サンとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > サンの意味・解説 

アウン サン Aung San ○


オン サン Aung San ○


サヤー サン Saya San ○

1876~1931 英領下にあったビルマ(現ミャンマー)の反英農民運動指導者1930年ガロンガルーダ)王を名乗って蜂起し、反英運動開始したが植民地軍により鎮圧され、絞首刑に処された。

サン [1]San

アフリカカラハリ砂漠に住む民族。体は全体小柄採集狩猟による移動生活を営む。アフリカ南部多数の岩面画を残す。ヨーロッパ人によって、ブッシュマン呼ばれてきた。

SAN サン


さん [0]三・参

数の名。二より一つ多い数。一の三倍の数。み。みつ。みっつ。
二番目次の順番 -の酉(とり
三の糸」の略。 -下がり

さん [1]

二十八宿の一。 → しん
禅宗で人を集め座禅説法念誦ねんじゆ)すること。

さん [1]

戸や障子の骨。
雨戸。 →
ふた)などが反るのを防ぐため裏に打ち付ける細い横木

さん [1]

[0]多くお産」の形で)子供生まれること。分娩ぶんべん)。出産
生まれ育った土地出身地。 君は一体どこの-だ/坊っちゃん 漱石
財産資産 -を成す
地名の下に付いて、その土地生産であることを表す。 北海道-のジャガイモ

さん

[1]
精神統一がなされず、宗教瞑想に入っていない心の在り方あれこれ揺れ動く日常的な心の在り方。 ⇔ 定(じよう
接頭
位階を表す名詞に付いて、位だけがあって官職に就いていないことを表す。 一位

SAN

フルスペル:Storage Area Network
読み方:サン
別名:ストレージエリアネットワーク

SANとは、複数記憶装置サーバーなどを高速ネットワーク接続したシステムのことである。

SANでは、分散配置された記憶装置仮想的に一つ集約することで、管理一元化できる。

SANは、LANLocal Area Network)とは別に記憶装置同士を結ぶ専用ネットワーク構築したものである。LAN用いて記憶装置共有化や各サーバーからのアクセスを行うことも、サーバー同士接続すれば実現可能である。しかし、LAN上での大容量データ転送は、LAN大きな負荷をかけることになり、データ転送時間がかかる上に、通常のネットワーク利用にも影響与えてしまいかねない

SANでは、一般的にLANよりも高速ファイバチャネルデータ転送プロトコルとして使われているが、IPネットワーク高速化やオープン志向により、IPベースとしたSANも登場てきている。

ネットワークシステムのほかの用語一覧
コンピュータシステム:  ログ  ログイン  ローカル  SAN  Sun  Sun Fire T1000  SAA

プロマイシンアミノヌクレオシド

分子式C12H18N6O3
その他の名称:アミノヌクレオシド、アミノヌクレオシドピュロマイシン、サン、Stylomycin aminonucleoside、SAN、Aminonucleoside puromycin、Aminonucleoside、スチロマイシンアミノヌクレオシド、3'-Amino-3'-deoxy-N,N-dimethyladenosine、アミノヌクレオシドピューロマイシン、プロマイシンアミノヌクレオシド、Puromycin aminonucleoside、ピューロマイシンアミノヌクレオシド、アミノヌクレオシドプロマイシン、N,N-Dimethyl-3'-deoxy-3'-aminoadenosine
体系名:N,N-ジメチル-3'-アミノ-3'-デオキシアデノシン、3'-アミノ-3'-デオキシ-N,N-ジメチルアデノシン、N,N-ジメチル-3'-デオキシ-3'-アミノアデノシン


読み方:サン(san

仏菩薩祖師たちの行業ほめたたえるために一定の韻律偈頌をもって作られた賛歌


サン

名前 SannSangSunSaintSanBzaṅCinqSainteSángSansSantShanSonStSt.Xang

サン

読み方:さん

  1. 味噌ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・福島県

分類 福島県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:サン(san

所在 鹿児島県大島郡徳之島町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

サン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/15 01:38 UTC 版)

サン (san, sun etc.)




「サン」の続きの解説一覧

  • 画数:11
  • 音読み:サン

  • 画数:16
  • 音読み:サン、 セン

  • 画数:14
  • 音読み:サン、 セン













  • 画数:23
  • 音読み:サン、 ザン
  • ピンイン:zan4
  • 対応する英語:ceremonial libation cup




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「サン」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

  • 株式投資に役立つレポートの一覧

    証券会社では、株式投資に役立つレポートを提供しています。レポートは、口座開設者に無料で提供しているものがほとんどですが、中には口座を開設していなくても閲覧できるレポートもあります。レポートの内容は、そ...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サン」の関連用語

サンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSANの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS