鎧とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 日本史辞典 > の意味・解説 

よろい よろひ [0] 【鎧・甲

動詞「よろう」の連用形から〕
身体をおおいまもるために、・革などで作って着用する戦闘用の防具
大鎧おおよろい)のこと。 → 大鎧
兜(かぶと)や袖に対して、胴鎧(どうよろい)のこと。


よろい〔鎧〕

甲冑総称
五月飾りには主として具足大鎧とがある。

作者山本亜矢子

収載図書私の妻は
出版社文芸社
刊行年月2000.3


作者泉鏡花

収載図書新編泉鏡花集 第6巻
出版社岩波書店
刊行年月2003.11


読み方:よろい

  1. 利益清水 闇屋仲間
  2. 利益。(よろくの訛か)〔闇屋
  3. 利益。鎧は衣服の上重ね着するところより。〔闇〕
  4. 利益。鎧は衣服の上重ね着するところより。

分類 闇屋仲間、闇/商人香具師


読み方:よろい

  1. 陰嚢カクシアル衣類-〔京浜地方人夫用語〕。〔第二類 人物風俗

分類人夫京浜地方

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ヨロイ(yoroi)

分野 狂言

年代 成立未詳

作者 作者未詳


読み方:ヨロイ(yoroi)

所在 兵庫県(JR山陰本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
あぶみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 16:28 UTC 版)

、よろい)は、戦闘の際に装着者の身体をなどの武器による攻撃から防護する衣類武具のこと。重要な臓器のある胴や胸の部分を守るのが主な目的である。、かぶと)や他の防具とセットで用いられ、あわせて甲冑とも呼ばれる。人間だけではなく、戦馬や象などの動物を保護するために使われることもあった。


  1. ^ リチャード・ホームズ 著、五百旗頭真・山口昇 監修、山崎正浩 訳『武器の歴史大図鑑』34ページ。
  2. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、14ページ。
  3. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、17ページ。
  4. ^ マーティン・J・ドアティ 著、野下祥子 訳『古代の武器・防具・戦術百科』原書房、23ページ、94ページ。
  5. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、20ページ。
  6. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、34ページ
  7. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、88~89ページ
  8. ^ マーティン・J・ドアティ 著、日暮雅通 監訳『中世ヨーロッパ 武器・防具・戦術百科』原書房、46ページ、117ページ。


「鎧」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 23:14 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鎧」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
90% |||||


鎧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鎧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2018,Hofu Virtual Site Museum,Japan
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2018 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS