決闘とは? わかりやすく解説

けっ‐とう【決闘】

読み方:けっとう

[名](スル)

個人間での名誉の侵害遺恨などから起こった争い解決するため、取り決めた方法闘い勝負をつけること。果たし合い

勝敗を決める戦い

「今ぞ正邪両党巨魁死生の—なり」〈竜渓・経国美談


決闘

作者坂西文俊

収載図書ショートショートの広場 '86
出版社講談社
刊行年月1986.7


決闘

作者城戸シュレイダー

収載図書怪奇探偵小説集 2
出版社角川春樹事務所
刊行年月1998.6
シリーズ名ハルキ文庫


決闘

作者リチャード・マシスン

収載図書死のドライブ
出版社文芸春秋
刊行年月2001.1
シリーズ名文春文庫


決闘

作者逢坂剛

収載図書ミステリー傑作選特別編 5 自選ショート・ミステリー
出版社講談社
刊行年月2001.6
シリーズ名講談社文庫


決闘

作者島田雅彦

収載図書溺れ市民
出版社河出書房新社
刊行年月2004.10

収載図書溺れ市民
出版社河出書房新社
刊行年月2006.12
シリーズ名河出文庫


決闘

作者平岩弓枝

収載図書日光例幣使道の殺人はやぶさ新八御用
出版社講談社
刊行年月2004.12


決闘

作者プーシキン

収載図書吹雪外四篇 オンデマンド版
出版社ゆまに書房
刊行年月2006.2
シリーズ名昭和初期世界名作翻訳全集


決闘

作者瀬名秀明

収載図書第九の日
出版社光文社
刊行年月2006.6

収載図書第九の日
出版社光文社
刊行年月2008.12
シリーズ名光文社文庫


決闘

作者ジェイムズ・サーバー

収載図書虹をつかむ男
出版社早川書房
刊行年月2006.9
シリーズ名異色作家短篇集


決闘

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ全集 5 決闘・気まぐれ女
出版社筑摩書房
刊行年月1987.12

収載図書チェーホフ全集 6
出版社筑摩書房
刊行年月1994.1
シリーズ名ちくま文庫


決闘

作者坂口安吾

収載図書坂口安吾全集 5
出版社筑摩書房
刊行年月1990.4
シリーズ名ちくま文庫

収載図書坂口安吾全集 05
出版社筑摩書房
刊行年月1998.6


決闘

作者ハインリヒ・フォン・クライスト

収載図書チリの地震
出版社王国
刊行年月1990.6

収載図書チリの地震クライスト短篇集
出版社河出書房新社
刊行年月1996.10
シリーズ名河出文庫

収載図書クライスト全集 第1巻 小説逸話評論その他
出版社沖積舎
刊行年月1998.9


決闘

作者開高健

収載図書開高健全集 第8巻 耳の物語
出版社新潮社
刊行年月1992.7


決闘

作者吉行淳之介

収載図書娼婦の部屋
出版社光文社
刊行年月1992.12
シリーズ名光文社文庫

収載図書暗闇の声
出版社出版芸術社
刊行年月1997.7
シリーズ名ふしぎ文学館

収載図書悩ましき土地
出版社講談社
刊行年月1999.5
シリーズ名講談社文芸文庫


決闘

作者石野径一郎

収載図書沖縄文学全集 第6巻 小説 1
出版社国書刊行会
刊行年月1993.3


決闘

作者ウラジーミル・ナボコフ

収載図書ロシア美人
出版社新潮社
刊行年月1994.7


決闘

作者木々高太郎

収載図書光とその影・決闘
出版社講談社
刊行年月1997.11
シリーズ名講談社大衆文学


決闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 09:49 UTC 版)

決闘(けっとう、: duel  発音[ヘルプ/ファイル])とは、名誉の獲得・回復、紛争の解決、恨みを晴らすなどの目的で当事者双方が同意して、あらかじめ了解し合ったルールに基づいて行う闘争のことをいう[2]。「果合(はたしあい)」と同義である[3]不良少年による俗語は「タイマン」(一対一の喧嘩から)


  1. ^ a b 藤野幸雄 2006, pp. 165–166.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 日本大百科全書(ニッポニカ)、精選版 日本国語大辞典『決闘』 - コトバンク
  3. ^ 精選版 日本国語大辞典『果合』 - コトバンク
  4. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 59.
  5. ^ 藤野幸雄 2006, p. 58-59.
  6. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 59-60.
  7. ^ 加藤文元 2010, p. 265.
  8. ^ 藤野幸雄 2006, p. 69.
  9. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 74.
  10. ^ a b 藤野幸雄 2006, pp. 16/77.
  11. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 17/105.
  12. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 35.
  13. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 78.
  14. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 178.
  15. ^ a b 藤野幸雄 2006, pp. 78/178.
  16. ^ a b “「タイマンしよう」 高1の2人、決闘の疑いで書類送検”. 朝日新聞. (2019年10月30日). https://www.asahi.com/articles/ASMBZ5DNSMBZUTIL04J.html 2021年8月5日閲覧。 
  17. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 57.
  18. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 59–61.
  19. ^ 藤野幸雄 2006, p. 61.
  20. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 61–62.
  21. ^ 藤野幸雄 2006, p. 62.
  22. ^ F・W・メイトランド 『イングランド憲法史』創文社、1981年、13頁。 
  23. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 66.
  24. ^ カー p. 34, 35
  25. ^ 穂積重遠著『法窓夜話』三八章 "決闘裁判"
  26. ^ 藤野幸雄 2006, p. 34.
  27. ^ 加藤文元 2010, p. 267.
  28. ^ 藤野幸雄 2006, p. 95-96.
  29. ^ 藤野幸雄 2006, p. 97-100.
  30. ^ 山田勝 1992, p. 78.
  31. ^ モネスティエ 1999, p. 408.
  32. ^ 藤野幸雄 2006, p. 77.
  33. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 105.
  34. ^ 藤野幸雄 2006, p. 17.
  35. ^ 山田勝 1992, p. 73.
  36. ^ モネスティエ 1999, p. 182.
  37. ^ 山田勝 1992, p. 29.
  38. ^ 加藤文元 2010, p. 266.
  39. ^ 藤野幸雄 2006, p. 18-19.
  40. ^ 藤野幸雄 2006, p. 32.
  41. ^ モネスティエ 1999, p. 420.
  42. ^ Rudolf Virchow アメリカ国立生物工学情報センターPMC 2008年9月
  43. ^ このほか日本語文献での紹介として薄田泣菫茶話』「謡曲を武器に」(大阪毎日新聞 1916年9月4日夕刊 → 青空文庫)、植松黎(編)『ポケット・ジョーク 6 ギャンブル』(角川文庫、1981年)p.180「見えない武器」がある。
  44. ^ 山田勝 1992, p. 20.
  45. ^ 山田勝 1992, p. 20-21.
  46. ^ 山田勝 1992, p. 122-124.
  47. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)、百科事典マイペディア『決闘罪』 - コトバンク
  48. ^ a b モネスティエ 1999, p. 445.
  49. ^ 藤野幸雄 2006, p. 36.
  50. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 37.
  51. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 38.
  52. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 39.
  53. ^ 藤野幸雄 2006, p. 40.
  54. ^ 藤野幸雄 2006, p. 42.
  55. ^ 藤野幸雄 2006, p. 44.
  56. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 45.
  57. ^ 藤野幸雄 2006, p. 51.
  58. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 52.
  59. ^ 藤野幸雄 2006, p. 51-52.
  60. ^ 藤野幸雄 2006, p. 45-46.
  61. ^ a b c d e 藤野幸雄 2006, p. 46.
  62. ^ a b c d 藤野幸雄 2006, p. 47.
  63. ^ 藤野幸雄 2006, p. 48.
  64. ^ 藤野幸雄 2006, p. 48-49.
  65. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 49.
  66. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 50.
  67. ^ 藤野幸雄 2006, p. 53-54.
  68. ^ 藤野幸雄 2006, p. 54-55.
  69. ^ 藤野幸雄 2006, p. 55.
  70. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 205.
  71. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 205–206.
  72. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 208–209.
  73. ^ a b c 藤野幸雄 2006, p. 208.
  74. ^ モネスティエ 1999, p. 351.
  75. ^ 藤野幸雄 2006, p. 209-210.
  76. ^ 藤野幸雄 2006, p. 207.
  77. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 194.
  78. ^ 藤野幸雄 2006, p. 196.
  79. ^ 藤野幸雄 2006, p. 197.
  80. ^ 山田勝 1992, p. 192.
  81. ^ 藤野幸雄 2006, p. 203-204.
  82. ^ 藤野幸雄 2006, p. 204.
  83. ^ ガース・ド・ラ・ビュイーニュ「狩猟の物語」(1359-1377)およびガストン・フェビュス「狩猟の書」(1387-1391)にこの挿話がある。頼順子「中世後期の戦士的領主階級と狩猟術の書」(Journal of History for the Public, Vol. 2, 2005, pp. 127-148)[1]PDF.P.7
  84. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『三十人合戦』 - コトバンク
  85. ^ Jean Froissart's Chronicles Amiens ms. version.
  86. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 92.
  87. ^ モネスティエ 1999, p. 146.
  88. ^ a b c モネスティエ 1999, p. 147.
  89. ^ a b 藤野幸雄 2006, p. 93.
  90. ^ a b c d “巌流島(下関市) 地名に残った敗者・小次郎”. 産経新聞. (2015年10月6日). https://www.sankei.com/article/20151006-AGKTBOSZUZKXPD23LF2LUCOMI4/ 2021年8月4日閲覧。 
  91. ^ 久保三千雄 1998, pp. 95–96.
  92. ^ 久保三千雄 1998, p. 92.
  93. ^ 加来耕三 2003, p. 202.
  94. ^ 加来耕三 2003, p. 211.
  95. ^ 加藤竹彦 (2014年). “悲劇のヒーローか、「巌流島の決闘」”. 国際社会経済研究所. 2021-0816閲覧。
  96. ^ 加来耕三 2003, p. 194.
  97. ^ 「異説「巌流島」」吉村豊雄(文学部教授、熊本大学附属図書館報 2002.10)[2]
  98. ^ 斎藤茂 1975, pp. 687–688.
  99. ^ 斎藤茂 1975, pp. 687–688, 岡本和明 1999, pp. 206–207, 池波正太郎他 1999, p. 220-222
  100. ^ 岡本和明 1999, pp. 206–207, 池波正太郎他 1999, p. 220
  101. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 108–115.
  102. ^  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Tierney, George". Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.
  103. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 168–169.
  104. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 123.
  105. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 116–117.
  106. ^ 加藤文元 2010, p. 273.
  107. ^ 加藤文元 2010, p. 274.
  108. ^ 加藤文元 2010, p. 281-282.
  109. ^ 藤野幸雄 2006, pp. 150/188.
  110. ^ 江上照彦 1972, p. 255-256.
  111. ^ 江上照彦 1972, p. 261.
  112. ^ 藤野幸雄 2006, p. 138.



決闘(デュエル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/25 08:17 UTC 版)

PEACE MAKER (漫画)」の記事における「決闘(デュエル)」の解説

銃士同士が銃を用いて闘う試合様々な街で行われておりポピュラーな賭博のひとつとして扱われている。観客オッズに応じて金を賭ける勝者莫大なファイトマネー手に入れることができるが、敗者最悪の場合には命を落とすこととなる。ルールも街によって異なり別の街から来た銃士基本的にその街のルールに従って決闘を行う。

※この「決闘(デュエル)」の解説は、「PEACE MAKER (漫画)」の解説の一部です。
「決闘(デュエル)」を含む「PEACE MAKER (漫画)」の記事については、「PEACE MAKER (漫画)」の概要を参照ください。


決闘(フェーダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 15:07 UTC 版)

ユニオリズム・カルテット」の記事における「決闘(フェーダ)」の解説

騎士達が行剣術による試合元は命懸けで行う儀式決闘(フェーデ)を決闘競技として行うようになったことが発祥であり、近代科学進歩により、限りなく安全に決闘が行えるようになった

※この「決闘(フェーダ)」の解説は、「ユニオリズム・カルテット」の解説の一部です。
「決闘(フェーダ)」を含む「ユニオリズム・カルテット」の記事については、「ユニオリズム・カルテット」の概要を参照ください。


決闘(ディアハ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 10:03 UTC 版)

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の記事における「決闘(ディアハ)」の解説

3000年前の古代エジプト行なわれていた戦いの儀で、デュエルモンスターズ原型ともいえる儀式

※この「決闘(ディアハ)」の解説は、「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の解説の一部です。
「決闘(ディアハ)」を含む「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の記事については、「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「決闘」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

決闘

出典:『Wiktionary』 (2021/11/04 00:30 UTC 版)

この単語漢字
けつ > けっ
第三学年
とう
常用漢字
漢音

発音

名詞

(けっとう)

  1. 争いなどを解決するため、闘って勝負つけること。

類義語

派生語

翻訳

動詞

活用


「決闘」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



決闘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの決闘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPEACE MAKER (漫画) (改訂履歴)、ユニオリズム・カルテット (改訂履歴)、遊☆戯☆王デュエルモンスターズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの決闘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS