議題とは? わかりやすく解説

ぎ‐だい【議題】


アジェンダ

(議題 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/17 07:41 UTC 版)

アジェンダ(Agenda)




「アジェンダ」の続きの解説一覧

議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 15:42 UTC 版)

帝国議会 (神聖ローマ帝国)」の記事における「議題」の解説

領邦議会お金の話をする議会」(ドイツの俚諺帝国議会領邦議会課税承認権掌握しており、王侯提案する課税妥当性が主に話し合われた。フランス身分制議会である三部会王権の強化進んだ15世紀課税承認権うしなったが帝国議会領邦議会課税承認権失ったのは三十年戦争戦後17世紀末頃である。以後帝国議会統治機構としての権能失い諸侯利害調整するのみで、議決強制力持たなくなった

※この「議題」の解説は、「帝国議会 (神聖ローマ帝国)」の解説の一部です。
「議題」を含む「帝国議会 (神聖ローマ帝国)」の記事については、「帝国議会 (神聖ローマ帝国)」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 19:03 UTC 版)

第31回主要国首脳会議」の記事における「議題」の解説

主要国首脳会議では伝統的に主催国が主要議題を設定することになっているそのため主催国事務官は、開催までの約1ヶ月間に各国事務官事前交渉行い全ての参加国署名による合意によって主要議題を決定しなければならない第31回主要国首脳会議では、議長を務めるブレア首相の強い提唱で、「地球規模気候変動」と「アフリカ諸国に対する開発支援」という異例の中長期課題が主要議題として設定された7月7日昼、先進主要8カ国首脳中国インドブラジルメキシコ南アフリカ新興5カ国首脳意見交換行い温暖化防止向けた対話継続などを確認した

※この「議題」の解説は、「第31回主要国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第31回主要国首脳会議」の記事については、「第31回主要国首脳会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 09:53 UTC 版)

第4回20か国・地域首脳会合」の記事における「議題」の解説

サミット話し合われるべき議題について、G20各国の間では意見食い違いがみられた。進行中であった世界的不況欧州政府債務危機からの回復サミット主要な議題であったが、サミット首脳の間ではこれらの問題に取り組むにあたりどのような戦略をとるかで意見分かれていた。欧州連合 (EU) 側は財政緊縮政策をとって赤字削減するべきと唱えたが、対照的にアメリカ経済成長下支えするために景気刺激策継続する重要性説いたサミットEU諸国財政支出予定通り削減し予算均衡化を図ると説明したが、中国インド、およびアメリカ代案として経済不況悪影響緩和するため財政出動規模増額し景気刺激する案を支持したEU側はまた、国際的な銀行税、ロビン・フッド税 (Robin Hood tax) の導入提案したが、アメリカとカナダはこの案に反対した。その他、アフリカおよび他途上国に対する国際的開発継続的な援助懸案議題として取り上げられた。招待国一部からはイスラエルのガザ地区封鎖 (Blockade of the Gaza Strip) や北朝鮮核開発問題非難する声もあがり、またアメリカからはアフガニスタンの政治腐敗および治安問題提起された。

※この「議題」の解説は、「第4回20か国・地域首脳会合」の解説の一部です。
「議題」を含む「第4回20か国・地域首脳会合」の記事については、「第4回20か国・地域首脳会合」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 21:56 UTC 版)

第5回先進国首脳会議」の記事における「議題」の解説

東京サミットでは議題は、イランイスラム革命を受けて石油問題中心議題となった

※この「議題」の解説は、「第5回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第5回先進国首脳会議」の記事については、「第5回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 02:38 UTC 版)

第1回世界遺産委員会」の記事における「議題」の解説

規約についてや、世界遺産リスト制定向けた議論が行われた。

※この「議題」の解説は、「第1回世界遺産委員会」の解説の一部です。
「議題」を含む「第1回世界遺産委員会」の記事については、「第1回世界遺産委員会」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 00:43 UTC 版)

第8回先進国首脳会議」の記事における「議題」の解説

ヴェルサイユ・サミットでの最重要課題は、1981年12月戒厳令発出したポーランドへの対応であったサミットでは、米欧の対応が真っ向から対立していたが、その背景には、ポーランド市民に対しCIA背後から反政府行動策動していたとされることがあった。日本の鈴木善幸首相は、米欧対立解消すべく精力的に両者間の仲介行い、同サミットとしての統一された共同声明発表尽力したその背景には、同サミット直前に、麻生太郎衆議院議員ポーランド首都ワルシャワで、チーレク外務大臣らと率直な協議重ね、それを持ってパリで鈴木首相にサミットにおける日本の役割助言していたことがある

※この「議題」の解説は、「第8回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第8回先進国首脳会議」の記事については、「第8回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


議題


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 01:33 UTC 版)

第43回先進国首脳会議」の記事における「議題」の解説

G7次の課題に対する共通の努力強調したシリア内戦終結 リビアにおける国際連合ミッション完遂 シリアイラクにおけるISIL勢力削減 北朝鮮に対し国際連合決議遵守するよう求める ウクライナ内戦に対するロシア責任 経済活動支援物価の安定確保する一方で貿易不均衡ジェンダー課題挑戦することが求められた飢餓撲滅競争力強化国際保健の向上といった条件づくりに取組んでいる移民送出に対して各国協力することが合意された。

※この「議題」の解説は、「第43回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第43回先進国首脳会議」の記事については、「第43回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 12:50 UTC 版)

第47回先進国首脳会議」の記事における「議題」の解説

新型コロナウイルスのパンデミック気候変動への対応が議題となったイギリスボリス・ジョンソン首相は、世界へ均等な配布のための新型コロナウイルスワクチン確保し将来パンデミック防止するために、パンデミックに対するグローバルアプローチをG7求め人獣共通感染症研究拠点世界的なネットワーク治療法ワクチン世界的な製造能力構築世界的な早期警報システム設計将来公衆衛生上の緊急事態のための世界的なプロトコル合意貿易障壁削減など将来パンデミックを防ぐための5つポイント構成される計画提案G7諸国は、他国10億回分ワクチン提供することで合意し、「カービスベイ保健宣言」として採択された。 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長G7取り組み評価しつつも、「全世界での接種には世界人口の7割が必要であり、最低110回分必要だ」と述べた2021年11月開催される予定COP26会議に先立ちイギリス最優先事項でもある気候変動にも焦点当てたイギリスのクワシ・クワーテングビジネス・エネルギー・産業戦略担当国務長官ジョンソン首相が国炭素税、グリーンファイナンス、石炭火力段階的廃止(脱石炭)、貧困国気候変動対策強化支援するための協調した行動模索しているとした。国境炭素税については、EUアメリカ支持しているが、マーク・ヴァンヒューケレンEU気候大使石油輸出国であるオーストラリアがこの措置反対する可能性がある指摘したG7諸国は、2050年までに二酸化炭素CO2排出量実質ゼロ達成するいわゆるカーボンニュートラル実現することを約束したもう一つトピックは、経済政策に関する国際的な協調であったジャネット・イエレン米財務長官米国多国間主義復活させ、継続的な経済支援力を入れると述べた同様にイタリアのダニエレ・フランコ経済相、フランスブルーノ・ル・メール財務相イギリスリシ・スナック財務相を含む他の財務大臣復興計画経済政策に関する緊密な経済面での連携求めた多国籍企業法人税改革をめぐる交渉行われアメリカ欧州諸国新たに導入したデジタルサービス税の報復として関税課す可能性示唆した後、この問題交渉期限今夏までとすることで合意した。アメリカは、以前トランプ政権反対し、既に他国によって広く承認されている国際通貨基金IMF)による加盟国への最大5,000ポンド(約77兆円)の特別引出権SDR)の割り当て計画是非について再検討している。 ジョンソン首相G7サミット英米間の渡航制限を「解除」することを目指していると述べたが、実際に合意なされたかどうか不明かねてより覇権主義的な動きがみられていた中国対抗する意識から「自由で開かれたインド太平洋構想の下、民主主義国家結束目指していたアメリカ日本首脳宣言への「台湾明記求めていた一方経済面地球温暖化対策といった分野での協力期待するドイツ、フランス中国による「一帯一路政策への参加検討中だったイタリアからは、中国への「過度な刺激」を戒める声も上がり首脳会談前に水面下で行われた会合ではG7各国の間で対中意見分かれた。だが、個別首脳会談ではバイデン大統領菅首相連携してメルケル首相マクロン大統領歩み寄り強く訴え受け入れられたことで、G7として声明台湾海峡の平和を求めることが盛り込まれた。首脳声明では、中国のほか、ロシア北朝鮮ミャンマー専制主義について言及北朝鮮については非核化求めミャンマーについてはクーデターについて非難した気候変動対策ジェンダー平等達成など持続可能な開発目標SDGs)についても声明述べられなかでも気候変動対策については、G7各国二酸化炭素排出量2030年には2010年半分とすることが確認され開発途上国への二酸化炭素排出量削減のための年間1,000ドル(約11兆円)の資金援助について、G7各国分担割合増加させるとした。さらには中国の「一帯一路政策念頭に数千ドル数十兆円)ものインフラへの投資中国輸出規制強めレアアースサプライチェーン強化ロシア中国北朝鮮からのサイバー攻撃念頭にランサムウェア対策強化について触れられた。その新型コロナ対策では、主に途上国配布する10億回分ワクチン供給についても記載された。 日本については、声明締めくくり東京オリンピック東京パラリンピックへのG7支持について記されたほか、環境対策について、開発途上国への二酸化炭素排出抑えていない石炭火力発電導入への新規支援について2021年末までに終了するとした。 G7首脳声明中国への対抗姿勢色濃く反映されたことに対してロンドンにある在英国中国大使館報道官は、「グローバルな決定少数の国によって左右され時代過ぎ去った」と述べた。 なお、歴史問題での関係悪化懸念されていた日本と韓国については、菅義偉首相イギリスから招待されていた文在寅大統領サミット会場ホテルにて短時間対面したが、挨拶双方交わすにとどめた

※この「議題」の解説は、「第47回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第47回先進国首脳会議」の記事については、「第47回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 01:11 UTC 版)

第48回先進国首脳会議」の記事における「議題」の解説

つぎの議題が議論された。 6月26日日曜日) 「世界経済(含:気候クラブ)」(ワーキングランチ参加者G7首脳インフラ投資参加者G7首脳外交安全保障」(ワーキングディナー参加者G7首脳 6月27日月曜日) 「ウクライナ情勢参加者G7首脳ウクライナ大統領遠隔参加) 「気候エネルギー保健」(ワーキングランチ参加者G7首脳招待国首脳インドインドネシア南アフリカセネガルアルゼンチン)、国際機関の長(IEAIMFOECD世銀、WHO、WTO) 「食料安全保障ジェンダー平等参加者G7首脳招待国首脳インドインドネシア南アフリカセネガルアルゼンチン)、国際機関の長(国連遠隔参加)、IEAIMFOECD世銀、WHO、WTOILO遠隔参加)) 6月28日火曜日) 「多国間主義デジタルG20参加者G7首脳

※この「議題」の解説は、「第48回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第48回先進国首脳会議」の記事については、「第48回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 03:48 UTC 版)

第45回世界遺産委員会」の記事における「議題」の解説

EUロシアウクライナ文化遺産などを破壊した場合国際刑事裁判所に関するローマ規程の①宗教・教育芸術目的・歴史建造物捧げられ建物に対する攻撃意図的に向ける、②民間所有物、つまり軍事目的ではない物に対する攻撃意図的に向ける、③そのような攻撃民間所有物損害を与えることを承知の上意図的に攻撃開始することは、予想される具体的かつ直接的な全体的な軍事的利点関連して明らかに過度である、④軍事的必要性によって正当化されておらず違法かつ不法にのみ実行され財産の大規模な破壊および流用抵触するとし、直ち戦争犯罪として国際刑事裁判所提訴すべきで、その窓口原告)になることをユネスコ求めており協議する文化遺産諮問機関である国際記念物遺跡会議ICOMOS)などが、ウクライナ文化遺産暫定リスト掲載物件含む)が破壊されその後修復真正性英語版)が失われたとしても引き続き世界遺産暫定リスト候補のまま)であり続けられるよう確約を予め決めておくようユネスコ求めており協議する。このことは近年重視されるようになってきた場所の精神英語版)を伝え宗教施設民俗学要素がある文化的空間としての世界遺産候補地含む)では必ずしも真正性厳格に求めなくても構わないではないかとする最新の考え方反映している真正性失われている可能性があることを問わない決議は、ISILイスラム国)により破壊されたイラクモスルに対し新築復興含めた前提将来的に世界遺産登録することを確約した前例がある(下記その他の議題・話題」および「第42回世界遺産委員会#その他の議題参照)。 国際連合人権理事会第49回定例会2022年4月1日終了しその中で戦時下ウクライナにおける人権扱い文化的権利英語版)および文化遺産保護に関する決議採択されたことをうけ、世界遺産委員会でも文化遺産保護回復保存アプローチ検討する。なお、人権理事会における202123年の東ヨーロッパブロックの理事国奇しくもウクライナロシアであり、ウクライナ関連する案件に関してロシア悉く反対したが、4月7日開催した国際連合総会においてロシア人権理事会資格停止追放処分下された戦時下ウクライナ訪ね文化財被災状況確認してきた文化遺産保護のNGO組織Walk of Truthによる現況報告が行われる。 ウクライナ文化情報省(英語版)が、被災した文化財状況位置写真およびコメント)を一般参加者落とし込めるインタラクティブマップ「map of culture losses(喪失文化地図)」を公開し現時点では英語とウクライナ語のみ)、ユネスコでも公式に扱うことができるか検討する

※この「議題」の解説は、「第45回世界遺産委員会」の解説の一部です。
「議題」を含む「第45回世界遺産委員会」の記事については、「第45回世界遺産委員会」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/30 14:43 UTC 版)

第9回先進国首脳会議」の記事における「議題」の解説

ソ連東ヨーロッパ中距離核ミサイル展開したことに対しアメリカパーシングIIクルーズ・ミサイル配備すべきか否か増大する負債危機の対応 ・軍縮について ・ソビエト連邦(ソ連)とG7との協力 以上の4点論議した

※この「議題」の解説は、「第9回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第9回先進国首脳会議」の記事については、「第9回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/29 00:48 UTC 版)

テヘロス会議」の記事における「議題」の解説

会議ではフィリピン独立革命中にカミロ・ポラビエヤ(英語版総督下のスペインに対するカヴィテ州防衛独立革命運動の指導者指定が議題となった

※この「議題」の解説は、「テヘロス会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「テヘロス会議」の記事については、「テヘロス会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 03:10 UTC 版)

第25回主要国首脳会議」の記事における「議題」の解説

ウィキメディア・コモンズには、第25回主要国首脳会議関連するカテゴリあります。 表 話 編 歴 主要国首脳会議G61975 G71976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 G81998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 G72014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 カテゴリ この項目は、政治関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル 政治学/ウィキプロジェクト 政治)。

※この「議題」の解説は、「第25回主要国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第25回主要国首脳会議」の記事については、「第25回主要国首脳会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 02:18 UTC 版)

第1回先進国首脳会議」の記事における「議題」の解説

オイルショック第一次)に伴う世界的な経済危機について。

※この「議題」の解説は、「第1回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第1回先進国首脳会議」の記事については、「第1回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 22:40 UTC 版)

世界遺産委員会」の記事における「議題」の解説

原則として1回会合持ち以下の内容について話し合う。 世界遺産新規推薦物件および拡大登録申請物件審議 危機遺産リスト登録物件加除 既存世界遺産リスト登録物件保全状況 世界遺産基金運用 その他、世界遺産条約履行に関する諸事項

※この「議題」の解説は、「世界遺産委員会」の解説の一部です。
「議題」を含む「世界遺産委員会」の記事については、「世界遺産委員会」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 06:45 UTC 版)

第42回先進国首脳会議」の記事における「議題」の解説

2016年平成28年2月10日時点では北朝鮮核問題感染症対策が主要議題として扱われ世界経済についても話し合われることとなった北朝鮮核問題は、2016年強行された北朝鮮の核実験ミサイル発射受けたもので、首脳宣言による国際世論喚起を図ることを狙いとした。加えてウクライナ中東問題国際テロ組織難民問題についても議論された。感染症対策は、2014年の西アフリカエボラ出血熱流行ラテンアメリカ中心としたジカ熱世界的流行受けたもので、保健・衛生分野での日本のリーダーシップ発揮狙いとした。 2016年平成28年4月外務省による公式発表では、「世界経済貿易」、「政治・外交問題」、「気候変動エネルギー」、「開発」、「質の高いインフラ投資」、「保健」、「女性」について議論するとされた。

※この「議題」の解説は、「第42回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「第42回先進国首脳会議」の記事については、「第42回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


議題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 17:17 UTC 版)

ジュネーブ軍縮会議」の記事における「議題」の解説

ジュネーヴ軍縮会議では、以下を議題とする。 核軍備競争停止および核軍縮 核戦争防止 宇宙における軍備競争防止 非核兵器国に対する安全保障供与 放射性兵器新型大量破壊兵器 包括的軍縮計画 軍備透明性

※この「議題」の解説は、「ジュネーブ軍縮会議」の解説の一部です。
「議題」を含む「ジュネーブ軍縮会議」の記事については、「ジュネーブ軍縮会議」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「議題」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

議題

出典:『Wiktionary』 (2021/08/18 11:55 UTC 版)

名詞

(ぎだい)

  1. 会議討議する問題

発音(?)

ぎ↗だい

「議題」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



議題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアジェンダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの帝国議会 (神聖ローマ帝国) (改訂履歴)、第31回主要国首脳会議 (改訂履歴)、第4回20か国・地域首脳会合 (改訂履歴)、第5回先進国首脳会議 (改訂履歴)、第1回世界遺産委員会 (改訂履歴)、第8回先進国首脳会議 (改訂履歴)、第44回先進国首脳会議 (改訂履歴)、第43回先進国首脳会議 (改訂履歴)、第47回先進国首脳会議 (改訂履歴)、第48回先進国首脳会議 (改訂履歴)、第45回世界遺産委員会 (改訂履歴)、第9回先進国首脳会議 (改訂履歴)、テヘロス会議 (改訂履歴)、第25回主要国首脳会議 (改訂履歴)、第1回先進国首脳会議 (改訂履歴)、世界遺産委員会 (改訂履歴)、第42回先進国首脳会議 (改訂履歴)、ジュネーブ軍縮会議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの議題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS