鎧とは?

がい【×鎧】

人名用漢字] [音]ガイ(慣) [訓]よろい よろう

体をおおい守る武具。よろい。「鎧袖(がいしゅう)一触


よろい〔よろひ〕【×鎧/甲】

動詞「よろ(鎧)う」の連用形から》

着用して身体を被護す武具。被護部分により、頸甲(くびよろい)・肩甲胸甲膝甲(ひざよろい)などという。

胴から大腿部(だいたいぶ)にかけて被護す武具総称短甲(たんこう)・挂甲(けいこう)・大鎧(おおよろい)・腹巻き胴丸腹当ての類。

特に、大鎧のこと。

鎧形(よろいがた)」の略。


よろい よろひ 【鎧・甲】

1 〔名〕

着用して身体を被護す武具。被護部分から頸甲肩甲胸甲膝甲などという。

② 胴から大腿部にかけて被護す武具総称短甲挂甲綿甲大鎧腹巻胴丸腹当の類。また、比喩的用いて自分気持などを他のものから防御するものをいう

鎧&bc一;&wc2;(大鎧)〈蒙古襲来絵詞〉の画像

古事記(712)中「是に其兄王、兵士隠し伏せ、衣の中に鎧(よろひ)を服(き)て、河の辺に到りて」

昔の街1974)〈高橋たか子〉「知らぬと言いきってしまう、あの無表情の鎧を」

③ 特に、騎射戦に対応して構成した大鎧(おおよろい)をいう。馬上用として栴檀(せんだん)の板、鳩尾(きゅうび)の板、逆板などを具備した。

④ =よろいがた鎧形)①

讚岐典侍(1108頃)下「玉のかうぶりし、あるは錦のうちかけ近衛づかさなど、よろひとかやいふ物著たりしこそ、見もならはず」

(5)よろいがた鎧形)②〔随筆独寝1724頃)〕

2 狂言。各流。主人の命で都に鎧腹巻を買いにのぼった太郎冠者は、詐欺師にだまされて、鎧腹巻のことを記した反古(ほご)と葛桶(かずらおけ)を買って帰る。そして、詐欺師言われたように、反古を額に当てれば兜、脛(すね)に当てれば脛当になるなどと説明しまた、ざっくりと着ておどす物」と注文された鎧はこの中にあると葛桶ふたをあけると、鬼の面が出てきたので主人にしかられる和泉流では「鎧腹巻」という。


よろ・う よろふ 【鎧】

〔他ワ五(ハ四)〕

① 鎧を着る。甲冑身につける

平家13C前)二「太政大臣の官に至る人の甲冑をよろふ事、礼義を背くにあらずや」

ぎやどぺかどる(1599)下「淫欲弓矢にをひて 如此の観念をなし 堅固に鎧ひ防ぐべき事」

② かたいものなどで表面をおおう。

青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「白緑色に塗られた鉄格子の扉と、鋲の一面に鎧(ヨロ)はれたの扉とで二重ハタと閉されて」

③ (比喩的用いて自分世界などを外部から守るために、近づきがたい態度をとる。

黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉一「四十年閲歴で鎧(ヨロ)ふた此頑強老婢には」


よろい〔鎧〕

甲冑総称
五月飾りには主として具足大鎧とがある。

作者山本亜矢子

収載図書私の妻は
出版社文芸社
刊行年月2000.3


作者泉鏡花

収載図書新編泉鏡花集 第6巻
出版社岩波書店
刊行年月2003.11


読み方:よろい

  1. 利益清水 闇屋仲間
  2. 利益。(よろくの訛か)〔闇屋
  3. 利益。鎧は衣服の上重ね着するところより。〔闇〕
  4. 利益。鎧は衣服の上重ね着するところより。

分類 闇屋仲間、闇/商人香具師


読み方:よろい

  1. 陰嚢カクシアル衣類-〔京浜地方人夫用語〕。〔第二類 人物風俗

分類人夫京浜地方

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ヨロイ(yoroi)

分野 狂言

年代 成立未詳

作者 作者未詳


読み方:ヨロイ(yoroi)

所在 兵庫県(JR山陰本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
あぶみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 15:44 UTC 版)

、よろい)は、戦闘の際に装着者の身体をなどの武器による攻撃から防護する衣類武具のこと。重要な臓器のある胴や胸の部分を守るのが主な目的である。、かぶと)や他の防具とセットで用いられ、あわせて甲冑とも呼ばれる。人間だけではなく、戦馬や象などの動物を保護するために使われることもあった。


  1. ^ 唐六典中国語版 16巻
  2. ^ リチャード・ホームズ 著、五百旗頭真・山口昇 監修、山崎正浩 訳『武器の歴史大図鑑』34ページ。
  3. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、14ページ。
  4. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、17ページ。
  5. ^ マーティン・J・ドアティ 著、野下祥子 訳『古代の武器・防具・戦術百科』原書房、23ページ、94ページ。
  6. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、20ページ。
  7. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、34ページ
  8. ^ 市川定春『武器甲冑図鑑』新紀元社、88~89ページ
  9. ^ マーティン・J・ドアティ 著、日暮雅通 監訳『中世ヨーロッパ 武器・防具・戦術百科』原書房、46ページ、117ページ。
  10. ^ 金文京 『中国の歴史 A History of China 04 後漢三国時代 三国志の世界』 講談社 2005年 ISBN 4-06-274054-0 306ページ。
  11. ^   太平御覽/0353. - ウィキソース. 
  12. ^ 魏晉南北朝文化史 著者: 萬繩楠 p.336


「鎧」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/07/24 23:18 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鎧」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
90% |||||


鎧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鎧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2022 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS