カウボーイとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > カウボーイの意味・解説 

カウボーイ【cowboy】

読み方:かうぼーい

米国西部メキシコなどの牧場で、馬に乗って働く牛飼い牧童。「—ハット

「カウボーイ」に似た言葉

【カウボーイ】(かうぼーい)

F-104パイロットのこと。
ブーツのかかとに付いている「スパ」と呼ばれる金具が歩くたびに音をたてる。
その音と見た目がカウボーイのブーツに付いている拍車のような物で、いつからかそう呼ぶようになった

ちなみにスパとは、エジェクト時にかかとを引っ張って射出座席固定するためのもの。


カウボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 23:39 UTC 版)

カウボーイ(cowboy)は、北アメリカ大陸オーストラリアなどの牧場で見られる、畜産業に従事する牧場労働者のこと。牧童(ぼくどう)。また、同種の職業に従事する女性をカウガールと呼ぶ。


注釈

  1. ^ 中南米のバケーロについてはen:vaqueroを参照。
  2. ^ 自動拳銃は20世紀に入ってからジョン・ブローニングによって発明されたもの。それまでは存在しない。
  3. ^ プロレス技ラリアットは、考案者のスタン・ハンセンがカウボーイスタイルの入場コスチュームであった事と、技のフォームがカウボーイのラリアットを彷彿とさせた事に由来している。
  4. ^ pre-mRNAスプライシングにおけるラリアット構造は、配列の形がカウボーイが投げたラリアットに似ている事から名付けられた。

出典

  1. ^ Porter, Kenneth (1994). “African Americans in the Cattle Industry, 1860s–1880s”. Peoples of color in the American West ([Nachdr.] ed.). Lexington, Mass. [u.a.]: Heath. pp. 158–167. ISBN 0669279137. https://archive.org/details/peoplesofcolorin0000unse/page/158 
  2. ^ “Deadwood Dick and the Black Cowboys”. The Journal of Blacks in Higher Education (22): 30. (1998). doi:10.2307/2998819. JSTOR 3650843. 
  3. ^ Goldstein-Shirley, David (30 April 1997). “Black Cowboys in the American West: An Historiographical Review”. Ethnic Studies Review 6 (20): 30. ISSN 1555-1881. 
  4. ^ The Lesser-Known History of African-American Cowboys”. Smithsonian Magazine (2017年2月13日). 2021年5月17日閲覧。
  5. ^ 『コンクリート・カウボーイ 本当の僕は』感想(ネタバレ)…Netflix;黒人カウボーイの歴史を感じて”. シネマンドレイク (2021年4月4日). 2021年5月17日閲覧。


「カウボーイ」の続きの解説一覧

カウボーイ (カヴィン・アユソ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 14:11 UTC 版)

IdentityV 第五人格」の記事における「カウボーイ (カヴィン・アユソ)」の解説

アメリカ西部小さな町で生まれた小さい頃インディアン人の女の子仲良くなり、投げ縄投げ方などを教わっていたが、米軍インディアン部族との衝突で、二人の間連絡取れなくなった数年後事故にあったカヴィンはインディチェロキー族の家長助けられて、一人ぼっち老人の面倒をみた。しかし、米軍との対立激しくなり部族衰退兆し見せると、部族人たちはカヴィンが米軍スパイだと疑い始めた恩人ある老人部族に迷惑をかけないよう、カヴィンは自ら去り、再び旅に出た誕生日12月27日

※この「カウボーイ (カヴィン・アユソ)」の解説は、「IdentityV 第五人格」の解説の一部です。
「カウボーイ (カヴィン・アユソ)」を含む「IdentityV 第五人格」の記事については、「IdentityV 第五人格」の概要を参照ください。


カウボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 02:57 UTC 版)

アラバスタ王国」の記事における「カウボーイ」の解説

アラバスタ王国出身14歳16歳誕生日4月12日身長155cm。おひつじ座血液型F型好物はカルカデ。

※この「カウボーイ」の解説は、「アラバスタ王国」の解説の一部です。
「カウボーイ」を含む「アラバスタ王国」の記事については、「アラバスタ王国」の概要を参照ください。


カウボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 23:00 UTC 版)

悪魔のいけにえ」の記事における「カウボーイ」の解説

冒頭に登場したカウボーイ。サリー保安官紹介する

※この「カウボーイ」の解説は、「悪魔のいけにえ」の解説の一部です。
「カウボーイ」を含む「悪魔のいけにえ」の記事については、「悪魔のいけにえ」の概要を参照ください。


カウボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 16:39 UTC 版)

BØY」の記事における「カウボーイ」の解説

STYX」にいる外国人バイカー1人ドラッグ常習者で「STYX」の面々には「いつか人を殺す」とささやかれているバイクなしで「STYX」に乗り込んだ雨宮リンチ加えるが、駆けつけた一条阻まれ交戦バイク用いた戦法一方的に追い詰め一条の顔をバイクタイヤ擦りそうとする。しかし、長髪だったことが災いしホイール自身の髪を突っ込まれ自分が顔を削られて敗北したその後ジョーが晴矢に追い詰められた際に再登場拳銃使って椎名人質に取った。だが「誰よりも速く動いた」晴矢にはよって今度こそK.Oされた。

※この「カウボーイ」の解説は、「BØY」の解説の一部です。
「カウボーイ」を含む「BØY」の記事については、「BØY」の概要を参照ください。


カウボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 14:31 UTC 版)

カウボーイビバップ」の記事における「カウボーイ」の解説

賞金稼ぎ通称であり蔑称でもある一般市民にとってはならず者のイメージが強い。

※この「カウボーイ」の解説は、「カウボーイビバップ」の解説の一部です。
「カウボーイ」を含む「カウボーイビバップ」の記事については、「カウボーイビバップ」の概要を参照ください。


カウボーイ(COWBOY)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 06:50 UTC 版)

ネクロスの要塞」の記事における「カウボーイ(COWBOY)」の解説

人情家用心棒困った人々を見ていられず一行加わった彼の持つ「バッヂ」はかつてIIナイト持っていた水中手裏剣

※この「カウボーイ(COWBOY)」の解説は、「ネクロスの要塞」の解説の一部です。
「カウボーイ(COWBOY)」を含む「ネクロスの要塞」の記事については、「ネクロスの要塞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カウボーイ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カウボーイ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カウボーイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カウボーイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカウボーイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのIdentityV 第五人格 (改訂履歴)、アラバスタ王国 (改訂履歴)、悪魔のいけにえ (改訂履歴)、BØY (改訂履歴)、カウボーイビバップ (改訂履歴)、ネクロスの要塞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS