れていることがあり、そのため材面に化粧価値のあるが出てきることがあります。肌目は粗です。気乾比重は0.50-0.65(平均値)-0.77で、木材はほぼ中庸硬さをもっています。保存性はほぼ中程度です。切削などの加工はとくに難しいことはありません。仕上がり中程になります

用途
器具家具建築などに用いられます。しかし、タブノキの木材は、暖かい地域蓄積が多いので、それ以外の地域ではよく知られてはいません。樹皮絹織物染料になります


タブノキ

作者雀野日名子

収載図書あちん
出版社メディアファクトリー
刊行年月2008.5
シリーズ名幽ブックス


タブノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 00:29 UTC 版)

タブノキ(椨 Machilus thunbergii)とはクスノキ科タブノキ属の常緑高木である。イヌグスタマグスヤマグスツママとも称される。単にタブとも。ワニナシ属(Perseaアボカドと同属、熱帯アメリカなどに分布)とする場合もある(学名:Persea thunbergii)。


  1. ^ 藤山宏『プロが教える住宅の植栽』学芸出版社、2010年、9頁。


「タブノキ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タブノキ」の関連用語

1
100% |||||


3
96% |||||

4
78% |||||

5
78% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

タブノキのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タブノキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2020 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタブノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS