世界全体とは? わかりやすく解説

世界全体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:44 UTC 版)

キリスト教」の記事における「世界全体」の解説

.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{display:flex;flex-direction:column}.mw-parser-output .tmulti .trow{display:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{margin:1px;float:left}.mw-parser-output .tmulti .theader{clear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%}.mw-parser-output .tmulti .thumbcaption{background-color:transparent}.mw-parser-output .tmulti .text-align-left{text-align:left}.mw-parser-output .tmulti .text-align-right{text-align:right}.mw-parser-output .tmulti .text-align-center{text-align:center}@media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{width:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow{justify-content:center}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{float:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaption{text-align:center}} 世界各国信徒数割合2012年)。青が濃いほど信徒数が多い。 キリスト教国教にしている国:.mw-parser-output .legend{page-break-inside:avoid;break-inside:avoid-column}.mw-parser-output .legend-color{display:inline-block;min-width:1.5em;height:1.5em;margin:1px 0;text-align:center;border:1px solid black;background-color:transparent;color:black}.mw-parser-output .legend-text{} 正教会 プロテスタント(聖公会を含む) カトリック (緑系の色はイスラム教黄色仏教キリスト教世界で最大の信者擁する宗教である。2013年現在世界に約23億人の信者がいて、世界総人口の約33パーセントすなわち世界の約3人1人キリスト教徒である。その内カトリック教会信者は約12億人、プロテスタント諸派信者は約5億人、正教会信者は約3億人である。その他にユニテリアンモルモン教会エホバの証人信者など自称含めたキリスト教諸派信者が約4億人いる。なお、キリスト教以外の宗教では、イスラム教信者は約16億人で世界総人口の約23パーセントヒンドゥー教信者は約10億人で世界総人口の約14パーセント仏教信者は約5億人で世界総人口の約7パーセントである。

※この「世界全体」の解説は、「キリスト教」の解説の一部です。
「世界全体」を含む「キリスト教」の記事については、「キリスト教」の概要を参照ください。


世界全体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 10:21 UTC 版)

イスラム教」の記事における「世界全体」の解説

今日ムスリム世界いたるところでみられる異論はあるが、2010年時点16億人の信徒があると推定されていて、キリスト教次いで世界で2番目に多くの信者を持つ宗教である。ムスリム居住する地域現在ではほぼ世界中に広がっているが、そのうち西アジア北アフリカ中央アジア南アジア東南アジアが最もムスリムの多い地域とされる。特にイスラム教圏伝統的な中心である西アジア中東諸国では国民大多数ムスリムであり、中にはイスラム教国教定め他宗教の崇拝禁じている国もある。 世界ムスリム人口は、多子化やアフリカ内陸部などでの布教浸透によって、現在も拡大続けているとされるまた、移民として欧米諸国など他宗教が多数派占め地域への浸透広まっており、イギリスではすでに国内第2位信者数有する宗教である。 しかしながら近年わずかながら他宗教へ改宗によりムスリム人口が減少している国も存在する。ただ、現在では他宗教へ改宗及び棄教行為リベラルな法学者信徒の間では自由とされているものの、クルアーンシャリーアハーディスなどに書かれているように歴史的に死罪となるのが建前であり、現在でもこの立場取っている法学者も多い。 なお日本人ムスリム総数は、大規模な調査が行われていないこともありはっきりしていない過去に行われた調査では数千数万程度ばらつきのある数字提示されているため、最大に見積もって信徒数5万名に届かないではないか推測されている。在日外国人まで含めた信者数についても諸説あり、5万人、12万人18万人など、人によって主張される数の開き大きい。文化庁宗教年鑑でも、イスラム教は、神道仏教キリスト教以外の諸教諸教団」に天理教などと共に含まれ詳細な調査はほぼ行われていない。 トルコ東ヨーロッパシリアイラクエジプトインド中央アジアにはオスマン帝国公認学派であり、最も寛容で近代的であるとされるハナフィー学派スンナ派)が多い。その他の地域では、イランジャアファル学派シーア派)、アラビア半島では最も厳格なことで知られるハンバル学派スンナ派)、マグリブマーリク学派スンナ派)、東南アジア東アフリカシャーフィイー学(スンナ派聖典クルアーンは、アラビア語書かれたものしか認められず、外国語翻訳しても、聖典理解するための補助文書でしかないが、こうしたことからイスラム教少なくともその成立当初アラビア語解するアラブ人のための民族宗教という一面を持っていたと指摘されることもある。しかし一方でクルアーン全人類のために下された啓典といわれており、現実にイスラーム教徒民族を超え世界中に存在していることからイスラーム普遍宗教であるというのが通説である。ただし、イスラーム教文化アラブ文化混同する傾向は、イスラーム普遍宗教となって以降も、アラブ人ムスリム中心に残っている

※この「世界全体」の解説は、「イスラム教」の解説の一部です。
「世界全体」を含む「イスラム教」の記事については、「イスラム教」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「世界全体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「世界全体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「世界全体」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界全体」の関連用語

世界全体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界全体のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキリスト教 (改訂履歴)、イスラム教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS