ドイツ法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドイツ法の意味・解説 

ドイツ法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/03 22:59 UTC 版)

ドイツ法(ドイツほう)とは、ドイツ連邦共和国において通用している(ドイツ国家の法)、あるいは、ドイツに由来する法令ないしは法体系全般を意味する。




  1. ^ 梅謙次郎「我新民法ト外国ノ民法」『法典質疑録』8号671頁(1896年)
  2. ^ 穂積陳重「獨逸民法論序」『穂積陳重遺文集第二冊』421頁、「獨逸法学の日本に及ぼせる影響」『穂積陳重遺文集第三冊』621頁
  3. ^ 富井・民法原論第一巻序5頁
  4. ^ 仁井田益太郎穂積重遠平野義太郎「仁井田博士に民法典編纂事情を聴く座談会」法律時報10巻7号24頁
  5. ^ 仁保亀松『国民教育法制通論』19頁(金港堂書籍、1904年)、仁保亀松講述『民法総則』5頁京都法政学校、1904年)
  6. ^ 松波仁一郎=仁保亀松=仁井田益太郎合著・穂積陳重=富井政章=梅謙次郎校閲『帝國民法正解』1巻8頁(日本法律学校1896年、復刻版信山社、1997年)
  7. ^ 我妻栄『近代法における債權の優越的地位』478頁(有斐閣、1953年)、加藤雅信『新民法大系I民法総則』第2版(有斐閣、2005年)27-28頁、裁判所職員総合研修所『親族法相続法講義案』6訂再訂版4頁(2007年、司法協会
  8. ^ 反対、星野英一『民法論集一巻』71頁(有斐閣、1970年)、内田貴『民法I総則物権法総論』第4版25頁(東京大学出版会、2008年)、潮見佳男『民法総則講義』24頁(有斐閣、2005年)
  9. ^ 北川善太郎「日本法学の歴史と理論」4頁(1968年)


「ドイツ法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドイツ法」の関連用語

ドイツ法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドイツ法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドイツ法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS