英国国教会とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 英国国教会の意味・解説 

えいこく‐こっきょうかい〔‐コクケウクワイ〕【英国国教会】

読み方:えいこくこっきょうかい

イギリス国教会


イングランド国教会

(英国国教会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/19 03:08 UTC 版)

イングランド国教会(イングランドこっきょうかい、: Church of England, C of E)は、16世紀1534年)のイングランド王国で成立したキリスト教会の名称で、世界に広がる聖公会アングリカン・コミュニオン)のうち最初に成立し、その母体となった教会[1]


注釈

  1. ^ のちの時代の聖公会においては、ブリテン諸島ではローマ・カトリックより前から独自のキリスト教文化があったとして、ケルト系キリスト教にアイデンティティーを見出す動きが一部に見られ、近代に建てられた各国の聖公会の聖堂や墓碑などにも、ケルト十字が好んで用いられるという傾向もある[7]
  2. ^ 神学者・聖職者のセオフィルス・リンジー英語版エセックス・ストリート教会英語版を建立した。1928年にはユニテリアン及び自由キリスト教会総会英語版の本部となる。
  3. ^ ピューリタンのブラトル・ストリート教会英語版 は後にユニテタリアンの教会となる。

出典

  1. ^ 福和伸夫 (2020年7月13日). “大航海の時代、日本では大地震が頻発する中、3英傑が天下統一を果たす”. Yahoo!ニュース. 2020年10月20日閲覧。
  2. ^ 『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館
  3. ^ 下楠昌哉 編 『イギリス文化入門』 p137
  4. ^ 日本聖公会代祷表
  5. ^ 石村耕治「イギリスの宗教法文献紹介(1) (PDF) 」 、『宗教法』27号(2008年11月)、宗教法学会、ISSN 02886820 pp. 203-284、特に207頁参照。2021年5月7日閲覧。
  6. ^ 『日本大百科全書(ニッポニカ』小学館
  7. ^ 西原廉太『聖公会が大切にしてきたもの』教文館、2016年、37-45頁。ISBN 978-4-7642-6125-9 
  8. ^ “イギリス国教会に初の女性主教が誕生”. ハフポスト. (2014年12月19日). https://www.huffingtonpost.jp/2014/12/18/church-of-england-women-bishop-libby-lane_n_6345836.html 2021年12月11日閲覧。 
  9. ^ General Synod (The Church of England)
  10. ^ Canon of the Church of England
  11. ^ イギリス国教会(世界史の窓)
  12. ^ 日本聖公会の男子修士会/女子修女会(付:イングランド国教会の修道会
  13. ^ After turmoil, Church of England consecrates first woman bishop (Reuters)
  14. ^ "Lords Spiritual (Women) Act 2015". legislation.gov.uk (英語). 2021年2月28日閲覧
  15. ^ First female diocesan bishop in C of E consecrated (Anglican Communion News Service)
  16. ^ Information for same sex couples (Your Church Wedding Org, The Church of England)
  17. ^ Vicars bless hundreds of gay couples a year (The Telegraph, 2002)
  18. ^ Lambeth Palace reaffirms Justin Welby’s opposition in principle to gay marriage (The Telegraph, 2014)



英国国教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 21:00 UTC 版)

パトロン」の記事における「英国国教会」の解説

英国国教会において、パトロナージュは、特定の教区聖職禄のための候補者推す権利を表す用語として使われている。

※この「英国国教会」の解説は、「パトロン」の解説の一部です。
「英国国教会」を含む「パトロン」の記事については、「パトロン」の概要を参照ください。


英国国教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 16:08 UTC 版)

ビレッタ帽」の記事における「英国国教会」の解説

ビレッタ帽時折聖公会高教会派聖職者によって着用される聖堂参事会員や司祭長はよく紫色飾り玉を付けた黒いビレッタ帽着用する

※この「英国国教会」の解説は、「ビレッタ帽」の解説の一部です。
「英国国教会」を含む「ビレッタ帽」の記事については、「ビレッタ帽」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「英国国教会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「英国国教会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「英国国教会」の関連用語

英国国教会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



英国国教会のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイングランド国教会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパトロン (改訂履歴)、ビレッタ帽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS