60年代とは? わかりやすく解説

60年代

作者ピート・ハミル

収載図書ニューヨーク物語
出版社文芸春秋
刊行年月1986.9


60年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/07 21:16 UTC 版)

60年代(ろくじゅうねんだい)は、西暦ユリウス暦)60年から69年までの10年間を指す十年紀




[ヘルプ]
  1. ^ 大久保雅弘著『地球の歴史を読みとく -ライエル「地質学原理」抄訳-』古今書院 2005年 65ページ


「60年代」の続きの解説一覧

60年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 10:10 UTC 版)

ヴァンヂャケット」の記事における「60年代」の解説

50年代紳士服中心とし、スーツメインとしたブランドだったが、60年代に入りアメリカアイビーへとシフトした。その象徴となるのが、1965年発刊された「TAKE IVY」という写真集総勢8名のスタッフが、アメリカ東海岸の8校からなる名門私立大学総称しアイビーリーグ校へ行き本場のアイビーリーガーの撮影し映画本に収めたTAKE IVY続きアメリカ北東部リゾート地テーマにした「CAPE COD」や「DISCOVER AMERICA」などシーズン毎にテーマ設け若者良きアメリカ伝えていった。

※この「60年代」の解説は、「ヴァンヂャケット」の解説の一部です。
「60年代」を含む「ヴァンヂャケット」の記事については、「ヴァンヂャケット」の概要を参照ください。


60年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:04 UTC 版)

1世紀」の記事における「60年代」の解説

詳細は「60年代」を参照 60年 - ブリタンニアイケニ族女王ブーディカローマ帝国反乱を起こす鎮圧される60年頃 - ローマ帝国属州シリアバールベックユピテル神殿建てられる62年 - キリスト教エルサレム教会初代主教ヤコブ殉教63年 - ローマパルティア和平アルサケス家のアルメニア王ティリダテス1世承認される64年ポントゥス王国ローマ帝国併合され属州ポントゥスになる。 ローマ大火ネロ帝がキリスト教徒迫害しペテロパウロ殉教大火跡地ネロ帝は黄金宮殿ドムス・アウレア建立する65年 - ピソ陰謀事件で、セネカ加担した疑われネロ帝に自殺命じられる66年 - 後漢現存最古の磨崖碑開通斜道刻石」が建立される。 67年 - 伝承では初め後漢仏教伝わり洛陽白馬寺建てられる68年ネロ帝が自殺しユリウス=クラウディウス朝断絶内戦からローマで四皇帝乱立四皇帝の年)。この内戦を鎮圧したウェスパシアヌス帝が即位しフラウィウス朝成立68年メコン川下流域扶南王国成立しオケオなどの港市国家発展する

※この「60年代」の解説は、「1世紀」の解説の一部です。
「60年代」を含む「1世紀」の記事については、「1世紀」の概要を参照ください。


60年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 00:10 UTC 版)

スケバン」の記事における「60年代」の解説

セーラー服極端にロングスカート全盛期マスク着用しタバコ私刑武器として位置づけ兼ねる)も携帯することが多い。

※この「60年代」の解説は、「スケバン」の解説の一部です。
「60年代」を含む「スケバン」の記事については、「スケバン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「60年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「60年代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

60年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



60年代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの60年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァンヂャケット (改訂履歴)、1世紀 (改訂履歴)、スケバン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS