山とは?

さん【山】

[音]サン(漢) セン(呉) [訓]やま

学習漢字1年

[一]サン

やま。「山河山岳山脈山麓(さんろく)/火山・高山・登山・氷山満山遊山(ゆさん)」

鉱山。「銅山廃山

寺院。「山号開山本山

比叡山。「山門派

[二]セン〉やま。「須弥山(しゅみせん)」

[三]〈やま〉「山道裏山野山雪山

名のりたか・たかし・のぶ

難読山梔子(くちなし)・山茶花(さざんか)・山茱萸(さんしゅゆ)・山車(だし)・山茶(つばき)・山毛欅(ぶな)・山羊(やぎ)・山桜桃(ゆすらうめ)・山葵(わさび)


さん【山】

接尾《「ざん」とも》

山の名に付けていう。「富士山」「六甲山

仏寺称号添えていう。山号。「比叡山延暦寺」「金竜山浅草寺


せん【山】

⇒さん


やま【山】

【一】[名]

陸地表面周辺土地よりも高く盛り上がった所。日本では古来草木が生い茂りさまざまな恵みもたらす場所としてとらえる。また、古くは神が住む神聖な地域として、信仰対象修行の場とされた。「山に登る」「海の幸山の幸

鉱山鉱物資源採掘するための施設また、採掘業。「山を閉鎖する」

㋐土や砂で1地形したもの。「築山」「砂山

祭礼山車(だし)で、1似せて作った飾り物。舁(か)き山と曳(ひ)き山とがある。また、山鉾(やまぼこ)の総称

㋒能や歌舞伎で、竹のに張った幕に、笹や木の枝をかぶせた作り物

高く盛り上がった状態を、1なぞらえていう語。

㋐高く積み上げたもの。「本の山が崩れる」「洗濯物の山」「山と積まれた荷物

物の一部周辺よりも突出しているところ。「ねじの山がつぶれる」「帽子の山」

振動波動で、周囲よりも波形の高いところ。「計測された音波の山の部分

たくさん寄り集まっていることや多いことを、1なぞらえていう語。「見物人の山」「宿題の山」

進行する物事の中で、高まって頂点に達する部分1にたとえていう語。

㋐事の成り行きのうえで、それをどうのりこえるかで成否が決まるという、重要な部分。「病状今日明日が山だ」「仕事が山を越える」→峠(とうげ)

文芸などで、展開のうえで最も重要な部分。最もおもしろいところや、最も関心をひく部分。「この小説には山がない」

できることの上限をいう語。精一杯関の山

学問打棄って…、矢張浮気妄想恋愛小説を書いて見たいが—だから」〈魯庵社会百面相

見込み薄さ不確かさを、鉱脈掘り当てるのが運まかせだったことにたとえていう語。

万一幸運あてにすること。

何だ会社始めるとか、始めたとか云うことを聞いたが、そんな—を遣って」〈秋声足迹

㋑偶然の的中をあてにした予想山勘。「試験の山が外れる」

犯罪事件。主に警察マスコミ用いる。「大きな山を手がける

10 売切れ品切れ。主に飲食店用いる。

11多く山中につくられたところから》陵墓山陵

「我妹子(わぎもこ)が入りにし—を便(よすか)とそ思ふ」〈四八一〉

12 高くてゆるぎないもの。頼りとなる崇高なもの。

「笠取の—と頼みし君をおきて涙の雨濡れつつぞ行く」〈後撰離別

13 寺。また、境内

「春は必ず—に来たり給へ。あたら妙音菩薩なり」〈読・春雨・樊噲〉

14 遊女女郎

「—も太夫根引きにすべし」〈浮・好色盛衰記

15 動植物の上に付いて、山野にすんでいたり自生していたりする意を表す。「山猿」「山桃

【二】比叡山(ひえいざん)の称。また、そこにある延暦寺(えんりゃくじ)のこと。園城寺(おんじょうじ)を「寺」というのに対する語。

【三】接尾助数詞

盛り分けたものを数えるのに用いる。「一山300円」

山、特に山林鉱山数えるのに用いる。

[下接語] 青山・明(あき)山・秋山・後(あと)山・石山・妹(いも)山・入らず山・岩山姨捨(うばすて)山・海山・裏山大山奥山折り山肩山・金(かな)山・枯れ山黒山小山先山死出の山芝山(しば)山・島山・地(じ)山・新(しん)山・裾(すそ)山・砂山・関の山背山・袖(そで)山・(そま)山・宝の山立て山手向(たむ)け山・築(つき)山・剣(つるぎ)の山・遠山・床(とこ)山・留(と)め山・外(と)山・夏山螺子(ねじ)山・野山・禿(はげ)山・裸山・端(は)山・針の山針山春山引き山・曳(ひ)き山・一山・人山・冬山坊主山ぼた山・深(み)山・焼け山・痩(や)せ山・山山・夕山雪山四方(よも)山


むれ【山/×礼】

古代朝鮮語から》山。

今城(いまき)なる小(を)—が上に」〈斉明紀〉


さん【山】

1 〔名〕 袞龍(こんりょう)の御衣天子用い礼服)の模様一つ

2接尾〕 (「ざん」とも)

① 山の名につけていう語。「富士山」「磐梯山」「六甲山」「大雪山」など。

仏寺称号添えていう語。山号(さんごう)。「比叡山」「高野山」など。


やま【山】

1 〔名〕

火山作用浸食作用造山作用によって地表いちじるしく突起した部分。高くそびえたつ地形また、それの多くまってい地帯山岳日本では古来、神が住む神聖な地域とされ、信仰対象されたり仏道などの修行の場とされたりもした。

古事記(712)中・歌謡「命の 全けむ人は 畳薦(たたみこも) 平群の夜麻(ヤマ)の 熊白檮(くまかし)が髻華(うず)に挿(さ)せ その子

② 特に植林地伐採としての山林種々の産物得たり狩猟したりするための山林

万葉(8C後)四・七七九「板葺黒木の屋根は山(やま)近し明日の日取り持ちてまゐ来む」

随筆北越雪譜(1836‐42)初「阿彌陀峯とてする山あり

鉱石石炭などを採掘する場所や諸施設鉱山

梅津政景日記慶長七年(1612)三月八日わきさし成共、鉛のつきたる道具とめおかれ、やまへは法度候間

あらくれ(1915)〈徳田秋声四八「この米が皆な鉱山(ヤマ)へ入るんだせ」

④ (墓地が、多く山中山麓に営まれたところからいう) 墓場墳墓山陵葬送地。みやま。

源氏100114頃)須磨御山参り侍るを。御言伝やと聞え給ふに」

(5) 土を盛り、石を積んで①に擬してつくったもの。築山

源氏100114頃)桐壺「もとの木立、山のたたずまひおもしろき所なりけるを、池の心広くしなして、めでたく造りののしる

(6) 高く盛り上がった状態、またはその物を①になぞらえていう語。

(イ) 種々のものを多数または大量盛り上げ、あるいは積み重ね様子また、比喩的きわめて量の多い様子をいう。うずたかい形。

蜻蛉(974頃)上「山とつもれる しきたへの の塵も」

浮世草子日本永代蔵(1688)一「その米は、蔵々にやまをかさね」

(ロ) 物の凸起した状態。また、その部分

滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「鼈甲さ〈略〉山(ヤマ)の恰好から何から今風で」

(ハ) 兜(かぶと)の鉢(はち)。

雑俳・生1704)「我文をかぶとの山の下ばりに」

(ニ) 灸(きゅう)のあとのはれているところ。

雑俳柳多留‐七九(1824)「かんぜなさ泣て二日の山をみる」

(ホ) 吉原細見で、遊女格付けにしるす記号入山形(いりやまがた)。

雑俳川柳万句合安永四(1775)智四「山だの星だのがおやじげせぬなり」

(7) 物事程度はなはだしことのたとえ程度が高い様子

光悦本謡曲東岸居士(1423頃)「罪障の山にはいつとなく煩悩あつうして」

(8) 継続または連続している物事頂点達したのを、①の頂上にたとえていう。

(イ) 文章演芸などで、そのおもしろさ最高潮となるところ。また、一般物事がいちばんよいと感ぜられるところ。絶頂クライマックス

滑稽本客者評判記(1811)上「わかりもせぬ狂言を、あそこが山だの爰が腹だのと」

(ロ) 事の成りゆきにおいて、もっとも重大なところ。事の成否がきまるところ。山場

パルタイ1960)〈倉橋由美子〉「《経歴書》の作成手続ヤマだとあなたはいった」

(ハ) 病気のもっとも危険な段階。峠。近世には、特に疱瘡(ほうそう)についていう。→山が上がる②・山を上げる

俳諧犬子集(1633)一五「見れとも山はまたはるか也 気みしかにおほしめすなよ此もかさ〈一正〉」

(ニ) 可能なかぎりせいいっぱいのところ。関の山

洒落本契情買虎之巻(1778)一「『はらのうへを、めのじにしてくんなんし』『いんや。はらが山だ』」

(9) (①は高くゆるがないところから) 仰ぎみるもの、頼りとするもの、または、目標とするもののたとえ

後撰(951‐953頃)離別一三二六「かさとりの山とたのみし君をおきて涙の雨にぬれつつぞ行く〈閑院大君〉」

(10) 祭礼に出る山車(だし)で、①の形に作った飾り物京都祇園祭では、鉾(ほこ)よりもおおむね小型で、真木(しんぎ)を立てず、構造の簡単なものをいう。その多くは上に立て根元に①をかたどったものを作る。舁(か)き山と曳(ひ)き山と二種類がある。また、山鉾総称

御伽草子付喪神室町時代小説所収)(室町中)「祭礼おこなふへしとて、神輿造立たてまつる〈略〉山をつくり、をかさる」

(11) 能楽歌舞伎などの作り物一種。竹で組んだ引回し称する紫や濃緑色の幕を張りその上に笹や木の枝をかぶせて、山や塚を表わすもの。

歌舞伎土蜘(1881)「山(ヤマ)の造物四本柱へ紙で拵へし蜘の巣三方一面にかかりある」

(12) 紋所の名。山の形、または漢字の「山」を図案化したもの三つ山、丸に遠山などがある。

三つ山@丸に遠山の画像

(13) 寺。また、境内

説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)二「いちじは二じ、二じは四じ、百じはせんじと、さとらせたまへば、御やまいちばんの、がくしゃうとぞ、きこえたまふ」

(イ) 特に、江戸増上寺寺内。主に品川遊里でいった語。

雑俳柳多留‐一四五(1837)「山を出て海へ寐に行面白さ

(ロ) 江戸深川富岡八幡宮別当永代寺)の境内。特に、そこにあった二軒茶屋

洒落本辰巳之園(1770)「久しお出会致さぬ。山でのんだままかな」

(ハ) 江戸浅草寺山内

歌舞伎東海道四谷怪談(1825)序幕「てめえこの頃ぢゃア山(ヤマ)の女にかかって売り溜親方の方へ遣らねえさうだが」

(14) 猪・鹿などを捕えるために仕掛け落とし穴。〔日葡辞書(1603‐04)〕

(15) 山伏の称。

雑俳十八公1729)「御気鬱山のひたいも寄る談合

(16) 遊女女郎

浮世草子好色盛衰記(1688)三「幸ひ明日から、祇薗七日つづけて、山も太夫根引にすべし」

(17)鉱脈探し当てることが、投機的仕事であるところから、③から転じて)

(イ) 思いがけない幸運あてにすること。万一幸運をねらって事を行なうこと。投機的仕事また、その対象となる物事やまごと。→山が中(あた)る・山に掛かる

洒落本蕩子筌枉解(1770)怨情「おほきに泣くは、まったく山がそんじてのこととみへたり」

(ロ) 確かな根拠がなく、偶然の的中をあてにしてする予想。特に、学生などが試験出題される箇所予想すること。また、その箇所。→山を掛ける

二百十日(1906)〈夏目漱石一一過去がかうであるから未来もかうであらうぞと臆測するのは、〈略〉一種の山(ヤマ)である」

(ハ) 見せかけ誇張などで他人あざむくこと。いんちきはったり。〔俚言集覧(1797頃)〕

歌舞伎早苗鳥伊達聞書実録先代萩)(1876)六幕「金に目が暮れ盗みをして逃げたと見せ二百両、持出したのがこっちの山(ヤマ)」

(18) 売切れ品切れ。主に飲食物についていう。

浄瑠璃夏祭浪花鑑(1745)一「綿が高いの。銭が安いの手代共が寄合て、勘定が合ぬの引の山の、そんな事は空吹風」

(19) 犯罪事件をいう俗語

*黒い穽(1961)〈水上勉〉一「事件(ヤマ)は迷宮入りくさいな」

2

[一] 比叡山延暦寺の称。天台霊場としての比叡山

古今(905‐914)雑下・九五六「山の法師のもとへつかはしける 世をすてて山にいる人やまにても猶うき時はいづちゆくらん〈凡河内躬恒〉」

[二] (山の手地区であるところから) 江戸遊里新宿異称

洒落本愚人贅漢居続借金(1783)序「深川(かは)に三年吉原(さと)に三とせ、新宿(ヤマ)に三年

3接尾

① 山、特に山林鉱山数えるのに用いる。

俚謡選炭節(大正頃)福岡日本民謡集所収)「一山二山三山越え 奥に咲いたる八重椿

盛り分けたものを数えるのに用いる。「みかん一山百円

4語素

動植物の名の上につけて、それが同種類または類似のものに比して野性のもの、あるいは山地産するのであることを表わす。「やますげ山菅)」「やまどり山鳥)」「やまもも山桃)」など。

動詞形容詞などに添えて、しゃれていう語。特に意味はない。近世通人の間に用いられた。

洒落本南閨雑話(1773)怖勤の体「どふぞして飯を一っはい働山は、出来まいかの」


むれ【牟礼・山】

1 〔名〕 (古代朝鮮語から) 山のこと。日本では、「牟礼」などと表記して地名になったものも多い。

水戸本丙日本紀私記(1678)神功「辟支山〈倍支牟礼(へきムレ)〉」

2 (牟礼)

[一] 香川県東部地名高松市に東接する。安徳天皇行在(あんざい)所の置かれた所で源平合戦戦場となり史跡が多い。庵治(あじ)石と呼ばれる石材産出。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

[二] 長野県上水内(かみみのち)郡の地名長野市の北、飯縄火山東側のふもとにあり、江戸時代北国街道宿駅であった。

[補注](一)の「日本紀私記」の「辟支山(へきむれ)」は、「古沙山(こさむれ)」と並んで、「日本書紀神功皇后摂政四九年三月」の記事見られるもの。なお、「日本書紀斉明四年五月」には、小さい山の意の「おむれ」がある。


山(やま)

乗るかそるかの思惑をすること、または相場天井のことをいいます。

山(やま)

古書市で一冊では成立し難い時、同系統の本を一括して入札にかける。それらを山積にして出品すること。


ほぐれた土砂


読み方:やま

  1. 隠語犯罪梵語閻魔
  2. 監獄或は贋造通貨被害者。又は気乗りしてゐる最中のこと。犯罪実行中のことを云ふ。
  3. 万一を僥倅すること、鉱山をさがすの義から出た。⑵芸人社会で三の数をいう、山は三劃の字であるから。⑶〔演〕劇中見せ場。⑷物ごとの絶頂。⑸〔犯〕被害の場所。
  4. 犯行、又はその場所或いは犯行の数。或いは数字の三をいう。〔芸〕 又長崎遊郭のことをいう。丸山町にあるからといわれる

分類 演劇犯罪者芸能界落語界/長崎


読み方:やま

  1. 〔楽〕見世どころ。クライマツクスのことを云ふ。
  2. 芸のクライマツクス。「あの人の芸に山がない」。

分類 楽、芸能


読み方:やま

  1. 富山富山

読み方:やま

  1. 芸人理髪業者符牒にして三といふ数量を表す。山は三角形をして居るからいつたものである通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 茶店通り符牒にして、三といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  3. 数量三の意。
  4. 三つ
  5. 数字の三のこと。山の音さんだから。〔芸能寄席落語)〕
  6. 三。〔商〕
  7. 三。〔理髪業・職人
  8. 符牒数字の三。山の字の音はさんであるから、三に通じる。
  9. 山(さん)より出ず

分類 せんぽ、寄席寄席落語役者理髪業/職人符牒芸能


読み方:やま

  1. 材木屋大工通り符牒にして八といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 八。〔材木商土木建築
  3. 八。〔大工職

分類 大工職材木商土木建築符牒


読み方:やま

  1. 一般被害者。〔第二類 人物風俗
  2. 犯罪実行現場又ハ犯罪実行中ノ意。〔第三類 犯罪行為
  3. 被害ケ所のことをいふ。〔犯罪語〕
  4. 犯行のこと。又は被害個所をいふ。〔刑事
  5. 〔隠〕刑事間の言葉で、犯行のこと。又は被害個所のこと。
  6. 犯行のこと。又被害の場所をいふ。
  7. 犯罪前橋
  8. 窃盗犯現場弘前 窃盗犯仲間
  9. 犯罪場所。小笠原 不良博徒仲間
  10. 犯罪、又はその場所犯罪の数。〔一般犯罪
  11. 犯行現場。〔掏摸
  12. 事件

分類 不良博徒仲間刑事掏摸犯罪犯罪語、窃盗犯仲間


読み方:やま

  1. 背ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・東京府
  2. 脊部。〔第二類 人物風俗
  3. 背部を云ふ。

分類 東京府


読み方:やま

  1. 監獄。〔第五類 一般建物

読み方:やま

  1. 山師又は山勘の略。

読み方:やま

  1. 〔角〕床屋のこと。角力の髪など取扱ふ者を云ふ、「トコヤマ」とも云ふ。

分類


読み方:やま

  1. 長崎にては、遊廓のことをいふ。盖し市丸山町遊廓があるから起つたものであらう。〔花柳語〕
  2. 〔花〕長崎丸山遊廓の略称。
  3. 長崎にては、遊廓のことをいふ。蓋し市丸山町遊廓があるから起つたものであらう。
  4. 長崎で、遊廓のこと。丸山町にあるかららしい。〔花柳界

分類 花、花柳界花柳語/長崎長崎

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


読み方:ヤマyama

所在 茨城県坂東市



読み方:ヤマyama

所在 福井県敦賀市



読み方:ヤマyama

所在 和歌山県岩出市


読み方:ヤマyama

所在 大分県宇佐市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
せん
たか
のぼる
やま
やまさ
やまさき
やまざき
やまたか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 04:34 UTC 版)

(やま)とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことをいう。地形学では丘陵や「台地」よりも周囲との相対的高度差(比高)や起伏が大きいものを指す。平地と比べ、傾斜した地形から成る[注 1]


注釈

  1. ^ (一般には、山とやや区別しつつ)平坦かつ標高の高い地形台地高地高原と言う。
  2. ^ 山岳のうちでも標高が高く目立つ頂点の部位を山と呼ぶこともある。
  3. ^ 地殻運動の各詳細については、褶曲、曲隆、断層、傾動などを参照のこと。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 竹内 2002.
  2. ^
    Blyth et,al. 2002 p.74.
  3. ^ Blyth et,al. 2002 p.14.
  4. ^ Panos (2002年). “High Stakes”. 2012年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月17日閲覧。
  5. ^ 尼崎市立地域研究史料館. “レファレンス事例詳細”. レファレンス協同データベース. 国立国会図書館. 2018年11月11日閲覧。
  6. ^ “Nepal and China agree on Mount Everest's height”. BBC News. (2010年4月8日). オリジナルの2012年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120303133522/http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/south_asia/8608913.stm 2010年8月22日閲覧。 
  7. ^ The 'Highest' Spot on Earth”. Npr.org (2007年4月7日). 2013年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月31日閲覧。
  8. ^ Mountains: Highest Points on Earth”. National Geographic Society. 2010年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月19日閲覧。
  9. ^ 標高3メートル、日本一低い山に…天保山下回る:社会:読売新聞(YOMIURI ONLINE)[リンク切れ]
  10. ^ 水谷 2006, p. 42.
  11. ^ Baker & Ratcliff 2012, p. 5.
  12. ^ 「山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門」p150-152 藤岡換太郎 講談社 2012年1月20日第1刷
  13. ^ 「山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門」p120-122 藤岡換太郎 講談社 2012年1月20日第1刷
  14. ^ Price 2017, p. 31.
  15. ^ Price 2017, pp. 32-33.
  16. ^ a b Price 2017, p. 34.
  17. ^ Price 2017, p. 35.
  18. ^ アイドマ 2006, pp. 68-69.
  19. ^ 深田 1982, pp. 13-376.
  20. ^ 公益社団法人 日本山岳会「山を知ろう
  21. ^ 水野 2016, p. 121.
  22. ^ 現代地図帳 1988, p. 43.
  23. ^ Price 2017, p. 61.
  24. ^ 篠田 2008, p. 23.
  25. ^ 小林 2015, p. 83.
  26. ^ Kolossov, V. (2005). Border studies: changing perspectives and theoretical approaches. Geopolitics, 10(4), 606-632.
  27. ^ Van Houtum, H. (2005). The geopolitics of borders and boundaries. Geopolitics, 10(4), 672-679.
  28. ^ Price 2017, p. 6.
  29. ^ Moore, Lorna G. (2001). “Human Genetic Adaptation to High Altitude”. High Alt Med Biol 2 (2): 257–279. doi:10.1089/152702901750265341. PMID 11443005. 
  30. ^ Cook, James D.; Boy, Erick; Flowers, Carol; del Carmen Daroca, Maria (2005). “The influence of high-altitude living on body iron”. Blood 106 (4): 1441–1446. doi:10.1182/blood-2004-12-4782. PMID 15870179. http://bloodjournal.hematologylibrary.org/content/106/4/1441.long. 
  31. ^ El Alto, Bolivia: A New World Out Of Differences”. 2015年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月8日閲覧。
  32. ^ Finnegan, William (2015年4月20日). “Tears of the Sun” (英語). The New Yorker. Condé Nast Publications. 2018年7月8日閲覧。
  33. ^ West, JB (2002). “Highest permanent human habitation”. High Altitude Medical Biology 3 (4): 401–7. doi:10.1089/15270290260512882. PMID 12631426. 
  34. ^ Everest:The Death Zone”. Nova. PBS (1998年2月24日). 2017年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月8日閲覧。
  35. ^ Price 2017, p. 89.
  36. ^ Price 2017, pp. 81-83.
  37. ^ 坂井他 2007, pp. 254-255.
  38. ^ Blyth et,al. 2002 p.22.
  39. ^ International Year of Freshwater 2003”. 2006年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月7日閲覧。
  40. ^ The Mountain Institute”. 2006年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月7日閲覧。
  41. ^ a b Price 2017, p. 52.
  42. ^ 山梨のパワースポット”. 富士の国やまなし観光ネット. 社団法人やまなし観光推進機構. 2011年3月6日閲覧。
  43. ^ ランドネ 2010, pp. 57-71.
  44. ^ a b c d e f g h i j k l 新詳高等地図.



出典:『Wiktionary』 (2021/12/09 14:21 UTC 版)

発音(?)

サ↘ン、セ↘ン、や↗ま

名詞

  1. やま土地周囲よりも高く盛り上がった地形
  2. やま高く積みあがった状態。
  3. やま物事絶頂
  4. やま感じ一番強いところ。クライマックス
  5. やま多いこと。
  6. やまあてずっぽう
  7. やま境内。特に比叡山延暦寺をいう。
  8. やま鉱山

接尾辞

  1. やまサンザンセンゼン)山の名称を表す。

翻訳

語義1:

関連語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



山と同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語尽くめ  層倍  山    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「山」に関係したコラム

  • FXのADXの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のADXとは、為替レートのトレンドの強さを数値として算出したテクニカル指標のことで、一般的にはチャートの下側に折れ線グラフで表します。また、ADXはDMIというテクニカル指標...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山」の関連用語

1
100% |||||



4
100% |||||

5
92% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||


検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
正文堂正文堂
© SEIBUNDO, 2022
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS