改良型沸騰水型原子炉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 原子炉 > 改良型沸騰水型原子炉の意味・解説 

改良型沸騰水型原子炉

読み方:かいりょうがたふっとうすいがたげんしろ
別名:改良型沸騰軽水冷却水炉改良型沸騰水型軽水炉改良型沸騰水型炉改良型BWR
英語:Advanced Boiling Water ReactorABWR

原子力発電使用される原子炉一種である「沸騰水型原子炉」(BWR)を改良し、配管単純化などを行ったもの。軽水循環させるポンプ圧力容器中に設置する「インターナルポンプ技術採用されている。

インターナルポンプ採用によって、改良型沸騰水型原子炉は、従来沸騰水型原子炉で必要だった原子炉外部の再循環配管を除くことが可能となった。このため配管単純化格納容器小型化などが実現されている。従来沸騰水型原子炉比べて、総じて安全性、運転性、信頼性が向上しているとされる

日本国内で稼動している改良型沸騰水型原子炉の例としては、新潟県東京電力柏崎刈羽原子力発電所6号機、7号機がある。

改良型沸騰水型原子炉(ABWR)

改良型沸騰水型原子炉は、従来沸騰水型原子炉BWRより一層信頼性安全性の向上、稼働率設備利用率の向上、廃棄物量の低減、運転性・保守性の向上及び経済性の向上を目指した炉である。ABWRは、Advanced Boiling Water Reactor の略称である。 改良型沸騰水型原子炉(ABWR)の開発は、日本における軽水炉技術定着化をはかるために実施してきた第3次改良標準化一環として次世代軽水炉確立目指し実施されたものであり、電気出力を約136kWにするとともに国内外実証済のすぐれた技術集大成しており、従来型のBWR比して種々の改良設計採用している。 改良設計された主要設備は、(1)インターナルポンプRIP)、(2)改良制御棒駆動機構改良CRD)、(3)主蒸気流量制限器、(4)独立3区分の非常用炉心冷却設備ECCS)、(5)鉄筋コンクリート原子炉格納容器(RCCV)、(6)タービン、(7)湿分分加熱器、(8)デジタル技術及び新型中央制御盤、などに及んでいる。 日本では現在、4基(東京電力柏崎刈羽6・7号機、中部電力浜岡5号機北陸電力志賀2号機)が稼働している。 改良型沸騰水型原子炉



改良型沸騰水型原子炉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「改良型沸騰水型原子炉」の関連用語

改良型沸騰水型原子炉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



改良型沸騰水型原子炉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2020 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2020 Weblio RSS