硬さとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 硬さの意味・解説 

かた‐さ【硬さ】

読み方:かたさ

硬いこと。また、その度合い

心理学で、行動思考融通性欠けること。

「硬さ」に似た言葉

硬さ

読み方:かたさ

形容詞硬い」が、接尾語「さ」により体言化した形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

硬さ

読み方:かたさ

ク活用形容詞硬し」が、接尾語「さ」により体言化した形。
硬し」の口語形としては、形容詞硬い」が対応する

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

硬さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/05 04:35 UTC 版)

硬さ(かたさ、: hardness硬度)とは物質、材料の特に表面または表面近傍の機械的性質の一つであり、材料が異物によって変形や傷を与えられようとする時の、物体の変形しにくさ、物体の傷つきにくさである。工業的に比較的簡単に検査でき、これを硬さ試験法と呼ぶ。例えば鋼製品の熱処理結果の管理などに用いられている。




「硬さ」の続きの解説一覧

硬さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 07:08 UTC 版)

アダマンタン」の記事における「硬さ」の解説

アダマンタン弾性定数は、数センチ程度大きな結晶超音波エコー法により測定されている。弾性テンソル C11 の値は、結晶面 <110>、<111>、<100> について、それぞれ7.52、8.20、6.17ギガパスカル求められている。ダイヤモンドでの対応する値は、それぞれ1161、1174、1123ギガパスカルである。アダマンタンダイヤモンドでは炭素原子位置同じだが、アダマンタンの場合はダイヤモンドのように共有結合で格子が固定されておらずファンデルワールス力より結びついているに過ぎないため、アダマンタン結晶柔らかく可塑性を持つ。

※この「硬さ」の解説は、「アダマンタン」の解説の一部です。
「硬さ」を含む「アダマンタン」の記事については、「アダマンタン」の概要を参照ください。


硬さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 01:16 UTC 版)

金属」の記事における「硬さ」の解説

金属一般に硬いものとしてイメージされ、ひっかき硬さなどの意味置いて実際に硬いものが多い。しかし、アルカリ金属アルカリ土類金属のように柔らかいものもある。また、塑性という観点立てば、むしろ金属柔らかく延性があり)加工しやすいのが特徴といえる工業的に大量に利用されている理由も、強度加工しやすさのバランスの良さにある。 塑性には、金属原子どのような構造配列を持っているかも影響を与える金属の塑性変形原子密度が高い辷り面(すべりめん)と呼ばれる結晶面に沿って原子間隔広く抵抗少なところから間隔が狭い方向辷り方向)に起こる。この辷り面と辷り方向組み合わせは「辷り系(すべりけい)」と呼ばれ原子の構造配列によって数が異なる。それぞれの系の数は、fcc12bcc48hcpが4となる。ただし、bcc構造原子密度が高い領域が無いため、辷り起こすためには大きなせん断力必要になるこのような理由から、fcc構造金属比較簡単に塑性起こしbcc構造金属は力が必要だ多様な形に変形させることができる。 金属材料の硬さ評価は、JIS規格にてブリネル硬さビッカース硬さロックウェル硬さショア硬さ4種類測定法定められている。ブリネル硬さ試験鋳物などに限られ荷重幅が広いビッカース硬さ試験柔らかい金属から超合金まで対応が可能。ロックウェル硬さ試験黄銅焼入れ合金などで用いられる

※この「硬さ」の解説は、「金属」の解説の一部です。
「硬さ」を含む「金属」の記事については、「金属」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「硬さ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「硬さ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



硬さと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

硬さのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



硬さのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硬さ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアダマンタン (改訂履歴)、金属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS