屋久島とは?

やく‐しま【屋久島】

鹿児島県南部佐多岬南方海上にある島。面積503平方キロメートル。ほぼ円形をしており、中央には宮之浦岳がそびえる。年間通して降水量が多い。島全域屋久島国立公園属する。屋久杉原始林広がる区域平成5年1993世界遺産自然遺産)に登録された。また平成17年2005)には北西部砂浜ラムサール条約に登録されている。

屋久島の画像
屋久島北西端、永田岬にある屋久島灯台
屋久島の画像
南部にある千尋(せんひろ)の滝

屋久島

分野
日本および日本周辺個別的に表す地名 (地図に関する用語
意味:
ヤクシマ

屋久島

読み方:ヤクシマ(yakushima)

薩南諸島一部大隅諸島属す太平洋有人島

所在 鹿児島県熊毛郡上屋久町屋久町の2町

別名玖島(ヤクシマ)、益救島(ヤクシマ)

位置・形状 大隅半島の南60km、薩南諸島北部北緯3030分。古第三紀層と貫入カコウからなる、ほぼ円形急峻山岳

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

屋久島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 04:38 UTC 版)

屋久島(やくしま)は、鹿児島県大隅半島佐多岬南南西約60kmの海上に位置する熊毛郡屋久島町に属し、近隣の種子島口永良部島などと共に大隅諸島を形成する。南方に位置するトカラ列島奄美群島などとともに南西諸島を構成する。


注釈

  1. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「2014(4.2)」
  2. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「2003(74),2011(69),2012(77),2017(74)」
  3. ^ 2017年より協力金が導入され、山岳部保全基金から移行。
  4. ^ 「ふるさと雇用再生特別基金事業」を活用して7月~3月分に固定額の支出が加算されている。

出典

  1. ^ 屋久島世界遺産センター 環境省(2021年4月29日閲覧)
  2. ^ 島面積 平成26年10月1日時点 (PDF) 国土地理院[リンク切れ]
  3. ^ a b 屋久島/概要”. 屋久杉自然館. 屋久島町屋久杉自然館. 2018年12月19日閲覧。
  4. ^ 『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス)』第2版 2004年7月、財団法人日本離島センター ISBN 4931230229
  5. ^ 「八重岳」『世界大百科事典』28(平凡社、2009年)p.348
  6. ^ 勝廣光『奄美の稀少生物ガイド I: 植物、哺乳類、節足動物ほか』南方新社、2007年[要ページ番号]
  7. ^ 初島住彦『南九州・里の植物: 太陽の贈り物』南方新社、2001年[要ページ番号]
  8. ^ 太田五雄『屋久島の山岳 近代スポーツ登山65年の歴史と現在』八重岳書房、1993年[要ページ番号]
  9. ^ 斎藤眞; 川上俊介; 小笠原正継 (2007). “始新世放散虫化石の発見に基づく屋久島の四万十帯付加体の帰属” (PDF). 『地質学雑誌』 113 (6): 266-269. http://www.earth-app.co.jp/files/topics_20081024.pdf. 
  10. ^ 田代博、藤本一美、清水長正、高田将志『山の地図と地形』山と溪谷社、1996年[要ページ番号]
  11. ^ 林芙美子『浮雲』六興出版社、1951年[要ページ番号]
  12. ^ 気象モニタリング”. 林野庁九州森林管理局. 2018年12月19日閲覧。
  13. ^ 山どんの資料室
  14. ^ 屋久島の観光スポット|登山・観光ガイドの21ec_k感動の旅クラブ”. 2011年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月19日閲覧。
  15. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  16. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  17. ^ 過去の気象データ”. 気象庁. 2021年4月23日閲覧。
  18. ^ 日下田紀三『屋久島 森・水・山』八重岳書房、1993年[要ページ番号]
  19. ^ 『屋久島の森林』熊本営林局屋久島森林環境保全センター、1996年。[要ページ番号]
  20. ^ 足利武三、吉田昭市、瀬尾央 『新版・空撮登山ガイド 四国・九州の山々』山と渓谷社、1996年[要ページ番号]
  21. ^ 西 1971, p. 38.
  22. ^ 屋久島にザトウクジラがやって来た!1 Youtube(2010年9月1日登録)2021年4月29日閲覧
  23. ^ 『三國名勝図會』[要ページ番号]
  24. ^ 環境庁自然保護局編『屋久島の自然』1985年[要ページ番号]
  25. ^ 「鹿児島・屋久島加工センター 国産ジビエ認証取得 離島で初 ヤクシカ利活用へ弾み」『日本農業新聞』2021年2月12日18面
  26. ^ 山本秀雄編『屋久島歴史小年表』有限会社生命の島、2007年[要ページ番号]
  27. ^ 屋久町郷土史編さん委員会編『屋久町郷土誌 第1巻』1993年3月[要ページ番号]
  28. ^ 屋久杉自然館編『屋久島やくすぎ物語』屋久杉自然館、2004年[要ページ番号]
  29. ^ 大澤雅彦・田川日出夫・山極寿一編『世界遺産屋久島 亜熱帯の自然と生態系』朝倉書店、2006年[要ページ番号]
  30. ^ 宮之浦城ケ平城跡
  31. ^ 屋久島観光協会>イベント情報>郷土芸能のご紹介”. 屋久島観光協会. 2015年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月20日閲覧。
  32. ^ a b c 屋久島の歴史
  33. ^ 屋久島~世界自然遺産登録に至る経緯”. 屋久島世界遺産センター. 2013年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月20日閲覧。
  34. ^ a b 屋久島憲章”. 環境省. 2021年12月17日閲覧。 “(H19.10.1屋久島町(H5策定))”
  35. ^ 屋久島・口永良部島ユネスコエコパーク〜屋久島憲章”. 屋久島町役場観光まちづくり課. 2021年12月17日閲覧。 “平成5(1993)年に、鹿児島県の屋久島環境文化村構想の策定や世界自然遺産登録に先駆けて当時2町が統一した町づくり理念である屋久島憲章を制定している。その前文には「島の自然と環境を私たちの基本的資産として、この資産価値を高めながら、うまく活用して生活の総合的な活動の範囲を拡大し、水準を引き上げていく」という地域づくりの原則を示し、これまで各種施策に取り組んでいる。”
  36. ^ 屋久島憲章”. 屋久島町. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月20日閲覧。 “平成19年10月1日 決議第1号”
  37. ^ 日本山岳会自然保護委員会 世界自然遺産プロジェクト. “屋久島への提言 危機遺産にさせないために (PDF)”. 2012年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月20日閲覧。
  38. ^ a b 「屋久島町が入島料検討へ 世界遺産の保全目的」西日本新聞』2012年1月26日[リンク切れ]internet archive waybackmachine
  39. ^ a b c 聡, 市川 (2015). “屋久島のエコツーリズムとごみ”. 廃棄物資源循環学会誌 26 (3). doi:10.3985/mcwmr.26.183. https://www.jstage.jst.go.jp/article/mcwmr/26/3/26_183/_article/-char/ja/. 
  40. ^ a b 大嶋 達也(環境省九州地方環境事務所 屋久島自然保護官事務所) (2017年). “屋久島がおかれているトイレ問題と携帯トイレの活用について”. 山のトイレを考える会. 2021年12月17日閲覧。
  41. ^ a b c 世界自然遺産屋久島山岳部環境保全基金(基金残高の推移)”. 屋久島町. 2021年12月20日閲覧。
  42. ^ 市川聡 (2015年). “屋久島のエコツーリズムとごみ”. 国立研究開発法人科学技術振興機構. p. 20. 2021年12月21日閲覧。 “基本的に搬出料は募金額に応じており、足りない分は小屋の裏にバケツに詰めて置かれている。たとえば2014 年度は財源がなくなったために10月からし尿の搬出が止まっているが、11月末の段階で、高塚小屋に90Lバケツが12個、新高塚小屋に90Lバケツ8個、残されていた。”
  43. ^ a b 協力金の収支状況について(令和3年2月分・3月分)”. 屋久島山岳部保全利用協議会. 2021年12月16日閲覧。
  44. ^ 平成27年度第3回屋久島山岳部利用対策協議会”. 環境省. 2021年12月21日閲覧。 “(平成28年2月末) 山岳部保全募金の不足により、高塚小屋・新高塚小屋・淀川小屋のトイレにおいて、以下の方法による搬出を予定。 1 屋久島町だいすき基金(1,989千円)を活用した搬出 (高塚小屋 960L、淀川小屋 500L)”
  45. ^ “[http://yakukan.jp/doc/pdf/teijisoukai_2018.pdf 平成30年度 公益社団法人屋久島観光協会 定 時 総 会]”. 屋久島観光協会. 2021年12月17日閲覧。
  46. ^ 環境保全活動「環境保全型トイレ」を設置”. 阪急交通社. 2021年12月17日閲覧。
  47. ^ 世界遺産へバイオマストイレ寄贈”. 小林製薬. 2021年12月17日閲覧。
  48. ^ 屋久島山岳部し尿搬出の推移(2008~2017)”. 屋久島町. 2021年12月17日閲覧。
  49. ^ 屋久島への入込者数等の推移”. 環境省. 2021年12月17日閲覧。
  50. ^ 屋久島町第二次振興計画”. 屋久島町. 2021年12月17日閲覧。 “山のトイレを携帯トイレに一本化するように検討します。p61「屋久島町第二次振興計画 第2章 基本構想 (3)基本構想の構成【水と緑を大切にし、人と自然が触れ合う環境づくり】」”
  51. ^ 屋久島町第二次振興計画”. 屋久島町. 2021年12月17日閲覧。 “新たなゴミ処理施設の建設と、屋久島町に相応しく住民が取り組みやすいゴ ミ分別の方法の検討 p62「屋久島町第二次振興計画 第2章 基本構想 (3)基本構想の構成 【水と緑を大切にし、人と自然が触れ合う環境づくり】」”
  52. ^ 屋久島町ごみ処理施設整備基本計画(案)[概要版](令和3年2月)”. 屋久島町. 2021年12月17日閲覧。 “屋久島クリーンサポートセンター炭化・電気溶融施設は、平成18年4月から稼働し14年が経過しています。施設は老朽化が進み、電気溶融施設は、故障の為現在稼働していません。”
  53. ^ 屋久島憲章とゼロエミッション屋久島モデル”. 日建設計総合研究所. 2021年12月17日閲覧。
  54. ^ 令和3年 第1回定例会 屋久島町議会会議録”. 屋久島町. 2021年12月17日閲覧。 “登山者への負担軽減や、エコツーリズムというのをこの町が抱えて先進地として目指すということにおいて、この大量のビニール袋ごみになる携帯トイレというものに対して、もう少し見直してほしい”
  55. ^ a b 意見の広場|世界自然遺産を考えよう!/日本山岳会自然保護委員会世界自然遺産プロジェクト”. 日本山岳会. 2012年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月20日閲覧。
  56. ^ 「危機にある遺産:屋久島からの報告(1) 1日360人制限案、減収不安で反対」『毎日新聞』西部版朝刊2011年12月24日
  57. ^ 『屋久島世界遺産地域管理計画(案)に対する意見公募について』[リンク切れ]林野庁 waybackmachineによるアーカイブ
  58. ^ 屋久島世界遺産地域管理計画”. 林野庁. 2021年12月17日閲覧。
  59. ^ “屋久島保護へ入山制限も 環境省が登山道利用にルール”. 日本経済新聞. (2012年10月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASJC0104Q_R01C12A0ACY000/ 2021年12月17日閲覧。 
  60. ^ 屋久島「入島料」 環境保護に知恵を絞ろう『西日本新聞』朝刊2012年2月10日社説[リンク切れ]
  61. ^ 屋久島町入島税等検討会議の検討概要について”. 林野庁. 2021年12月16日閲覧。
  62. ^ 協力金について”. 屋久島山岳部保全利用協議会. 2021年12月17日閲覧。 “基本額(日帰り入山の場合) 1,000円 山中で宿泊予定の入山の場合 2,000円”
  63. ^ “屋久島、3月から「入山協力金」を徴収 し尿運搬費用に”. 朝日新聞. (2017年2月27日). https://www.asahi.com/articles/ASK2W56M7K2WTLTB00P.html 2021年12月16日閲覧。 
  64. ^ a b 山岳部環境保全協力金の収受状況”. 屋久島町. 2021年12月17日閲覧。 “収入総額 65,411,286円 収受率 79.16%”
  65. ^ a b 屋久島山岳部保全利用協議会での不適切事案について”. 屋久島町. 2021年12月20日閲覧。
  66. ^ 責任はどこに?屋久島入山協力金横領問題”. 日本自然保護協会. 2021年12月20日閲覧。 “被害額は(協議会や町が)補填せず、前年まで使われずに残っていた寄付金2700万円で、損失を補うことを決めた”
  67. ^ a b 平成30年度 世界遺産屋久島山岳部環境保全協力金及び基金の決算額”. 屋久島山岳部保全利用協議会. 2021年12月17日閲覧。
  68. ^ 屋久島山岳部環境保全協力金収受状況【平成31年4月分】”. 屋久島山岳部保全利用協議会. 2021年12月20日閲覧。 “収納率(%)22.75%”
  69. ^ 来島者は増えた。環境は荒れた。地元に落ちる金は少ない…。環境にやさしい観光とは。屋久島の教訓から学ぶ〈未来への提言 奄美・沖縄世界自然遺産〉”. 南日本新聞. 2021年12月16日閲覧。
  70. ^ “屋久島入山金「2900万円着服」 元会計担当を告訴”. 朝日新聞. (2019年2月25日) 
  71. ^ “屋久島の入山協力金3300万円着服容疑 元職員を告訴”. 朝日新聞. (2019年5月23日) 
  72. ^ 屋久島山岳部環境保全協力金収受状況(令和2年3月末)”. 屋久島山岳部保全利用協議会. 2021年12月20日閲覧。
  73. ^ a b 屋久島への入込者数等の推移(1989~2016)”. 環境省. 2021年12月17日閲覧。
  74. ^ 熊毛支庁 > 地域情報 > 地域の概況”. 鹿児島県. 2021年12月20日閲覧。
  75. ^ 熊毛地域年表”. 鹿児島県. 2021年12月20日閲覧。
  76. ^ 世界遺産・屋久島が模索する「経済と環境のバランス」の着地点”. 朝日新聞. 2021年12月17日閲覧。
  77. ^ 日本エアコミューターの機材・乗務員による運航
  78. ^ 経営努力で統合効果を南日本新聞』朝刊2012年4月4日付社説(同年8月26日閲覧)[リンク切れ]
  79. ^ “種子屋久高速船が開業 2社統合、安定経営誓う”. 『南日本新聞』. (2012年4月1日). オリジナルの2012年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/hQbD 2012年8月26日閲覧。 
  80. ^ フェリー「はいびすかす」”. いわさきコーポレーション. 2018年12月20日閲覧。
  81. ^ フェリーはいびすかす|種子島・屋久島と鹿児島を結ぶ生活航路”. 鹿商海運株式会社. 2018年12月20日閲覧。
  82. ^ 屋久島交通バス時刻表 - 種子島・屋久島交通(屋久島観光協会サイト、2011年3月1日改正、同年8月19日閲覧)[リンク切れ]
  83. ^ 路線バス時刻表 - まつばんだ交通バス(屋久島観光協会サイト、2011年3月1日改正、同年8月19日閲覧)[リンク切れ]
  84. ^ 2008年林野庁屋久島森林環境保全センター担当者のコメント



屋久島

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:28 UTC 版)

固有名詞

やくしま

  1. 日本地名のひとつ。鹿児島県南部の島。
  2. 世界遺産登録されている島。
  3. 鹿児島南部自治体。屋久島や口永良部島などからなる屋久島町



屋久島と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「屋久島」の関連用語

屋久島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



屋久島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの屋久島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの屋久島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS