世界遺産とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 世界遺産の意味・解説 

せかい‐いさん〔‐ヰサン〕【世界遺産】

世界遺産条約に基づき人類共通の宝物として未来世代に引き継いでいくべき文化財遺跡自然環境として世界遺産委員会に登録された有形不動産文化遺産自然遺産複合遺産3種があり、1154件(文化遺産897件、自然遺産218件、複合遺産39件)が登録されている2022年3月現在)。→危機遺産世界遺産委員会

[補説] 日本の世界遺産

登録年名称種別
平成5(1993法隆寺地域の仏教建造物文化遺産
平成5(1993姫路城文化遺産
平成5(1993屋久島自然遺産
平成5(1993白神山地自然遺産
平成6(1994古都京都の文化財京都市宇治市大津市文化遺産
平成7(1995白川郷・五箇山の合掌造り集落文化遺産
平成8(1996原爆ドーム文化遺産
平成8(1996厳島神社文化遺産
平成101998古都奈良の文化財文化遺産
平成111999日光の社寺文化遺産
平成122000琉球王国のグスク及び関連遺産群文化遺産
平成162004紀伊山地の霊場と参詣道文化遺産
平成172005知床自然遺産
平成192007石見銀山遺跡とその文化的景観文化遺産
平成232011平泉仏国土浄土)を表す建築庭園及び考古学遺跡群−文化遺産
平成232011小笠原諸島自然遺産
平成252013富士山信仰対象芸術源泉文化遺産
平成262014富岡製糸場と絹産業遺産群文化遺産
平成272015明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業文化遺産
平成282016ル=コルビュジエ建築作品国立西洋美術館文化遺産
平成292017「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群文化遺産
平成302018長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産文化遺産
令和元(2019百舌鳥(もず)・古市古墳群古代日本の墳墓群−文化遺産
令和3(2021北海道・北東北の縄文遺跡群
文化遺産
令和3(2021奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島
自然遺産


世界遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 00:54 UTC 版)

世界遺産(せかいいさん、英語: World Heritage Site)は、1972年ユネスコ総会で、採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財景観自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。慣例的な用法として、その中の文化遺産世界文化遺産自然遺産世界自然遺産と呼ぶことがある。


注釈

  1. ^ 他の時期区分の例としては、世界遺産センター初代センター長ベルント・フォン・ドロステによる四期区分(1972年 - 1991年、1992年 - 1999年、2000年 - 2005年、2006年以降)などもある(文化庁記念物課世界文化遺産室 2013, p. 7)。
  2. ^ 原語は 英語: the world’s inheritance および フランス語: (le) patrimoine universel である(UNESCO Constitution)。
  3. ^ 日本初のツタンカーメン展を開いたのが朝日新聞社であり、その収益金全額がこのキャンペーンへの寄付に回された。本文の数字は松浦 2008(p.73) によるが、日本ユネスコ協会連盟、アジア太平洋ユネスコ協会連盟の両事務局長を務めた尾花珠樹は、日本からの拠出140万ドル、うち130万ドル以上が朝日新聞社としている (日本ユネスコ協会連盟 1997, p. 25)。総額が140万ドルだったという話は西村 & 本中 2017 (pp.239-240) にも出てくる。
  4. ^ Monuments of Nubia-International Campaign to Save the Monuments of Nubia世界遺産センター、2017年12月23日閲覧)では成功したキャンペーンとして扱われており、世界遺産関連文献でもポジティヴな側面しか描かれないのがしばしばである。しかし、エジプト考古学者の近藤二郎は意義を評価しつつも、このキャンペーンではアブ・シンベル神殿フィラエ神殿のような主要な神殿が近傍に移築された一方、メトロポリタン美術館ハルツームライデンの博物館、マドリードの公園など、全く別の場所に移設された遺跡もあること、アニバのホルス神殿やアル=セブアのアメンホテプ3世神殿など水没・消失した遺跡群も存在すること、10万人もの人々が移住を余儀なくされ、移築された神殿の周辺景観も異質なものとなったことなどを挙げ、「救済」の意味するところを再考している(近藤 2002)。
  5. ^ 本項目で「作業指針」の参照箇所を示す場合は、原則として、二次情報源である東京文化財研究所 2017の言及箇所を併記している。
  6. ^ ユーゴスラビア解体を経て、現在はモンテネグロの世界遺産となっている。
  7. ^ なお、現在のリストでは124番目となっているが、これは日本の締約後にユーゴスラビア解体によって繰り上がったことによる。
  8. ^ 1980年に国会で最初に世界遺産の質問をしたのは日本社会党土井たか子だったとされるが、そのときに保護すべき日本の遺産として挙げられたのは原爆ドーム三宅島(米軍の射爆訓練地計画があった)で、日米安全保障条約との関わりからも、政府関係者は消極的だったと言われる (吉田 2012b, pp. 34–35)。
  9. ^ a b 「真正性に関する奈良文書」(東京文化財研究所 2017, p. 80)、「オーセンティシティに関する奈良文書」(西村 & 本中 2017, p. 57)、「オーセンティシティに関する奈良ドキュメント」(渡邊 1995, p. 9)などといった訳があり、「奈良文書」「奈良ドキュメント」などと略される。
  10. ^ なお、その年の第38回世界遺産委員会で当初の予定通りに審議された場合、アメリカの文化遺産が1,000件目になるはずだったが、アフリカからの推薦かつ自然遺産という重要性から審議順の変更が提案され、アメリカもそれに同意したことから、オカバンゴ・デルタが1,000件目に選ばれた(西 2014, p. 42)。
  11. ^ ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)(ドイツ)やプランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体(ベルギー)など、博物館それ自体に価値がある場合には、登録された例がある。
  12. ^ 世界遺産検定事務局 2016aでは、「シリアル・ノミネーション・サイト(連続性のある資産)」と呼ばれている(pp.35-36)。「シリアル・ノミネーション」それ自体は、関連性のある資産をひとまとめに推薦することを指す(西村 & 本中 2017, pp. 115–116)。
  13. ^ 世界遺産条約における「遺跡」の原語は site であり、これは考古遺跡よりも指し示す範囲が広く、実際、自然遺産の登録地にも同じ語が使われるなどしているため、「場所」と訳している専門家もいる(稲葉 2016, pp. 4–5)。
  14. ^ 「国境を越える世界遺産」(日本ユネスコ協会連盟 2009, pp. 13–27)、「越境遺産」(講談社 2012, p. 32)、「トランスバウンダリー・サイト」(世界遺産検定事務局 2016a, p. 36)などとも呼ばれる。
  15. ^ 正式名称は後述を参照のこと。
  16. ^ OUVという略称は、世界遺産委員会でも公式に通用する略語である(稲葉 2007b, p. 24)。
  17. ^ 2005年に決定した基準が2007年からの適用となったのは、2006年の審議予定の物件は、2005年の新基準確定前に推薦されていたからである(日本ユネスコ協会連盟 2006, p. 49)。
  18. ^ この統合の際に、ハワイ火山国立公園が旧自然基準 (2)=新基準 (9) から新基準 (8) に差し替えになるなど、自然遺産19件について適用する基準の変更が行われた(稲葉 2007a, p. 51)。
  19. ^ 基準の統一に伴って、基準の題名自体が「世界遺産登録のための基準」から「顕著な普遍的価値評価のための基準」へと変更されており、前者を「登録基準」、後者を「評価基準」と訳し分けている文献もある (西村 & 本中 2017, p. 22)。その一方、東京文化財研究所 2017のように、2005年以降のものも「登録基準」と呼んでいる文献もある。
  20. ^ もともと、1994年(原爆ドームの登録前)の時点で「委員会は(中略)極めて例外的な場合、または他の文化遺産または自然遺産の基準と関連している場合に限られるべきであると見なしている」(稲葉 1995, p. 24) という条件はあったので、条件そのものが初めて追加されたのではなく、非常に厳しいものへと変更されたということである。
  21. ^ ロベン島に対し、諮問機関は基準 (6) 単独での登録を勧告した。しかし、厳しい条件との兼ね合いで単独適用を避けたい委員会は、諮問機関が反対していた基準 (3) も強引に適用することで、(3) と(6) での登録という形に落ち着かせた (稲葉 2011, p. 17)。
  22. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2016(pp.28, 37) は同様の区分を踏襲しているが、世界遺産検定事務局 2016a(p.37) では訳し分けずにどちらも「緩衝地帯」で統一している。
  23. ^ a b この緩衝地帯の外側の周辺環境を「より広範な周辺環境」(wider setting) と呼ぶ(東京文化財研究所 2017, p. 109)。
  24. ^ a b Advisory Body を西村 & 本中 2017東京文化財研究所 2017などは「諮問機関」と翻訳しているが、「助言機関」と訳す文献もある(稲葉 2017)。
  25. ^ 不登録時と異なる評価基準に基づくなどして、新規に推薦することは認められている(「作業指針」第158段落)(東京文化財研究所 2017, p. 86)。
  26. ^ 2012年の閣議決定によって、稼働遺産についてのみは内閣官房の所管と定められ、明治日本の産業革命遺産は内閣官房作成の推薦書が、外務省経由で世界遺産センターに提出された(日本ユネスコ協会連盟 2015, p. 14)。
  27. ^ 連絡会議があるとはいえ、文化遺産の候補は文化庁、自然遺産の候補は環境省と林野庁が実質的に選定するため、その縦割りな観点が日本に複合遺産がない一因という指摘もある(日本ユネスコ協会連盟 2018, p. 15)。
  28. ^ 世界遺産委員会が毎年12月に行われていた時は、前年7月1日が締め切りになっていた(D・オルドリ, R・スシエ & L・ヴィラール 2005, p. 71)
  29. ^ 世界遺産委員会の諮問機関と定められているのはICOMOS、IUCN およびICCROMのみである(東京文化財研究所 2017, pp. 14–15)。
  30. ^ rapporteur はそのままカタカナで「ラポルトゥール」と書かれることもあり、カッコ書きで「全体書記」(東京文化財研究所 2017, p. 27)、「書記」(日本ユネスコ協会連盟 2000, p. 51)などと併記される。世界遺産検定事務局 2016a鈴木 2017のように、カタカナを使わずに「書記」「書記国」と表記する例もある。
  31. ^ この登録は、アメリカが反対する中で投票に持ち込まれ、賛成14票で登録が決まったものだった(稲葉 2017, p. 40)。
  32. ^ a b c d 4種の決議の英語は東京文化財研究所 2017に従って、動詞(句)で示した。西村 & 本中 2017 (p.39) のように、inscription / referral / deferral / not to inscribe と名詞(句)で示している場合もある。
  33. ^ 日本の推薦で最初に「登録延期」『勧告』が出たのは石見銀山遺跡とその文化的景観だったが、こちらは委員会審議で逆転登録を果たしていた。
  34. ^ 複合遺産として推薦され、自然遺産として「不登録」勧告を受けたものの、文化遺産として「登録」勧告を受けた1件を除く。
  35. ^ 世界遺産登録名は英語とフランス語だが、翻訳を交えずに現地語をそのまま利用する事例もまま見られる。Ħal Saflieni Hypogeum(マルタ)、Himeji-jo(日本)、Kizhi Pogost(ロシア)など。
  36. ^ スペインとフランスで共有している「ピレネー山脈のモン・ペルデュ」などは、スペイン、フランス双方に各1件として加算している。
  37. ^ 20世紀遺産と近代遺産は、全てが重なるわけではないという指摘もある(西村 & 本中 2017, p. 169)。
  38. ^ ただし、ユネスコ内部では上限に関する議論も存在するといい、第8代ユネスコ事務局長松浦晃一郎は、モニタリングの制約などから、現実的に設定される可能性のある数字としては、1,500や2,000という数字を挙げていた(松浦 2008, pp. 286–293)。
  39. ^ 過去に登録延期された物件の再審議や拡大登録の審議は含まない(七海 2006, p. 23)。また、未保有国は2件以上の推薦が可能(田中 2009, p. 8)。
  40. ^ ただし、この年は2020年審議予定と2021年審議予定の物件を併せて審議したため、複数の登録があった国も多く出た。
  41. ^ ほかのピラミッド群も含み、正式登録名は「メンフィスとその墓地遺跡 - ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯」。
  42. ^ ダ・ヴィンチのこの作品は、聖堂に描かれた壁画(不動産)なので登録対象となる。他の要素も含み、正式登録名は「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院」である。
  43. ^ パナマの世界遺産であるダリエン国立公園は、ロス・カティオス国立公園と境界を接している。
  44. ^ 2007年までの登録物件については、『21世紀世界遺産の旅』(小学館、2007年)に、外務省の退避勧告などの有無も含め、各物件へのアクセス情報が記載されている。
  45. ^ このような参加者の規模拡大は費用の高騰にも繋がる。2010年代半ばには1回の開催費用が4000万USDを超えるとされ、第41回世界遺産委員会の会期中に次回の開催地が決まらないという事態を招いた((鈴木 2017, p. 38))。
  46. ^ ほかに、日本の人間国宝の考え方から、ユネスコのリビング・ヒューマン・トレジャー英語版の概念が生まれた(D・オルドリ, R・スシエ & L・ヴィラール 2005, p. 127 ; 西村 & 本中 2017, p. 261)。

出典

  1. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 141
  2. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2016, p. 36
  3. ^ 松浦 2008
  4. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 2–3
  5. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 3–5
  6. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 4–5。条文は外務省の国際連合教育科学文化機関憲章からの引用だが、「注釈」部分は本項目で追加したものである。
  7. ^ a b c d 西村 & 本中 2017, p. 13
  8. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 5, 11–13
  9. ^ 松浦 2008, pp. 67–69
  10. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 5–6
  11. ^ 日本ユネスコ協会連盟 1998, p. 4
  12. ^ 松浦 2008, p. 72
  13. ^ 松浦 2008, p. 73
  14. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 14–15
  15. ^ 西村 & 本中 2017, p. 15。なお、やや簡略な形では松浦 2008, p. 74でも紹介されている。
  16. ^ a b P・H・C・ルーカス 1998, p. 23
  17. ^ a b 稲葉 2015, pp. 24–25
  18. ^ 松浦 2008, p. 76
  19. ^ P・H・C・ルーカス 1998, pp. 22–23
  20. ^ 西村 & 本中 2017, p. 16
  21. ^ 松浦 2008, pp. 76–77
  22. ^ a b 世界遺産検定事務局 2016a, p. 15
  23. ^ a b 松浦 2008, p. 80
  24. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 53
  25. ^ 松浦 2008, pp. 80–81
  26. ^ 松浦 2008, p. 82
  27. ^ 松浦 2008, p. 84
  28. ^ 松浦 2008, pp. 142–143
  29. ^ 安江 2011, p. 31
  30. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2007, pp. 21, 31
  31. ^ 稲葉 2016, p. 1
  32. ^ 松浦 2008, pp. 165–166
  33. ^ P・H・C・ルーカス 1998, p. 26
  34. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 38, 54
  35. ^ a b 伊東 2000, p. 30
  36. ^ 木曽 2015, p. 18
  37. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, p. 15
  38. ^ 青柳 & 松田 2005, p. 9
  39. ^ 松浦 2008, p. 93
  40. ^ 木曽 2015, pp. 20, 22
  41. ^ 吉田 2012b, pp. 35–36
  42. ^ 吉田 2012b, p. 36
  43. ^ 木曽 2015, pp. 125–129
  44. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 80–81
  45. ^ D・オルドリ, R・スシエ & L・ヴィラール 2005, pp. 63–64
  46. ^ ニューズウィーク日本版』2015年9月22日号、p.34
  47. ^ World Heritage Committee inscribes five new cultural sites on World Heritage List and approves two extensions to existing properties (Saturday, 31 July 2010)世界遺産センター、2017年12月22日閲覧)
  48. ^ a b c UNESCO World Heritage Centre : World Heritage List (英語)
  49. ^ 青柳 & 松田 2005, p. 5 ; 河上 2008, p. 1 ; 佐滝 2009, p. 76 ; 文化庁記念物課世界文化遺産室 2013, p. 9 ; 東京文化財研究所 2017, p. 10 など。
  50. ^ 佐滝 2009, pp. 108–109
  51. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 85
  52. ^ 本中 2005, p. 19
  53. ^ 松浦 & 西村 2010, pp. 19–21
  54. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, pp. 25–26, 30–32
  55. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 107–108
  56. ^ 伊東 2000, pp. 2–3
  57. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 35–36
  58. ^ a b 東京文化財研究所 2017, p. 35
  59. ^ a b 西村 & 本中 2017, p. i
  60. ^ a b 七海 2006, p. 15
  61. ^ s:世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約より引用。
  62. ^ 東京文化財研究所 2013, p. 127
  63. ^ 七海 2006, p. 16
  64. ^ 河上 2008, p. 8
  65. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2008, p. 44
  66. ^ 西村 & 本中 2017, p. 127
  67. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 75–76, 78
  68. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 71–73
  69. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 92–98
  70. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2001, pp. 42, 54
  71. ^ 稲葉 2013a, p. 32
  72. ^ 二神 2016, p. 30
  73. ^ List of World Heritage in Danger世界遺産センター、2021年8月1日閲覧)
  74. ^ a b c 東京文化財研究所 2017, pp. 72–73
  75. ^ a b 東京文化財研究所 2017, p. 129
  76. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2009, pp. 17, 23
  77. ^ 吉田 2012b, p. 203
  78. ^ 工藤 2009, pp. 22–23, 27
  79. ^ 工藤 2009, p. 22
  80. ^ 吉田 2012b, pp. 211–212
  81. ^ 世界遺産検定事務局 2016b, pp. 188, 191
  82. ^ Report of the 3rd Session of the Committee
  83. ^ a b 世界遺産検定事務局 2016b, p. 420
  84. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2001, p. 56
  85. ^ 日高 2006, p. 88
  86. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, pp. 262–263, 403
  87. ^ a b 西村 & 本中 2017, p. 25
  88. ^ 日本ユネスコ協会連盟 1996, p. 17
  89. ^ 稲葉 2011, p. 18
  90. ^ 岡田 2011, p. 19
  91. ^ a b c 東京文化財研究所 2017, p. 89
  92. ^ 七海 2006, p. 8
  93. ^ 松浦 2008, p. 100
  94. ^ a b c 日本ユネスコ協会連盟 2007, pp. 53–54
  95. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 34
  96. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 33–34
  97. ^ The Criteria for Selection世界遺産センター、2018年1月1日閲覧)
  98. ^ a b 東京文化財研究所 2017, p. 34
  99. ^ 西村 & 本中 2017, p. 22
  100. ^ a b 稲葉 1995, p. 24
  101. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 22–23, 129, 161
  102. ^ 西村 & 本中 2017, p. 23
  103. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 23–24, 129, 161
  104. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 24, 129
  105. ^ 佐滝 2009, p. 88
  106. ^ 西村 & 本中 2017, p. 129
  107. ^ 西村 & 本中 2017, p. 24
  108. ^ 世界遺産検定事務局 2016b, p. 420
  109. ^ 稲葉 2011, p. 17
  110. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2002a, p. 58より引用。
  111. ^ 工藤 2009, pp. 25–26
  112. ^ 吉田 2012b, p. 106
  113. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2014, p. 29
  114. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2014, pp. 10–11
  115. ^ 西村 & 本中, p. 147 該当箇所の担当執筆者は西村幸夫
  116. ^ Operational Guidelines(世界遺産センター、2018年2月1日閲覧)。関連する情報は稲葉 2015, pp. 9–10
  117. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, pp. 27, 29
  118. ^ 吉田 2012b, p. 16
  119. ^ 佐滝 2009, p. 86
  120. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, p. 26
  121. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 66
  122. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2016, p. 37
  123. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 66–67
  124. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2014, pp. 6–11
  125. ^ a b 「富岡製糸場 世界遺産へ 4資産に厳選 奏功」『朝日新聞』2014年4月27日朝刊1面
  126. ^ 「富岡 結んだ西洋・伝統 / 製糸場 世界遺産へ / 近代工業化の鍵・絞り込み奏功」『日本経済新聞』2014年4月27日朝刊35面
  127. ^ 稲葉 2013b, p. 32
  128. ^ 二神 2018, p. 28
  129. ^ a b 東京文化財研究所 2017, p. 21
  130. ^ a b 渡邊 1995, p. 5
  131. ^ 松浦 2008, pp. 148–149
  132. ^ 世界遺産検定事務局 2016b, p. 157
  133. ^ 松浦 2008, p. 149
  134. ^ 世界遺産検定事務局 2016b, p. 158
  135. ^ 松浦 2008, pp. 148, 151, 153
  136. ^ 安江 2011, pp. 45–46
  137. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 80
  138. ^ a b 松浦 & 西村 2010, p. 22
  139. ^ 木曽 2015, p. 129
  140. ^ a b 東京文化財研究所 2017, pp. 23–24
  141. ^ 西村 & 本中 2017, p. 62
  142. ^ 稲葉 2009, p. 40
  143. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, pp. 37–38
  144. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, p. 37
  145. ^ (参考2)ユネスコエコパーク (BR) の保護担保措置・ゾーニングに関する基本的な考え方文化庁、2018年2月1日閲覧)、参考1・ユネスコエコパークについて環境省、2018年2月1日閲覧)
  146. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 59–60
  147. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 60–62
  148. ^ 松浦 2008, p. 145
  149. ^ 吉田 2012b, pp. 190–191
  150. ^ 松浦 2008, pp. 156–157
  151. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, pp. 37–38
  152. ^ a b c d 東京文化財研究所 2017, pp. 25–26
  153. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2008, p. 15
  154. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, p. 38
  155. ^ 木曽 2015, pp. 24–25
  156. ^ 木曽 2015, p. 25
  157. ^ 松浦 2008, pp. 156–157, 230
  158. ^ 木曽 2015, pp. 25–29
  159. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 37–38
  160. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2003, pp. 47–48, 55
  161. ^ 西村 & 本中 2017, p. 41
  162. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2005, p. 55
  163. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 46–47
  164. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2008, p. 45
  165. ^ a b 東京文化財研究所 2017, pp. 124–126
  166. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2001, p. 55
  167. ^ 西村 & 本中 2017, p. 42
  168. ^ 二神 2018, p. 29
  169. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2006, p. 49
  170. ^ 安江 2011, p. 35
  171. ^ 世界遺産検定事務局 2017, p. 35
  172. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, p. 42
  173. ^ a b 佐滝 2006, p. 67
  174. ^ 平野久美子 編著 『ユネスコ番外地 台湾世界遺産級案内』中央公論新社、2017年、pp.4-6, 120-125
  175. ^ 加治 2014, p. 182
  176. ^ 佐滝 2006, pp. 66–67, 91
  177. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, p. 209
  178. ^ a b c 東京文化財研究所 2017, p. 83
  179. ^ a b 東京文化財研究所 2017, pp. 46–47
  180. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2003, pp. 50, 55
  181. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2005, p. 26
  182. ^ 西村 & 本中 2017, p. 39
  183. ^ 佐滝 2009, pp. 89–90
  184. ^ 佐滝 2009, p. 81
  185. ^ 佐滝 2009, pp. 156–158
  186. ^ a b 東京文化財研究所 2017, pp. 134–135
  187. ^ 西村 & 本中, pp. 106–107
  188. ^ 西村 & 本中 2017, p. 107
  189. ^ 鈴木 2017, p. 38
  190. ^ 西村 & 本中 2017, p. 109
  191. ^ 鈴木 2017, pp. 37–38
  192. ^ 稲葉 2013a, p. 23
  193. ^ 二神 2016, pp. 30–31
  194. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2016, p. 33
  195. ^ a b 東京文化財研究所 2017, pp. 27–28
  196. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, pp. 18–19
  197. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2002b, p. 50
  198. ^ a b c d 稲葉 2017, p. 43
  199. ^ 七海 2006, p. 27
  200. ^ 七海 2006, p. 28
  201. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 65
  202. ^ 稲葉 2013b, p. 32
  203. ^ 米田 2016, p. 31
  204. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 102, 120
  205. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 120
  206. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 103
  207. ^ a b 鈴木 2008, pp. 19–20
  208. ^ a b 東京文化財研究所 2017, p. 96
  209. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 96–97
  210. ^ 稲葉 2009, pp. 38–39
  211. ^ a b 西村 & 本中 2017, p. 170
  212. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 39
  213. ^ 佐滝 2009, pp. 154–156, 184
  214. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 39–40
  215. ^ 西村 & 本中 2017, p. 140
  216. ^ a b 稲葉 2008a, p. 37
  217. ^ a b 東京文化財研究所 2017, p. 86
  218. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, p. 19
  219. ^ 西 2012b, p. 49
  220. ^ a b 稲葉 2017, p. 41
  221. ^ 『地球の歩き方MOOK 見て読んで旅する世界遺産』ダイヤモンド・ビッグ社、2002年、pp.142-143「裏世界遺産から、世界遺産の真価を読む」
  222. ^ 佐滝 2006, pp. 204–206 「『裏世界遺産』」
  223. ^ 世界遺産資料館”. 2016年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月22日閲覧。
  224. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 73–74
  225. ^ 西村 & 本中 2017, p. 74
  226. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 79
  227. ^ a b 東京文化財研究所 2017, pp. 91–92
  228. ^ 西村 & 本中 2017, p. 79
  229. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 74–75
  230. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 94–95
  231. ^ 西村 & 本中 2017, p. 76
  232. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 76–77
  233. ^ a b 東京文化財研究所 2017, pp. 98–99
  234. ^ 稲葉 2009, p. 40
  235. ^ 西村 & 本中 2017, p. 77
  236. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2015, p. 15
  237. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2012, p. 7
  238. ^ a b 東京文化財研究所 2017, p. 77
  239. ^ 稲葉 2007a, p. 50 および日本ユネスコ協会連盟 2008, p. 15
  240. ^ a b 東京文化財研究所 2013, p. 74
  241. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2016, pp. 18–19
  242. ^ a b c 米田 2011, p. 41
  243. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 111–112
  244. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 111
  245. ^ 世界遺産検定事務局 2016b, p. 392
  246. ^ 世界遺産検定事務局 2016b, p. 236
  247. ^ 鈴木 2017, p. 37
  248. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 111–112
  249. ^ a b 東京文化財研究所 2017, pp. 42–43
  250. ^ 稲葉 2008a, p. 38
  251. ^ 稲葉 2010, p. 35
  252. ^ 『読売新聞』2021年7月23日朝刊7面「英リバプール 世界遺産抹消 再開発が原因」
  253. ^ 文化庁記念物課世界文化遺産室 2013, p. 8
  254. ^ 羽田 2005, pp. 197–204
  255. ^ 七海 2006, p. 27
  256. ^ 七海 2006, pp. 25–26
  257. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 139–140
  258. ^ 松浦 2008, p. 268
  259. ^ 七海 2006, p. 4
  260. ^ a b 吉田 2012a, p. 26
  261. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 122–123
  262. ^ 河上 2008, pp. 16–17
  263. ^ World heritage: authenticity, development and espistemological de-linking”. Donna Chambers. University of Nottingham (2018年3月9日). 2018年7月21日閲覧。
  264. ^ 佐滝 2009, p. 221
  265. ^ 田中 2009, p. 9
  266. ^ 佐滝 2009, pp. 220–221
  267. ^ a b c d 田中 2009, p. 11
  268. ^ a b c 佐滝 2009, pp. 222–223
  269. ^ 稲葉 2016, p. 7
  270. ^ Expert Meeting on the "Global Strategy" and thematic studies for a representative World Heritage List
  271. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, pp. 33–35
  272. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2005, pp. 50–51
  273. ^ a b c 世界遺産検定事務局 2016a, pp. 32–33
  274. ^ a b 東京文化財研究所 2017, p. 37
  275. ^ 松浦 2008, pp. 150–151
  276. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 123, 140
  277. ^ 下間 2005, p. 23
  278. ^ 下間 2005, pp. 23–24
  279. ^ 下間 2005, pp. 24–25
  280. ^ 本中 2005, p. 13
  281. ^ 稲葉 2009, p. 39
  282. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 132–133
  283. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 136–140
  284. ^ 西村 & 本中, p. 160
  285. ^ 七海 2006, pp. 10–12
  286. ^ 清水 2008, p. 18
  287. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 162–163
  288. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 163–166
  289. ^ 下間 2005, pp. 21–22
  290. ^ 西村 & 本中 2017, p. 168
  291. ^ シェリダン・バーグ 2016, p. 16
  292. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 171–172
  293. ^ 西村 & 本中 2017, p. 172
  294. ^ 西村 & 本中 2017, p. 174
  295. ^ 稲葉 2010, p. 37
  296. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 176–178
  297. ^ シェリダン・バーク 2016, pp. 16–17
  298. ^ a b ウィリアム・アンダーヒル 2015, p. 28
  299. ^ 松浦 2008, p. 289
  300. ^ 松浦 2008, pp. 289–290
  301. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 103–104
  302. ^ 佐滝 2009, pp. 123–124
  303. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 54–55
  304. ^ 佐滝 2006, pp. 50–51
  305. ^ 七海 2006, p. 22
  306. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2001, p. 44
  307. ^ 田中 2009, p. 8
  308. ^ 七海 2006, pp. 21–23
  309. ^ 七海 2006, p. 23
  310. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2008, p. 46
  311. ^ 西 2012a, p. 14
  312. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 84–85
  313. ^ a b 西村 & 本中 2017, p. 58
  314. ^ 稲葉 2017, p. 44
  315. ^ 河上 2008, p. 7
  316. ^ 七海 2006, pp. 8–9
  317. ^ 佐滝 2009 pp.90-94
  318. ^ 松浦 2008, p. 287
  319. ^ ex.「世界遺産『次の候補』虎視眈々」『読売新聞』2014年4月27日朝刊13版、2面。「保護の仕組み、曲がり角」『日本経済新聞』2017年7月10日朝刊13版、30面。
  320. ^ 佐滝 2009, p. 94
  321. ^ 稲葉 2010, pp. 33–34
  322. ^ 岡田 2011, p. 21
  323. ^ 西村 & 本中 2017, p. 98
  324. ^ 稲葉 2010, p. 34
  325. ^ a b 米田 2015, p. 33
  326. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 72
  327. ^ プレック研究所 2017, pp. 254–255
  328. ^ 下田 2017, p. 32
  329. ^ a b 稲葉 2013a, p. 32
  330. ^ 稲葉 2013b, p. 32
  331. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 213–214
  332. ^ a b 稲葉 2008a, p. 38
  333. ^ 西村 & 本中, p. 214
  334. ^ 松浦 2008, p. 237
  335. ^ 黒津 2015, p. 18
  336. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2015, p. 33
  337. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2016, p. 30
  338. ^ 二神 2018, pp. 28–29
  339. ^ 西村 & 本中 2017, p. 98
  340. ^ 西村 & 本中 2017, pp. 98–99
  341. ^ 吉田 2012a, p. 27
  342. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2006, pp. 44–45
  343. ^ a b c フンク・カロリン 2007, p. 38
  344. ^ a b c 稲葉 2007a, p. 51
  345. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2006, p. 45
  346. ^ 稲葉 2008a, p. 39
  347. ^ 稲葉 2009, p. 40
  348. ^ a b 鈴木 2017, p. 37
  349. ^ 稲葉 2010, pp. 35–36
  350. ^ 木曽 2015, pp. 24–29 ; 日本ユネスコ協会連盟 2018, p. 13
  351. ^ a b 世界遺産検定事務局 2016a, p. 40
  352. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 59
  353. ^ 東京文化財研究所 2017, pp. 59–60
  354. ^ 二神 2018, p. 28
  355. ^ 「ウィーン 世界遺産取り消し? 再開発見直し ユネスコ要求」『読売新聞』2017年7月8日朝刊6面
  356. ^ 宗田 2006, p. 16
  357. ^ ウィリアム・アンダーヒル 2015, pp. 26–27
  358. ^ アーサー・ペデルセン 2008, p. 42
  359. ^ 矢野 2006, pp. 41–42
  360. ^ 佐滝 2009, p. 206
  361. ^ 藤木 2015, p. 238
  362. ^ 秋道 2007, p. 204
  363. ^ 秋道 2007, pp. 208–210
  364. ^ 藤木 2015, pp. 240–241
  365. ^ 藤木 2015, pp. 239–242
  366. ^ アーサー・ペデルセン 2008, p. 43
  367. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2018, p. 7
  368. ^ アーサー・ペデルセン 2008, pp. 40–41
  369. ^ 稲葉 2012, p. 25
  370. ^ 木曽 2015, p. 104
  371. ^ 稲葉 2016, p. 6
  372. ^ 木曽 2015, pp. 104–105
  373. ^ 稲葉 2017, pp. 43–44
  374. ^ 木曽 2015, pp. 94–98
  375. ^ 吉田 2012a, p. 26 ; 吉田 2012b, p. 174
  376. ^ 吉田 2012b, pp. 222–223
  377. ^ 文化庁記念物課世界文化遺産室 2013, p. 7
  378. ^ 二神 2018, p. 29
  379. ^ 前川 2015, pp. 32–33
  380. ^ 稲葉 2011, p. 38
  381. ^ 「ユネスコ パレスチナ加盟を承認 / 米は反発、拠出金凍結も」『朝日新聞』2011年11月1日朝刊1面
  382. ^ 稲葉 2017, pp. 39–40
  383. ^ a b ジョシュア・キーティング 2017, p. 10
  384. ^ 東京文化財研究所 2017, p. 143
  385. ^ 秋道 2007, pp. 35–36
  386. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, p. 93
  387. ^ a b c 日本ユネスコ協会連盟 2005, p. 50
  388. ^ a b 加治 2008, p. 191
  389. ^ 西谷 2005b, p. 18
  390. ^ 西谷 2005a, p. 43
  391. ^ 中村 2006, pp. 40–41
  392. ^ 鶴間 2005, pp. 168–171
  393. ^ 木曽 2015, pp. 154–155
  394. ^ 西村 & 本中 2017, p. 26
  395. ^ 木曽 2015, pp. 145–152
  396. ^ 二神 2015, pp. 32
  397. ^ a b 日本ユネスコ協会連盟 1999, p. 52
  398. ^ 古田 2009, p. 162
  399. ^ 佐滝 2006, pp. 29–30
  400. ^ 日本ユネスコ協会連盟 1999, p. 50 (当時の世界遺産センター長のドロステの発言)
  401. ^ 秋道 2007, p. 29 肩書きは著書刊行当時。
  402. ^ 石澤 2005
  403. ^ 古田 2009, p. 161
  404. ^ 奈良大学文学部世界遺産を考える会 2000, pp. 298–299
  405. ^ 日高 2006, p. 92
  406. ^ サイバー大学と世界遺産検定が連携 - 入学金や受検料などを優遇(マイナビニュース、2009年1月9日)(2017年12月13日閲覧)
  407. ^ サイバー大学発表資料 サイバー大学通信教育 現状と課題 (PDF) (2012年12月19日)(2017年12月13日閲覧)
  408. ^ 世界遺産学部公式サイト”. 2015年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月25日閲覧。(新規学生の募集を停止)
  409. ^ 佐滝 2009, pp. 37–38
  410. ^ Leo Schmidt 2015, pp. 8–9
  411. ^ Leo Schmidt 2015, p. 10
  412. ^ 木曽 2015, p. 34
  413. ^ a b 稲葉 2012, p. 26
  414. ^ 松浦, 東郷 & 五十嵐 2016, p. 225
  415. ^ 中村 2006, p. 175
  416. ^ 鈴木 2015, p. viii
  417. ^ 朴 2015, p. 312
  418. ^ 岩本 2015, p. 396
  419. ^ 松浦 2007, pp. 59–60, 304–305
  420. ^ 佐滝 2006, pp. 192–193
  421. ^ 安江 2011, p. 161
  422. ^ 木曽 2015, pp. 80–81
  423. ^ 鈴木 2015, pp. ix–x ; 岩本 2015, p. 407
  424. ^ 木曽 2015, p. 40
  425. ^ a b 日本ユネスコ協会連盟 2011, p. 44
  426. ^ 稲葉 2015, p. 3
  427. ^ 世界遺産検定事務局 2016a, p. 235 ; 樺山 2014, pp. 98–99
  428. ^ 樺山 2014, pp. 230–231
  429. ^ 樺山 2014, pp. 482–485
  430. ^ 樺山 2014, p. 190
  431. ^ 松浦, 東郷 & 五十嵐 2016, pp. 226–227
  432. ^ 松浦, 東郷 & 五十嵐 2016, p. 231
  433. ^ 松浦, 東郷 & 五十嵐 2016, p. 236
  434. ^ 慰安婦資料の登録見送り 「財政問題ではない」=ユネスコ事務局長補聯合ニュース、2017年12月4日)(2018年2月22日)



世界遺産

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:27 UTC 版)

名詞

   せかいいさん

  1. 人類財産とすべき貴重自然環境文化財のうち、ユネスコ総会採択された「世界文化遺産及び自然遺産保護するする条約」に基づい作成された「世界遺産リスト」に登録されたもの。

関連語


「世界遺産」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界遺産」の関連用語

世界遺産のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界遺産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウルマックスウルマックス
©2022 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界遺産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの世界遺産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS