改良型コンバインドサイクル発電とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 改良型コンバインドサイクル発電の意味・解説 

改良型コンバインドサイクル発電

読み方:かいりょうがたコンバインドサイクルはつでん
別名:アドバンストコンバインドサイクル発電
英語:Advanced Combined Cycle DevelopmentAdvanced Combined CycleACC

ガスタービン蒸気タービンなどの複数発電方式組み合わせ発電する「コンバインドサイクル発電」のうち、燃料燃焼温度高め高効率化を図ったもののこと。

コンバインドサイクル発電」は、主にガスタービン蒸気タービン組み合わせ発電する「ガスタービンコンバインドサイクル発電」(GTCC)を指すが、燃料を燃やすことで生じるガス圧力ガスタービン回し、そのガス余熱熱し水蒸気蒸気タービンを回す、という複合的な方式である。どちらか一方タービンのみ使用する方法比べて、より多く電力量生産できる。

従来コンバインドサイクル発電では、燃焼温度1100前後であったのに対して、改良型コンバインドサイクル発電は1300度の熱で燃焼する。これにってガスタービン蒸気タービンをより効率的回し電力量向上させることができる。

改良型コンバインドサイクル発電の燃焼温度をさらに高めて、より発電効率を向上させた方式もあり、これらは1500度級コンバインドサイクル発電などと呼ばれている。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「改良型コンバインドサイクル発電」の関連用語

改良型コンバインドサイクル発電のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



改良型コンバインドサイクル発電のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS