原子炉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > > 原子炉の意味・解説 

【原子炉】(げんしろ)

原子核反応核分裂または核融合)を安定的におこなうための設備
現在はまだ核融合炉実用化されていないため、一般的に原子炉といえば核分裂炉を指すことがほとんどである。

実験目的したもののほか、現代では発電目的したもの原子力発電所)が主流である。
また艦艇などの動力得たり核燃料加工するために用いられる場合もある。

核分裂炉

核融合炉


原子炉

原子炉とは、核分裂連鎖反応制御しながら持続させる装置のことをいう。また、原子力基本法では「核燃料物質燃料として使用する装置」と定めている。原子炉には、基礎研究中性子利用目的とした研究炉発電目的とした動力炉がある。 燃料として、主に濃縮ウランが用いられており、一部MOX燃料使用している原子炉もある。運転の制御停止には制御棒呼ばれる中性子吸収材が用いられる。 核分裂連鎖反応主として関与する中性子運動エネルギー大きさにより、熱中性子炉高速中性子炉などに分類され、また減速冷却に用いられる物質種類により軽水炉重水炉黒鉛炉などに分類される。 原子炉

原子炉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 07:02 UTC 版)

原子力工学における原子炉(げんしろ、: nuclear reactor)とは、制御された核分裂連鎖反応を維持することができるよう核燃料などを配置した装置を言う[2]






「原子炉」の続きの解説一覧

原子炉

出典:『Wiktionary』 (2019/07/05 08:05 UTC 版)

名詞

げんしろ

  1. 核燃料物質核分裂利用して持続的にエネルギー放射線取り出す装置



原子炉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原子炉」の関連用語

原子炉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原子炉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2020 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原子炉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの原子炉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS