化学変化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 化学変化の意味・解説 

か がくへんか くわ -くわ [4] 【化学変化】

物質構成成分原子間の結合組み替え起こり、もとの物質とは違う物質変化すること。 → 物理変化
「化学変化」に似た言葉


化学反応

(化学変化 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/19 17:41 UTC 版)

化学反応(かがくはんのう、英語: chemical reaction)は、化学変化の事、もしくは化学変化が起こる過程の事をいう[1]化学変化とは1つ以上の化学物質が別の1つ以上の化学物質へと変化する事で[1][2]、反応前化学物質を構成する原子同士が結合されたり、逆に結合が切断されたり、あるいは化学物質の分子から電子が放出されたり、逆に電子を取り込んだりする。広義には溶媒溶質溶ける変化[1]や原子のある同位体が別の同位体に変わる変化[1]液体固体に変わる変化MF2(p386)等も化学変化という。


  1. ^ a b c d コトバンク『化学変化』(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説)”. 2017年8月10日閲覧。
  2. ^ IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "chemical reaction".


「化学反応」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化学変化」の関連用語

化学変化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



化学変化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化学反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS