熱帯雨林とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > 熱帯雨林の意味・解説 

ねったい‐うりん【熱帯雨林】

読み方:ねったいうりん

熱帯降雨林


熱帯雨林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 05:29 UTC 版)

熱帯雨林(ねったいうりん)は、年間を通じて温暖で雨量の多い地域に形成される植生、またはその地域のことである。熱帯降雨林(ねったいこううりん)とも呼ばれる。植物生態学では熱帯多雨林(ねったいたうりん)が正しい名称である。ジャングル: jungle[注釈 1]セルバとも呼ばれる。なお、ジャングルの原義は熱帯雨林そのものではない(「ジャングル (森林の型)」を参照)。


注釈

  1. ^ ジャングルは狭義には東南アジアの熱帯雨林を指していう。また、広義には熱帯雨林に限らず、密林を意味する語としても用いられる。

出典



「熱帯雨林」の続きの解説一覧

熱帯雨林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 05:09 UTC 版)

ブルネイの歴史」の記事における「熱帯雨林」の解説

熱帯雨林(熱帯多雨林)は、温帯雨林はまった異な構造をもつ。一つが高さによって3層分かれ最上層フタバガキを主とし、他にマメ科植物見られる。幹にがなく、先端部にのみみられることが特徴である。地上30 mから70 mに広がる中間層は、クスノキ科ブナ科などの樹木からなり20 mから30 mの範囲占める。互い樹木先端部、すなわち樹冠接触し互いに覆いかぶさっているため、地上からは上空一切見通せない下層部はトウダイグサ科クワ科樹木からなり10 m前後である。 現代ブルネイおいてもブルネイ・ウルテンブロン国立公園に高さ80 mに達す樹木の間を吊り橋で歩いて見学するキャノピー・ウォークウェイが設置されている。 このような森林ボルネオ島全域東南アジア島嶼部大部分覆っていた。日照がなく、常に湿度100 %近いため、ヒト生存は向かない。さらに落葉倒木などはすぐにシロアリ主体とした分解者によって消費されしまうため、土壌には腐食質(腐葉土)が蓄積しない。さらに熱と水の影響を受け、酸化アルミニウム酸化鉄以外の構成分が速やかに溶脱してしまうために、土壌は非常にやせている。温帯林では生態系支え栄養塩類かなりの部分土壌保持されているが、熱帯雨林の森林生態系支え栄養塩類土壌ではなく速やかに樹木やその林冠部に発達した着生植物群落によって回収されてしまい、そのバイオマスとして保持されている。 従って、焼き畑などで農地開いても、主たる栄養塩類保持装置たる森林バイオマス破壊してしまうため、開墾地土壌速やかに消耗し最大2年しか農地として利用できない無理して営農続けると妨害植生チガヤ草原(アランアラン)となって不毛の土地になってしまうため、短期営農終えた後は速やかに放棄して自然の遷移任せて森林再生待たなければならない

※この「熱帯雨林」の解説は、「ブルネイの歴史」の解説の一部です。
「熱帯雨林」を含む「ブルネイの歴史」の記事については、「ブルネイの歴史」の概要を参照ください。


熱帯雨林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 08:10 UTC 版)

東カリマンタン州」の記事における「熱帯雨林」の解説

州の抱え大きな問題は違法伐採である。現在では豊かな熱帯雨林は、北部のカヤンムアラン国立公園(Kayan Mentarang National Park)などに残る。

※この「熱帯雨林」の解説は、「東カリマンタン州」の解説の一部です。
「熱帯雨林」を含む「東カリマンタン州」の記事については、「東カリマンタン州」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「熱帯雨林」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「熱帯雨林」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



熱帯雨林と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

熱帯雨林のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



熱帯雨林のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熱帯雨林 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブルネイの歴史 (改訂履歴)、東カリマンタン州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS