ボウイナイフとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 工業製品 > 日用品 > ナイフ > ボウイナイフの意味・解説 

ボウイナイフ(Bowie Knife)

一般的には、8~10インチブレードのクリップポイント大型格闘ナイフをいう。1836年アラモ砦で死んだ、
有名なジェームズ・ボウイが使ったが、デザイン考案したのは兄のレジン・ボウイだといわれている。
ボウイナイフ

ボウイナイフ

分類Outdoor Knife アウトドアナイフ Field Knife フィールドナイフ
【英】 Bowie Knife

ボウイナイフ (Bowie knife) は刃長20-30cmのクリップポイント、しっかりしたダブルヒルトを持った大型シースナイフ鞘付きナイフ)で、武器であると同時に日用品としても利用でき、一般にいうところのハンティングナイフサバイバルナイフ原型となっている。
元はヨーロッパで使われていたブッチャー・ナイフ屠殺ナイフ)を改造したもの始まりだといわれている。
西部開拓時代英雄アーカンソー開拓者ディビー・クロケットと共に1836年アラモ砦最後まで守備していたジェームズ・ボウイジム・ボウイ)が、決闘バッファロー狩り愛用していたことからボウイナイフと呼ばれるようになった現在のフィールドまして街中では実用性ほとんどないが、米国人の持つフロンティアスピリットすこぶる刺激するのか、アメリカでは今も盛んにカスタムナイフビルダーから大量生産製品に至るまで幅広く製造されており、フィールドナイフの定番として、あるいはコレクターズアイテムないしインテリア用品として愛用されている。 なお、この原型考案したのはジェームズ・ボウイ当人ではなく、兄のレジン・ボウイであると伝えられている。彼はバッファロー狩りに出かけた際に、持っていたナイフ非力であったことからひどい怪我を負ったため、これに懲り後日特注の丈夫なナイフを持つようになったという。
ボウイナイフ

ボウイナイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 14:37 UTC 版)

ボウイナイフ(Bowie knife)は、ナイフの一種で、刃長20-30cmのクリップポイント、しっかりしたダブルヒルトを持った大型のシースナイフ(鞘付きナイフ)。


  1. ^ 『ナイフ・マガジン』1992年6月特大号「世界のファクトリーナイフ2179本大カタログ」(ワールドフォトプレス)参照。
    たとえば米ファクトリーナイフメーカーのAL-MARがジョージ・H・W・ブッシュ大統領にフロンティアスピリッツを象徴するナイフとしてボウイナイフを贈呈した記念の製品として「プレジデント・メモリアルボウイ」という製品がリリースされている(同P.10)
  2. ^ アーカンソー歴史博物館資料


「ボウイナイフ」の続きの解説一覧



ボウイナイフと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボウイナイフ」の関連用語

ボウイナイフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボウイナイフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ジャパンナイフギルドジャパンナイフギルド
Copyright (C) 2021- JKG, All rights reserved.
ナジスナイフナジスナイフ
©2021 TakahashiCutlery Co.Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボウイナイフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS