フットボールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ボール > フットボールの意味・解説 

football

別表記:フットボール

「football」の意味・「football」とは

「football」とは、一般的には、丸いボール使用して2つチーム得点競うスポーツ一つである。具体的には、フィールド上のゴールボール入れることで得点を得る。ルールやプレイスタイルは地域リーグにより異なるが、共通するのはチームプレイ戦略性である。

「football」の発音・読み方

「football」の発音は、IPA表記では /ˈfʊtbɔːl/ となる。IPAカタカナ読みでは「フットボール」となり、日本人発音するカタカナ英語では「フットボール」と読む。発音によって意味や品詞が変わる単語ではない。

「football」の定義を英語で解説

「Football」 is a sport in which two teams compete to score points by getting a round ball into the opposing team's goal. The rules and styles of play may vary depending on the region or league, but what they all have in common is teamwork and strategy.

「football」の類語

「football」の類語としては、「soccer」や「rugby」がある。これらもまた、ボール使って得点競うスポーツであるが、ルールやプレイスタイルが異なる。

「football」に関連する用語・表現

「football」に関連する用語としては、「goal」、「offside」、「penalty」などがある。これらは全て、フットボールのルールプレイの中で重要な役割を果たす

「football」の例文

1. He loves playing football.(彼はフットボールをするのが好きだ
2. The football match was really exciting.(そのフットボールの試合本当に興奮した
3. She is a member of the school's football team.(彼女は学校のフットボールチームのメンバーだ)
4. The football stadium was filled with cheering fans.(フットボールスタジアムは歓声上げファンいっぱいだった)
5. The football player scored a goal.(そのフットボール選手ゴール決めた
6. The football coach gave them a pep talk.フットボールのコーチは彼らに激励スピーチをした)
7. The football game was postponed due to rain.(フットボールの試合のために延期された)
8. He got injured during the football practice.(彼はフットボールの練習中に怪我をした)
9. The football team won the championship.(フットボールチームは選手権勝ち取った
10. The football club has a lot of young talents.(そのフットボールクラブには多くの若い才能がいる)

フットボール【football】

読み方:ふっとぼーる

サッカー・ラグビー・アメリカンフットボールなどの総称。特にサッカーをさす。また、その競技用ボール蹴球


フットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/31 13:39 UTC 版)

フットボール: football)は、得点するために指定された相手陣地のゴールにボールを蹴り込む要素を含む一群のチームスポーツの総称、または、スティックなど他の器具を使わないでボールをゴールに持ち込む競技の総称、または、足でボールを蹴る・操作する球技の総称、またその競技に用いられるボールをいう[1]。フットボールには、


注釈

  1. ^ エドワード3世の布告は、「...ハンドボール、フットボール、あるいはホッケー; 狩猟、闘鶏、あるいはその他のそういった無駄な遊び」を禁止する声明を出した[48]。ここでは、この時期の「フットボール」がハンドボールといった体の他の部位を使う競技とは区別されていることが見てとれる

出典

  1. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、日本大百科全書(ニッポニカ)、コトバンク
  2. ^ Reilly, Thomas; Gilbourne, D. (2003). “Science and football: a review of applied research in the football code”. Journal of Sports Sciences 21 (9): 693–705. doi:10.1080/0264041031000102105. 
  3. ^ Editorial: Soccer – or should we say football – must change” (2014年6月12日). 2014年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月17日閲覧。 “New Zealanders on the way to their local rugby grounds should still be talking of "going to the football"”
  4. ^ History of Rugby in Australia”. Rugby Football History. 2012年1月11日閲覧。
  5. ^ Bailey, Steven (1995). “Living Sports History: Football at Winchester, Eton and Harrow”. The Sports Historian 15 (1): 34–53. 
  6. ^ Bale, J. (2002). Sports Geography. Taylor & Francis. p. 43. ISBN 0-419-25230-4 
  7. ^ Perkin, Harold (1989). “Teaching the nations how to play: sport and society in the British empire and commonwealth”. The International Journal of the History of Sport 6 (2): 145–155. 
  8. ^ Reilly, Thomas; Doran, D. (2001). “Science and Gaelic football: A revie”. Journal of Sports Sciences 19 (3): 181–193. 
  9. ^ a b c d Douge, Brian (2011). “Football: the common threads between the games”. Science and Football (Second ed.). Abingdon: Routledge. pp. 3–19. ISBN 978-0-415-50911-4 
  10. ^ サッカーとフットボール、どちらの呼び方が正解?|ライフコラム|NIKKEI STYLE”. 日本経済新聞. 2018年9月28日閲覧。
  11. ^ The governing body is the "Fédération de soccer du Québec"”. Federation-soccer.qc.ca. 2012年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月16日閲覧。
  12. ^ Stories Soccer to become football in Australia (SMH.com.au. December 17, 2004) "ASA chairman Frank Lowy said the symbolic move would bring Australia into line with the vast majority of other countries which call the sport football."
  13. ^ NZ Football – The Local Name Of The Global Game Archived 2009年9月22日, at the Wayback Machine. (NZFootball.co.nz. April 27, 2006) "The international game is called football and were part of the international game so the game in New Zealand should be called football"
  14. ^ David As... (2009年11月28日). “"new name & logo for Samoan football"”. Sportingpulse.com. 2012年4月16日閲覧。
  15. ^ "Football progress in Samoa "”. Samoaobserver.ws. 2012年4月16日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ History of Football - Britain, the home of Football”. FIFA.com. 2013年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月15日閲覧。
  17. ^ Post Publishing PCL.. “Bangkok Post article”. bangkokpost.com. 2020年7月26日閲覧。
  18. ^ History of Football - The Origins”. FIFA. 2013年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月29日閲覧。
  19. ^ ἐπίσκυρος, Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, on Perseus Digital Library
  20. ^ The New Encyclopaedia Britannica, 2007 Edition: "In ancient Greece a game with elements of football, episkuros, or harpaston, was played, and it had migrated to Rome as harpastum by the 2nd century BC".
  21. ^ φαινίνδα, Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, on Perseus Digital Library
  22. ^ Nigel Wilson, Encyclopedia of Ancient Greece, Routledge, 2005, p. 310
  23. ^ Nigel M. Kennell, The Gymnasium of Virtue: Education and Culture in Ancient Sparta (Studies in the History of Greece and Rome), The University of North Carolina Press, 1995, on Google Books
  24. ^ Steve Craig, Sports and Games of the Ancients: (Sports and Games Through History), Greenwood, 2002, on Google Books
  25. ^ Don Nardo, Greek and Roman Sport, Greenhaven Press, 1999, p. 83
  26. ^ Sally E. D. Wilkins, Sports and games of medieval cultures, Greenwood, 2002, on Google books
  27. ^ E. Norman Gardiner: "Athletics in the Ancient World", Courier Dover Publications, 2002, ISBN 0-486-42486-3, p.229
  28. ^ William Smith: "Dictionary of Greek and Roman Antiquities", 1857, p.777
  29. ^ He, Jin (2001). An Analysis of Zhan Guo Ce. Beijing: Peking University Press. ISBN 7-301-05101-8, p. 59-82
  30. ^ Richard Hakluyt, Voyages in Search of The North-West Passage Archived 2008年10月12日, at the Wayback Machine., University of Adelaide, December 29, 2003
  31. ^ From William Blandowski's Australien in 142 Photographischen Abbildungen, 1857, (Haddon Library, Faculty of Archaeology and Anthropology, Cambridge)
  32. ^ Historia Brittonum at the Medieval Sourcebook.
  33. ^ 松井良明『球技の誕生』平凡社、2015年, p55-56.
  34. ^ Ruff, Julius (2001). Violence in Early Modern Europe 1500-1800. Cambridge University Press. p. 170. ISBN 978-0521598941 
  35. ^ Jusserand, Jean-Jules. (1901). Le sport et les jeux d'exercice dans l'ancienne France. Retrieved January 11, 2008, from http://agora.qc.ca/reftext.nsf/Documents/Football--Le_sport_et_les_jeux_dexercice_dans_lancienne_France__La_soule_par_Jean-Jules_Jusserand (フランス語)
  36. ^ Baker, William (1988). Sports in the Western World. University of Illinois Press. p. 48. ISBN 978-0252060427 
  37. ^ Dunning, Eric (1999). Sport Matters: Sociological Studies of Sport, Violence and Civilisation. Routledge. p. 89. ISBN 978-0415093781 
  38. ^ a b Dunning, Eric (1999). Sport Matters: Sociological Studies of Sport, Violence and Civilisation. Routledge. p. 88. ISBN 978-0415093781 
  39. ^ Stephen Alsford, FitzStephen's Description of London, Florilegium Urbanum, April 5, 2006
  40. ^ a b c d e Francis Peabody Magoun, 1929, "Football in Medieval England and Middle-English literature" (The American Historical Review, v. 35, No. 1).
  41. ^ Irish inventions: fact and fiction”. Carlow-nationalist.ie. 2012年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月16日閲覧。
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m 小塩和人. “フットボールのアメリカニゼーション(1)アメラグからアメフトへ”. 上智大学. 2019年11月23日閲覧。
  43. ^ Derek Birley (Sport and The Making of Britain). 1993. Manchester University Press. p. 32. 978-0719037597
  44. ^ a b 中房敏朗「中世イギリスにおけるボール・ゲームを表す語句及び史料の存在状況について」スポーツ史研究 第 31 号(平成 30 年)、2018年、p.23-32.
  45. ^ 松井良明『球技の誕生』平凡社、2015年, p.241,271-2.
  46. ^ 松井良明『球技の誕生』平凡社、2015年, p.244-5.
  47. ^ 松井良明『球技の誕生』平凡社、2015年, p.244-5.
  48. ^ Derek Baker (England in the Later Middle Ages). 1995. Boydell & Brewer. p. 187. ISBN 978-0851156484
  49. ^ 松井良明『球技の誕生』平凡社、2015年, p .197.
  50. ^ a b Online Etymology Dictionary (no date), "football"”. Etymonline.com. 2010年6月19日閲覧。
  51. ^ 松井良明『球技の誕生』平凡社、2015年, p.170.
  52. ^ Vivek Chaudhary, “Who's the fat bloke in the number eight shirt?” Archived 2008年2月9日, at the Wayback Machine. (The Guardian, February 18, 2004.)
  53. ^ Anniina Jokinen, Sir Philip Sidney. "A Dialogue Between Two Shepherds" (Luminarium.org, July 2006)
  54. ^ Richard Carew. “EBook of The Survey of Cornwall”. Project Gutenberg. 2007年10月3日閲覧。
  55. ^ International Olympic Academy (I.O.A.) (no date), “Minutes 7th International Post Graduate Seminar on Olympic Studies” Archived 2008年4月29日, at the Wayback Machine.
  56. ^ リア王』第1幕第4場。ウィリアム・シェイクスピア著、福田 恆存 訳『リア王』新潮社、1967年。ISBN 978-4102020050 の訳「この蹴鞠野郎」では、baseが訳されていないし、フットボールは蹴鞠とは違うので再訳。
  57. ^ John Lord Campbell, ''The Lives of the Lords Chancellors and Keepers of the Great Seal of England'', vol. 2, 1851, p. 412. Books.google.co.uk. (1851). https://books.google.co.jp/books?id=sHrejZJVc80C&pg=RA3-PA412&dq=football&redir_esc=y&hl=ja 2010年6月19日閲覧。 
  58. ^ William Maxwell Hetherington, 1856, ''History of the Westminster Assembly of Divines, Ch.1 (Third Ed.)”. Reformed.org. 2012年4月16日閲覧。
  59. ^ A history of Winchester College. by Arthur F Leach. Duckworth, 1899 ISBN 1-4446-5884-0
  60. ^ 2003, "Richard Mulcaster"”. Footballnetwork.org. 2010年6月19日閲覧。
  61. ^ Francis Peabody Magoun. (1938) History of football from the beginnings to 1871. p.27. Retrieved 2010-02-09.
  62. ^ Francis Willughby, 1660–72, ''Book of Games''. Books.google.co.uk. (2003). ISBN 9781859284605. https://books.google.co.jp/books?id=P-io9DcBllkC&pg=PA168&lpg=PA168&vq=football&dq=willughby+book+of+sports&redir_esc=y&hl=ja 2010年6月19日閲覧。 
  63. ^ a b Julian Carosi (2006年). “The History of Offside”. 2008年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月9日閲覧。
  64. ^ a b Richard William Cox; Dave Russell and Wray Vamplew (2002). Encyclopedia of British Football. Routledge. p. 243. ISBN 9780714652498 
  65. ^ example of ball handling in early football from English writer William Hone, writing in 1825 or 1826, quotes the social commentator Sir Frederick Morton Eden, regarding "Foot-Ball", as played at Scone, Scotland:
    The game was this: he who at any time got the ball into his hands, run [sic] with it till overtaken by one of the opposite part; and then, if he could shake himself loose from those on the opposite side who seized him, he run on; if not, he threw the ball from him, unless it was wrested from him by the other party, but no person was allowed to kick it. (William Hone, 1825–26, The Every-Day Book, "February 15." Archived 2008年1月5日, at the Wayback Machine. Access date: March 15, 2007.)
  66. ^ ABC Radio National Ockham's Razor, first broadcast 6 June 2010.
  67. ^ THE SURREY CLUB Bell's Life in London and Sporting Chronicle (London, England), Sunday, October 07, 1849; pg. 6.New Readerships
  68. ^ Football: The First Hundred Years. The Untold Story. Adrian Harvey. 2005. Routledge, London
  69. ^ John Hope, Accounts and papers of the football club kept by John Hope, WS, and some Hope Correspondence 1787–1886 (National Archives of Scotland, GD253/183)
  70. ^ a b The Foot-Ball Club in Edinburgh, 1824–1841 – The National Archives of Scotland”. Nas.gov.uk (2007年11月13日). 2010年6月19日閲覧。
  71. ^ Rugby chronology”. Museum of Rugby. 2008年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年4月24日閲覧。
  72. ^ History of the Royal Caledonian Society of Melbourne”. Electricscotland.com. 2010年6月19日閲覧。
  73. ^ Soccer Ball World – Early History . Retrieved June 9, 2006. アーカイブ 2006年6月16日 - ウェイバックマシン
  74. ^ The exact name of Mr Lindon is in dispute, as well as the exact timing of the creation of the inflatable bladder. It is known that he created this for both association and rugby footballs. However, sites devoted to football indicate he was known as HJ Lindon, who was actually Richards Lindon's son, and created the ball in 1862 (ref: Soccer Ball World), whereas rugby sites refer to him as Richard Lindon creating the ball in 1870 (ref: Guardian article). Both agree that his wife died when inflating pig's bladders. This information originated from web sites which may be unreliable, and the answer may only be found in researching books in central libraries.
  75. ^ soccerballworld.com, (no date) "Charles Goodyear's Soccer Ball" Downloaded 30/11/06.
  76. ^ Scots invented beautiful game The Scotsman, 14 June 2006
  77. ^ Bell's Life in London and Sporting Chronicle (London, England), Sunday, January 13, 1839.New Readerships
  78. ^ Blackwood's Magazine, Published by W. Blackwood, 1862, page 563
  79. ^ Bell's Life in London and Sporting Chronicle (London, England), Saturday, January 07, 1865; Issue 2,229: "The Sheffield party, however, eventually took a lead, and through some scientific movements of Mr J Wild, scored a goal amid great cheering"
  80. ^ Bell's life in london, November 26th 1865, issue 2275: "We cannot help recording the really scientific play with which the Sheffield men backed each other up
  81. ^ Wall, Sir Frederick (2005). 50 Years of Football, 1884–1934. Soccer Books Limited. ISBN 1-8622-3116-8 
  82. ^ [Cox, Richard (2002) The encyclopaedia of British Football, Routledge, United Kingdom]
  83. ^ Bell's Life in London and Sporting Chronicle, 18 December 1869
  84. ^ Bell's Life in London and Sporting Chronicle, 5 November 1870,issue 2
  85. ^ Bell's Life in London and Sporting Chronicle, 17 February 1872,issue 2694
  86. ^ The Derby Mercury (Derby, England), Wednesday, March 20, 1872; Issue 8226
  87. ^ Murphy, Brendan (2007). From Sheffield with Love. Sports Book Limited. p. 59. ISBN 978-1-899807-56-7 
  88. ^ Association Football, chapter by CW Alcock, The English Illustrated Magazine 1891, page 287
  89. ^ Harvey, Adrian (2005). Football, the First Hundred Years. Routledge. pp. 273, ref 34–119. ISBN 0-415-35019-0. https://books.google.co.jp/books?id=TxoZ0S-GC7MC&redir_esc=y&hl=ja 
  90. ^ Csanadi Arpad, Hungerian coaching manual "Soccer", Corvina, Budapest 1965
  91. ^ Wilson Jonathon, Inverting the pyramid: a History of Football Tactics , Orion, 2008
  92. ^ Football Association tribute to the Cambridge Rules”. 2011年4月28日閲覧。[リンク切れ]
  93. ^ Harvey, Adrian (2005). Football, the First Hundred Years. Routledge. pp. 95–99. ISBN 0415350190. https://books.google.co.jp/books?id=TxoZ0S-GC7MC&redir_esc=y&hl=ja 
  94. ^ Murphy, Brendan (2007). From Sheffield with Love. Sports Book Limited. pp. 41–43. ISBN 9781899807567 
  95. ^ Letter from Tom Wills”. MCG website. 2006年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月14日閲覧。
  96. ^ The Origins of Australian Rules Football”. MCG website. 2007年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月22日閲覧。
  97. ^ Sport: Touchstone of Australian Life Archived 2011年1月17日, at the Wayback Machine. from the Australian Broadcasting Commission. First broadcast on Thursday 17/05/01
  98. ^ Peter Shortell. Hacking – a history Archived 2008年4月3日, at the Wayback Machine., Cornwall Referees Society Archived 2008年3月3日, at the Wayback Machine., 2 October 2006
  99. ^ “soccer, n”. Oxford English Dictionary. (June 2011). http://www.oed.com/view/Entry/183733 2011年7月1日閲覧。. 
  100. ^ Canadian Football Timelines (1860– present)”. Football Canada. 2007年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月23日閲覧。
  101. ^ 1903年にアメリカンフットボールによく似た「バーンサイド・ルール」が一部で導入され、それまでのラグビー式のルールから転換していくことになる。
  102. ^ Summers, Mark. “The Disability Football Directory”. 2013年6月3日閲覧。
  103. ^ Sean Fagan, Breaking The Codes, RL1908.com, 2006 (2006年5月11日時点のアーカイブ



フットボール

出典:『Wiktionary』 (2021/07/24 07:45 UTC 版)

名詞

  1. 得点するために指定され相手陣地ゴールボール蹴り込む要素を含む様々なスポーツ

翻訳

関連語


「フットボール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



フットボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フットボール」の関連用語

フットボールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フットボールのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフットボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフットボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS