利害とは? わかりやすく解説

り‐がい【利害】

読み方:りがい

利益損害得することと損すること。「―を同じくする人たち」「―得失


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 04:45 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「利害」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「利害」を含むページの一覧/「利害」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「利害」が役に立つかも知れません。

関連項目



利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 08:14 UTC 版)

フカノキ」の記事における「利害」の解説

台湾では庭園とされる。また材は柔らかくて細工しやすいことから下駄などに用いられた。また。かつては若枝を牛など家畜の餌用い、また水田緑肥として使われたこともある。 材は辺材心材共に灰色帯びた白から黄白色で、軽く柔らかい反り少ない点で細工は向いているが、薪炭材としては品質が悪い

※この「利害」の解説は、「フカノキ」の解説の一部です。
「利害」を含む「フカノキ」の記事については、「フカノキ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/20 05:16 UTC 版)

イガクサ」の記事における「利害」の解説

何もなし。

※この「利害」の解説は、「イガクサ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イガクサ」の記事については、「イガクサ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/11 06:19 UTC 版)

クロガヤ」の記事における「利害」の解説

直接に実用的なものはあまりない

※この「利害」の解説は、「クロガヤ」の解説の一部です。
「利害」を含む「クロガヤ」の記事については、「クロガヤ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/23 07:07 UTC 版)

ツマグロヨコバイ」の記事における「利害」の解説

幼虫成虫ともイネなどに口吻差しこんで汁を吸う他、萎縮病・黄萎病などイネ伝染病媒介するので害虫として扱われる。ただし、1970年代以降は以前ほど病原体保有率高くなくなったので、害虫として有害性はるかに低くなったとの意見聞かれる[誰?]。 また、夜間明かり集まったとき、人の肌を口吻で刺すことがあるそれほど痛むものではないが、嫌われる関東地方一部では「バナナムシ」という俗称もある。

※この「利害」の解説は、「ツマグロヨコバイ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ツマグロヨコバイ」の記事については、「ツマグロヨコバイ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/28 09:29 UTC 版)

タテジマイソギンチャク」の記事における「利害」の解説

特に何もない稀に水揚げされアサリ混じる

※この「利害」の解説は、「タテジマイソギンチャク」の解説の一部です。
「利害」を含む「タテジマイソギンチャク」の記事については、「タテジマイソギンチャク」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/21 22:42 UTC 版)

ケナガコナダニ」の記事における「利害」の解説

極めて普通に身近に生息しており、往々に大発生することから、その被害多方面に出る。

※この「利害」の解説は、「ケナガコナダニ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ケナガコナダニ」の記事については、「ケナガコナダニ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/26 14:15 UTC 版)

サイトエラ属」の記事における「利害」の解説

この属については長く1種のみ、それも最初に発見された2株のみで知られ野外における活動など一切不明である。 だがこの酵母には、ユビキノンの中でヒト用いているのと同じ、いわゆるコエンザイムQ10生産する能力があり、その生産利用される。この利用した生産技術について、多くの報告特許申請存在する

※この「利害」の解説は、「サイトエラ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「サイトエラ属」の記事については、「サイトエラ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:09 UTC 版)

トゲナナフシ」の記事における「利害」の解説

一般的には野外に生育する目立たない昆虫である。 ただし前述のように八丈島大発生した事例があり、このときにはビニールハウス内の園芸植物にも大きな被害出て害虫扱いされ、被害面積は140haにも達して農薬による防御行われた由。

※この「利害」の解説は、「トゲナナフシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「トゲナナフシ」の記事については、「トゲナナフシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 23:29 UTC 版)

オオハキリバチ」の記事における「利害」の解説

大型のハチであり、よく目立つので怖がられることがある。特に8-10月に、雌が羽化する直前の巣の周囲雄バチ集まり時に数十頭が高い羽音立てて群飛することがあり、恐れられる。ただし、人を襲ったはしない毒針を持っているから刺せば有毒である梅谷編(1994)では有毒しながらも、危険なハチ類の例には取り上げていない。ただし、ごく希に重篤な症状引き起こすことが知られており、60才男性で右手背を本種に刺され腫れ上が水疱生じ10日右手壊疽し、最終的に右手切断至った例が知られるここまで重篤かつ長期に渡る例は刺症全体見て例がないという。

※この「利害」の解説は、「オオハキリバチ」の解説の一部です。
「利害」を含む「オオハキリバチ」の記事については、「オオハキリバチ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/18 16:44 UTC 版)

アオカメムシ」の記事における「利害」の解説

多くのものが、作物害虫である。幼虫の育つ植物比較限定される種が多いものの、成虫になるそれぞれに広い範囲植物を餌とするので、被害を受ける作物範囲も広い。 イネにつく場合、若い穂に集まって汁を吸う。汁を吸われイネは、米になった場合吸われ部分中心に褐色変化する。これを斑点米と言うミカンカキなどの果実若いものには、チャバネアオカメムシツヤアオカメムシ集まことがある。これらが汁を吸った部分は、果実若いうちは、その部分成長悪くなってでこぼこになる。ある程度熟した果実攻撃浮け場合外見上小さな点が残るだけだが、内部にスポンジ化したような部分生じる。その部分から腐る場合も多い。 これらの被害発生する機構は、口針使って組織破壊しつつ、消化液作用がある唾液混ぜて液化したものを吸収するため、摂食が行われた植物組織内部に広範な組織欠損生じことによる

※この「利害」の解説は、「アオカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「アオカメムシ」の記事については、「アオカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/20 07:24 UTC 版)

リュウノウギク」の記事における「利害」の解説

特に実質的なものはない。日本の野生の野菊には栽培されるもの、改良品種を持つものが少なくないが、この種に関して栽培されることがあまりない旨を牧野記している

※この「利害」の解説は、「リュウノウギク」の解説の一部です。
「利害」を含む「リュウノウギク」の記事については、「リュウノウギク」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 07:24 UTC 版)

ベッコウハゴロモ」の記事における「利害」の解説

クワウドリンゴなどの作物から吸汁することがあり、農業害虫とされるがさほどの問題にならないクワからも吸汁するが、こちらの場合スケバハゴロモと同様幼虫成虫分泌するロウ物質脱皮殻が多量に付着するカイコ飼料として使用出来なくなり、この被害の方重要である

※この「利害」の解説は、「ベッコウハゴロモ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ベッコウハゴロモ」の記事については、「ベッコウハゴロモ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/23 11:04 UTC 版)

ヒンジガヤツリ」の記事における「利害」の解説

特にない。水田雑草ではあるが、小さくて特に問題視されない。

※この「利害」の解説は、「ヒンジガヤツリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒンジガヤツリ」の記事については、「ヒンジガヤツリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/04 07:56 UTC 版)

イガガヤツリ」の記事における「利害」の解説

特に何もない水田雑草として出現することもあるが、それほど激しく繁茂することもない

※この「利害」の解説は、「イガガヤツリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イガガヤツリ」の記事については、「イガガヤツリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 01:18 UTC 版)

ツルボ」の記事における「利害」の解説

利益となる例はない。球根には毒成分含まれる

※この「利害」の解説は、「ツルボ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ツルボ」の記事については、「ツルボ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 00:52 UTC 版)

ヤマトシロアリ」の記事における「利害」の解説

シロアリ材木害虫として有名であるが、イエシロアリが家全体に被害を与えるに対してヤマトシロアリのそれは部分的広がり少な傾向がある。ただし、場合によっては雨漏りいい例)家の二階部分まで食害が及ぶことがある利益生じる例は実際的にはない。特殊な利用として、理科の実験動物として使われる一つは腸内微生物観察材料で、多量の超鞭毛虫中心とする微生物観察できるもう一つは、足跡フェロモン観察で、働きアリを紙の上に取りだし側にボールペン線を引くと、それについて歩き回るのを観察する事が出来る。これは、ボールペンインクヤマトシロアリ足跡フェロモン類似した成分含まれているためで、イエシロアリではこの実験行なえない。また、ボールペン安物の方巧く行く。

※この「利害」の解説は、「ヤマトシロアリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヤマトシロアリ」の記事については、「ヤマトシロアリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 04:45 UTC 版)

オシダ科」の記事における「利害」の解説

観葉植物としてよく知られているものにオニヤブソテツハカタシダがある。薬用とされたものにオシダがある。 オニヤブソテツ ハカタシダ

※この「利害」の解説は、「オシダ科」の解説の一部です。
「利害」を含む「オシダ科」の記事については、「オシダ科」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/01 08:50 UTC 版)

アキノタムラソウ」の記事における「利害」の解説

よく見れば綺麗なではあるが、草姿だらしなく大きくなるので観賞にはあまり向かない

※この「利害」の解説は、「アキノタムラソウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「アキノタムラソウ」の記事については、「アキノタムラソウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 05:43 UTC 版)

ハエカビ目」の記事における「利害」の解説

昆虫病原体としてふるまうものは、害虫益虫天敵である。このため害虫防除にこれを用いることが試みられた例もあるが、うまくいったものはない。また、コニディオボルスなどがまれに哺乳類寄生することが知られる

※この「利害」の解説は、「ハエカビ目」の解説の一部です。
「利害」を含む「ハエカビ目」の記事については、「ハエカビ目」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 14:50 UTC 版)

シマユキカズラ」の記事における「利害」の解説

特にないが、和歌山県生育地では地元の人間がこれをスギノカズラと呼びスギ植林育成妨げるとして刈り取ったとある。

※この「利害」の解説は、「シマユキカズラ」の解説の一部です。
「利害」を含む「シマユキカズラ」の記事については、「シマユキカズラ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 14:20 UTC 版)

キツネアザミ」の記事における「利害」の解説

雑草ではあるが、さほど繁茂するものではない。 若葉茹でてさらしてに加えことがある。また中国では全草消炎解毒用いる。

※この「利害」の解説は、「キツネアザミ」の解説の一部です。
「利害」を含む「キツネアザミ」の記事については、「キツネアザミ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 09:02 UTC 版)

チチコグサ」の記事における「利害」の解説

雑草だが、邪魔になることは少ない。畑などに出ることも少ない。

※この「利害」の解説は、「チチコグサ」の解説の一部です。
「利害」を含む「チチコグサ」の記事については、「チチコグサ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 05:18 UTC 版)

ウジルカンダ」の記事における「利害」の解説

特にない。沖縄では縄代わりに使われ程度沖縄で本種を魚毒として使用したとの聞き取り例もあるが、使用植物種として取り上げられない例が多く普通ではないようである沖縄県国頭村奥間区で2年一度行われる大綱曳では、綱の強度高めるためにウジルカンダ編み込む[要出典]。

※この「利害」の解説は、「ウジルカンダ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ウジルカンダ」の記事については、「ウジルカンダ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/06 09:45 UTC 版)

オキナワスズメウリ」の記事における「利害」の解説

沖縄では普通に野草として生育している。ただし、この果実鑑賞するために栽培されることがある日本では近年は『琉球おもちゃウリ』といった名で流通している例もある。 中国名は毒瓜で、果実や根には有毒成分がある。しかしインドでは若芽食用とすることがある由。ネパールは種子のペースト発熱治療用いる。 農業分野では、この種ウリミバエミカンコミバエなど農業害虫食害対象となる。これらの害虫攻撃する範囲は広いが、その中で本種は野外における重要な宿主植物である。例え喜界島でのウリミバエ研究では、この害虫野外個体群密度高く、それは本種に大きく依存している。島内地域によるこの害虫密度は、本種の密度違い結びついている。その為ウリミバエなどの不妊虫放飼による根絶事業に関わって本種における害虫調査が行われたこともある。 また、アシビロヘリカメムシもウリ科中心に被害を与える農業害虫であるが、この種が本種の上でよく繁殖し成虫作物移動して被害を与える考えられている。

※この「利害」の解説は、「オキナワスズメウリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「オキナワスズメウリ」の記事については、「オキナワスズメウリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 21:44 UTC 版)

シオカゼテンツキ」の記事における「利害」の解説

特にない。

※この「利害」の解説は、「シオカゼテンツキ」の解説の一部です。
「利害」を含む「シオカゼテンツキ」の記事については、「シオカゼテンツキ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 00:43 UTC 版)

アオテンツキ」の記事における「利害」の解説

全くない

※この「利害」の解説は、「アオテンツキ」の解説の一部です。
「利害」を含む「アオテンツキ」の記事については、「アオテンツキ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 00:48 UTC 版)

イヌクグ」の記事における「利害」の解説

利用される話は聞かない雑草類するものではあるが、あまり広がらず繁茂することもない。ただし地下茎があり。全体しっかりしているので抜くのは大変であるこの種生えているところは乾燥していて往々にして土質硬くて、なお困難に拍車をかける

※この「利害」の解説は、「イヌクグ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イヌクグ」の記事については、「イヌクグ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 00:31 UTC 版)

イトハナビテンツキ」の記事における「利害」の解説

身近な雑草ではあるのだが、まず目につかない匍匐枝出さないのでさほど繁茂することもなく無視されっぱなしになることが多い。

※この「利害」の解説は、「イトハナビテンツキ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イトハナビテンツキ」の記事については、「イトハナビテンツキ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 17:47 UTC 版)

ハスジカツオゾウムシ」の記事における「利害」の解説

主としてキク害虫として知られる成虫食害するが、これはさしたる被害とはならない幼虫から地下部の随を食べるため、被害受けた成長衰え時には枯死に至る。そうでなくとも風を受けて折れやすくなる野外でヨモギアザミによく付くため、それらのい山よりの栽培地圃場外縁中心に被害出やすい施設栽培では問題になることはないゴボウソバ被害出した記録もある。

※この「利害」の解説は、「ハスジカツオゾウムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ハスジカツオゾウムシ」の記事については、「ハスジカツオゾウムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 09:55 UTC 版)

セントウソウ」の記事における「利害」の解説

早くに咲く花は、花の少な季節でもあり、目を引くが、それ以外には利害関係はない。

※この「利害」の解説は、「セントウソウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「セントウソウ」の記事については、「セントウソウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 07:31 UTC 版)

コミヤマスミレ」の記事における「利害」の解説

まれに山野草として栽培される程度

※この「利害」の解説は、「コミヤマスミレ」の解説の一部です。
「利害」を含む「コミヤマスミレ」の記事については、「コミヤマスミレ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 03:02 UTC 版)

アリアケスミレ」の記事における「利害」の解説

特にない。

※この「利害」の解説は、「アリアケスミレ」の解説の一部です。
「利害」を含む「アリアケスミレ」の記事については、「アリアケスミレ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 05:11 UTC 版)

クラドスポリウム」の記事における「利害」の解説

特に利用されることはない害の点では、もっとも身近なのは壁のシミアレルギー原因物質であることなどであろう浴室などの壁のしみは、カビ菌糸潜り込んで生じものであるが、大部分はこのカビといわれる。その他エアコン吹き出し口の黒い固まりもこのカビであったりフィルターに詰まったりもする。壁の染みの場合、黒い色は菌糸の色であり、壁に潜り込んでいるので、簡単にこすったくらいでは落ちないのが当たり前であるまた、空気中飛散しているカビ胞子で最も数の多いのがこれだともいわれる微生物培養に於ける雑菌混入代表的なカビでもある以上に加え一部の種は植物病原菌として知られているウリ科作物キュウリメロンカボチャなど)においては、C. cucumerinumによる斑点性病害である黒星病知られている。その他、C. allii-cepaeによるタマネギ黄斑病も比較大きな被害もたらしている。また広義のクラドスポリウム病原体とするものとして、バラ科サクラ属果樹モモオウトウウメアーモンドなど)においてFusicladium carpophilumによる黒星病は重要病害である。Passalora fulvaによるトマトかび病も比較大きな被害もたらしている。

※この「利害」の解説は、「クラドスポリウム」の解説の一部です。
「利害」を含む「クラドスポリウム」の記事については、「クラドスポリウム」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 01:11 UTC 版)

フハイカビ」の記事における「利害」の解説

水中及び土壌中にごく普通に生息するものである麻の実釣り餌とする釣り餌法たやすく分離でき、一般にコーンミール寒天培地、ジャガイモ・ニンジン寒天培地麻の実寒天培地培養する特別な栄養要求性はなく、有機物分解する腐生菌であると考えられる。 しかし、条件によって生きた植物攻撃する場合があり、時には立枯病等の病原菌となる。特に湿ったところ、排水悪いところ密に植えたような場合には、全面的に腐ってしまうような被害を与えることがある菌糸根から植物体に侵入し植物体は地面付近から軟化して腐る。菌糸から毒性のある物質出てい可能性示唆されている。種によっては感染対象となる植物の範囲広く腐生的に生存可能である。 特に、P. aphanidermatum (Edson) Fitzp. が宿主範囲の広い種として知られている世界的に分布しキュウリカボチャトマトナスホウレンソウインゲンマメテンサイなどに病害引き起こすこの種生育適温が35-40高く。、被害気温の高い時期に多い。

※この「利害」の解説は、「フハイカビ」の解説の一部です。
「利害」を含む「フハイカビ」の記事については、「フハイカビ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/14 15:38 UTC 版)

シオミズツボワムシ」の記事における「利害」の解説

繁殖力高く時に大発生をする。そのため養殖池、特に汽水ウナギ養殖などにおいて水質悪化もたらして被害を与えることがある。これはかわりと呼ばれ養殖池でのワムシ発生状況把握するための自動式輪虫採集機が作られ特許申請されたことすらあった。 しかし、現在では稚魚生き餌としての価値遙かに高い。小型魚の餌としては、それ以前から用いられたものにブラインシュリンプがあるが、これは体長が約1mmである。しかし本種はそれよりもさらに小型であり、ごく初期の稚魚の餌として欠くべからざる位置にある。 餌としては養魚業以外で利用される生物学でも海産小動物の飼育で多く用いられるまた、培養しやすいことから海産動物プランクトンモデル生物として利用される例も多い。

※この「利害」の解説は、「シオミズツボワムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「シオミズツボワムシ」の記事については、「シオミズツボワムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:09 UTC 版)

フサシダ科」の記事における「利害」の解説

特に役立つものは多くないアネミア属のものは観葉植物として園芸的に栽培されることがあるカニクサ日本ではとしての利用があるが、重要なものではない。むしろ本種と、それにイリオモテシャミセンヅル北アメリカ帰化し、ひどく繁茂して大きな被害与えている。

※この「利害」の解説は、「フサシダ科」の解説の一部です。
「利害」を含む「フサシダ科」の記事については、「フサシダ科」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:22 UTC 版)

トリノアシ」の記事における「利害」の解説

現実的な利害はない。 ただ、ウミユリ類棘皮動物で最も原始的なものと考えられ、その出現古生代カンブリア紀まで遡るそのため、研究素材として重要なものと考えられるが、現生種は全て深海産であり、入手も飼育もむずかしいことがその障壁となっている。その中で本種は深度100-150mと比較的浅いところに出現するもので、入手比較容易い長期育も行われるようになっており、今後モデル生物として活用期待される

※この「利害」の解説は、「トリノアシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「トリノアシ」の記事については、「トリノアシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/06 07:01 UTC 版)

ヒガシナメクジウオ」の記事における「利害」の解説

害は知られていない利用実用的にほとんどない中国の履門では漁獲して食用とされる。 だが何より、本種を含む頭索類脊椎動物先祖最も近い無脊椎動物として、生物学上重視されてきた。例え内田他(1947)には『此類ハ脊椎動物ノ最低位置ニ近キモノナルヲ以テ、形態學者ノ研究材料トシテ古來最モ貴バルママ)』とある。研究対象としてはヨーロッパでB. lanceolatum を、アメリカでは B. floridae が使われることが多く日本では種を用いて多くの研究成されてきた。これまで野外から採集したものを一時的に飼育する方法だけで、その範囲実験材料としてきたが、本種でも累代飼育がやっと可能になったばかりである。これがより容易に行える方法確立されれば、モデル生物としての利用期待される

※この「利害」の解説は、「ヒガシナメクジウオ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒガシナメクジウオ」の記事については、「ヒガシナメクジウオ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 22:20 UTC 版)

タマガヤツリ」の記事における「利害」の解説

水田雑草であるが、さほどはびこるものではない。

※この「利害」の解説は、「タマガヤツリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「タマガヤツリ」の記事については、「タマガヤツリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 20:47 UTC 版)

エノキグサ」の記事における「利害」の解説

ごくありふれた植物でよく繁茂する雑草であるが、それ以上の害も利益聞かない

※この「利害」の解説は、「エノキグサ」の解説の一部です。
「利害」を含む「エノキグサ」の記事については、「エノキグサ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 22:51 UTC 版)

ナンバンギセル」の記事における「利害」の解説

ススキなどの雑草成長阻害するため、ナンバンギセルによる生物的除草効果可能性示されている。一方陸稲ナンバンギセル寄生することで、イネ収量減少するという被害報告されている。

※この「利害」の解説は、「ナンバンギセル」の解説の一部です。
「利害」を含む「ナンバンギセル」の記事については、「ナンバンギセル」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 22:27 UTC 版)

サンショウモ」の記事における「利害」の解説

かつてはごく普通のもので、水田雑草としては駆除対象であったが、除草剤には弱いらしく、御多分に漏れず現在では極めて希少で、絶滅危惧指定されている地域もある。 他方その姿面白さから鑑賞用に、あるいは水生シダ植物としての特殊性からは理科教材してから栽培される場合もあった。現在では希少になっているので、オオサンショウモ代用になっている例も多い。

※この「利害」の解説は、「サンショウモ」の解説の一部です。
「利害」を含む「サンショウモ」の記事については、「サンショウモ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 04:14 UTC 版)

マルカメムシ」の記事における「利害」の解説

農業害虫としてダイズアズキなどのマメ科農作物に付くほか、時にイネの穂に群れることがある基本的に幼虫成虫共に果実には付かず葉柄から汁を吸うもので、極端な高密度ならない限りは減収などを引き起こさない見られている。 またカメムシ一般に悪臭を放つので嫌われるが、この種の場合、10-11月越冬所を求めて分散しその際に家屋侵入する例が多い。特にこの時期の天気のいい日には一斉に飛び出し多数室内入り込んだ洗濯物止まったりということがある。重要な宿主植物であるクズ人里普通種であり、また、植生破壊された所に先駆植物的に繁茂することもあり都市開発の進む造成地などでこのような被害苦情がよく発生する

※この「利害」の解説は、「マルカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「マルカメムシ」の記事については、「マルカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/12 02:50 UTC 版)

ヤマドリゼンマイ」の記事における「利害」の解説

新葉食用し、また根をランなどの栽培用いる。この点でゼンマイ同じである

※この「利害」の解説は、「ヤマドリゼンマイ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヤマドリゼンマイ」の記事については、「ヤマドリゼンマイ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/15 09:21 UTC 版)

オトシブミ」の記事における「利害」の解説

クリ切り取る害虫と言えるが、被害の程度は問題にならないほどでしかない

※この「利害」の解説は、「オトシブミ」の解説の一部です。
「利害」を含む「オトシブミ」の記事については、「オトシブミ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 08:35 UTC 版)

ハブカズラ」の記事における「利害」の解説

観賞用に栽培される性質強健で栽培容易である日本ではさほど重視されない種であるが、熱帯地域ではより重要な栽培植物である。園芸植物大辞典(1994)には園芸品種等の記述はないが、Boyce(2004)には本種の園芸品種として次のようなものが示されている。 'Cebu Blue':淡い灰青色をしているもの。 'Ket Leaf':先端部細くなり、半ば基部幅広くなり、全体の形が鍵のように見えるもの。 'New Guinea':小さくて深緑しており穴が開く羽状には裂けないもの。 また薬用利用知られ茎葉打ち身などに用いられることがあるちなみにマングースカズラと呼ばれるものがあり、ある本によるとそれは学名E. mirabile といい、台湾から輸入したヘゴ材着いていたもの起源とするが、耐久性耐寒性ハブカズラより強くハブより強いとこの名が与えられたものだが、八重山諸島にも生育している、とする。しかし本属のものは日本には本種しか分布せず、また本種に似たもの上記のものしかなく、情報混乱しているようである。YListにはこの和名も学名掲載がなく、正体不明である。ただしBoyce(1998)にはこの学名が本種のシノニムとして記されており、園芸植物事典(1994)では本種の学名としてこれをとっているので、種内変異範囲らしい。

※この「利害」の解説は、「ハブカズラ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ハブカズラ」の記事については、「ハブカズラ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/11 23:33 UTC 版)

セモンジンガサハムシ」の記事における「利害」の解説

バラ科樹木加害するので害虫である。特にリンゴの場合には広く散発的に発生し食べる。ただしそれ以上に大きな被害を出す、というものではない。

※この「利害」の解説は、「セモンジンガサハムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「セモンジンガサハムシ」の記事については、「セモンジンガサハムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 15:30 UTC 版)

アオイスミレ」の記事における「利害」の解説

特になし

※この「利害」の解説は、「アオイスミレ」の解説の一部です。
「利害」を含む「アオイスミレ」の記事については、「アオイスミレ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/15 02:22 UTC 版)

ハナギンチャク」の記事における「利害」の解説

実用的な利益ほとんどないムラサキハナギンチャク美しいので水族館ではよく飼育される

※この「利害」の解説は、「ハナギンチャク」の解説の一部です。
「利害」を含む「ハナギンチャク」の記事については、「ハナギンチャク」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/21 04:36 UTC 版)

コブラン」の記事における「利害」の解説

山野草的な栽培行われる模様。ただし広く見られるようなものではない。 ハワイでは本種の絞り汁咳止め薬として用い、またその胞子新生児胎便清めるのに使ったといわれる

※この「利害」の解説は、「コブラン」の解説の一部です。
「利害」を含む「コブラン」の記事については、「コブラン」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/17 07:45 UTC 版)

ゴマダラオトシブミ」の記事における「利害」の解説

食草クリを選ぶことからクリ害虫と言えなくはないが、防除必要とするような被害を与えるものではない。

※この「利害」の解説は、「ゴマダラオトシブミ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ゴマダラオトシブミ」の記事については、「ゴマダラオトシブミ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 02:12 UTC 版)

酵母」の記事における「利害」の解説

サッカロマイセス属(Saccharomyces)やシゾサッカロマイセス属(Schizosaccharomyces)は発酵によりアルコール生じ食品加工古くから利用されており、また生物学の研究材料としても用いられている。特に、出芽酵母分裂酵母真核細胞基本メカニズム解明貢献している。一方で、デバリオミケス属(Debaryomyces)のように、発酵を行うものと行わないものの両方を含む属もある。 特殊な例では、ミジンコ寄生するメチニコービアは、イリヤ・メチニコフがその観察を通じて食細胞発見したことで知られているヒト病気の原因なるものとして、白癬菌水虫)、膣炎皮膚炎原因となるカンジダアスペルギルス症起こすコウジカビ属ニキビ似た脂漏性湿疹などの原因となるマラセチア属(英語版)などがある。カリニ肺炎ニューモシスチス肺炎)の病原体ニューモシスチス・ジロヴェチ(Pneumocystis jiroveci) は従来カリニ原虫』と呼ばれてきたが、現在では子嚢菌に近いことが明らかになっている。

※この「利害」の解説は、「酵母」の解説の一部です。
「利害」を含む「酵母」の記事については、「酵母」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/06 09:20 UTC 版)

オオホシカメムシ」の記事における「利害」の解説

成虫かんきつ類モモスモモなどの果実から吸汁する被害知られるが、特に大きいものではない。

※この「利害」の解説は、「オオホシカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「オオホシカメムシ」の記事については、「オオホシカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/06 09:22 UTC 版)

ヒメホシカメムシ」の記事における「利害」の解説

オオホシカメムシと共に果実の汁を吸うことがあり、高知県ではウンシュウミカン飛来することがあるが、被害そのもの大きくない

※この「利害」の解説は、「ヒメホシカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒメホシカメムシ」の記事については、「ヒメホシカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 08:18 UTC 版)

シズイ」の記事における「利害」の解説

上記のように保護対象ではあるが、それ以上の具体的な利用は特にない。 他方地域によっては水田侵入しその場合は水田雑草してやっかいな存在になることもある。本種が寒冷地ものであるだけに寒冷地水田での侵入問題となっている。主として問題にされてきたのは東北地方であり、1972年頃に青森県問題となり、それ以降に北海道から北陸一部発生明らかになったもので、増殖率高く、難防除雑草見なされている。より南でも、例え山梨県では標高600m以上の地域で、長野県では諏訪地域上伊那地域高冷地問題となり、収穫減を引き起こし、あるいは収穫作業支障を来すことも問題になっている。その防除のための除草剤なども検討されているが、シズイある程度成長した後で防除をしても収穫減となる場合もあるという。水田においての増殖塊茎よるもの大部分で、種子による例は少なく、また塊茎寿命1-2年と短いため、根絶は可能とされる

※この「利害」の解説は、「シズイ」の解説の一部です。
「利害」を含む「シズイ」の記事については、「シズイ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 04:51 UTC 版)

ツクシスズメノカタビラ」の記事における「利害」の解説

スズメノは身近な雑草としてごく有名なもので、上述の通り、本種はこれに混じって生え見分け付けがたい。利害も同様に考えていいと思われるというか一緒くたに除草されていると思われる。この2種区別して利害を論じた出典があるとも思えない。[独自研究?]。 ただし学問的には非常に興味深い存在である、と館岡(1987)は述べている。何しろスズメノとの間では形態の差も小さく生態的にもほとんど差がないよう見え他方でスズメノは汎世界的に分布するもので、それに対し本種はほぼ日固有であり、日本に於いてそのようなきわめて類似した2種同所的共存しているというのは奇妙なことと言えるだろう。今後の研究待ちたい旨が最後に記されているのは論文ではよくあることだが、館岡は、実はこの2種同一種であり、何らかの遺伝的な状況によって2種に見えるだけではないかという空想めいた予想述べた上で将来研究の発展が、このような疑いについても明快な回答与えてくれることが期待される」と語っている。

※この「利害」の解説は、「ツクシスズメノカタビラ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ツクシスズメノカタビラ」の記事については、「ツクシスズメノカタビラ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/24 00:18 UTC 版)

エノコログサ属」の記事における「利害」の解説

もっとも有名なものはアワである。中国黄河流域発祥と言われ五穀一つとされる。これはエノコログサ原種とする。日本ではエノコログサ類は普通な雑草である。

※この「利害」の解説は、「エノコログサ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「エノコログサ属」の記事については、「エノコログサ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 02:49 UTC 版)

チャボウシノシッペイ」の記事における「利害」の解説

暖地芝草としてアメリカ南東部でよく利用される日本では水田畦畔道路法面などの緑化一部利用される耐寒性改良した品種がある。 上記のように本種は芝生用いられ品種改良によるいくつかの栽培用品種も知られている元来熱帯亜熱帯域のものであり、暖地芝生として用いられものであるが、日本では新潟市でも経年維持できるという。秋に霜枯れし、寒冷地では多分に冬枯れも見るが、その耐寒性ギョウギシバ大差なく、冬の極値が-11℃までは耐えるという。種子散布した場合には当初成長早くなく、雑草負けることが多いので、ある程度育てたものを植え込むのが好適で、あるいは成長したものの匍匐茎切り取って植え込むことも出来る。芝生としては質がやや粗く、またギョウギシバシバほどの踏みつけ耐性ないものの平らに育つ性質が強いので芝刈り回数少なくすることが出来るうえ、匍匐茎重なり合うことと他感作用によって容易に他の植物の定着許さず、更に肥料要求度も低いのでよほどの痩せ地でない限りは施肥の必要もなく、粗放管理維持できる近年には水田の畦の維持管理省力化目的として本種が栽培される例も知られる。本種を畦に植栽すると根と匍匐茎がその表面密に被うことから畦や法面をしっかり維持するようになり、また密に表面覆うこと例えスギナ等の雑草抑圧し減少させる。本種はその土壌停滞があると枯死することが知られており、これは畦にこの種植栽して水田侵入しないことを保証する。またイネ斑点米生じさせるカメムシ類は畦などに繁茂するイネ科雑草繁殖し、それがイネ移ってきて加害することが知られているが、本種を畦に用いた場合、その被害減少することが報告されており、一部品種に関してカメムシがこれを食害できないこと知られている中川(2011)は本種がイネ伝搬の頃にもたらされていたら『日本の稲作風景異なったものになっていた』かも知れない、とまで述べている。 原産地東南アジアでは元々畦の常在する雑草として知られ、これが水牛飼料として用いられていたとも言う

※この「利害」の解説は、「チャボウシノシッペイ」の解説の一部です。
「利害」を含む「チャボウシノシッペイ」の記事については、「チャボウシノシッペイ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 18:01 UTC 版)

頭索動物」の記事における「利害」の解説

実用的な利用ほとんどない中国廈門では漁獲され食用となっていた。 それ以上に生物学上の研究対象として重要であり何より脊椎動物進化に関わって様々な研究が行われてきた歴史があり、それは1800年代までさかのぼる。例え内田他(1947)には『此類ハ脊椎動物ノ最低位置ニ近キモノナルヲ以テ、形態學者ノ研究材料トシテ古來最モ貴バルママ)』とある。研究対象としてはヨーロッパではニシナメクジウオ B. lanceolatum を、アメリカでは B. floridae が使われ日本ではヒガシナメクジウオ B. japonicum を用いて多くの研究成されてきた。 ただし、飼育繁殖困難である生かしておくだけなら餌無しで海水交換するだけで最大で1年ほど飼育することは可能であるが、結局は野外から採集してきて一時的に維持するの精一杯であり、その点がその利用妨げとなる発生研究でも産卵期野外から採集して行うわけで、研究環境脆弱である。それでも飼育から累代繁殖成功した種もあり、安定した飼育法開発進んでいる。この群にはそれに代えられるような動物いないだけに実験素材として重要であり今後モデル生物としてより利用されることが期待される

※この「利害」の解説は、「頭索動物」の解説の一部です。
「利害」を含む「頭索動物」の記事については、「頭索動物」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 07:13 UTC 版)

チャスジハエトリ」の記事における「利害」の解説

家屋内の害虫食べ益虫であると考えられる。姿が気味悪い嫌われることの多いクモ類の中でハエトリグモ類は比較嫌われることが少ない(家屋内で同じく見られるアシダカグモがその見た目から嫌われるのとは対照的である)。

※この「利害」の解説は、「チャスジハエトリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「チャスジハエトリ」の記事については、「チャスジハエトリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 22:48 UTC 版)

ヤマノイモ属」の記事における「利害」の解説

この属の植物には冬期乾期など生育適さない時期地上部枯らせ、地下塊茎過ごすものが多くあり、それが食用として利用されるものも数多い。それらはいわゆるヤムイモ呼ばれるもので、種として15種ほどとされる。それらについては該当の記事を参照されたい。ただし有毒種もあり、日本ではカエデドコロなどがそれに当たるが、それらの根茎食用種間違えて中毒する事例も知られる他方でそのような有毒種適切に処理すれば食用となることも知られる。 またヤマノイモニガカシュウなど、地上茎葉柄ところにムカゴ生じるものもあり、食用種のそれはやはり食べられるカシュウイモニガカシュウ栽培品種)などはむしろムカゴ大きいのでそれを目的栽培されものである特殊な例として琉球列島のソメモノイモは染色利用された。 少数ながら観賞用とされる種もある。南アフリカ産の D. elephantipes は塊茎地表露出し、その表面亀甲状になるのが目を引き亀甲竜とも呼ばれ多肉植物1つとして栽培される食用保管されている様子ナガイモ 食用とされるニガカシュウ大きなムカゴ 観賞用に栽培されている亀甲竜

※この「利害」の解説は、「ヤマノイモ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヤマノイモ属」の記事については、「ヤマノイモ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 15:50 UTC 版)

シオダマリミジンコ属」の記事における「利害」の解説

上記のように本類はその生息域条件により、まず手に入れやすく、非常に生活温度塩分濃度変動に強い、つまり広温性・広塩性であり、そのために室内での培養容易で、また繁殖サイクル短くてよく繁殖するそのような性質もあって遺伝学生理学実験動物として用いられてきた。このことを指してDethier本属のものを「potential as a 'marine fruit fly'(海のショウジョウバエとなる可能性がある)」と言っている。生態毒性の試験にはこの類広く用いられる。 またそれを使用して繁殖させたものを稚魚飼料にするなどの利用行われている。

※この「利害」の解説は、「シオダマリミジンコ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「シオダマリミジンコ属」の記事については、「シオダマリミジンコ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 07:38 UTC 版)

クロウリハムシ」の記事における「利害」の解説

様々の植物の食べる。特にウリ類害虫として知られ中でもヘチマの花をよく食害するが、ウリハムシほどには数が多くなく、害虫として重要性はずっと低い。他にダイズフジカーネーションなどの食べ若葉穴を開けるように食害し、新葉枯らすこともある。特にカーネーションでは大発生して全園に影響出た事例知られ伊豆地方の山寄り栽培園被害報じられている。 食痕 カワラナデシコカーネーション同属)の花を喰っている様子

※この「利害」の解説は、「クロウリハムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「クロウリハムシ」の記事については、「クロウリハムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/10 13:59 UTC 版)

オオクモヘリカメムシ」の記事における「利害」の解説

時としてカキミカンなど果樹の若い果実の汁を吸うため、農業害虫扱われるが、それほど重要なものではない。 悪臭発するから、衛生害虫ないし不快害虫ではある刺激を受ける悪臭発するのはカメムシ一般に同じであるが、この種の臭いは非常に強い。日本普通に見ることのできるカメムシでは最も臭いカメムシである。たとえば竹内(1955)では「その臭気特にはげしい」、石井他編(1950)では「臭気特に猛烈」と記述されている。しかし、積極的に人家に入るなどはしないので、人間接することは多くない

※この「利害」の解説は、「オオクモヘリカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「オオクモヘリカメムシ」の記事については、「オオクモヘリカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 06:07 UTC 版)

シボグモ科」の記事における「利害」の解説

害虫駆除などに働いているであろうが、直接的な利害はほとんどない。ただし、有毒なものもある。ブラジルハラクロシボグモ(Phoneutia nigrivebter)は人間出会う上記のような姿勢威嚇行い、その状態から素早く噛みつき咬まれたものに大きな苦痛を与えるという。毒性としては神経毒で、南米クモではもっとも危険とも言われる上、生息環境人里近く人家侵入する例も多いという。

※この「利害」の解説は、「シボグモ科」の解説の一部です。
「利害」を含む「シボグモ科」の記事については、「シボグモ科」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 01:28 UTC 版)

ヤマトゴキブリ」の記事における「利害」の解説

他種屋内ゴキブリと同様ヤマトゴキブリ外見の不潔感・不快感に加え体の表面排泄物に付着した病原菌伝搬する和紙食害古書屏風損害を与えるなど多数被害をもたらすまた、食品迷入する事により異物混入事故の原因となる他、混入がなくとも調理場内などでゴキブリ確認捕獲される事は大きな問題となる。更に死骸や糞はアレルゲンとなり、アレルギー性喘息などの症状要因となる事もある

※この「利害」の解説は、「ヤマトゴキブリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヤマトゴキブリ」の記事については、「ヤマトゴキブリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 05:58 UTC 版)

イタモジホコリ」の記事における「利害」の解説

上記のように本種は往々にキノコ攻撃するもので、キノコほだ木栽培(シイタケなど)にも出現することがあり、厄介者とされている

※この「利害」の解説は、「イタモジホコリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イタモジホコリ」の記事については、「イタモジホコリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 15:30 UTC 版)

エビイロカメムシ」の記事における「利害」の解説

大発生した場合に、ススキなどから移動してサトウキビ畑入り被害を与えることがある。ただしススキでは本種によって枯死する例もあるが、サトウキビでは黄変する程度被害収まるという。 1983年宮古島で本種が多数発生しサトウキビ加害した際の調査によると、発生中心ススキ群落であり、サトウキビへの加害はそれに接した周辺部のみであった被害受けた葉脈に沿って褐色の条が見られるようになり、その大きさははススキでは幅1.5-5mm、長さ18-72cmに達したに対しサトウキビの未展開のではより幅広く帯状に出る傾向があった。ススキではそれがひどくなる枯死し一部では全部枯れ上がる同じくススキの例だが被害受けた全体に黄色くなり、ひどくなると血赤色斑紋多数出て穂の出る率が低下し冬枯れ早まるとの報告もある。しかしサトウキビではそこまで被害出ない。この事例ではススキのほとんどの被害出て、全枯れたであったに対しサトウキビでは成虫の数が辺りせいぜい5頭、平均で1.7頭しか見られず、枯死見られなかった。飼育に際してサトウキビ宿主にすると生育よくないことからススキでの発生数多くなり、枯死始まって後に成虫移動してきて加害するものである考えられサトウキビ好まれていないらしい。 他にイネ加害した事例もあるという。

※この「利害」の解説は、「エビイロカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「エビイロカメムシ」の記事については、「エビイロカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 06:26 UTC 版)

コゴメスゲ」の記事における「利害」の解説

一部斑入り品が栽培されるネット上ではその販売確認できる観賞用に栽培されるスゲ属と言えばオオシマカンスゲ C. oshimensis の斑入りがよく知られるが、本種のそれはより細く繊細で優しげ雰囲気があるという。

※この「利害」の解説は、「コゴメスゲ」の解説の一部です。
「利害」を含む「コゴメスゲ」の記事については、「コゴメスゲ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 06:18 UTC 版)

コケロミケス」の記事における「利害」の解説

上記のように、ヒトの病原菌として分離された例はあるが、ごく希なものであるNielsen et al.(2005)によると、本種が人体から報告された例は8度あり、そのうち5例は妊娠糖尿病など侵入受けやすい状態の人に対するもので、感染力明らかに強くない。また組織への侵入見られたのはわずか2例のであったちなみに体内では酵母体で発見される利用としては、実用的なものはない。菌類学面では、本種は寄生菌宿主として重要に用いられている。 かつてケカビ類にとめられ菌群にはエダカビ Piptocephalis やハリサシカビ Syncephalis(以上、トリモチカビ目)、ディマルガリス Dimargalis(ディマルガリス目)、イトエダカビ Chaetocladium (ケカビ目)など、ケカビ類を宿主とする寄生菌かなりの属種にわたって含まれており、それらは純粋培養可能なものもあるが、そうでない場合には宿主と共に培養するいわゆる二員培養標準的行われる。つまり宿主培地栄養育ち寄生菌宿主から栄養得て育つ。しかしその場合、宿主によって寄生菌形質違いが出る恐れがあり、これを解消するためには宿主統一する必要があるR. K. Benjamin はこの目的に本種を選択した。この理由として彼はコロニーの背が低く、まず1mmを超えない、ということをあげている。このことはその上に発生する寄生菌胞子形成の様子などを観察するのを容易にするし、また寄生菌胞子取って別の宿主接種する等の操作おいても寄生菌胞子だけを純粋に取り出すことが容易に可能となる。彼以降、この目的で用いることはこの類寄生菌研究する上で標準となったまた、種をこれらの寄生菌分離する技法として利用する例もある。Jeffries & Kirk(1976) で提唱されているのはそれである。著者らによるとエダカビハリサシカビ胞子単独で寒天培地上で発芽するが、それには2日ないし3日要するのが普通であるこのような寄生菌がさらに成長するにはこのときに宿主になるの若い菌糸豊富にあることが重要となる。実際に分離する場合分離源となる資料寒天培地広げ、そこに含まれる寄生菌宿主胞子発芽し寄生菌宿主接触して寄生成立するその姿確認することができるようになり、そこから分離操作始まる。しかし現実にそのような状態を作ると、寄生菌胞子発芽する頃には宿主はすでに育ちすぎており、寄生うまくいかなくなる傾向があるという。そこで寄生菌発芽した頃に好適な宿主用意する方法として本種を用いる、というものである具体的にはまず本種が酵母態になる条件培養し、ばらばらの酵母細胞多数準備する分離培地上で寄生菌発芽確認されたとき、そこに準備した酵母細胞与えると、酵母細胞数時間以内発芽管を伸ばし始め、これは寄生菌にとって寄生好適な条件与える。

※この「利害」の解説は、「コケロミケス」の解説の一部です。
「利害」を含む「コケロミケス」の記事については、「コケロミケス」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/12 01:13 UTC 版)

イトカメムシ」の記事における「利害」の解説

時にダイズにも寄生することがあるため、害虫として扱われることもある。主としてから吸汁するが、時にはに着くという。ただし被害問題にならない程度ようである

※この「利害」の解説は、「イトカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イトカメムシ」の記事については、「イトカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/12 14:55 UTC 版)

ササノハスゲ」の記事における「利害」の解説

野生植物であり、特に利害はない。近縁で姿も似ているタガネソウ山野草として栽培されることがあるが、本種については聞かない。 なお、星野他(2002)は岡山県限定スゲ図鑑であるが、その表紙飾っているのが本種で、この手の本では数種組み合わせて表紙賑わせる例が多い中、この書は本種の線図単独で表紙飾っている。さらに見開きも本種の線図となっており、本種がいかにも愛されているものと思われる

※この「利害」の解説は、「ササノハスゲ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ササノハスゲ」の記事については、「ササノハスゲ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 17:30 UTC 版)

マルバオモダカ」の記事における「利害」の解説

食用はならず、特に利用されることはないジュンサイ栽培している池に生息していることもありその場合は水田雑草として扱われることもある。

※この「利害」の解説は、「マルバオモダカ」の解説の一部です。
「利害」を含む「マルバオモダカ」の記事については、「マルバオモダカ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 01:17 UTC 版)

水田雑草」の記事における「利害」の解説

雑草であるから望まれて育つものではない。 イネ生長期雑草は、言わイネに対する競争者であるから駆除される。水面広がる浮草は、水温の上昇妨げるというのでいやがられるイヌビエなどはイネ混じって生長し、穂をつける。また、イネ科雑草中にはイネ害虫が、イネ育っていない時期に、餌として利用するものがある。 かつて水田雑草駆除は、稲作農家にとってもっとも辛い労働であった。特にこれらの雑草がもっともよく繁茂する夏の盛りに、吸血ヒルが泳ぐ田に裸足漬け、腰を折り曲げ一日中その除去勤しむ作業まさしく苦行等しく田の草野郎、タノクサヤロウという罵倒語は除草作業辛さ身に染みていた農家日常から生まれたといえる。ただし除草剤出現こうした重労働過去のものとなり、こうした罵倒語も日本語から消えつつある。 しかし、害がある一方というものでもなく、積極的に利用されるものもある。ゲンゲ根粒細菌によって窒素固定を行うので、かつては緑肥として用いられたが、窒素肥料普及した現在の日本ではかつての用途では使われず、せいぜい観光用地域起こしの一環として維持図られている。アカウキクサ類も藍藻共生して窒素固定を行うので同様の使われ方をする地域がある。アイガモ農法においては自然に出る雑草だけでは餌として不足しがちなので、アカウキクサ類を追加することがあるまた、春の七草古くから親しまれる

※この「利害」の解説は、「水田雑草」の解説の一部です。
「利害」を含む「水田雑草」の記事については、「水田雑草」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 03:11 UTC 版)

イヌシタムシ」の記事における「利害」の解説

感染による被害多くないが、カタル性刺激起こすとも言う

※この「利害」の解説は、「イヌシタムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イヌシタムシ」の記事については、「イヌシタムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 19:21 UTC 版)

ヒドロ虫」の記事における「利害」の解説

人間にとって、利となることはほとんどない利用される局面ほとんどないに等しい科学上はヒドラモデル生物として用いられるまた、ベニクラゲ不老不死であることが知られその方面注目を浴びている。 害になる面では、一部刺胞毒の強いものが知られるアナサンゴモドキ類にはかなり強い毒ものがあるこの類は、昭和天皇強い関心を持っていた生物として知られている

※この「利害」の解説は、「ヒドロ虫」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒドロ虫」の記事については、「ヒドロ虫」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/07 18:41 UTC 版)

ネコブカビ類」の記事における「利害」の解説

ネコブカビ属(Plasmodiophora)は、1877年キャベツ根こぶ病病原体としてボロニン発見された。この種 P. brassicae は他にアブラナダイコンなどのアブラナ科植物の根に寄生し、根の肥大異常な枝分かれ引き起こし次第地上部発育にも悪影響を及ぼす。この休眠胞子土壌中で何年生き延びるため、根絶が難しいまた、アブラナ科雑草や、それ以外若干植物にも寄生することが知られており、そこで生き延びて感染源となる可能性指摘されている。 もう一つ有名なのはジャガイモ粉状そうか病引き起こすスポンゴスポラ Spongospora である。S. subterranea var. subterranea はジャガイモのほかにトマトにも寄生するまた、このは Potato-mop-top ウイルスの伝播を行うことが知られている。またこのナス科雑草にも寄生するため、ジャガイモ長期にわたって栽培しない場合も、この雑草上で生き延びてウイルスの感染源として働く。 同様にポリミクサPolymyxaは、Polymyxa betaeがテンサイそう根病病原であるビートえそ性葉脈黄化ウイルスを、P. graminis がコムギオオムギの縞萎縮病ウイルス伝播する

※この「利害」の解説は、「ネコブカビ類」の解説の一部です。
「利害」を含む「ネコブカビ類」の記事については、「ネコブカビ類」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 09:04 UTC 版)

ノシメマダラメイガ」の記事における「利害」の解説

保存してある米を食害することが知られる毒性はないため、中身陰干しまたは天日に干し精米すれば、多少食味落ちているが、十分食べることができる。 地方によって、これを「こくぞうむし穀象虫)」ともいうが、コクゾウムシ鞘翅目であり別種

※この「利害」の解説は、「ノシメマダラメイガ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ノシメマダラメイガ」の記事については、「ノシメマダラメイガ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 16:07 UTC 版)

ヒナノシャクジョウ」の記事における「利害」の解説

まったくない

※この「利害」の解説は、「ヒナノシャクジョウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒナノシャクジョウ」の記事については、「ヒナノシャクジョウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 08:33 UTC 版)

トタテグモ下目」の記事における「利害」の解説

ここに含まれるオオツチグモ科いわゆるタランチュラであり、ペットとして飼育されることがある毒グモと言われることもあるが、多くの種ではさほど恐ろしいものではない。だが、一部には実際に強い毒性の強いものがある毒グモとしては、ジョウゴグモ科のシドニージョウゴグモ属等も有名である

※この「利害」の解説は、「トタテグモ下目」の解説の一部です。
「利害」を含む「トタテグモ下目」の記事については、「トタテグモ下目」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 15:14 UTC 版)

カニダマシ科」の記事における「利害」の解説

特に知られていない

※この「利害」の解説は、「カニダマシ科」の解説の一部です。
「利害」を含む「カニダマシ科」の記事については、「カニダマシ科」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/08 05:31 UTC 版)

マダラスズ」の記事における「利害」の解説

原則的に草原荒れ地生活するもので、作物などを害することはほとんどない。しかし1950年頃に北陸地方で本種成虫コムギハダカムギ撒いた種子の胚を食害して発芽できなくしたり若い芽や根を食害した事例がある。これは気候土質関係で早蒔きしてその後に覆土せず、などで地表を覆う習慣のあった地域に限って出現し、また産地のやや乾燥した畑で多く被害があったという。 他に芝生や根を食害することが知られるが、実害軽微考えられている。

※この「利害」の解説は、「マダラスズ」の解説の一部です。
「利害」を含む「マダラスズ」の記事については、「マダラスズ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 02:41 UTC 版)

ハナグモ」の記事における「利害」の解説

害虫を餌とするので益虫と言えるアメリカシロヒトリ若齢時期幼虫集団でに糸をかけて大きな巣を作るが、本種はこの巣に住み着いて幼虫食べること知られている。ただし幼虫大きくなるとむしろクモの方逃げる。またクワノメイガ集団に関しては、幼虫の数と本種の個体数連動して変化するという。 時に腹面斑紋人面似た形になるときがあり、話題なることがある

※この「利害」の解説は、「ハナグモ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ハナグモ」の記事については、「ハナグモ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 05:48 UTC 版)

サシガメ」の記事における「利害」の解説

多くの種は昆虫主食することから、田畑においては害虫を食う益虫としての役割期待できる例え松の葉食い荒らし幼虫毒針人体被害引き起こすマツカレハにとっては、ヤニサシガメ有力な天敵である。しかしながらサシガメ捕らえたときや触れたときに、口針ヒトを刺すことがあり、このとき獲物仕留めるために用いられる毒が注入されるので非常に強い痛みを感じる多くの非社会性ハチより痛いくらいで、刺されたときの痛みが強い部類であるアシナガバチベッコウバチ類の毒針刺されたときの痛み匹敵する昆虫学者エヴァンズ自分首筋刺されたときのことを述べ数日間捕虫網振れなかったと言っている。また、中央アジア王達捕虜拷問するのにこの類使ったとの話を伝えている。 吸血性の種は、衛生害虫として扱われる吸血時に捕食性の種に刺されたときのような激痛起きないが、吸血後に著しく発赤腫脹し、灼熱感を伴う。中南米産の約90種の吸血性サシガメのうち約50種から寄生性の原虫 Trypanosoma cruzi検出されており、うち10-12種がヒトなどの動物病原体の媒介引き起こしているとされるTrypanosoma cruzi感染症は、アメリカトリパノソーマ症、あるいはシャーガス病として知られているヒトへの感染引き起こす媒介種としてブラジル南部ウルグアイパラグアイボリビアアルゼンチン、チリなどに分布するブラジルサシガメ Triatoma infestans 中央アメリカからメキシコにかけて分布するメキシコサシガメ Triatoma dimidiata とベネズエラサシガメ Rhodnius prolixus 、ブラジル一部地方分布するアカモンサシガメ Panstrongylus megistus の4種住家性種が特に重視されている。 上記の吸血性サシガメのうち、ベネズエラサシガメ昆虫の変態ホルモンの関係に関する研究のモデル生物として利用されている。 他のカメムシ亜目昆虫と同様に、サシガメ独特の臭いを持つものがあり、手に取ったりすると暫く臭いが染み付くことがある

※この「利害」の解説は、「サシガメ」の解説の一部です。
「利害」を含む「サシガメ」の記事については、「サシガメ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:04 UTC 版)

タマクラゲ」の記事における「利害」の解説

現実的な意味での利害は特にない。 だが、この種は飼育が可能で周年に渡ってクラゲ発生させることが出来るクラゲ光周期に応じて毎日放卵放精を行ううえ、卵が透明で発生観察適しているこのような点で研究素材として適している。それを利用して生理学的研究教材としての利用考えられている。

※この「利害」の解説は、「タマクラゲ」の解説の一部です。
「利害」を含む「タマクラゲ」の記事については、「タマクラゲ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:30 UTC 版)

ヨウラクラン」の記事における「利害」の解説

鑑賞価値ほとんど無い。が、採取対象とされ、各地減少している。多くの府県絶滅危惧のどれかに取り上げられており、情報不足とする県も少なくない

※この「利害」の解説は、「ヨウラクラン」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヨウラクラン」の記事については、「ヨウラクラン」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 05:20 UTC 版)

ジンガサハムシ」の記事における「利害」の解説

ハムシ類に草の葉食べ害虫が多いが、この種の場合は食草雑草だから、特に害虫ではないし、役に立つこともない普通種であり、人の生活範囲でその数は少なくないが、見かけることは少ない。おそらくの裏じっとしているで、目立つことが少ない上、表に出たときにはよく飛ぶので、なかなか眼に触れないのだろう。時折発見されると、「変な」あるいは「きれいな」として注目されることがある普通種だが世間知られていないあり、か変なの代表といえよう

※この「利害」の解説は、「ジンガサハムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ジンガサハムシ」の記事については、「ジンガサハムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 09:08 UTC 版)

ハマサジ」の記事における「利害」の解説

煮てからにさらすことで食用に供する

※この「利害」の解説は、「ハマサジ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ハマサジ」の記事については、「ハマサジ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 14:38 UTC 版)

オニグモ」の記事における「利害」の解説

もちろん益虫ではあるが、喜ばれることは少ない。 なお、別名として八木沼(1968)はダイミョウグモ、更に古く湯原(1931)にはカネグモ、カミナリグモ挙げられている。それ以降本に取り上げられはおらず普及していたのではないのだろうが、本種がそれなりに親しまれ、また貫禄感じていたのだろうと思われるまた、ゲテモノ食い対象とされ、あるいは薬用とされ、特に健忘症薬効があったとの記述もあるが、薬効そのもの現実的なものではない模様である。特にこれについて研究されという事実は確認されていない不用意に手掴みすると、大きな牙で噛まれて痛ことがあるが、痛むだけで重篤になる事は殆ど無い。

※この「利害」の解説は、「オニグモ」の解説の一部です。
「利害」を含む「オニグモ」の記事については、「オニグモ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/15 21:11 UTC 版)

パラグラス」の記事における「利害」の解説

本種は水辺によく繁茂するために水路の縁を固め用途にも用いられ沖縄でも古く畦畔とされた。オーストラリア北部では1884年川岸の浸食調節するために持ち込まれたが、後に牧草としての利用のために広く栽培されるようになった。 しかし本種の最大の利用はやはり牧草としてであり、世界熱帯域持ち込まれたのも主としてこれによる。他方で主に水辺でよく繁茂する性質侵略的外来種として問題引き起こしている。

※この「利害」の解説は、「パラグラス」の解説の一部です。
「利害」を含む「パラグラス」の記事については、「パラグラス」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/11 10:02 UTC 版)

ルリミノキ属」の記事における「利害」の解説

日本ではとりたてて利害は知られていない。 だが海外では例え中国南部分布する L. acuminatissimus は伝統医療薬用用いられてきた。そのため現在でもその成分について研究進められている。

※この「利害」の解説は、「ルリミノキ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「ルリミノキ属」の記事については、「ルリミノキ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 00:04 UTC 版)

渦鞭毛藻」の記事における「利害」の解説

水圏における一次生産者として重要であるが、水産資源として直接に利用される局面はない。ヤコウチュウ (Noctiluca) など、発光するものは時に観賞対象となる。ヤコウチュウ物理的な刺激応答して光る特徴があるため、波打ち際で特に明るく光る様子を見ることができる。または、ヤコウチュウのいる水面に石を投げて発光促すことが可能である渦鞭毛藻ラフィド藻並び赤潮代表的な構成生物である。渦鞭毛藻における赤潮形成属は、前述のヤコウチュウ、ヘテロカプサ (Heterocapsa)、カレニア (Karenia)、ギムノディニウム (Gymnodinium) などである。これらの属の中には毒を産生するものもあり、直接魚介類死滅させるほか、渦鞭毛藻捕食した貝類蓄積され貝毒原因となる神経性貝毒としては Karenia breve (Gymnodinium breve) によるブレベトキシン (brevetoxin, BTX) が、下痢性貝毒としては Dinophysis作るディノフィシストキシン (dinophysistoxin, DTX) などが有名である詳細は「有毒渦鞭毛藻を参照 特に強毒性渦鞭毛藻として、アメリカノースカロライナ州発見されフィエステリア (Pfiesteria piscicida) がいる。フィエステリアはその複雑な生活環の中で鞭毛虫シストアメーバ型など多彩な形態をとり、他の原生生物からに至るまで生物捕食して生活するとされているが、毒性その他の特徴に関して論争があり議論続いているフィエステリア産生する毒素極微量でヒトの神経系影響与え例えフィエステリア生息する海水エアロゾル吸引しただけでも、倦怠感頭痛呼吸困難記憶障害などの諸症状に至るという。この渦鞭毛藻1998年邦訳発売されロドニー・T・バーカー著「川が死で満ちるとき」で取り上げられ日本でも知られるところとなった

※この「利害」の解説は、「渦鞭毛藻」の解説の一部です。
「利害」を含む「渦鞭毛藻」の記事については、「渦鞭毛藻」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 23:34 UTC 版)

ツチカメムシ科」の記事における「利害」の解説

特に重要なものはない。

※この「利害」の解説は、「ツチカメムシ科」の解説の一部です。
「利害」を含む「ツチカメムシ科」の記事については、「ツチカメムシ科」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 23:35 UTC 版)

メダカナガカメムシ科」の記事における「利害」の解説

メダカナガカメムシマメ科植物害虫として知られる

※この「利害」の解説は、「メダカナガカメムシ科」の解説の一部です。
「利害」を含む「メダカナガカメムシ科」の記事については、「メダカナガカメムシ科」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 20:19 UTC 版)

鰓尾類」の記事における「利害」の解説

魚類寄生虫であるから養魚場等において大きな被害をもたらす場合があるこれによって引き起こされる症状ウオジラミと言う体表血走ったような跡が出るのが普通である体液吸って弱らせるだけでなく、傷口からミズカビ類が侵入することがあり、ミズカビ病引き金となる日本ではチョウキンギョコイなどの有力な害虫として知られるまた、これらの魚の人為的な移動に伴ってこの類その分布を拡大している例があり、問題視されている。日本ではチョウモドキヨーロッパよりの移入種考えられている。

※この「利害」の解説は、「鰓尾類」の解説の一部です。
「利害」を含む「鰓尾類」の記事については、「鰓尾類」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 04:40 UTC 版)

ヒメイカ」の記事における「利害」の解説

現時点では利も害もない。ただ、本種は小型であるために小さ水槽で飼育可能で累代飼育出来る。イカ一般に飼育が難しくその点で本種は貴重であり、モデル生物として利用出来可能性があるとの指摘がある。

※この「利害」の解説は、「ヒメイカ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒメイカ」の記事については、「ヒメイカ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 09:28 UTC 版)

カワラスゲ」の記事における「利害」の解説

まず無い。

※この「利害」の解説は、「カワラスゲ」の解説の一部です。
「利害」を含む「カワラスゲ」の記事については、「カワラスゲ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 09:32 UTC 版)

ヤワラスゲ」の記事における「利害」の解説

特に利害はない。

※この「利害」の解説は、「ヤワラスゲ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヤワラスゲ」の記事については、「ヤワラスゲ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 15:40 UTC 版)

スズメノテッポウ」の記事における「利害」の解説

春の水田に出現する水田雑草として代表的なものである。特に害が論じられることもないが、役立つものでもない。しかし、穂が意外に目立つので、地味な割にはなじまれている。それに、草笛使える葉鞘部分折り取り中の茎抜いて葉身部分裏側葉鞘沿わせるように根元から折り曲げれば、薄い膜状耳が突き出る耳がリード役をするので、この部分を口に収めて注意深く吹くと、ピーというような高い音が出せるレンゲ畑での子供の遊びであった。 名前はスズメ鉄砲」で、穂が真っすぐなところを鉄砲見立てたものと言われる

※この「利害」の解説は、「スズメノテッポウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「スズメノテッポウ」の記事については、「スズメノテッポウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 15:38 UTC 版)

スズメノヒエ」の記事における「利害」の解説

特にない。

※この「利害」の解説は、「スズメノヒエ」の解説の一部です。
「利害」を含む「スズメノヒエ」の記事については、「スズメノヒエ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/17 15:31 UTC 版)

ワレミア属」の記事における「利害」の解説

食品汚染するカビとして代表的なものである。その発生する幅は広く穀類貯蔵食物菓子ジャム砂糖漬け塩漬け乾燥食品など多岐にわたる日本の菓子に関する調査では、最も出現が多い方の5属、あるいは3属の中に数えられている。ただし毒素生産知られていない。 またハウスダストにも多く含まれ時に人にアレルギー起こすとされる農夫肺(farmer's lang disease)と呼ばれる疾患原因の一つとも考えられている。これは牛舎内で作業する農民干し草の埃を吸引することで起きものであるまた、このカビ人間感染症起こした例も知られ、指の爪から見つかった例がある。

※この「利害」の解説は、「ワレミア属」の解説の一部です。
「利害」を含む「ワレミア属」の記事については、「ワレミア属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 17:42 UTC 版)

イヌムギ」の記事における「利害」の解説

ごくありふれた雑草である。農耕地でも放置する生えてくる。

※この「利害」の解説は、「イヌムギ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イヌムギ」の記事については、「イヌムギ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 17:33 UTC 版)

メヒシバ属」の記事における「利害」の解説

日本では特に利用がないが、この属には雑穀として食用とされるものが幾つか含まれるアフリカフォニオ D. exilis や、東ヨーロッパのオニメヒシバ D. sanguinalis などが有名である他方で雑書としては著名なものが多い。メヒシバは「日当たりのよい荒れ地道ばたに最も普通に見られる雑草」であり、東南アジア日本ではもっとも頑強な雑草で、夏野菜の畑において除草しなければ収量が1/3以下になるとさえいわれるまた、他方で緑地などにおいてその種子生産が野鳥小動物食料として重要との指摘もある。。日本ではそれ以外の種にも、それほど顕著ではないが、ごく普通の雑草がある。

※この「利害」の解説は、「メヒシバ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「メヒシバ属」の記事については、「メヒシバ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 17:34 UTC 版)

ツルヨシ」の記事における「利害」の解説

ヨシと同じように利用されるが、背丈は低いので利用先は限定される。 むしろ河川に於いては川原安定させる植物として重要である。多自然型の堤防ビオトープ施設の構成などにも利用される成育環境の幅が広く、また成長早いためにこのような目的で優れているまた、水質浄化働き期待される。 しかし、規模の小さいビオトープ施設では、その繁殖に手を焼く場合もある。素早く広がる上に茎と根深く水底内部に下ろすので、刈っただけでは退治できず、しかも引っこ抜くのも困難であり、あっという間に背丈より高いツルヨシ群落覆われることがありがちである

※この「利害」の解説は、「ツルヨシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ツルヨシ」の記事については、「ツルヨシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 17:40 UTC 版)

タチスズメノヒエ」の記事における「利害」の解説

日本本土においては単に背の高くなる雑草である。だが、沖縄ではサトウキビ畑にもよく繁茂し繁茂度は高くサトウキビ与える害は大きいという。沖縄サトウキビ畑におけるもっとも害の大き雑草4種一つとして上げられている。これに関してこの種作物および多種雑草に対する他感作用持ち、それにより自分優占する状況作っているとの予想があり、実際に植物体の抽出物他の植物の抑制作用あること認められている。 他方暖地型の牧草として知られており、その方面での名はベイジーグラスである。ただし、牧草としてシマスズメノヒエの方優れ、本種の場合、特に老成したものは家畜が嫌うとのこと

※この「利害」の解説は、「タチスズメノヒエ」の解説の一部です。
「利害」を含む「タチスズメノヒエ」の記事については、「タチスズメノヒエ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 17:33 UTC 版)

コブナグサ」の記事における「利害」の解説

一般的にはごくありふれた雑草見なされている。 しかし伊豆諸島八丈島では、この染料として用いている。全草煎じて染めたものは黄八丈呼ばれる当地ではこののことをカリヤス苅安)と呼んでいる(ただし、本来のカリヤスMiscanthus tinctorius)はススキ属の植物であり別のものである)。そのため栽培行われていると言う

※この「利害」の解説は、「コブナグサ」の解説の一部です。
「利害」を含む「コブナグサ」の記事については、「コブナグサ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 17:29 UTC 版)

ベニバナボロギク」の記事における「利害」の解説

日本では特に利用されていない上にどこにでも生えてくる植物なので、雑草範疇に入る柔らかくて背が高くて根を張らないから、引き抜く困難はない。 他方で柔らかくてアクもなく、食料とすることが可能である長田は「シュンギク似た香りがあり、食料野草の優品」と記している同時に南洋春菊台湾昭和との呼称があったことが記されている。清水中国大陸革命呼ばれたことが紹介されている。現在の日本でもニワトリの餌などに利用するのを聞くことがある

※この「利害」の解説は、「ベニバナボロギク」の解説の一部です。
「利害」を含む「ベニバナボロギク」の記事については、「ベニバナボロギク」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 17:32 UTC 版)

スズメノチャヒキ属」の記事における「利害」の解説

多くはごくありふれた雑草である。道ばた見かけるものも多い。牧草使われる例もある。日本普通に見られるもののほとんどは帰化種である。ちなみに沖縄にはそのすべてが見られない

※この「利害」の解説は、「スズメノチャヒキ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「スズメノチャヒキ属」の記事については、「スズメノチャヒキ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 09:12 UTC 版)

カニツリグサ」の記事における「利害」の解説

実質的にはない。

※この「利害」の解説は、「カニツリグサ」の解説の一部です。
「利害」を含む「カニツリグサ」の記事については、「カニツリグサ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 09:12 UTC 版)

スズメノコビエ」の記事における「利害」の解説

日本では雑草にすらならない野生植物である。 熱帯域では農地出現する例もありインドでは特に水田雑草として出現する。 さらにインドでは雑穀としてこの種栽培する地域があり、これをコド Kodo あるいはコドミレット kodo milletmillet雑穀のこと)あるいはコドラ kodra と呼ぶこの種雑穀として栽培するのは世界でこの地域だけである。 コドは主にインド南部東部栽培され、非常にやせた土地、軽い土壌でも栽培できる食用とする場合、まず穎がついたままのものを短時間水煮し、それを乾燥させるというパーボイルド加工が行われ、そののち炊飯かおねりを作って供されるコド少なくとも3000年前にラジャスターン州マハーラーシュトラ州栽培始まっていたことが遺跡からの出土により確認されている。現在では北はウッタル・プラデシュバングラデシュから南はケーララタミルナドゥにわたる地域栽培されている。それらの地域では他に Vagau、haraka、arakaru とも呼ばれる小粒の雑穀の中では、この種面積あたりの収穫量最も大きい3-4ヶ月成熟達する。 コド毎年定期的に栽培されるものではなく、たとえばこの種栽培するインド・カルナカタ州の農家では複数雑穀を常に所有しており、その年降水状況に応じて栽培する雑穀種を決めるという。本種は水田からより乾燥に強い雑穀条件間の範囲栽培が行われている。

※この「利害」の解説は、「スズメノコビエ」の解説の一部です。
「利害」を含む「スズメノコビエ」の記事については、「スズメノコビエ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 23:07 UTC 版)

オオギウミヒドラ」の記事における「利害」の解説

特にない。群体乾燥保存できるので、装飾品とされることはあるが、宝飾的な価値全くない

※この「利害」の解説は、「オオギウミヒドラ」の解説の一部です。
「利害」を含む「オオギウミヒドラ」の記事については、「オオギウミヒドラ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 08:34 UTC 版)

バショウ属」の記事における「利害」の解説

本属にはいわゆるバナナ含み、これは食用として極めて重要なものである。またデンプンを含む根茎若芽食用にされる種がある。大きなはものを包むのに用いられる。鞘の繊維ロープや布などを作るのに用いられる種多く、特にマニラアサイトバショウ有名である他に観賞用に栽培される種もある。特にヒメバショウ類は花序美しく小柄で栽培しやすいので人気がある総じて種数多くないものの非常に有用な熱帯植物と言える。 M. acuminata(バナナ原種1つバショウ ヒメバショウ

※この「利害」の解説は、「バショウ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「バショウ属」の記事については、「バショウ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/16 22:41 UTC 版)

フォリドタ属」の記事における「利害」の解説

洋ランとして観賞用に栽培されることがある比較普及しているものもあるが、セロジネやデンドロキラムのように時に一般花屋にまで出回るほどではない。その上に石井井上編集代表(1969)では『作りやすいが、あまり美しくない』と身もふたもない評価をつけている。 キネンシスなどいくつかの種は伝統的な医療の中で薬草として用いられたものがあり、それらを中心に成分研究などもなされている

※この「利害」の解説は、「フォリドタ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「フォリドタ属」の記事については、「フォリドタ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/27 23:46 UTC 版)

アズチグモ」の記事における「利害」の解説

特に目立ものはない。 ただ、そこそこ大きな形で真っ白の姿が珍しがられることがある普通種ではある知名度低く一般人目にする機会少なことから、たまに見かけた人が「真っ白のクモ見たといって博物館など持ち込むことがある

※この「利害」の解説は、「アズチグモ」の解説の一部です。
「利害」を含む「アズチグモ」の記事については、「アズチグモ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 14:17 UTC 版)

ヒメスミレ」の記事における「利害」の解説

なし。きれいなではあるが、小さいので目立たない一般の人の間では、多くの場合スミレ混同されているであろう

※この「利害」の解説は、「ヒメスミレ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒメスミレ」の記事については、「ヒメスミレ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 20:06 UTC 版)

ハナビル」の記事における「利害」の解説

幼生明瞭な寄生虫である。ヒル体内侵入して被害を与えることを内部症というが、本種はこれを引き起こす日本における唯一の種である。成虫不快害虫範疇にとどまり実害はない。

※この「利害」の解説は、「ハナビル」の解説の一部です。
「利害」を含む「ハナビル」の記事については、「ハナビル」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/07 21:00 UTC 版)

ナツノハナワラビ」の記事における「利害」の解説

その姿なかなかに美しく岩槻編(1992)ではあえて冒頭に美麗草本』と記してあるほどで、そのためにアメリカなどでは栽培されていると言い、特に芽立ち良さ愛でられているという。ただし日本ではそのような利用稀で、むしろフユノハナワラビの方がより頻繁に山野草として栽培される。 また中国では解毒などの薬用用いられ湖北省ではそのために栽培もされる

※この「利害」の解説は、「ナツノハナワラビ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ナツノハナワラビ」の記事については、「ナツノハナワラビ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 00:30 UTC 版)

アカギカメムシ」の記事における「利害」の解説

カメムシ類に特有の臭気を出すことはなく、作物への害もないとされている。ただし、分布域拡大進展しており生態系への影響指摘されている。

※この「利害」の解説は、「アカギカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「アカギカメムシ」の記事については、「アカギカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 15:46 UTC 版)

フネガイ科」の記事における「利害」の解説

コンドルノハガイのような大型種カリブ海域で食用釣餌として用いられる日本ではアカガイサトウガイが主に寿司刺身用に、サルボウガイが主に缶詰用に食用供されている。 いくつかの種では養殖行われており、特にハイガイ Tegillarca granosa東南アジア諸国において重要種となっている。

※この「利害」の解説は、「フネガイ科」の解説の一部です。
「利害」を含む「フネガイ科」の記事については、「フネガイ科」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 07:48 UTC 版)

タツナミガイ」の記事における「利害」の解説

普通には特に実用的な利害はない。フィリピンなどでは卵や内臓食用にされる。古代ギリシアローマでとして用いられたという。現在では強い抗腫瘍作用のあるペプチド系の成分含まれることが発見されている。ただしそれらはごく微量であり、化学構造明らかにされていないものもある。代表的な物質ドラスタチン10で、すでに立体構造決定され全合成が行われ、臨床試験行われている。現実的な利用には至っていない。卵はミネラル分などの栄養素を含むことが明らかにされているまた、モデル生物として神経作用などの研究使われることもある。ニューロコンピューター開発にもその神経系活用されている。

※この「利害」の解説は、「タツナミガイ」の解説の一部です。
「利害」を含む「タツナミガイ」の記事については、「タツナミガイ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/23 01:20 UTC 版)

イチモンジカメノコハムシ」の記事における「利害」の解説

山間部野生植物食べるものなので、利害はない。ムラサキシキブ観賞用に栽培されることもあるが、それを食害する話は聞かない

※この「利害」の解説は、「イチモンジカメノコハムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イチモンジカメノコハムシ」の記事については、「イチモンジカメノコハムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/03 05:04 UTC 版)

グンバイナズナ」の記事における「利害」の解説

サラダ材料サンドイッチの具などとして食用にされることがある。ただし生では苦いため、油通ししてから食されることもある。またバイオディーゼル燃料原料にされることもある。 亜鉛を含む土壌を好む傾向があり、燃やした後に残った灰のうち16パーセント亜鉛である。このような土壌耐えられる植物他にはあまり存在しないため、古来より中国ではグンバイナズナ群生地亜鉛採取指標とされた。 一方雑草として扱われることも多く収穫された麦などの穀物中にグンバイナズナ種子混入する例も知られている

※この「利害」の解説は、「グンバイナズナ」の解説の一部です。
「利害」を含む「グンバイナズナ」の記事については、「グンバイナズナ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 05:27 UTC 版)

ニガクサ属」の記事における「利害」の解説

日本産するものは全て野草であり、人家周辺出現することも少ない。特に利害はない。 国外のものでは南ヨーロッパのジャーマンダー T. chamaedrys は園芸用栽培され、またハーブとして薬草として使われたこともある。 T. botrys・穂を作らない例 T. fruticans・花の構造よく見える ジャーマンダー

※この「利害」の解説は、「ニガクサ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「ニガクサ属」の記事については、「ニガクサ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 14:17 UTC 版)

クロガケジグモ」の記事における「利害」の解説

このクモオーストラリアでは毒があるとされているが、実質的な害はないようである。日本でも咬傷の例はない。 それ以上に網が屋敷景観を汚すことで嫌われる。このクモは網を張りっぱなしにして、破れた部分を繕うようにするため、常に網が張ってあり、しかもその様子がボロボロ見てくれのよいものではない。しかも網の主は隙間潜り込ませた巣穴中に逃げているため、クモそのもの追い出すのは困難である従って、いくら網を払って翌日には元の木阿弥となっている。自動車などでもこの網をまとわせて走っているのを見ることも多い。

※この「利害」の解説は、「クロガケジグモ」の解説の一部です。
「利害」を含む「クロガケジグモ」の記事については、「クロガケジグモ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 23:53 UTC 版)

ハカマウラボシ属」の記事における「利害」の解説

観賞用に温室栽培されることがあるその際には多少似た姿を持つカザリシダ属(アグラオモルファ)なども混同され本属纏めてドリナリアの名で呼ばれる場合もある。 D. rididula は胞子葉長さ1-2mに達し長い葉柄がある。南太平洋はしばし現地民族舞踊の際の髪飾り用いられる。 またハカマウラボシ及び近縁種幾つかの根茎薬用用いられる苦みがあって中国医術強精長期下痢リュウマチ痛、歯痛などに用いられ、更に打撲傷骨折にも効があるとされている

※この「利害」の解説は、「ハカマウラボシ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「ハカマウラボシ属」の記事については、「ハカマウラボシ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 17:57 UTC 版)

ユメエビ属」の記事における「利害」の解説

上記のように海洋生態系においては重要な役割担っていると思われるが、人間との直接的な利害関係はない。近縁サクラエビアキアミ食用とされ、知名度もあるのに対し、本種の知名度はその存在普通であるに反してきわめて低く、これは食用されていないためとの声もある。

※この「利害」の解説は、「ユメエビ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「ユメエビ属」の記事については、「ユメエビ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/25 02:01 UTC 版)

マダラアシゾウムシ」の記事における「利害」の解説

ウルシ害をなすと言うこと害虫であるが、被害軽微である。

※この「利害」の解説は、「マダラアシゾウムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「マダラアシゾウムシ」の記事については、「マダラアシゾウムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 09:12 UTC 版)

イリオモテシャミセンヅル」の記事における「利害」の解説

日本ではカニクサほど雑草的に出しゃばることはない利用面ではカニクサと同様胞子利尿剤として用いるなどの例がある。 ただし、現在ではアメリカ大陸移入種として侵入し、非常に大きな被害及ぼしている。

※この「利害」の解説は、「イリオモテシャミセンヅル」の解説の一部です。
「利害」を含む「イリオモテシャミセンヅル」の記事については、「イリオモテシャミセンヅル」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 16:25 UTC 版)

ハイキビ」の記事における「利害」の解説

日本本土では南方系の希少種であり、学問上重要なものと見なされている。高知県絶滅危惧I類、大分県準絶滅危惧種に指定されており、他に愛媛県情報不足カテゴリー取り上げられている。 それ以南では多くの地域雑草である。それでも世界一部地域で在来野草として、飼料利用される例もある。アメリカで当初は牛の飼料使われたこともあるが、栄養的に他の牧草より劣っていることが後に示されたまた、海岸水辺の砂を安定させ、あるいは水の多い時期水田周辺の泥を安定確保する効果がある沖縄県においては畑地雑草として重要である。特にサトウキビ畑での被害が大きい。これについては後述する。 北アメリカでは、たとえばゴルフコース芝生荒ら雑草として嫌われるこの種侵入するバミューダグラスギョウギシバ属)の生産2年40%も減少させるこの種温暖な地域芝生使われる除草剤大部分抵抗性を示すこの種枯草グリホサート管理することついていくつもの報告出ている。 また、侵略的移入種として生態系大きな影響を及ぼす点でも注目されている

※この「利害」の解説は、「ハイキビ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ハイキビ」の記事については、「ハイキビ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 16:20 UTC 版)

サワスズメノヒエ」の記事における「利害」の解説

元来海岸性の野生植物であり、特に利害に関係のない植物であった。だが、近年になってその耐塩性強さ利用し暖地海岸沿いでの芝生として用いられるようになったその方面での商品名はシーショアパスパルム(あるいは-パスパラム)Seashore paspalum である。そのため熱帯から亜熱帯域におけるスポーツ施設住宅での芝生として普及しつつある。 耐塩性が強いことは、塩害耐性あること意味するまた、海岸に近い地域では得られるに塩分を含むことが多く真水芝生維持利用するのは大きなエネルギー浪費となる。そのため清浄な飲用などに限定し再利用水や塩分含んだそれ以外用途用いようの方向性がある。この種芝生使えば塩分含んだを、さらには海水そのものをも灌漑利用できる1980年代ハワイゴルフ場最初に導入され広く使用される至ったゴルフ場芝生としては他にカリフォルニアテキサス中東南アフリカアルゼンチン中国タイインドネシアフィリピンなどで使われている。ポロ試合場使われた例もある。また、1970年代から砂地この種植栽して安定させ、緑化するためにも用いられている。そのほか飼料として利用アフリカオーストラリア南北アメリカから報告されている。 Duncan et al. (2000) では環境適合型の芝生として、様々な成長制限する要因への耐性病害虫への耐性人間による攪乱への抵抗性などを挙げ、それらによく適合する種として種を示している。それによるとこの種系統にもよるが海水並み塩分にも耐性示しpHでは3.6-10.2まで、干ばつに対してムカデシバcentipedegrass (Eremochloa ophiuroides) に並ぶほどで、バミューダグラスギョウギシバ属 Cynodon spp.)より強い。また雨期ドームでの光不足に耐性がある。 芝生仕立てたもの 植物の様子 解説板の拡大

※この「利害」の解説は、「サワスズメノヒエ」の解説の一部です。
「利害」を含む「サワスズメノヒエ」の記事については、「サワスズメノヒエ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 16:17 UTC 版)

オオクサキビ」の記事における「利害」の解説

日本では普通の雑草である以上の害はない。 本種の含まれるキビ属には家畜肝臓光過敏症(特定の餌を食べることで光に敏感になり、皮膚炎起こしたり重症の場合には死に到る)を引き起こすことが知られており、本種もその性質がある北アメリカで馬にこれを生じさせた例や、ブラジルで羊にこれを生じさせた事例知られるブラジルの事例では発症したのは1才以下の羊で、同じ物を食べていたロバ山羊、牛には被害がなかったという。

※この「利害」の解説は、「オオクサキビ」の解説の一部です。
「利害」を含む「オオクサキビ」の記事については、「オオクサキビ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 21:01 UTC 版)

ヒメアシナガコガネ」の記事における「利害」の解説

成虫様々な広葉樹の花と食害し、幼虫芝草の根を喰うため、害虫となることがある成虫では山間部果樹園において、リンゴ食害し、またクリの花を残して食い尽くすことがある他にナシ柑橘類被害を受けることがあるクリでの被害については実態明らかでないものの結実への影響少なからずあるもの想像される幼虫芝生害虫で、シバケンタッキーブルーグラスがよく被害を受けるが、オーチャードグラスでは被害少ない。 桜桃では山間部において、時に集中的な被害生じる。

※この「利害」の解説は、「ヒメアシナガコガネ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒメアシナガコガネ」の記事については、「ヒメアシナガコガネ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 14:52 UTC 版)

タイキンギク」の記事における「利害」の解説

特に具体的な利用例はない。 ただその花は美しく、ここの頭花小さいが多数群がって咲くために鑑賞価値認められている。佐竹他編(1981)は植物学的な標準図鑑であるにもかかわらず本種の記載の最後に冬期海岸の崖を被ってきれいである」という記述つけられている。ただし栽培されるという話は聞かない大きすぎるからであろう

※この「利害」の解説は、「タイキンギク」の解説の一部です。
「利害」を含む「タイキンギク」の記事については、「タイキンギク」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 22:08 UTC 版)

セイバンモロコシ」の記事における「利害」の解説

乾燥などのストレスによりシアン化水素植物体内生産することや、硝酸塩を含むことから日本では飼料としてほとんど栽培されない根茎種子両方繁殖するため、畑地牧草地の強害雑草となっている。 太くて丈夫で子どものザリガニ釣りなどの釣り竿用いられる

※この「利害」の解説は、「セイバンモロコシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「セイバンモロコシ」の記事については、「セイバンモロコシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 16:19 UTC 版)

モエジマシダ」の記事における「利害」の解説

身近な雑草的な植物であるが、取りたて邪魔にならないヒ素吸収し蓄積する特性高く汚染された土壌からのヒ素除去応用可能である考えられている。

※この「利害」の解説は、「モエジマシダ」の解説の一部です。
「利害」を含む「モエジマシダ」の記事については、「モエジマシダ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 22:00 UTC 版)

ヤハズソウ」の記事における「利害」の解説

小柄な雑草である。特に繁茂するものでもない丈夫で踏み付け強いためか、未舗装道路繁茂しているのをよく見る両方からつまんで引っ張ると、必ず側脈で切れるので、矢筈状の切れ端できるの楽し草花遊びがある。 また永井荷風は、この植物題材にした随筆「矢はずぐさ」を執筆したその中で永井は、妻の八重次がヤハズソウ煎じて薬草として服用している様子描いている。

※この「利害」の解説は、「ヤハズソウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヤハズソウ」の記事については、「ヤハズソウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 03:50 UTC 版)

ヘクソカズラグンバイ」の記事における「利害」の解説

植物から汁を吸うものであるから、一般的には害虫扱いされるが、本種の場合、日本での宿主はほぼヘクソカズラ限定されているようである宿主への影響は深刻と言えるものであるが、何し雑草であるので問題にされてはいない。山田行成2009)などでもその影響懸念する言葉用いられていない。 ただしヘクソカズラハワイフロリダでは外来侵略的な帰化植物として知られており、本種はこれを制圧するための生物として効果期待されたこともある。特にへクソカズラ同属の種がこの地域の在来植物相含まれていないため、生物的制御対象として安全であろうとの判断があった。しかし上述のようにヤエヤマアオキでの繁殖確認され現在ではその利用には用いられがたいとの判断である。

※この「利害」の解説は、「ヘクソカズラグンバイ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヘクソカズラグンバイ」の記事については、「ヘクソカズラグンバイ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 03:09 UTC 版)

アシダカグモ科」の記事における「利害」の解説

大型の種は人目を引き多くの場合恐れられるタランチュラの名は、ある時期にアシダカグモ類の呼び名であった。特にバナナ輸送際に混入して発見されその大きさと姿から恐れられた。しかし実際には危険な毒を持つものは知られていない一般クモ類と同様にその顎には毒腺があるが、その毒は人間に強い影響を与えるものではない。人間生活域出現するものも多く接触する場面あるから実際に噛みつかれることもありその際には体格大きいだけにそれなりの痛みはある。が、それ以上の咬傷発展することは知られていない。 むしろ、人家生息するものはゴキブリなどの重要な天敵として大きな役割担っている考えられその意味では益虫である。

※この「利害」の解説は、「アシダカグモ科」の解説の一部です。
「利害」を含む「アシダカグモ科」の記事については、「アシダカグモ科」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/24 00:53 UTC 版)

フトイ属」の記事における「利害」の解説

本属フトイそれに類する種はかなり大きくなり、様々な素材として利用される例がある。他に斑入りフトイなどは観賞用に栽培される例もある。

※この「利害」の解説は、「フトイ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「フトイ属」の記事については、「フトイ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 21:09 UTC 版)

ホウオウボククチバ」の記事における「利害」の解説

ホウオウボククチバには毒性は無い。しかし、幼虫街路樹などとして植栽されホウオウボク食害し、経済害虫となる。また、まとまった数が都市部で発生するため、不快害虫となる。

※この「利害」の解説は、「ホウオウボククチバ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ホウオウボククチバ」の記事については、「ホウオウボククチバ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 06:54 UTC 版)

アシヒダナメクジ」の記事における「利害」の解説

食性で、農業害虫として知られ、特にオーストラリア著名である加害される植物としてはトマトキュウリホウレンソウなどがある。 人間被害知られる寄生虫である広東住血線虫中間宿主であり、実際に沖縄ではこの種においてその存在確認されている。他にアフリカ農民の雛がこれを食べた場合有害である伝える。

※この「利害」の解説は、「アシヒダナメクジ」の解説の一部です。
「利害」を含む「アシヒダナメクジ」の記事については、「アシヒダナメクジ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 03:49 UTC 版)

チャボヒゲシバ」の記事における「利害」の解説

日本ではほぼ定着していないこともあり、利害は特にない。 上記のように本種は羊毛混じり物として広がった他に牧草として用いられ経緯がある。また、近年では装飾的なとしても用いられている。

※この「利害」の解説は、「チャボヒゲシバ」の解説の一部です。
「利害」を含む「チャボヒゲシバ」の記事については、「チャボヒゲシバ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/06 01:21 UTC 版)

ラブルベニア目」の記事における「利害」の解説

本群の菌類上記のように産業等結びついた利害は存在しない昆虫寄生菌には生物農薬のように利用されるものもあるが、本群のものは昆虫健康を害することすらほぼない。しかしながら、『にもかかわらず、この群は重要な群と考えられてきた、系統学的な空想働かせる対象として(nevertheless, been cosidered as an important group in phylogenetic speculations)』なのである実際上記にもあるこの群を研究してきた菌学者の名は、いずれ劣らぬ菌類学史上ビッグネームである。日本ではクモダニを含む地味な小動物の様々な群の研究について日本における開祖として知られる岸田久吉が本群の研究手を染めていた、との伝説がある。

※この「利害」の解説は、「ラブルベニア目」の解説の一部です。
「利害」を含む「ラブルベニア目」の記事については、「ラブルベニア目」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/21 08:51 UTC 版)

トボシガラ」の記事における「利害」の解説

何もない

※この「利害」の解説は、「トボシガラ」の解説の一部です。
「利害」を含む「トボシガラ」の記事については、「トボシガラ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/24 09:36 UTC 版)

トキンソウ」の記事における「利害」の解説

ごく普通に見られる雑草ではあるが、あまりに小さく邪魔になることは少ない。

※この「利害」の解説は、「トキンソウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「トキンソウ」の記事については、「トキンソウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 16:35 UTC 版)

ニシノオオアカウキクサ」の記事における「利害」の解説

本種はアジアなどの各地に導入されており、水田で本種を繁殖させて、緑肥として利用されている。本種には窒素固定能あるため安価な緑肥として利用することでイネ収量増加させることなどが期待されている。しかし一方でヨーロッパアフリカアジアオーストラリアニュージーランドなどの各地に帰化植物として定着しており、侵略的外来種として扱われることもある。また、本種とアメリカオオアカウキクサ(Azolla cristata)の雑種であるアイオオアカウキクサなども知られている

※この「利害」の解説は、「ニシノオオアカウキクサ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ニシノオオアカウキクサ」の記事については、「ニシノオオアカウキクサ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 17:10 UTC 版)

ナガマルコガネグモ」の記事における「利害」の解説

人家周辺畑地でも普通に見られるものであり、当然ながら害虫を食う益虫ということになるだろうが、具体的に取り上げられてはいない。

※この「利害」の解説は、「ナガマルコガネグモ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ナガマルコガネグモ」の記事については、「ナガマルコガネグモ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 01:40 UTC 版)

ナギナタガヤ」の記事における「利害」の解説

古くは本種は牧草として用いられた。 近年日本では果樹園、特に柑橘類に於いてその地表に本種を生育させるナギナタガヤ草生栽培という技法用いられる。これは本種の種子散布し秋に発芽させる春に旺盛発育して地表被うようになり、それによって他の雑草発育抑制することが可能となる、というものである。本種は穂が出るとその重み自然に倒れ伏し初夏にはそのまま枯死するために後で刈り払う必要がない上にそのままで敷き草の状態になるので夏の雑草発生抑える効果期待できる。さらに畑地への施肥からの窒素化合物溶脱環境への負荷もたらすことが問題となっているが、本種を一面に育てることで流出する窒素分を吸収させることが出来る上に、それが後に敷き草になることからそのまま肥料として畑地還元できること期待され溶脱を防ぐと同時に畑地全体として窒素利用効率の向上期待できる上述のように本種は多感作用他の雑草生育阻害する他、土壌中の植物病原菌成長阻害することも知られているまた、この農法ハダニ抑制の効果を持つことも知られるミカン害虫1つであるミカンハダニ Panonychus citri肉食性ダニ捕食晒されそれによって個体数抑制されるが、日本の果樹園では南北アメリカ原産のミヤコカブリダニ Neoseiulus californicus がその役割果たしている。この肉食ダニ地表イネ科植物越冬し春にダニ発生する樹木移動するため、地表裸地にするとそのハダニ発生抑制する効果得がたいことがあり、地表イネ科被うことでその効果高めことが出来る。本種にもその効果があることが確認されている。 他方、本種の畑地での害が、特に無耕農業による穀物生産での本種の繁茂問題視されるようになっている。特にヨーロッパオーストラリア冬小麦など秋まき穀類栽培に於いて、本種がいち早く成長進めて地表覆い尽くすことで目的作物生長阻害されることが問題視されている。

※この「利害」の解説は、「ナギナタガヤ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ナギナタガヤ」の記事については、「ナギナタガヤ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 14:08 UTC 版)

コアオハナムグリ」の記事における「利害」の解説

本種の成虫花蜜花粉食べるが、花に来た場合には雌しべの子房に傷をつける場合があり、特に柑橘類では生長した果実表面筋状の傷が入る傷害となってしまうため、農業害虫として扱われている。ただし温州ミカンでは傷のある果実落下するので被害出ない。 またダリアなどにも飛来しこの場合花弁食害するで直接の被害がある。バラでも同様の被害がある。

※この「利害」の解説は、「コアオハナムグリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「コアオハナムグリ」の記事については、「コアオハナムグリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 02:05 UTC 版)

イカリムシ」の記事における「利害」の解説

金魚コイウナギ養魚場大量寄生して大きな損害を与える場合がある。特に愛知静岡ウナギや金魚の養殖場で大きな被害があるとのこと。 本種による寄生イカリムシ症(Lernaeosis)と呼ばれ魚の病気としてもっとも古くから知られたものの一つである。寄生部位周辺炎症起こし、あるいは粘液の過剰分泌生じる。更にその傷口では皮膚やその下の筋肉壊死起き細菌真菌原虫などによる二次感染引き起こすとも言われる15上で繁殖を始め年間4-5世代繰り返し繁殖力は強い。 金魚の場合、壁や床に身体擦りつける行動見られ食欲落ちる。寄生虫の数が多くなると死ぬこともある。

※この「利害」の解説は、「イカリムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イカリムシ」の記事については、「イカリムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 03:36 UTC 版)

ゴミムシダマシ科」の記事における「利害」の解説

チャイロコメノゴミムシダマシ主とする数種幼虫は飼育が簡単で扱いやすい大きさなどの点か肉食性小動物飼育する際の生き餌として重宝されミールワームの名で広範囲で飼育されている。またキュウリュウゴミムシダマシの幼虫九竜虫呼ばれ漢方薬のように使われことがあるまた、コクヌストモドキなどが個体群生態学分野モデル生物として重視された。 モーリタニアではサバクトビバッタ駆除のために散布した殺虫剤による環境汚染度を測定するモデル生物として利用されている。 貯蔵穀物などに発生するので、屋内害虫の面も持っている。特にガイマイゴミムシダマシ穀類飼料食害するほか、周囲の木材穿孔する被害も出す。

※この「利害」の解説は、「ゴミムシダマシ科」の解説の一部です。
「利害」を含む「ゴミムシダマシ科」の記事については、「ゴミムシダマシ科」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 21:10 UTC 版)

ネジキ」の記事における「利害」の解説

庭園として栽培されることがある近縁種であるアセビなどと同様有毒植物であり、テルペノイドグラヤノトキシン(grayanotoxin)I~IIIなどを含む。かつて、中国地方では「酔病」といわれる牛や馬の原因不明疾病流行ったが、應用獸醫學雑誌1939年)から山井(1939)によってネジキ食べたことによる中毒であると発表された。しかしこの発表実情合っていないなど、ネジキによる中毒酔病の関連否定的な意見が日獣医師雑誌1953年)から地(1953)によって指摘された

※この「利害」の解説は、「ネジキ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ネジキ」の記事については、「ネジキ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 09:46 UTC 版)

ヒンジガヤツリ属」の記事における「利害」の解説

ヒンジガヤツリは、水田雑草としてよく見られるが、大きいものでないので、重視されない。

※この「利害」の解説は、「ヒンジガヤツリ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒンジガヤツリ属」の記事については、「ヒンジガヤツリ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 16:22 UTC 版)

ガンクビソウ属」の記事における「利害」の解説

多く地味な野草である。ヤブタバコ薬用として知られ、また食用にもなる。ガンクビソウ薬用用いられる

※この「利害」の解説は、「ガンクビソウ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「ガンクビソウ属」の記事については、「ガンクビソウ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 22:50 UTC 版)

ツルヒヨドリ」の記事における「利害」の解説

原産地では薬草として用いられていた。伝統医療ではメキシコいくつかの地域で本種の抽出液ヘビ咬傷サソリ刺傷、あるいは皮膚病に対して湿布として用いられた。本種の近縁種含め、その成分に関して研究行われている。 またその成長早く、すぐに広がることから緑化プランテーションでの地表被覆などに用いられインドネシアではゴムプランテーションに、インドではお茶プランテーション導入された。ただし現在では被覆作物として本種はさほど好適でないとの見方もあり、その理由は本種の植物体は含水量多く急速に腐ってしまうからである

※この「利害」の解説は、「ツルヒヨドリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ツルヒヨドリ」の記事については、「ツルヒヨドリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 09:09 UTC 版)

イタドリハムシ」の記事における「利害」の解説

イタドリスイバ利用しないでもないが、特に栽培されることもないから害虫扱いはされない

※この「利害」の解説は、「イタドリハムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イタドリハムシ」の記事については、「イタドリハムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 17:38 UTC 版)

コウヤワラビ」の記事における「利害」の解説

特になし

※この「利害」の解説は、「コウヤワラビ」の解説の一部です。
「利害」を含む「コウヤワラビ」の記事については、「コウヤワラビ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 00:00 UTC 版)

クロハナムグリ」の記事における「利害」の解説

柑橘類バラ類に対する農業害虫とされる。本種自身は花を訪れて花粉食い吸蜜をするもので、直接に作物食害するわけではないが、柑橘類の場合にはその際に頭部歩脚の爪、棘などによって子房傷つけ結果的に果実表面に傷を作ること商品価値低下させるバラの場合には花弁傷つけることで商品価値大きく減じさせる。ただし同様の被害を与えるコアオハナムグリ較べる個体数少なことからその害は少なく、さほどの注目を受けてはいない。

※この「利害」の解説は、「クロハナムグリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「クロハナムグリ」の記事については、「クロハナムグリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 00:16 UTC 版)

ウシカメムシ」の記事における「利害」の解説

上記のようにナツミカンから吸汁することがあり、またヒノキにもつくことから害虫と言えば言えるが、実際の被害取るに足りないものであるらしく、それらにつく種として前は挙がっているが、それ以上に取り上げられてはいない。

※この「利害」の解説は、「ウシカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ウシカメムシ」の記事については、「ウシカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 06:02 UTC 版)

カスミソウ」の記事における「利害」の解説

切り花花壇用に栽培生産される。しかし開花調節技術確立されておらず長期出荷可能になっていないため、同属シュッコンカスミソウ宿根カスミソウに比べ生産量は劣る。

※この「利害」の解説は、「カスミソウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「カスミソウ」の記事については、「カスミソウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 08:56 UTC 版)

ツムギハゼ」の記事における「利害」の解説

神経毒テトロドトキシン筋肉精巣、皮に含まれているため食用には出来ない。特に皮に多く中国海南島では冬場多く含むとされており、冬に食中毒起きやすい。広東省雷州市では、2013年3月トビハゼ誤認して売られていたツムギハゼ食べた22人が集団中毒になった事例がある。トビハゼ斑点模様がある点で似ているが、ツムギハゼ地色白っぽく側面3つ目立斑点がある。また、眼球飛び出ていない点でトビハゼ類と区別がつくベトナムでは食用としているマハゼ誤認した食中毒発生している。

※この「利害」の解説は、「ツムギハゼ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ツムギハゼ」の記事については、「ツムギハゼ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 23:54 UTC 版)

キシュウスズメノヒエ」の記事における「利害」の解説

よく繁茂する雑草である。日本では水田における影響大きく1960年代から問題になり始めた試験的に水田侵入させた実験では二年目水田埋め尽くされ草丈イネ越えて覆い被さり、収穫量最大で75%の減収となった。ただし、現実的に代掻きをした後に周辺部から侵入することになり、その幅はほぼ3m程度との推定もあり、そこまで影響出ないと思われる。だが匍匐茎刈ってもその断片からも芽を出すので、根絶するのは難しい。 他方で牧草としての利用行われてきた。その方面でのこの植物の名はノットグラス knotgrass である。その角度から見れば、この植物は「耐湿性、耐肥性に優れ窒素肥料十分に施用する場合、その生長きわめて旺盛」な種である。 水辺群落 匍匐茎 水面伸びる様子

※この「利害」の解説は、「キシュウスズメノヒエ」の解説の一部です。
「利害」を含む「キシュウスズメノヒエ」の記事については、「キシュウスズメノヒエ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 23:54 UTC 版)

イシミカワ」の記事における「利害」の解説

中国では全草乾かして解熱下痢止め利尿などに効く生薬として利用する蔓状生えた逆刺引っ掛けながら、他の植物乗り越えて茂らせる雑草でもあり、特に東アジアから移入されて近その分布が広がりつつある北アメリカでは、その生育旺盛な様子からMile-a-minute weed(意:1分1マイル)、あるいは葉の形連想からDevil's tail tearthumb(意:悪魔の尻尾の tearthumb ・ tearthumb はミゾソバ近縁なタデ科)などと呼ばれ危険な外来植物として警戒されている

※この「利害」の解説は、「イシミカワ」の解説の一部です。
「利害」を含む「イシミカワ」の記事については、「イシミカワ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 01:06 UTC 版)

ノミノツヅリ」の記事における「利害」の解説

雑草ではあるが、あまりに小さい。

※この「利害」の解説は、「ノミノツヅリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ノミノツヅリ」の記事については、「ノミノツヅリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 01:39 UTC 版)

コバンソウ」の記事における「利害」の解説

観賞用に持ち込まれたもので、現在も栽培されることもあり、その穂はドライフラワーとしても利用される。 ただし栽培逸出により移入種として広く見られ普通の雑草である。

※この「利害」の解説は、「コバンソウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「コバンソウ」の記事については、「コバンソウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 01:46 UTC 版)

ミズハコベ」の記事における「利害」の解説

特に利用されない水田発生した場合水田雑草として扱われることもある。

※この「利害」の解説は、「ミズハコベ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ミズハコベ」の記事については、「ミズハコベ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 04:39 UTC 版)

星口動物」の記事における「利害」の解説

食用釣り餌用に利用されることがある中国福建省料理である土筍凍は、土筍と呼ばれるホシムシ一種煮こごりにしてタレをかけたものである。山東省煙台市では、スジホシムシ英語版)とユムシ類区別せずに海腸子と呼びニラ一緒に炒めたものを韮炒海腸と称して食べる。スジホシムシベトナムでは地虫呼ばれ野菜一緒に炒めて食されるほか、ミクロネシアでも食用にされ、日本の瀬戸内海九州では釣り餌用に利用されている。 フィリピンマクタン島など一部地域では、スジホシムシ属のSipunculus robustusをサルポと呼び、酢と薬味和えて生食するほか、天日干ししたもの炙って食べることもある。フエフキダイ科魚を釣るための餌に用いることもある。砂地にあるサルポの巣穴発見し採集するには熟練した技術必要で専門的な採捕者がいる。マクタン島ではスジホシムシ採捕されるが、苦いので食用には好まれず、釣り餌や、滋養強壮のための民間薬として利用されるカオハガン島ではサルポのほかに、より小さなホシムシ類がバトナン、さらに小さいものがバトレと呼ばれ野菜と酢で和えて食べる。ただし、バトナン(Holothuria inhabilis)とバトレ(Holothuria arenicola)はナマコ一種である。 日本では1920年代から1930年代ごろには広島県沿岸採取されスジホシムシやスジホシムシモドキが釣り餌として利用されていた記録があるが、2010年前後西日本での調査によれば流通しているのは日本国外から輸入されスジホシムシのみである。

※この「利害」の解説は、「星口動物」の解説の一部です。
「利害」を含む「星口動物」の記事については、「星口動物」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 19:12 UTC 版)

カギカズラ」の記事における「利害」の解説

丈夫な蔓草として使われることもあるが、多くない漢方薬としての利用下にまとめる。学術的には、日本本土は分布の限られた種であり、重視される千葉県神奈川県京都島根など、分布北限地域ではそれぞれに程度異なるが絶滅危惧種類するランク与えられている。ただしそれ以南地域では普通に見られるため、日本全国では取り上げられていないまた、京都市の「松尾大社カギカズラ野生地」は市の天然記念物指定されている。 しかし、それ以南では普通種で、むしろ実生活の上では植林地の害木扱いされることもある。素早く成長してよく繁茂し若木の上に覆い被さることで嫌われる。よく出し節々に鉤があって引っかかるため、駆除するにもやっかいである。

※この「利害」の解説は、「カギカズラ」の解説の一部です。
「利害」を含む「カギカズラ」の記事については、「カギカズラ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 17:57 UTC 版)

ヤブレガサウラボシ」の記事における「利害」の解説

実用的な利害はない。 極めて独特の姿と、熱帯系の特異なシダであることから山野草部門からは関心持たれるが、あまりに大きくなることから扱いづらいそれ以上に栽培が難しいことでも知られるこの点でウラジロコシダに似ている。

※この「利害」の解説は、「ヤブレガサウラボシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヤブレガサウラボシ」の記事については、「ヤブレガサウラボシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 22:14 UTC 版)

シュッコンカスミソウ」の記事における「利害」の解説

切り花花壇用に栽培生産される開花調節技術確立されており、周年供給可能である日本では1975年ごろから需要拡大し急速に生産量増加した挿し芽による栽培一般的である。日本では熊本県生産量が多い。

※この「利害」の解説は、「シュッコンカスミソウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「シュッコンカスミソウ」の記事については、「シュッコンカスミソウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 00:53 UTC 版)

フサモ」の記事における「利害」の解説

アクアリウム利用されることがあるが、他方で水田雑草として扱われることもある。 また前述のように、侵略的外来種として扱われている地域もある。

※この「利害」の解説は、「フサモ」の解説の一部です。
「利害」を含む「フサモ」の記事については、「フサモ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 00:29 UTC 版)

デンジソウ」の記事における「利害」の解説

かつては水田雑草として駆除対象であったが、現在は見るのも難しい。駆除対象だった頃は、手作業ではなかなか駆除できない厄介な強害であった現在では水草として栽培されることが多い。希少種としてビオトープ施設等では喜ばれる観賞用水草としては、ウォータークローバーという呼称がある。

※この「利害」の解説は、「デンジソウ」の解説の一部です。
「利害」を含む「デンジソウ」の記事については、「デンジソウ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 19:16 UTC 版)

スズメノチャヒキ」の記事における「利害」の解説

日本では道ばた普通な雑草である。 利用面では飼い葉として用いるには年間を通じて降水量による変化大きく、飼育下でも野生動物飼料となる面においても安定供給見込めず、その価値高くないとされる

※この「利害」の解説は、「スズメノチャヒキ」の解説の一部です。
「利害」を含む「スズメノチャヒキ」の記事については、「スズメノチャヒキ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 04:08 UTC 版)

ヤンバルナスビ」の記事における「利害」の解説

日本では特に何も言われていない。天野鉄夫の『琉球列島有用樹木誌』にも名前がない。 しかしナス科植物には成分特殊なものを含むものが多く薬用や毒などに使われる例多々ある。本種については、メキシコ伝統的に薬用とされたという。またその成分についての研究行われてはいる。他に誤食して中毒症状示した例なども報告されている。

※この「利害」の解説は、「ヤンバルナスビ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヤンバルナスビ」の記事については、「ヤンバルナスビ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 21:44 UTC 版)

ミドリカミキリ」の記事における「利害」の解説

幼虫シイタケほだ木加害することがある菌糸蔓延した木につくことは少なく、新ほだ木加害を受ける。特に樹皮の薄い木が加害受けやすい

※この「利害」の解説は、「ミドリカミキリ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ミドリカミキリ」の記事については、「ミドリカミキリ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 21:45 UTC 版)

ホシハラビロヘリカメムシ」の記事における「利害」の解説

時としてダイズ発生することがある主としてから吸汁し、時ににも着くと言うが、被害問題にならない程度ようである

※この「利害」の解説は、「ホシハラビロヘリカメムシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ホシハラビロヘリカメムシ」の記事については、「ホシハラビロヘリカメムシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 06:19 UTC 版)

クロシタナシウミウシ」の記事における「利害」の解説

特に実用的な利害はない。ウミウシ一般海産興味深い動物として一定の関心持たれるので、普通種である本種もそのような中親しまれ海岸動物図鑑等にも必ずと言っていいほど取り上げられている。

※この「利害」の解説は、「クロシタナシウミウシ」の解説の一部です。
「利害」を含む「クロシタナシウミウシ」の記事については、「クロシタナシウミウシ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 02:04 UTC 版)

ヒドラ (生物)」の記事における「利害」の解説

飼育が容易であり、発生生物学分野では細胞分化モデル生物として研究されている。

※この「利害」の解説は、「ヒドラ (生物)」の解説の一部です。
「利害」を含む「ヒドラ (生物)」の記事については、「ヒドラ (生物)」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/30 08:18 UTC 版)

オガサワラスズメノヒエ」の記事における「利害」の解説

日本においては雑草との認識が強い。上記のようにパイナップル畑やサトウキビ畑雑草として知られるが、牧草地おいてもとされる。すでに成立している草地にはさほど入らないが、裸地生じるなどの場合には素早く侵入し密な群落作って有用牧草侵入させないため、牧草地としては荒廃し数年にして更新余儀なくされる例もある。そのような草地では本種は現存量がさほど大きくないにもかかわらず植被率は大きことがあるこの種自体牧草として使用されるが、黒毛和牛への給与試験では採食量と分量十分でなく、体重維持出来ないとの結果がある。 なお、国外ではカラバオグラス Carabaograss または Sour grass あるいはバッファローグラス Buffalo grass などの名で呼ばれフィリピンなどでは水牛のための牧草として、また芝生のようにして利用している由。

※この「利害」の解説は、「オガサワラスズメノヒエ」の解説の一部です。
「利害」を含む「オガサワラスズメノヒエ」の記事については、「オガサワラスズメノヒエ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 00:48 UTC 版)

スズメガヤ属」の記事における「利害」の解説

直接に実用的なものはあまりない。ただし、テフエチオピア主食とされている日本ではシナダレスズメガヤ路肩造成地斜面土止めのためによく利用されるカゼクサニワホコリ道路脇や庭によく生えるしつこい雑草としてよく知られる

※この「利害」の解説は、「スズメガヤ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「スズメガヤ属」の記事については、「スズメガヤ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 00:49 UTC 版)

カゼクサ」の記事における「利害」の解説

ごく普通に見られる雑草である。大きな作り引き抜くのは困難。しかし、畑地などに出現することは少なく苦労して駆除するものでもない

※この「利害」の解説は、「カゼクサ」の解説の一部です。
「利害」を含む「カゼクサ」の記事については、「カゼクサ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 01:08 UTC 版)

ドクムギ属」の記事における「利害」の解説

牧草として重要なものがある同時に雑草として非常によく見かけるドクムギは、時に有毒で家畜に害を与えと言われ、この名がある。これは麦角菌による被害であるともいわれるが、定かでない。ただし植物そのものに毒はない。

※この「利害」の解説は、「ドクムギ属」の解説の一部です。
「利害」を含む「ドクムギ属」の記事については、「ドクムギ属」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 01:01 UTC 版)

ムギクサ」の記事における「利害」の解説

普通の雑草である。 オオムギ品種改良のための遺伝子とされることがある

※この「利害」の解説は、「ムギクサ」の解説の一部です。
「利害」を含む「ムギクサ」の記事については、「ムギクサ」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 16:43 UTC 版)

十脚目」の記事における「利害」の解説

多くの種が食用として重視される。エビ・カニは共に美味であることで知られ高級食材見なされるものが多くある。そのために漁業対象とされ、また養殖盛んに行われる同時に近年乱獲によって資源の枯渇問題視されているものが少なくない密猟対象となることも多々ある高級食材あるため、この問題は大きなトラブルとなる。蟹工船の例もある。養殖関連では東南アジアでのエビ養殖環境問題として取り上げられる一般的にヤドカリ食用見られていないが、重要な食用種であるタラバガニハナサキガニカニ見えて実はヤドカリ仲間である。 食用されないものにも、釣り餌などとして利用される例も多い。また浅海陸域の種は子供のおもちゃとして親しまれペットとして人気がある最大の現生節足動物でもあるタカアシガニ水族館で人気が高い。アクアリウムでは、ヌマエビ科などの小型淡水エビ一つジャンルをなしつつある他方スベスベマンジュウガニなど、毒性があって食べると中毒するものも知られる寄生虫の中間宿主なるものもあり、日本ではモクズガニなどが肺臓ジストマ感染源となる。その他、大型のカニ類やヤシガニなどでは強力なハサミ危害加えられることがあるとは言えこれはこちらが手出しした場合限られ向こうから襲ってくるような例はない。

※この「利害」の解説は、「十脚目」の解説の一部です。
「利害」を含む「十脚目」の記事については、「十脚目」の概要を参照ください。


利害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 17:02 UTC 版)

ヤツワクガビル」の記事における「利害」の解説

実質的な利害は何もない大きさ色などの点でしばしば強く気味悪がられる梅谷編(1994)では、「山道でこのヒル見かけゾッとした経験を持つ人も少なくない