プルトニウム239とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > プルトニウム239の意味・解説 

プルトニウム239

別名:Pu-239
英語:Plutonium-239

代表的プルトニウム同位体。他のプルトニウム同位体と同様、放射性物質であり、人体極めて有害。半減期は24000年程度と非常に長い

プルトニウム239は、天然にもごく微量存在するが、ほとんどは関連施設人工的生成される。核爆弾や、高速増殖炉増殖される核燃料などの、様々な用途利用されている。

プルトニウム239

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/18 04:58 UTC 版)

プルトニウム239プルトニウム同位体である。プルトニウム239はウラン235と並んで高い核分裂性を有するため、核兵器の生産に利用されてきた。プルトニウム239は、熱中性子炉の燃料として利用できる3つの同位体のうち1つ(他2つはウラン235およびウラン233)である。 プルトニウム239の半減期は24,110年である[1]


  1. ^ Physical, Nuclear, and Chemical Properties of Plutonium”. Institute for Energy and Environmental Research. 2015年11月20日閲覧。
  2. ^ FAS Nuclear Weapons Design FAQ Archived December 26, 2008, at the Wayback Machine., Accessed 2010-9-2
  3. ^ Table of Physical and Chemical Constants, Sec 4.7.1: Nuclear Fission”. Kaye & Laby Online. 2009年2月13日閲覧。
  4. ^ Jeremy J. Whitlock.. “The Evolution of CANDU Fuel Cycles and their Potential Contribution to World Peace”. 2009年2月13日閲覧。
  5. ^ Hala, Jiri; James D. Navratil (2003). Radioactivity, Ionizing Radiation, and Nuclear Energy. Brno: Konvoj. p. 102. ISBN 80-7302-053-X 
  6. ^ Bernard L. Cohen (1990). “Chapter 13, Plutonium and bombs”. The Nuclear Energy Option. Plenum Press. ISBN 978-0306435676. オリジナルのJuly 21, 2013時点におけるアーカイブ。. http://www.phyast.pitt.edu/~blc/book/chapter13.html 
  7. ^ Bernard L. Cohen (1990). “Chapter 11, HAZARDS OF HIGH-LEVEL RADIOACTIVE WASTE — THE GREAT MYTH”. The Nuclear Energy Option. Plenum Press. ISBN 978-0306435676. オリジナルのMarch 7, 2016時点におけるアーカイブ。. http://www.phyast.pitt.edu/~blc/book/chapter11.html 
  8. ^ Emsley 2001, pp. 324–329


「プルトニウム239」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プルトニウム239」の関連用語

プルトニウム239のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プルトニウム239のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプルトニウム239 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS