プルトニウム239とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > プルトニウム239の意味・解説 

プルトニウム‐にひゃくさんじゅうきゅう【plutonium239】〔‐ニヒヤクサンジフキウ〕

読み方:ぷるとにうむにひゃくさんじゅうきゅう

質量数239プルトニウム放射性(α(アルファ)線)がある。原子炉中でウラン238中性子吸収しベータ崩壊して生産される半減期24110年。原子爆弾水素爆弾原子炉燃料用いる。


プルトニウム239

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 18:12 UTC 版)

プルトニウム239プルトニウムの同位体である。プルトニウム239はウラン235と並んで高い核分裂性を有するため、核兵器の生産に利用されてきた。プルトニウム239は、熱中性子炉の燃料として利用できる3つの同位体のうち1つ(他2つはウラン235およびウラン233)である。 プルトニウム239の半減期は24,110年である[1]


  1. ^ Physical, Nuclear, and Chemical Properties of Plutonium”. Institute for Energy and Environmental Research. 2015年11月20日閲覧。
  2. ^ FAS Nuclear Weapons Design FAQ Archived December 26, 2008, at the Wayback Machine., Accessed 2010-9-2
  3. ^ Table of Physical and Chemical Constants, Sec 4.7.1: Nuclear Fission”. Kaye & Laby Online. 2009年2月13日閲覧。
  4. ^ Jeremy J. Whitlock.. “The Evolution of CANDU Fuel Cycles and their Potential Contribution to World Peace”. 2009年2月13日閲覧。
  5. ^ Hala, Jiri; James D. Navratil (2003). Radioactivity, Ionizing Radiation, and Nuclear Energy. Brno: Konvoj. p. 102. ISBN 80-7302-053-X 
  6. ^ Bernard L. Cohen (1990). “Chapter 13, Plutonium and bombs”. The Nuclear Energy Option. Plenum Press. ISBN 978-0306435676. オリジナルのJuly 21, 2013時点におけるアーカイブ。. http://www.phyast.pitt.edu/~blc/book/chapter13.html 
  7. ^ Bernard L. Cohen (1990). “Chapter 11, HAZARDS OF HIGH-LEVEL RADIOACTIVE WASTE — THE GREAT MYTH”. The Nuclear Energy Option. Plenum Press. ISBN 978-0306435676. オリジナルのMarch 7, 2016時点におけるアーカイブ。. http://www.phyast.pitt.edu/~blc/book/chapter11.html 
  8. ^ Emsley 2001, pp. 324–329


「プルトニウム239」の続きの解説一覧

「プルトニウム239」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プルトニウム239のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プルトニウム239のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプルトニウム239 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS