賛歌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > > 賛歌の意味・解説 

イムヌス

(賛歌 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 18:24 UTC 版)

イムヌス:hymnus)はキリスト教カトリック教会聖歌の一つ。和訳では「讃歌」。本来、en:hymnusは宗派を問わず使う語だが日本語では、カトリックでは讃歌ないしイムヌス、プロテスタントでは讃美歌と呼ぶことが多い。




「イムヌス」の続きの解説一覧

賛歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 10:12 UTC 版)

アーロ」の記事における「賛歌」の解説

公式な賛歌はカストゥルム・ビリビウム(Castrum Bilibium)、もしくはアーロ・ラ・ビエハ(Haro la Vieja)と呼ばれている。エリセオ・ピネード・ロペス(スペイン語版)がこの賛歌の詩節を、ミゲル・デ・ラ・フエンテ・アルバレスが反復句の部分作曲し、エンリケ・エルモシーリャ・ディエスとホセ・フェルナンデス・オリェーロが作詞した1942年9月7日に初上演された。同年11月6日市庁舎行われた会議で、ビクトリアーノ・ピネイロ・ビカリオ市長提案のもと、公に広められた。

※この「賛歌」の解説は、「アーロ」の解説の一部です。
「賛歌」を含む「アーロ」の記事については、「アーロ」の概要を参照ください。


賛歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/21 01:18 UTC 版)

奈良県立桜井高等学校」の記事における「賛歌」の解説

1984年昭和59年)に生徒募集の中から採用。「闘志の渦」「熱き血潮」など力強い歌詞であり、新入生歓迎会などで歌われる

※この「賛歌」の解説は、「奈良県立桜井高等学校」の解説の一部です。
「賛歌」を含む「奈良県立桜井高等学校」の記事については、「奈良県立桜井高等学校」の概要を参照ください。


賛歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 07:09 UTC 版)

UEFAチャンピオンズリーグ」の記事における「賛歌」の解説

詳細は「UEFAチャンピオンズリーグ・アンセム」を参照 大会UEFAチャンピオンズリーグ変更され1992年以降テーマ曲UEFAチャンピオンズリーグ賛歌UEFA Champions League Anthem)」が使われている。ヘンデルの「司祭ザドクZadok the priest)」のメロディベースに、イギリス人トニー・ブリテンが作詞アレンジ加え創り上げたロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団演奏アカデミー室内管弦楽団附属合唱団合唱レコーディングしたものが試合開始前や、テレビ中継開始時やハーフタイムCM移り変わる時、終了時流されるUEFAの公式言語である英語、ドイツ語フランス語によって、荘厳熱狂とを併せ持って歌われるサビは、そのシンプルながら美しメロディとも相まってこれから始まる試合対す選手ファン興奮期待かき立てるのに一役買っている。 なお、本賛歌のオリジナルバージョンは、二つの短いヴァースコーラスからなる3分程の曲であるが、商業ベースCD等)でリリースされたことは今まで無い。試合開始前テレビ中継において流されるのは、後半の「Ils sont les meilleurs…」以下のコーラス部分をアレンジしたのであるIls sont les meilleurs(フランス語:彼らは最高だSie sind die Besten(ドイツ語:彼らは最高だ)These are the champions(英語:彼らがチャンピオンだ) Die Meisterドイツ語:道を極めし者)Die Besten(ドイツ語:最高の者)Les Grandes Equipes(フランス語偉大なチームThe Champions(英語:それがチャンピオン

※この「賛歌」の解説は、「UEFAチャンピオンズリーグ」の解説の一部です。
「賛歌」を含む「UEFAチャンピオンズリーグ」の記事については、「UEFAチャンピオンズリーグ」の概要を参照ください。


賛歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 21:19 UTC 版)

UEFAヨーロッパリーグ」の記事における「賛歌」の解説

大会UEFAヨーロッパリーグになった2009-10シーズン以降テーマ曲UEFAヨーロッパリーグ賛歌 (UEFA Europa League Anthem) 」が使われており、試合開始前テレビ中継開始時と終了時流される。このアンセムには、UEFAチャンピオンズリーグアンセムとは違って歌詞存在しない初代アンセムは、2009-10シーズンから2014-15シーズンまでの6年間使われ、作曲フランスのヨアン・ツバイクが担当しパリ・オペラ座管弦楽団演奏よるものだった。 2015-16シーズンから2017-2018シーズンまでのアンセム2代目)は、ドイツ作曲家・ミヒャエル・カデルバッハ氏によって作曲されたもので、アップテンポ拍手ベースに、選手・サポーター・チームスタッフとの一体感表現したものとなっていた。 2018-19シーズンからは、本大会ヴィジュアル・アイデンティティVI)がリニューアルしたのに合わせアンセム3代目のものに一新された。現行のアンセムは、夜に行われる試合情熱エネルギー表しており、高揚感生み出す力強い楽曲となっている。

※この「賛歌」の解説は、「UEFAヨーロッパリーグ」の解説の一部です。
「賛歌」を含む「UEFAヨーロッパリーグ」の記事については、「UEFAヨーロッパリーグ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「賛歌」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「賛歌」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



賛歌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「賛歌」の関連用語

賛歌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



賛歌のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイムヌス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアーロ (改訂履歴)、奈良県立桜井高等学校 (改訂履歴)、UEFAチャンピオンズリーグ (改訂履歴)、UEFAヨーロッパリーグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS