ブーツとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > > ブーツ > ブーツの意味・解説 

ブーツ

名前 BootsBootesBouts

ブーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/11 06:36 UTC 版)

ブーツ英語: boots)は、履物)の一種で、踝までのやそれ以上のを覆うもの。漢語表現では長靴とも。




  1. ^ ゴム長靴が普及するはるか以前より日本の雪国の庶民が使った。雪の温度が十分低く、また、稲藁が断熱材となり雪は解けず水が浸み入ることもない。また断熱性の違いからゴム長靴のように、足が冷えることが少ない
  2. ^ “ニーハイ”(Knee High)は、訳せば「膝丈の」であり本来ロングブーツに分類されるべきだが、日本では「膝上丈の」と誤訳されサイハイブーツなどと混同されている
  3. ^ 大日本帝国陸軍では全ての将官佐官の他、騎兵・砲兵輜重兵憲兵獣医部などの将校准士官下士官(各々の兵科兵種各部による)。普段最も着用機会の多い将校准士官の略装においては、1940年の兵科区分撤廃以降は乗馬本分者ではない、徒歩本分者でも長靴を履く者が特に多くなった
  4. ^ 短袴(たんこ)とも。に膨らみがあり、長靴の胴部分で隠れるの部分は逆に引き締まる形
  5. ^ この当時、多くの女性のミニスカートはひざ丈よりやや短い程度であった(「年代流行」1960年代 流行ファッション)。
  6. ^ 「UFO」(1977年12月)が1978年末の「第20回日本レコード大賞」を受賞(「明星」1979年2月号)
  7. ^ 「日経ヒット商品番付1978」「アクロス 定点観測 ストリートファッション 」(パルコ出版)ほか
  8. ^ 『つばさ/あこがれ プロモート盤シングル』ジャケット写真
  9. ^ 1975年1月14日に東京有楽町・日本劇場(通称=日劇)のステージ。1978年4月4日のファイナルカーニバルの最後の衣装など
  10. ^ シングル『透明人間 』(ビクター、SV-6474)ジャケット写真
  11. ^ シングル『ジパング』(ビクター、SV-6554)ジャケット写真
  12. ^ 1977年『第28回NHK紅白歌合戦』でも歌った。この時はキャンディーズ山口百恵しばたはつみ桜田淳子がそれぞれ傘にレインコート、ロングブーツタイプのゴム長靴を履いてバックダンサーを務めていた
  13. ^ Mi-Ke のプロモーションビデオ(1991)でメンバーの3人が電話ボックスから傘・レインコート・レインブーツで出てくる。
  14. ^ 「Lupin(ルパン)、(2010年2月17日にリリース)」(KARAの3枚目のミニアルバム)の3曲目に収録
  15. ^ 「マンハッタン無宿」((マンハッタンむしゅく 原題:Coogan's Bluff)は、1968年制作のアメリカ映画。監督はドン・シーゲル
  16. ^ 「赤いブーツの女(1975年2月15日公開)」。超能力をもつ若い女流小説家と彼女をとりまく三人の男たちの愛の葛藤を描く。製作はホゲル・ダニエル・カリ
  17. ^ 第77話では、当時の日本でも流行したロングブーツが、全編のキーアイテムになっている。
  18. ^ The Avengers : Series 5 : 「The Positive Negative Man」ほか
  19. ^ 「おしゃれ泥棒(1966年7月13日公開)」。ウィリアム・ワイラー監督のコメディ
  20. ^ 「雨の訪問者(1970年1月21日公開)」。原作・脚本はミステリ作家のセバスチアン・ジャプリゾ
  21. ^ モーツァルトのヴァイオリンソナタを演奏のカメダ青年の周りで、合成でブーツ色違いの数人が遊んでいる演出など。
  22. ^ 「モーツァルト幻想 コー・ガブリエル・カメダの世界」「アインシュタインロマン」(解説・三枝成彰、1992年)LV(レーザーディスク)、CD、VHSビデオ
  23. ^ 任務や目的のため「完全な女装」の場合と、「女ものを着こなす」美少年ファッションの二通りがある。
  24. ^ 舞台「パタリロ!」(2016年公演)でも佐奈宏紀演じるマライヒが、ヒールのある白エナメルのロングブーツを履いていた。



ブーツ

出典:『Wiktionary』 (2011/07/27 06:44 UTC 版)

名詞

  1. 長靴深靴

関連語

語源




ブーツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブーツ」の関連用語

ブーツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブーツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのブーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS