ベリリウムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > ベリリウム > ベリリウムの意味・解説 

ベリリウム【beryllium】

読み方:べりりうむ

金属元素の一。単体銀白色軽金属硬くてもろいが、高温展性延性がある。天然に緑柱石ベリル)として産出有毒で粉塵(ふんじん)の吸入により肺の障害起こる。軽合金材料原子炉減速材などに利用元素記号Be 原子番号4。原子量9.012。


グルシナム

分子式Be
その他の名称グルシナム、Glucinum、BerylliumBe
体系名:ベリリウム


物質名
ベリリウム
英語名
Beryllium
元素記号
Be
原子番号
4
分子量
9.012182
発見
1797年
原子半径(Å)
1.13
融点(℃)
1278
沸点(℃)
2399
密度(g/cm3
1.84
比熱(cal/g ℃)
0.45
イオン化エネルギー(eV)
9.322
電子親和力(eV)
0


ベリリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 01:25 UTC 版)

ベリリウム新ラテン語: beryllium[1], : beryllium [bəˈrɪliəm])は、原子番号4の元素である。元素記号Be原子量は9.01218。第2族元素のひとつ。


  1. ^ Webster's Revised Unabridged Dictionary (1913)”. ONLINE Encyclopedia. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ a b c Weeks, Mary Elvira (1933), “XII. Other Elements Isolated with the Aid of Potassium and Sodium: Beryllium, Boron, Silicon and Aluminium”, The Discovery of the Elements, Easton, PA: Journal of Chemical Education, ISBN 0-7661-3872-0 
  3. ^ 山口 (2007) 58頁。
  4. ^ a b 村上雅人 『元素を知る事典: 先端材料への入門』海鳴社、2004年、68頁。ISBN 487525220X 
  5. ^ Vauquelin, Louis-Nicolas (1798), “De l'Aiguemarine, ou Béril; et découverie d'une terre nouvelle dans cette pierre”, Annales de Chimie (26): 155-169, https://books.google.co.jp/books?id=dB8AAAAAMAAJ&pg=RA1-PA155&redir_esc=y&hl=ja 
  6. ^ Wöhler, Friedrich (1828), “Ueber das Beryllium und Yttrium”, Annalen der Physik 89 (8): 577-582, Bibcode1828AnP....89..577W, doi:10.1002/andp.18280890805 
  7. ^ Bussy, Antoine (1828), “D'une travail qu'il a entrepris sur le glucinium”, Journal de Chimie Medicale (4): 456-457, https://books.google.co.jp/books?id=pwUFAAAAQAAJ&pg=PA456&redir_esc=y&hl=ja 
  8. ^ a b Muki kagaku.. Rayner-Canham, Geoffrey., Overton, T. (Tina), Nishihara, hiroshi., Takagi, shigeru., Moriyama, hiroshi., 西原, 寛. 東京化学同人. (2009). ISBN 978-4-8079-0684-0. OCLC 1022213386. https://www.worldcat.org/oclc/1022213386 
  9. ^ Kane, Raymond; Sell, Heinz (2001), “A Review of Early Inorganic Phosphors”, Revolution in lamps: a chronicle of 50 years of progress, p. 98, ISBN 9780881733785, https://books.google.co.jp/books?id=klE5qGAltjAC&pg=PA98&redir_esc=y&hl=ja 
  10. ^ a b c d e f g h i j Behrens, V. (2003), “11 Beryllium”, in Beiss, P., Landolt-Börnstein - Group VIII Advanced Materials and Technologies: Powder Metallurgy Data. Refractory, Hard and Intermetallic Materials, 2A1, Berlin: Springer, pp. 1-11, doi:10.1007/10689123_36, ISBN 978-3-540-42942-5 
  11. ^ 千谷 (1959) 187頁。
  12. ^ 千谷 (1959) 198頁。
  13. ^ 櫻井、鈴木、中尾 (2005) 26頁。
  14. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 267頁。
  15. ^ 千谷 (1959) 199頁。
  16. ^ Lawrence A. Warner et al.. “Occurrence of nonpegmatite beryllium in the United States”. U.S. Geological Survey professional paper (United States Geological Survey) 318: 2. 
  17. ^ a b c d e 千谷 (1959) 193頁。
  18. ^ 無機化学ハンドブック編集委員会 (1965). 無機化学ハンドブック. 技報堂出版. p. 1229. ISBN 4765500020 
  19. ^ a b 吉田直亮 (1995). “PFC開発における材料損傷研究”. プラズマ・核融合学会誌 (プラズマ・核融合学会) 71 (5). http://jasosx.ils.uec.ac.jp/JSPF/JSPF_TEXT/jspf1995/jspf1995_05/jspf1995_05-389.pdf 2012年1月25日閲覧。. 
  20. ^ ベリリウム反射体要素欠陥評価法に関する検討”. 日本原子力研究開発機構. p. 6. 2014年8月19日閲覧。
  21. ^ シャルロー (1974) 295頁。
  22. ^ a b c d N. N. Greenwood, A. Earnshaw (1997), Chemistry of the Elements (2nd ed. ed.), Oxford: Elsevier Science Ltd (Butterworth-Heinemann), ISBN 0080379419 
  23. ^ a b c d コットン、ウィルキンソン (1987) 271頁。
  24. ^ 千谷 (1959) 195頁。
  25. ^ a b c d コットン、ウィルキンソン (1987) 269頁。
  26. ^ 伊藤和明 『物理化学II: 量子化学編』化学同人〈理工系基礎レクチャー〉、2008年、112頁。ISBN 4759810854 
  27. ^ Okutani, T.; Tsuruta, Y.; Sakuragawa, A. (1993), “Determination of a trace amount of beryllium in water samples by graphite furnace atomic absorption spectrometry after preconcentration and separation as a beryllium-acetylacetonate complex on activated carbon”, Anal. Chem. 65 (9): 1273-1276, doi:10.1021/ac00057a026 
  28. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 272頁。
  29. ^ 千谷 (1959) 222頁。
  30. ^ a b c Wiberg, Egon; Holleman, Arnold Frederick (2001), Inorganic Chemistry, Elsevier, ISBN 0123526515 
  31. ^ 井上和彦、坂本幸夫. “ベリリウムフィルターの散乱冷中性子による透過スペクトル歪”. 北海道大學工學部研究報告 (北海道大学) 97: 57-61頁。. https://hdl.handle.net/2115/41603. 
  32. ^ a b Hausner, Henry H, “Nuclear Properties”, Beryllium its Metallurgy and Properties, University of California Press, p. 239, https://books.google.co.jp/books?id=FCnUN45cL1cC&pg=PA239&redir_esc=y&hl=ja 
  33. ^ Brian, Monica (2010) p. 58
  34. ^ Beryllium: Isotopes and Hydrology”. University of Arizona, Tucson. 2011年4月10日閲覧。
  35. ^ 堀内一穂ほか (2009年5月20日). “ベリリウム10と炭素14を用いた最終退氷期の太陽活動変遷史に関する研究 (PDF)”. 科学研究費補助金研究成果報告書. 2018年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月4日閲覧。
  36. ^ Whitehead, N; Endo, S; Tanaka, K; Takatsuji, T; Hoshi, M; Fukutani, S; Ditchburn, Rg; Zondervan, A (Feb 2008), “A preliminary study on the use of (10)Be in forensic radioecology of nuclear explosion sites”, Journal of environmental radioactivity 99 (2): 260-70, doi:10.1016/j.jenvrad.2007.07.016, PMID 17904707 
  37. ^ Boyd, R. N.; Kajino, T. (1989), “Can Be-9 provide a test of cosmological theories?”, The Astrophysical Journal 336: L55, Bibcode1989ApJ...336L..55B, doi:10.1086/185360 
  38. ^ Arnett, David (1996), Supernovae and nucleosynthesis, Princeton University Press, p. 223, ISBN 0691011478, https://books.google.co.jp/books?id=PXGWGnPPo0gC&pg=PA223&redir_esc=y&hl=ja 
  39. ^ Johnson, Bill (1993年). “How to Change Nuclear Decay Rates”. University of California, Riverside. 2011年10月10日閲覧。
  40. ^ Hammond, C. R. "Elements" in Lide, D. R., ed. (2005), CRC Handbook of Chemistry and Physics (86th ed.), Boca Raton (FL): CRC Press, ISBN 0-8493-0486-5 
  41. ^ Hansen, P. G.; Jensen, A. S.; Jonson, B. (1995), “Nuclear Halos”, Annual Review of Nuclear and Particle Science 45: 59 1, Bibcode1995ARNPS..45..591H, doi:10.1146/annurev.ns.45.120195.003111 
  42. ^ 親松和浩. “原子核の表面対称エネルギーの検討”. 2011年10月10日閲覧。
  43. ^ Ekspong, G. et al. (1992), Physics: 1981-1990, World Scientific, p. 172, ISBN 9789810207298, https://books.google.co.jp/books?id=ILQ7sTrRixMC&pg=PA172&redir_esc=y&hl=ja 
  44. ^ Kenneth (2009) p. 151
  45. ^ 原子核物理学概論 平成14年度講義資料 第3章 質量公式”. 東京工業大学 武藤研究室. pp. 44-45, 49. 2011年10月13日閲覧。
  46. ^ シャルロー (1974) 287頁。
  47. ^ a b シャルロー (1974) 297頁。
  48. ^ a b WHO, NIHS (2001) 12頁。
  49. ^ a b 加藤 (1932) 100頁。
  50. ^ シャルロー (1974) 296頁。
  51. ^ 加藤 (1932) 102頁。
  52. ^ 加藤 (1932) 101、104頁。
  53. ^ 加藤 (1932) 104頁。
  54. ^ 要調査項目等調査マニュアル(水質、底質、水生生物) (pdf)”. 環境庁水質保全局水質管理課 (2000年). 2011年12月23日閲覧。
  55. ^ WHO, NIHS (2001) 12-13頁。
  56. ^ “Abundance in the universe”, Mark Winter, The University of Sheffield and WebElements Ltd, UK (WebElements), http://www.webelements.com/periodicity/abundance_universe/ 2011年9月19日閲覧。 
  57. ^ “Abundance in the sun”, Mark Winter, The University of Sheffield and WebElements Ltd, UK (WebElements), http://www.webelements.com/periodicity/abundance_sun/ 2011年9月19日閲覧。 
  58. ^ a b WHO, NIHS (2001) 16頁。
  59. ^ “Abundance in oceans”, Mark Winter, The University of Sheffield and WebElements Ltd, UK (WebElements), http://www.webelements.com/periodicity/abundance_seawater/ 2011年9月19日閲覧。 
  60. ^ “Abundance in stream water”, Mark Winter, The University of Sheffield and WebElements Ltd, UK (WebElements), http://www.webelements.com/periodicity/abundance_stream/ 2011年9月19日閲覧。 
  61. ^ “Beryllium: geological information”, Mark Winter, The University of Sheffield and WebElements Ltd, UK (WebElements), http://www.webelements.com/beryllium/geology.html 2011年9月19日閲覧。 
  62. ^ Charles R. Cowley (1995). An Introduction to Cosmochemistry. Cambridge University Press. p. 201. ISBN 0521459206 
  63. ^ Rick Adair (2007). Beryllium. The Rosen Publishing Group. p. 48. ISBN 1404210032 
  64. ^ Kenneth (2009) p. 65
  65. ^ 梶原・正路(1997)による〔『エネルギー・資源ハンドブック』(1015-1020p)から〕”. 広島大学地球資源論研究室. 2012年1月28日閲覧。
  66. ^ 鉱物資源を考える(5)”. 広島大学地球資源論研究室. 2012年1月28日閲覧。
  67. ^ WHO, NIHS (2001) 15頁。
  68. ^ WHO, NIHS (2001) 15-16頁。
  69. ^ Babu, R. S.; Gupta, C. K. (1988), “Beryllium Extraction - A Review”, Mineral Processing and Extractive Metallurgy Review 4: 39, doi:10.1080/08827508808952633, http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/08827508808952633 2011年9月20日閲覧。 
  70. ^ a b 田中和明 『よくわかる最新レアメタルの基本と仕組み』秀和システム、2007年、115頁。ISBN 4798018090 
  71. ^ Aldinger et al. (1985) p. 16
  72. ^ a b c Aldinger et al. (1985) p. 17
  73. ^ Aldinger et al. (1985) pp. 17-18
  74. ^ Aldinger et al. (1985) p. 18
  75. ^ “Sources of Beryllium”, Materion Brush Inc. (Materion Brush Inc.), http://www.beryllium.com/sources-beryllium 2011年9月19日閲覧。 
  76. ^ Brush Wellman - Elmore, Ohio Plant :: Company History, オリジナルの2008年7月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080724113346/http://www.brushelmore.com/history.asp 2011年9月20日閲覧。 
  77. ^ Lindsey, David A., Slides of the fluorspar, beryllium, and uranium deposits at Spor Mountain, Utah, United States Geological Survey, http://pubs.usgs.gov/of/1998/ofr-98-0524/SPORMTN.HTM 2011年9月19日閲覧。 
  78. ^ “Brush Wellman Beryllium Plant”, The Center for Land Use Interpretation (The Center for Land Use Interpretation), http://ludb.clui.org/ex/i/UT3176/ 2011年9月19日閲覧。 
  79. ^ Commodity Summary 2000: Beryllium, United States Geological Survey, http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/beryllium/100300.pdf 2011年9月19日閲覧。 
  80. ^ Commodity Summary 2010: Beryllium, United States Geological Survey, http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/beryllium/mcs-2010-beryl.pdf 2011年9月19日閲覧。 
  81. ^ Beryllium Statistics and Information, United States Geological Survey, http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/beryllium/ 2011年9月19日閲覧。 
  82. ^ TBSがっちりマンデー2019年 4月28日放送分
  83. ^ Petzow, Günter et al. "Beryllium and Beryllium Compounds" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry 2005, Wiley-VCH, Weinheim. doi:10.1002/14356007.a04_011.pub2
  84. ^ Veness, R.; Ramos, D.; Lepeule, P.; Rossi, A.; Schneider, G.; Blanchard, S., Installation and commissioning of vacuum systems for the LHC particle detectors, CERN, http://cdsweb.cern.ch/record/1199583/files/CERN-ATS-2009-005.pdf 2011年9月26日閲覧。 
  85. ^ Wieman, H (2001), “A new inner vertex detector for STAR”, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section a Accelerators Spectrometers Detectors and Associated Equipment 473: 205, Bibcode2001NIMPA.473..205W, doi:10.1016/S0168-9002(01)01149-4 
  86. ^ Davis, Joseph R. (1998), “Beryllium”, Metals handbook, ASM International, pp. 690-691, ISBN 9780871706546, https://books.google.co.jp/books?id=IpEnvBtSfPQC&pg=PA690&redir_esc=y&hl=ja 
  87. ^ Schwartz, Mel M. (2002), Encyclopedia of materials, parts, and finishes, CRC Press, p. 62, ISBN 1566766613, https://books.google.co.jp/books?id=6fdmMuj0rNEC&pg=PA62&redir_esc=y&hl=ja 
  88. ^ Museum of Mountain Bike Art & Technology: American Bicycle Manufacturing, オリジナルの2011年7月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110720022521/http://mombat.org/American.htm 2011年9月26日閲覧。 
  89. ^ ポルシェ909ベルクスパイダーのブレーキディスクなどに使用された。christophorus 336 2009年2月/3月 The Porsche Magagine, 39
  90. ^ Robert Irion (2010-10), “Origami Observatory: Behind the Scenes with the Webb Space Telescope”, Scientific American Magazine, http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=origami-observatory 2011年9月25日閲覧。 
  91. ^ Werner, M. W.; Roellig, T. L.; Low, F. J.; Rieke, G. H.; Rieke, M.; Hoffmann, W. F.; Young, E.; Houck, J. R. et al. (2004), “The Spitzer Space Telescope Mission”, Astrophysical Journal Supplement 154: 1, arXiv:astro-ph/0406223, Bibcode2004ApJS..154....1W, doi:10.1086/422992 
  92. ^ Alan L. Geiger, Eric Ulph, Sr. (1992-9-16), Production of metal matrix composite mirrors for tank fire control systems (Proceedings Paper), doi:10.1117/12.137998, http://spie.org/x648.html?product_id=137998 2011年9月25日閲覧。 
  93. ^ Kojola, Kenneth ; Lurie, William (1961年8月9日). “The selection of low-magnetic alloys for EOD tools”. Naval Weapons Plant Washington DC. http://oai.dtic.mil/oai/oai?verb=getRecord&metadataPrefix=html&identifier=AD0263919 2011年9月26日閲覧。 
  94. ^ Dorsch, Jerry A. and Dorsch, Susan E. (2007), Understanding anesthesia equipment, Lippincott Williams & Wilkins, p. 891, ISBN 0781776031, https://books.google.co.jp/books?id=EqtlqFNkWwQC&pg=PT891&redir_esc=y&hl=ja 
  95. ^ MobileReference (1 January 2007), Electronics Quick Study Guide for Smartphones and Mobile Devices, MobileReference, pp. 2396-, ISBN 9781605011004, https://books.google.com/books?id=AG6H633VIAcC&pg=PT2396 2011年9月26日閲覧。 
  96. ^ Johnson, Jr., John E. (2007年11月12日). “Usher Be-718 Bookshelf Speakers with Beryllium Tweeters”. 2011年10月11日閲覧。
  97. ^ Beryllium use in pro audio Focal speakers”. 2011年10月11日閲覧。
  98. ^ Exposé E8B studio monitor”. KRK Systems. 2011年10月11日閲覧。
  99. ^ ヤマハ開発者の「実は黙っていたこと」 第3回「Soavo篇」”. STEREO SOUND. 2011年10月11日閲覧。
  100. ^ 浜田基彦 (2005年9月21日). “パイオニア,高級スピーカシステム「S-7EX」のツイータにベリリウム振動板を採用”. 日経ものづくり. 2011年10月11日閲覧。
  101. ^ PUカートリッジ F-8L”. 国立科学博物館 産業技術史資料情報センター. 2011年10月11日閲覧。
  102. ^ TECHNICAL DATA”. Eimac. p. 4. 2011年11月12日閲覧。
  103. ^ Svilar, Mark (2004年1月8日). “Analysis of "Beryllium" Speaker Dome and Cone Obtained from China”. 2009年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月13日閲覧。
  104. ^ a b Barnaby, Frank (1993), How nuclear weapons spread, Routledge, p. 35, ISBN 0415076749, https://books.google.co.jp/books?id=yTIOAAAAQAAJ&pg=PA35&redir_esc=y&hl=ja 
  105. ^ Clark, R. E. H.; Reiter, D. (2005), Nuclear fusion research, Springer, p. 15, ISBN 3540230386, https://books.google.co.jp/books?id=9ngHTkC8hG8C&pg=PA15&redir_esc=y&hl=ja 
  106. ^ Petti, D; Smolik, G; Simpson, M; Sharpe, J; Anderl, R; Fukada, S; Hatano, Y; Hara, M et al. (2006), “JUPITER-II molten salt Flibe research: An update on tritium, mobilization and redox chemistry experiments”, Fusion Engineering and Design 81 (8-14): 1439, doi:10.1016/j.fusengdes.2005.08.101 
  107. ^ Diehl, Roland (2000). High-power diode lasers. Springer. p. 104. ISBN 3540666931. https://books.google.co.jp/books?id=oJs6nK3TZrwC&pg=PA104&redir_esc=y&hl=ja 
  108. ^ Purdue engineers create safer, more efficient nuclear fuel, model its performance”. Purdue University (2005年9月27日). 2011年10月12日閲覧。
  109. ^ Breslin AJ (1966). “Chap. 3. Exposures and Patterns of Disease in the Beryllium Industry”. In Stokinger, HE. in Beryllium: Its Industrial Hygiene Aspects. Academic Press, New York. pp. 30-33 
  110. ^ Kenneth (2009) pp. 20-26
  111. ^ Mining, Society for Metallurgy, Exploration (U.S) (2006-03-05), “Distribution of major deposits”, Industrial minerals & rocks: commodities, markets, and uses, pp. 265-269, ISBN 9780873352338, https://books.google.co.jp/books?id=zNicdkuulE4C&pg=PA265&redir_esc=y&hl=ja 
  112. ^ 崎川 (1980) 31-36頁。
  113. ^ 鉱物科学萌研究会 『鉱物―萌えて覚える鉱物科学の基本』PHP研究所、2010年、157頁。ISBN 4569773745 
  114. ^ 崎川 (1980) 37-38頁。
  115. ^ ベリリウム銅ガイド”. ブラッシュ ウエルマン ジャパン. p. 6. 2011年10月12日閲覧。
  116. ^ ばね技術研究会 編 『ばね用材料とその特性』日刊工業新聞社、2000年、pp. 190, 203–204頁。 
  117. ^ ベリリウム銅ガイド”. ブラッシュ ウエルマン ジャパン. p. 37. 2011年10月12日閲覧。
  118. ^ “Defence forces face rare toxic metal exposure risk”. The Sydney Morning Herald. (2005年2月1日). http://www.smh.com.au/news/National/Defence-forces-face-rare-toxic-metal-exposure-risk/2005/02/01/1107228681666.html 2011年9月25日閲覧。 
  119. ^ 櫻井、鈴木、中尾 (2005) 30頁。
  120. ^ 宇佐見隆行、江口立彦、大山好正、栗原正明、平井崇夫 (2001年). “端子・コネクター用銅合金EFTEC®-97の開発 (pdf)”. 古河電工. 2011年12月24日閲覧。
  121. ^ 日本精線、ベリリウム使用せず 高強度銅合金線を開発”. 日刊産業新聞 (2011年4月18日). 2011年12月24日閲覧。
  122. ^ 大和合金株式会社(三芳合金工業株式会社)”. 東京都産業労働局. 2011年12月24日閲覧。
  123. ^ 製品安全データシート ベリリウム”. 中央労働災害防止協会 安全衛生情報センター. 2011年10月12日閲覧。
  124. ^ 金井豊:ベリリウム同位体を用いる堆積学的研究 堆積学研究 2014年 73巻 1号 p.19-26, doi:10.4096/jssj.73.19
  125. ^ a b 国際化学物質安全性カード ベリリウム ICSC番号:0226 (日本語版), 国立医薬品食品衛生研究所, http://www.ilo.org/dyn/icsc/showcard.display?p_card_id=0226&p_version=2&p_lang=ja 2011年12月11日閲覧。 
  126. ^ a b c d e f g 環境保健クライテリア No.106 ベリリウム, 国立医薬品食品衛生研究所, http://www.nihs.go.jp/hse/ehc/sum1/ehc106.html 2011年9月13日閲覧。 
  127. ^ a b WHO, NIHS (2001) 37頁。
  128. ^ a b WHO, NIHS (2001) 36頁。
  129. ^ WHO, NIHS (2001) 35頁。 より引用
  130. ^ WHO, NIHS (2001) 35頁。
  131. ^ “肺疾患”, ベリリウム症, Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A, https://www.msdmanuals.com/ja-jp/プロフェッショナル/05-肺疾患/環境性肺疾患/ベリリウム症 2018年11月5日閲覧。 
  132. ^ WHO, NIHS (2001) 38頁。
  133. ^ a b 西村 (2006) 9頁。
  134. ^ IARC Monograph, Volume 58, International Agency for Research on Cancer, (1993), http://www.inchem.org/documents/iarc/vol58/mono58-1.html 2011年9月13日閲覧。 
  135. ^ 西村 (2006) 10頁。
  136. ^ WHO, NIHS (2001) 6頁。
  137. ^ 豊田智里, 金田良夫, 河上牧夫 ほか「慢性ベリリウム症の2剖険例」『東京女子医科大学雑誌』第64巻第12号、東京女子医科大学、1063-1064頁、1994年https://hdl.handle.net/10470/94142020年7月16日閲覧 
  138. ^ Photograph of Chicago Pile One Scientists 1946, Office of Public Affairs, Argonne National Laboratory, (2006-06-19), http://www.atomicarchive.com/Photos/CP1/image5.shtml 2011年9月13日閲覧。 



ベリリウム

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 14:18 UTC 版)

語源

発音

べ↗りり↘うむ

名詞

ベリリウム

  1. (元素, 金属) 原子番号 4、元素記号 Be金属元素単体常温常圧では銀白色固体で、空気中では表面酸化被膜生成され安定して存在できる

翻訳


「ベリリウム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ベリリウムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ベリリウムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ベリリウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベリリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのベリリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS