針葉樹林とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 樹林 > 針葉樹林の意味・解説 

しんようじゅ‐りん〔シンエフジユ‐〕【針葉樹林】

読み方:しんようじゅりん

針葉樹優占種となっている森林。主に北半球分布。トウヒ・シラビソ・トドマツなどが多い。

針葉樹林の画像

針葉樹林

針葉樹林
針葉樹林の記号は、木の高さが2メートル以上のマツスギなどがすき間なく生えているところをあらわしますスギなどの苗木植えたところは、木の高さが低くてもこの記号あらわします。この記号スギなどを横から見た形を記号しました
1:25,000地形図八王子
東京都八王子市付近の地形図

針葉樹林の画像

針葉樹林;東京都八王子市



針葉樹林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 08:30 UTC 版)

針葉樹林(しんようじゅりん)とは、主として針葉樹で構成された森林である。




「針葉樹林」の続きの解説一覧

針葉樹林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/08 14:25 UTC 版)

ゴツカ・サンド島」の記事における「針葉樹林」の解説

針葉樹林、中でも特にヨーロッパアカマツは、島の36ヘクタールのうち30km2を占め中心的な生態系構築している。国立公園としての保護のため、一部今では天然林となっている。ヘーガ砂丘周辺にある原生林であり、当然島で最も目を引く木々はこの付近にある。他の場所でははおよそ均質的で同じ年代の樹木が並ぶが、そこでも生物多様性重要な枯死木の存在目立つ。表層水養分不足のため比較的地味が乏しく木々密度おおむね疎らで地上植生限られているか、あるいは単一の地衣類支配されている。一般的に下生えは、主にイワダレゴケやカモジゴケ、タチハイゴケといった苔類ハナゴケ属の地衣類コケモモクマコケモモギョリュウモドキなどから形成される稀少植物としては、オオウメガサソウ挙げられる。 島の孤立性のために、哺乳類はほとんどいない。野ウサギ18世紀から19世紀持ち込まれたもので、アカギツネはおそらく結氷し海上渡ってきたと考えられるコウモリも島には何種かいる。に関しては、島の針葉樹林に巣を設けるものは意外に稀でほとんどは春から初夏にかけて秋の渡り際に通過点として使う。ハシブトイスカゴツカ・サンド島特徴的にみられる種の1つであるが、ハイイロヒタキやヒガラズアオアトリよく目にする。猛禽類チゴハヤブサオオタカハイタカなど数種存在するが、彼らが通常捕食する齧歯類がいないためその頭数限られている島内の針葉樹林における動物相豊かさは、主として昆虫種の多様性中でも特に甲虫類種類多さに代表される最もよく見られる種はEragates faberカミキリムシ一種。和名未詳)、キンイロハナムグリ、Monochamus galloprovincialis(カミキリムシ一種)やイッカククワガタなどである。これらの種の多く希少種であり、島で見つかった甲虫類のうち7種は、北欧諸国内の他の場所では発見されていないこうした種が分布しているのは、温暖だった時代紀元前5000年紀元前500年ごろ)の名残考えられているが、天然林でしばしば火災起こることや、南スウェーデン森林林業影響強く受けてきたことも、この現象筋が通っている。島の甲虫大半は天然松林と関係があり、特に豊かな枯死木の恩恵被っている

※この「針葉樹林」の解説は、「ゴツカ・サンド島」の解説の一部です。
「針葉樹林」を含む「ゴツカ・サンド島」の記事については、「ゴツカ・サンド島」の概要を参照ください。


針葉樹林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 06:53 UTC 版)

アフターマンの生物一覧」の記事における「針葉樹林」の解説

ユーラシア大陸北アメリカ大陸高緯度地域

※この「針葉樹林」の解説は、「アフターマンの生物一覧」の解説の一部です。
「針葉樹林」を含む「アフターマンの生物一覧」の記事については、「アフターマンの生物一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「針葉樹林」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「針葉樹林」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



針葉樹林と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「針葉樹林」の関連用語

針葉樹林のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



針葉樹林のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの針葉樹林 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゴツカ・サンド島 (改訂履歴)、アフターマンの生物一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS