利他心とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 利他心の意味・解説 

利他心

読み方:りたしん

他人利益を重んじ、他人利益を得られるようにと振舞おうとする心。

利他主義

(利他心 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/03 08:15 UTC 版)

利他主義(りたしゅぎ、: altruism)とは、自己の利益よりも、他者の利益を優先する考え方。




  1. ^ a b c d 稲場圭信 櫻井義秀・三木英(編)『よくわかる宗教社会学』 ミネルヴァ書房 <やわらかアカデミズム<わかる>シリーズ> 2007年、ISBN 978-4-623-04996-7 pp.166-167.


「利他主義」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「利他心」の関連用語

利他心のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



利他心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの利他主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS