臭素とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > 臭素の意味・解説 

しゅう そ しう- [1] 【臭素】 〔bromine〕

17元素ハロゲン)の一。元素記号 Br 原子番号35原子量79.90。常温では赤褐色悪臭のある液体揮発しやすく蒸気は目の粘膜刺激する。有毒医薬写真材料などに用いる。ブロム

臭素

分子式Br2
その他の名称:臭素、Bromine、臭素分子Bromine molecule


物質
臭素
英語名
Bromine
元素記号
Br
原子番号
35
分子量
79.904
発見
1826年
原子半径(Å)
1.14
融点(℃)
-7.2
沸点(℃)
57.9
密度(g/cm3
3.14
比熱(cal/g ℃)
0.07
イオン化エネルギー(eV)
11.814
電子親和力(eV)
3.364


臭素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 02:25 UTC 版)

臭素(しゅうそ、: bromine)は、原子番号 35、原子量 79.9 の元素である。元素記号Brハロゲン元素の一つ。




  1. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds, in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  2. ^ 常温で液体の元素は臭素と水銀だけである。中国語では、常温での状態を示すため、それぞれを漢字で「」、「」と書くが、水部の部品が含められている。
  3. ^ VU investigators confirm bromine's critical role in tissue development” (英語). Vanderbilt University (2014年6月). 2014年6月25日閲覧。
  4. ^ 「精留塔」『化学工業日報』2014年6月25日p1、東京、化学工業日報社。[1]
  5. ^ 『15509の化学商品』 化学工業日報社、2009年2月。ISBN 978-4-87326-544-5
  6. ^ http://minerals.usgs.gov/minerals/ Mineral Commodity Summaries
  7. ^ Commodity Trade Statistics Database
  8. ^ 社団法人空気調和・衛生工学会発行「浴場施設のレジオネラ対策指針」


「臭素」の続きの解説一覧

臭素

出典:『Wiktionary』 (2011/07/05 14:34 UTC 版)

名詞

しゅうそ

  1. 原子番号 35元素記号 Br非金属元素ハロゲン元素単体常温常圧では暗赤色液体

訳語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「臭素」の関連用語

1
100% |||||

臭素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



臭素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの臭素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの臭素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS