検案とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > > 検案の意味・解説 

けん あん [0] 【検案】

( 名 ) スル
形跡状況などを調べ考えること。
〘法〙 医師が、死後初めてその死体に接し、死亡事実医学的に確認すること。生前診療していた患者死亡確認を「死亡診断」というのに対していう。


検案 【けんあん】

法律用語。では死体調べ医学的に事実的に確認すること。警察医などが行死体の検案を「検死」とも言う。

検案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/05 22:53 UTC 版)

死体の検案(けんあん)とは、医師または獣医師死体に対し、死亡を確認し、死因、死因の種類、死亡時刻、異状死との鑑別を総合的に判断することをいう。都立広尾病院事件の最高裁判所判決によれば、医師法21条にいう死体の「検案」とは、医師が死因等を判定するために死体の外表を検査することをいい、当該死体が自己の診療していた患者のものであるか否かを問わない[1]




「検案」の続きの解説一覧



検案と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「検案」の関連用語

検案のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



検案のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2019 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの検案 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS