主教とは? わかりやすく解説

しゅきょう 【主教】


主教

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフの“子供たち
出版社日本図刊行
刊行年月1998.4


主教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 08:47 UTC 版)

主教(しゅきょう、ギリシア語: Επίσκοπος, ラテン語: Episcopus, 英語: Bishop, ロシア語: Епископ)とは、正教会聖公会における高位聖職者[注釈 2]。複数教会によって構成される教区を管轄する[1][2][3]


  1. ^ 二人の総主教の他に、サンクトペテルブルク府主教ヴラディーミルが写っている(左から一人目、白いクロブークをかぶった人物)。手前左から二人目の女性は、スヴェトラーナ・メドヴェージェワ
  2. ^ 主教について、「最高位」(英語では"highest" もしくは"supreme")に類した表現を使用して居らず、「高位」(英語では"high")に当たる言葉も使っていないケースもあるが(聖職者と修道士OCA - The Orthodox Faith - Volume II - Worship - The Sacraments - Holy Orders Anglicans Online | The Catechism or an Outline of the Faith)、一方で「最高位」 ("highest") を使用している文献もある (A Dictionary of Orthodox Terminology - Part 1; Greek Orthodox Archdiocese of America)。ここでは大辞泉での表現「高位」に拠った。
  3. ^ 夫婦それぞれが別々の修道院に入り修道誓願をする場合、「離婚」とは呼ばれない。
  4. ^ 他方、カトリック教会以外の諸教会(正教会、聖公会、プロテスタント)は、マタイによる福音書16:17-19、ヨハネによる福音書21:15-17について、ローマ教皇の首位権の根拠とする解釈を採らない。
  1. ^ しゅ‐きょう〔‐ケウ〕【主教】大辞泉
  2. ^ 正教会の出典:聖職者と修道士
  3. ^ 聖公会の出典:Anglicans Online | The Catechism or an Outline of the Faith
  4. ^ カトリック東京大司教区 司教とは
  5. ^ a b キリスト教大事典』519頁、教文館、昭和48年9月30日 改訂新版第二版
  6. ^ オルレツ(鷲氈)とヂェーヅル(権杖) (正教会の祭服 その意味と機能 正教時報連載 コンスタンティン桝田尚神父)
  7. ^ (クレマン 1977, p. 98)
  8. ^ (高橋 1980, p. 202)
  9. ^ (高橋 1980, p. 108)
  10. ^ a b c (クレマン 1977, p. 101)
  11. ^ 『聖規則書』明治31年1月印行、正敎會編輯局
  12. ^ St. Joseph I, Patriarch of Constantinople (1283)
  13. ^ Miter - OrthodoxWiki
  14. ^ (ホプコ 2009, p. 10)
  15. ^ オルレツ(鷲氈)とヂェーヅル(権杖)正教会の祭服より)
  16. ^ 用例:ロシア正教会キリール総主教聖下来日 9/14-18
  17. ^ 用例:第三章 釧路正教会の成立
  18. ^ Bishop - OrthodoxWiki
  19. ^ (ホプコ 2009, pp. 24–25)
  20. ^ (クレマン 1977, pp. 106–109)
  21. ^ Patriarch - OrthodoxWiki
  22. ^ Orthodox Answer To a Question About Successor of Peter, Pope - Answer #810
  23. ^ a b 『カトリック教会のカテキズム』p274, カトリック中央協議会 2008年6月3日 第3刷 ISBN 9784877501013
  24. ^ 『カトリック教会のカテキズム』p275, カトリック中央協議会 2008年6月3日 第3刷 ISBN 9784877501013
  25. ^ CATHOLIC ENCYCLOPEDIA: The Pope
  26. ^ 日本聖公会 東京教区(more)
  27. ^ 改訂増補日本聖公会祈祷書解説編集委員会『改訂増補 日本聖公会祈祷書解説』95頁、日本聖公会管区事務所(1994年2月)
  28. ^ 改訂増補日本聖公会祈祷書解説編集委員会『改訂増補 日本聖公会祈祷書解説』97頁、日本聖公会管区事務所(1994年2月)
  29. ^ 米国聖公会The Book of Common Prayer』(1979年版)p. 511、「Concerning the Ordination of a Bishop」
  30. ^ 用例:日本聖公会 活動発信センター: 見つめ合おう聖公会
  31. ^ 用例:植田主教第八代・教区主教座に
  32. ^ 日本聖公会 日本聖公会とは
  33. ^ What Is the Episcopal Church? | Diocese of Olympia
  34. ^ Anglicans & Episcopalians: An Explanation (Rev. Rebecca)
  35. ^ From Columbus: Episcopal Church elects first woman Presiding Bishop By Pat McCaughan 6/18/2006
  36. ^ New Hampshire Episcopalians Choose Gay Bishop, and Conflict Laurie Goodstein, New York Times, Sunday, June 8, 2003
  37. ^ Anglican Church in North America
  38. ^ Married bishop heads new structure | World | News | Daily Express
  39. ^ [1]
  40. ^ [2]


「主教」の続きの解説一覧

主教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 00:48 UTC 版)

祭服」の記事における「主教」の解説

主教には大主教首座主教総裁主教等も含まれる。主教は、カラーシャツキャソック紫色用い、胸に届く長さの紐または鎖のついたペクトラルクロス呼ばれる十字架を首からかける。また袖口を赤いバンド止めるゆったりとした白い「ロチェット」に、赤または黒の丈の長いチョッキ状のローブである「シミアー」を羽織るまた、「主教帽」(マイター)や、先がゼンマイようになった主教杖牧杖パストラルスタッフ)」、右手薬指につける主教用の指輪は主教のみが着用認められている。なお、牧杖指輪は主教任命式の中で司式主教からする授与される。なお、礼拝時にはシミアーの上から「チャジブル」やマントの上着「コープ」を着用することがある

※この「主教」の解説は、「祭服」の解説の一部です。
「主教」を含む「祭服」の記事については、「祭服」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「主教」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「主教」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「主教」の関連用語

主教のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主教のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの祭服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS