提案とは? わかりやすく解説

てい‐あん【提案】

読み方:ていあん

[名](スル)議案意見提出すること。また、その議案意見。「具体策を―する」「―者」


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 02:04 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「提案」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「提案」を含むページの一覧/「提案」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「提案」が役に立つかも知れません。

関連項目



提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 09:00 UTC 版)

ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法」の記事における「提案」の解説

グローバル金融危機は、規制システムにおける幅広い変化もたらした2009年6月には、オバマ大統領は「合衆国金融規制システム全面的オーバーホール大恐慌後改革以来見られなかった規模での変換」を提案した協議により最終的な法律案ができたことを踏まえオバマ大統領は、当該法案は提案内容90パーセントを含むものである宣言したオバマによる当初の提案主要な内容には、「A New Foundation」 における掲載順従えば以下のもの含まれる規制当局統合国法貯蓄金融機関免許廃止システミック・リスクを評価するための新たな監督機関 金融市場包括的規制((取引所集中による)デリバティブ透明性向上など) 消費者保護改革新たな消費者保護当局および「プレーン・バニラ」商品統一基準ならびに投資者保護強化など) 金融危機対応する手法既存連邦預金保険公社FDICに対して倒産した業者秩序をもって処理する権限補足する破綻処理制度」および連邦準備制度財務省から「異常または緊急の状況」において信用供与する権限を受けることの提案を含む。) 国際的な基準および協力拡大を図る様々な手段(信用格付機関に対する説明改善および規制引締めに係る提案を含む。) オバマ要求に対して2010年1月議会はさらにボルカー・ルールをこの提案に加えた。

※この「提案」の解説は、「ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法」の解説の一部です。
「提案」を含む「ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法」の記事については、「ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 15:38 UTC 版)

サトゥールン AL-55」の記事における「提案」の解説

HJT-39(英語版提案していたが、計画事実上棚上げ状態にある。 Yak-130 L-15 提案のみAI-222-25採用している。 Su-25 エンジン近代化案として提案。R-95ShR-195から換装した場合航続距離1.5倍に拡大し燃料消費量40%削減できるされていた無人航空機 スホーイのBLS-62(ロシア語版)などに提案。

※この「提案」の解説は、「サトゥールン AL-55」の解説の一部です。
「提案」を含む「サトゥールン AL-55」の記事については、「サトゥールン AL-55」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 06:33 UTC 版)

連邦」の記事における「提案」の解説

中国中華連邦主義として清末から様々な連邦制の提案がある。過去に存在したものとしては中華ソビエト共和国連邦自称していた。現代では中国民主化運動によって唱えられるものや、中国統一中台統一の方法として唱えられるものがある朝鮮朝鮮の南北統一の手段として。北朝鮮唱える高麗民主連邦共和国など。 日本地方分権行政改革目的とした道州制導入論がある。地域主義文脈語られることもある。

※この「提案」の解説は、「連邦」の解説の一部です。
「提案」を含む「連邦」の記事については、「連邦」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 15:36 UTC 版)

シロテン」の記事における「提案」の解説

山田美妙 (1868-1910) は日本語の表記法についてさまざまな実験と提案を行い言文一致体成立大きな役割はたした彼は日本大辞典』(1892-1893年刊)で、読点「、」と句点「。」に加えそれらの中間の約物としてシロテン用いている:551946年文部省は、省が発行する文書表記法ガイドラインとして、『くぎり符号の使ひ方句読法〕(案)』など4篇の文書出版した。これは他官庁や一社会での用字参考となることも想定していた。『くぎり符号の使ひ方』では、読点(「テン」)は原則として文の中止用い直前終止形であっても文意が続く場合にはテン用いるとした。しかし、後の場合については「ほかのテンとのつり合ひ上」句点(「マル」)を用い場合もあるとし、「この項のテンは、言はゞ、半終止符ともいふべきものであるから、将来特別の符号例へば「〈シロテン〉」のごときもの)が広く行はれるやうになることは望ましい。」とした:63

※この「提案」の解説は、「シロテン」の解説の一部です。
「提案」を含む「シロテン」の記事については、「シロテン」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 14:58 UTC 版)

文明の同盟」の記事における「提案」の解説

国連文明の同盟』(The Alliance of Civilizations)は、2005年第59回国際連合総会席上で、イスラム文化関わりが深い歴史を持つスペインの首相ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロにより提案されトルコの首相レジェップ・タイイップ・エルドアン共同提案者となった。そして、2006年末までに国際連合加盟国採用できる行動策定提言された。

※この「提案」の解説は、「文明の同盟」の解説の一部です。
「提案」を含む「文明の同盟」の記事については、「文明の同盟」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 16:53 UTC 版)

メイド論争」の記事における「提案」の解説

ポルソン家事サービス控除導入の利点として以下の6項目を挙げた効率化専門家にまかせることにより家事効率化され生活の質向上する雇用創出家事サービス産業という新規雇用創出することにより、失業率低下する。 平等女性家事負担なしに働けることによって、女性の社会進出が進む。 正義家事サービス産業として保護することによって家事労働労働者の権利守られるモラルこれまで労働として、税金社会保障費支払わない状況改善できる公共セクター効率化個人的な解決をすることで、公共サービス縮小期待できる減税額は1人につき年間5万クローネ1世帯では年10万クローネとして、年間10億クローネ減税になると試算していた。

※この「提案」の解説は、「メイド論争」の解説の一部です。
「提案」を含む「メイド論争」の記事については、「メイド論争」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 00:30 UTC 版)

ボーダーズ・レールウェイ」の記事における「提案」の解説

ボーダーズ・レール運動メルローズホイック英語版)、そして最終的にはカーライルへの延伸呼びかけている。団体によればウェイヴァリー線廃止当時エディンバラからの所要時間70であったホイックは、スコティッシュ・ボーダーズのどの町よりも大きな影響を受けており、鉄道再開業のみが地域経済衰退止めることができるとしている。メルローズでは、南行ホーム駅舎のみがメルローズ・バイパス(A6091号線)の横に残存しており、ネットワーク・レールはツイードバンク以遠への延伸妨げものはないとしているものの、道路移設築堤橋梁再構築などが必要である推測される2014年4月には、スコットランド独立住民投票控えてカーライル行われた演説において、当時スコットランド首相アレックス・サモンドカーライルまでの延伸への支持表明している。また、全線再開業はキールダー周辺の森林からの輸送手段なるだけでなく、東西海岸本線迂回ルートにもなり、庶民院スコットランド委員会からも再開業を支持する声が上がっている。これに対し、トランスポート・スコットランドはバス路線自転車道散策路拡充優先させ、ホイックまで27kmの延伸否定している。 2013年5月ヘリオット・ワット大学がミッドロージアン・カウンシルによってボーダーズ・レールウェイとペニクイック(英語版)をつなぐ16kmの支線実現可能性調査依頼されたことが明らかになった。少なくとも9.7kmの区間がエディンバラ・ローンヘッド・アンド・ロスリン鉄道英語版に沿っており、特に分岐点であるミラーヒルからストレイトン英語版)までの区間廃線跡大部分そのまま残存している。なお、この支線2000年にスコティッシュ・ボーダーズ・カウンシルがスコットランド交通財源から140ポンド予算獲得目指した際に検討されものである2018年1月にはバーウィックシャー・ロックスバラ・アンド・セルカーク選挙区英語版選出庶民院議員ジョン・ラモント(英語版)がハイ・スピード2次期段階前にボーダーズ・レールウェイ延伸を行うべきだと述べた2019年6月には、スコットランド政府ボーダーズ・レールウェイ電化検討していることを認めた

※この「提案」の解説は、「ボーダーズ・レールウェイ」の解説の一部です。
「提案」を含む「ボーダーズ・レールウェイ」の記事については、「ボーダーズ・レールウェイ」の概要を参照ください。


提案(I)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 19:32 UTC 版)

パレスチナ分割決議」の記事における「提案(I)」の解説

提案(I)12件の提案からなるセクションAは全委員意見が一致した11の提案で、セクションBは3名賛意示していない。 セクションA 1. 委任統治終了パレスチナ委任統治可能な限り速やかに終了すること。 2. 独立パレスチナできる限り早く独立すること。 3. 移行期間独立に自立準備するための移行期間をおき、可能な限り短い期間であること。 4. 移行期間中の国連責任移行期間中は国連パレスチナ管理し独立準備にも責任を持つ。 5. 聖地および宗教的権益A. 礼拝巡礼などの宗教的権利キリスト教徒ユダヤ教徒ムスリム全てにおいて守られなければならない。またこれはパレスチナ在住者のみならず海外在住者の権利について同様であるB. 既存宗教コミュニティー権利害されることがあってはならない。 C. 宗教的な紛争公平に解決できるシステム構築すること。 D. 聖地宗教に関する規定独立した新国家憲法に盛り込むこと。 6. ユダヤ人難民ヨーロッパ存在する25万人近く虐げられたユダヤ人に対し国連何らかの手立て緊急に手配する。 7. 民主主義原則社会的少数派保護A. 言論信教などの自由と基本的人権の尊重B. 社会的少数派財産権利について保護されなければならない。 8. 平和的関係A. 国際的な紛争平和的手段によって解決されなければならないB. 領土保全政治的独立などについて、武力による威嚇または行使、および国連目的反した行動自粛すること。 9. 経済的結合パレスチナ問題が解決するまでは、そこに住む人々の生活と発展のためパレスチナ経済的に一丸とならなければならない。 10. 治外法権かつてパレスチナ特権享受してきた国はそれを放棄すること。 11. 暴力行為に対する表明パレスチナ行われている暴力行為速やかに無くすよう国連最大限努力を行うこと。 セクションB 12. 一般的なユダヤ人問題パレスチナ問題解決ユダヤ人問題全般解決することにはつながらない

※この「提案(I)」の解説は、「パレスチナ分割決議」の解説の一部です。
「提案(I)」を含む「パレスチナ分割決議」の記事については、「パレスチナ分割決議」の概要を参照ください。


提案(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 19:32 UTC 版)

パレスチナ分割決議」の記事における「提案(II)」の解説

提案(II)は3項分かれている。この提案は7名の委員支持している。 I項 経済同盟を伴う分割パレスチナアラブ人国家ユダヤ人国家エルサレム市の3つ分割するパレスチナにおいてアラブ人ユダヤ人双方の主張相容れないものであり、現実的な手段として、また双方民族主義のためにも分割提案する分割提案現実的な提案であり、連邦国家制はアラブ人もしくはユダヤ人どちらか支配するような状況でない限り機能しないと思われるまた、政治的経済的な自立責任促す点においても連邦国家制に優れる。 分割についてアラブ人強く反対していることは認識しているが、移民制限されてきたユダヤ人心情および窮状考慮するものであるアラブ人不安を取り除くためにもユダヤ人国家拡張に対して国連制裁を伴うものとする領地資源的に限定されているパレスチナにおいては創出される2国家経済的共同体となることが必須である政治的に統一されるのは不可能であっても経済的に可能であると考えられるII国境線アラブ人国家は、西ガリラヤエルサレム市を除くユダヤ・サマリア丘陵地帯および、アシュドッドからエジプト国境に至る海岸沿い平野部含まれるユダヤ人国家は、東ガリラヤエスドラエロン平原海岸沿い平野部大半およびネゲブ地方とする。 IIIエルサレムエルサレム市を国連施政権者とした信託統治とする。この地キリスト教ユダヤ教イスラム教聖地であり、宗教的平和および海外からの巡礼者への利便不都合あってはならない

※この「提案(II)」の解説は、「パレスチナ分割決議」の解説の一部です。
「提案(II)」を含む「パレスチナ分割決議」の記事については、「パレスチナ分割決議」の概要を参照ください。


提案(III)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 19:32 UTC 版)

パレスチナ分割決議」の記事における「提案(III)」の解説

提案(III)は提案(II)に相対するもので、3名委員がこれを支持している。 連邦制国家アラブ人ユダヤ人ともにパレスチナ歴史的文化的な背景持ち、この点かパレスチナに対し両者平等な権利を持つ。 パレスチナ問題解決ユダヤ人問題を解決することにはならず、ユダヤ人民族主義国家樹立という要求を満たすよりも、ユダヤ人幸福に生活を送ることが何よりも重要である。 連邦国家制を採るならば分割案のように経済コントロールする要はなく、社会的少数派虐げることにもならず、国際連合憲章基本原則に合致するアラブ人ユダヤ人潜在的対立回避するために1つ国家忠誠心愛国心をともにすることが平和実への道である。 分割案は反アラブ主義みなされるが、連邦案は反ユダヤ主義ではない。 アラブ人ユダヤ人の間で協力関係現在のパレスチナでも見られお互い協力体制実現可能であると推測する

※この「提案(III)」の解説は、「パレスチナ分割決議」の解説の一部です。
「提案(III)」を含む「パレスチナ分割決議」の記事については、「パレスチナ分割決議」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 00:15 UTC 版)

E-3 (航空機)」の記事における「提案」の解説

そのほか、以下の計画提案されている。

※この「提案」の解説は、「E-3 (航空機)」の解説の一部です。
「提案」を含む「E-3 (航空機)」の記事については、「E-3 (航空機)」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:08 UTC 版)

ニューヨーク市の高層ビル一覧」の記事における「提案」の解説

下記は、ニューヨーク市内の提案されたが承認されていない、高さが少なくとも600フィート183メートルを超える予定のあるビルリストである。 名称高さft / m階数完成年備考SNCIタワー 950 / 289.6 57 ニューヨーク・スカイガーデン・タワー 937 / 285 74 メトロポリタン生命保険会社タワー建設される。 708 5番街タワーI 864 / 263 57 2008 685 1番街 836 / 255 67 2008 高さ、階数がまだ確認されていない700 1番街タワー III 689 / 210 66 708 1番街 666 / 203 45 700 1番街タワー2 631 / 192 60 アトランティック・ヤーズ・ビルディング1 620 / 189 700 1番街タワー1 600 / 183 57 † このマーク空白の部分は、階数及び完成年どちらか、または両方公表されていないことを示す

※この「提案」の解説は、「ニューヨーク市の高層ビル一覧」の解説の一部です。
「提案」を含む「ニューヨーク市の高層ビル一覧」の記事については、「ニューヨーク市の高層ビル一覧」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 01:59 UTC 版)

銀の弾などない」の記事における「提案」の解説

下のことを提案する

※この「提案」の解説は、「銀の弾などない」の解説の一部です。
「提案」を含む「銀の弾などない」の記事については、「銀の弾などない」の概要を参照ください。


提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 09:41 UTC 版)

アヴィアドヴィガーテリ PD-14」の記事における「提案」の解説

スホーイ・スーパージェット100 UECにより2018年までPD-14エンジン適応させる試みが行われる予定であったが、2017年ソチ世界青少年フォーラムにおいてUECのユーリ・スモーチィン副社長はSaM146のPD-14による交換適切ではないとして現在は考慮していないとしたスホーイ・スーパージェット 130 An-148 Be-200 COMAC C939 Il-76MD-90A Il-96-400M 計画中双発型にもPD-35提案されている Tu-204/Tu-214(Tu-204生産中止214軍用向けの生産のみTu-334開発中止これらのほかにもUECBRICs諸国ロシアブラジル中国インド)で製造され航空機売り込みをかけているほか、PD-14ベースとしたエンジン共同開発提案している。2017年にはエアロインディアにおいてインド顧客興味示したとの報道行われた

※この「提案」の解説は、「アヴィアドヴィガーテリ PD-14」の解説の一部です。
「提案」を含む「アヴィアドヴィガーテリ PD-14」の記事については、「アヴィアドヴィガーテリ PD-14」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「提案」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

提案

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:34 UTC 版)

名詞

ていあん

  1. 議案意見を出すこと。また、その議案意見

発音(?)

て↗ーあん

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
提案-する

「提案」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「提案」の関連用語

提案のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



提案のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの提案 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法 (改訂履歴)、サトゥールン AL-55 (改訂履歴)、連邦 (改訂履歴)、シロテン (改訂履歴)、文明の同盟 (改訂履歴)、メイド論争 (改訂履歴)、ボーダーズ・レールウェイ (改訂履歴)、パレスチナ分割決議 (改訂履歴)、E-3 (航空機) (改訂履歴)、ニューヨーク市の高層ビル一覧 (改訂履歴)、銀の弾などない (改訂履歴)、アヴィアドヴィガーテリ PD-14 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの提案 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS