国法学とは?

こくほう‐がく〔コクハフ‐〕【国法学】

国家性質形態組織作用などを法学的に研究する学問

憲法学汎論比較憲法学をさす。


国法学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/06 23:02 UTC 版)

国法学(こくほうがく: StaatsrechtないしStaatsrechtslehre)は、ドイツにおいて国家学からその一分野として生じた学問分野であり、国家を対象としてこれを法学的に分析することを任務とするものである。




「国法学」の続きの解説一覧



国法学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国法学」の関連用語

国法学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国法学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国法学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS