乱闘とは? わかりやすく解説

らん‐とう【乱闘】

読み方:らんとう

[名](スル)入り乱れて暴力をもって争うこと。「ファンどうしが観客席で―する」


乱闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/07 22:52 UTC 版)

乱闘(らんとう)は、明確な敵対意識を持った人間同士が、正対した形ではなく入り乱れた様相を呈しながら戦うことを指す言葉である。


  1. ^ これとは別に中日球団からは減俸100万円と厳重戒告の処分が科された。
  2. ^ この試合の7回表に和田が打席に立った際、3球目の投球前に和田が3度にわたってバッターボックスを外し、特に3度目はメイが投球モーションに入った後に和田がタイムを要求したため、立腹したメイがその投球モーションから和田の頭部付近にビーンボールを投じたもの。危険球のルール適用がないタイム中の行為であること、メイが試合後に「和田に対する報復として行った」と自ら言及したことがこの処分の背景にある(「日本プロ野球『事件史』」(ベースボールマガジン社刊、2002年)、P132)。なお、メイは阪神在籍中の1999年7月18日の阪神対巨人戦(阪神甲子園球場)で審判へ暴力を振るって2週間の出場停止処分を科された前歴がある。
  3. ^ 試合中に発生したわけではないがリンゴ事件八十川ボーク事件などもある
  4. ^ 海外メディア「経済再生法案が国会の乱闘劇で漂流」(1) 中央日報 2009.03.11
  5. ^ 国会議員の乱闘劇、海外で笑い話に 中央日報 2009.07.24
  6. ^ 【写真】メディア法、乱闘劇の中で国会本会議通過 中央日報 2009.07.23
  7. ^ MB「ハンマー動員した国会、G20にどう見られるだろうか」 中央日報 2009.01.16
  8. ^ 機能不全国会を支える「国会後進化法」、このままにしていいのか:東亜日報”. 2017年9月20日閲覧。
  9. ^ 【緊急再掲・韓国乱闘国会】(3完)暴力がやんだ途端、機能不全(動画あり)(1/2ページ) - 産経ニュース”. 2017年9月20日閲覧。


「乱闘」の続きの解説一覧

乱闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 09:08 UTC 版)

ラストストーリー」の記事における「乱闘」の解説

最大参加人数は6人。個人戦チーム戦の2種類用意されていた。

※この「乱闘」の解説は、「ラストストーリー」の解説の一部です。
「乱闘」を含む「ラストストーリー」の記事については、「ラストストーリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「乱闘」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

乱闘

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 13:26 UTC 版)

名詞

らんとう

  1. 入り乱れて闘うこと。

動詞

活用

サ行変格活用
乱闘-する

「乱闘」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乱闘」の関連用語

乱闘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乱闘のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乱闘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラストストーリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの乱闘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS