可塑性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 可塑性 > 可塑性の意味・解説 

かそ‐せい【可塑性】

読み方:かそせい

固体外力加えて変形させ、力を取り去ってももとに戻らない性質塑性


可塑性

英訳・(英)同義/類義語:plasticity

物質などが、外部からの入力対応して変形適応すること。
「生物学用語辞典」の他の用語
性質をあらわす:  劣性形質  半透性  卵極性  可塑性  周期性  変異原性  多剤耐性

可塑性


塑性

(可塑性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 13:39 UTC 版)

塑性(そせい、英語:plasticity)とは、を加えて変形させたとき、永久変形を生じる物質の性質のことを指す。延性展性がある。荷重を完全に除いた後に残るひずみ(伸び、縮みのこと)を永久ひずみあるいは残留ひずみという。この特性は加工しやすさを意味し金属が世界中に普及した大きな要因である。




「塑性」の続きの解説一覧

可塑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 04:48 UTC 版)

シナプス」の記事における「可塑性」の解説

シナプス活動状態などによってシナプス伝達効率変化するシナプス可塑性は、記憶学習重要な役割を持つと考えられている。 シナプス前細胞シナプス後細胞がともに高頻度連続発火すると、持続的なEPSPによりシナプス伝達効率増加する。これを長期増強LTP; Long Term Potentiation)という。また、低頻度発火や、抑制シナプス後細胞連続発火によるIPSP持続によって、シナプス伝達効率低下する現象長期抑圧LTD; Long Term Depression)という。近年ではシナプス前細胞シナプス後細胞発火時間差のみによっても結合強度に変化見られることが分かっている。これをスパイクタイミング依存シナプス可塑性(STDP; Spike Timing Dependent Plasticity)という。 また、一旦LTPLTD起こしたシナプスに対して適切な刺激を与えると、そのLTPLTD消失する事も知られており、それぞれ増強 (Depotentiation)、脱抑圧 (Dedepression) などと呼ばれる

※この「可塑性」の解説は、「シナプス」の解説の一部です。
「可塑性」を含む「シナプス」の記事については、「シナプス」の概要を参照ください。


可塑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 10:02 UTC 版)

自然リンパ球」の記事における「可塑性」の解説

ILCサブセットへの分類単純化され枠組み提供しているが、上記の分類システムにも拘わらず幾つかの研究では、ILC発生表現型維持遥かに複雑でサブセット間で高度な可塑性がある事が示唆されている。幾つかのILCサブセットは、特定のサイトカイン存在下で異なサブセット変換する能力がある事が確認されている。これはT細胞にも共通する特徴であり、この可塑性は、免疫系多種多様な病原体に対する反応微調整するために不可欠である考えられている。ILCの可塑性には、サイトカイン受容体、その転写因子、および転写因子特定のクロマチン領域アクセスする事が必要であるが、生体内のどこでサイトカイン産生され、どこで分化起こるのかはまだ不明である慢性閉塞性肺疾患COPD)の患者存在するILCは、ILC可塑性の典型的な例である。ヒトマウス対象とした研究では、COPDになると肺に存在するILC2がILC1の表現型獲得しIFN-γ分泌増加しその結果炎症引き起こされることが知られているタバコの煙どの様々な誘因により、IL-12IL-18分泌され、ILC2がILC1に分化するその際、GATA3の発現低下し、T-betの発現上昇するその為患者血中ILC1とILC2の比率高く、ILC1の多さ病気重症度相関している。 ILC3がILC1様細胞変化する能力は、in vitroおよびin vivo示されている。ILC3をIL-2とIL-15で培養すると、T-betとIL-12受容体(IL-12R)β2のアップレギュレーション起こり、ILC3からILC1への転換可能となるまた、IL-23はILC1からILC3への変換促進する事が示唆されている。 ILC2にもある程度の可塑性がある事を示す証拠増えて来ており、サイトカインやノッチリガンド等の特定の環境刺激曝されるとILC1やILC3に変化する能力確認されている。 炎症慢性疾患腫瘍微小環境等の特定の環境下では、活性化されNK細胞はILC1の共通マーカーであるCD49a(英語版)やCXCR6(英語版)を発現し始め、その可塑性を強める。 疾患時のILC可塑性の程度明らかにする事は、病原性原因なり得る他のサブセットへの転換防止または促進する為に有用である

※この「可塑性」の解説は、「自然リンパ球」の解説の一部です。
「可塑性」を含む「自然リンパ球」の記事については、「自然リンパ球」の概要を参照ください。


可塑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 08:17 UTC 版)

神経堤」の記事における「可塑性」の解説

神経堤細胞さまざまな程度の可塑性を示す体幹部神経堤細胞中には多能性を持つものがある頭部神経堤細胞は、体幹部に移植すると体幹部神経堤細胞となる。しかし心臓神経堤細胞は、遊走前から役割決定されている(心臓神経堤細胞だけがPax3を発現する)。

※この「可塑性」の解説は、「神経堤」の解説の一部です。
「可塑性」を含む「神経堤」の記事については、「神経堤」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「可塑性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「可塑性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



可塑性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「可塑性」の関連用語

可塑性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



可塑性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2023 (有)イーマテリアル
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2023 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塑性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシナプス (改訂履歴)、自然リンパ球 (改訂履歴)、神経堤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS