国法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 国法の意味・解説 

こく‐ほう〔‐ハフ〕【国法】

国家の法。

国家構成公法活動について規定している法令憲法行政法など。


こく‐ほう ‥ハフ 【国法】

〔名〕

① 国のおきて。ある特定の国の法。国典

相州文書天正七年(1579)八月一二日・北条氏照掟書「江嶋之者、他所え就罷移者、任御国召返従類共に可成敗事」〔礼記曾子問〕

国家統治体制基礎定める法の総称。特に憲法をいう。


法律

(国法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 03:13 UTC 版)

法律(ほうりつ)とは、国家や連邦国家の構成単位の議会の議決を経て(: statute)、あるいは、統治者ないし国家により制定される、主に国民の自由と財産を制限する実定法規範(: law: Gesetz: loi: lex)。


  1. ^ a b 大森政輔鎌田薫編『立法学講義』商事法務、2006年、440頁
  2. ^ 大森政輔鎌田薫編『立法学講義』商事法務、2006年、440-441頁
  3. ^ 大森政輔鎌田薫編『立法学講義』商事法務、2006年、441頁


「法律」の続きの解説一覧

国法

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 11:55 UTC 版)

名詞

こくほう

  1. 法律国典
  2. 国家基本的形態定める法、特に憲法



国法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国法」の関連用語

国法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS