打毬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 遊戯 > 打毬の意味・解説 

だ きゅう -きう [0] 【打毬

組み騎馬分かれ馬上から毬杖ぎつちよ)で毬(まり)をすくい取って自分毬門投げ込むのを競う古代遊戯大陸から伝わったもの。平安以降庶民の間では徒歩行われた。まりうち

打毬

読み方:マリウチ(mariuchi)

騎馬競技一種


打毬

読み方:ダキュウ(dakyuu)

毬を打つ八角稜のの形のに、色糸加えて飾った玩具

季節 新年

分類 人事


打毬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/03 18:01 UTC 版)

打毬(だきゅう)は日本競技遊戯に騎った者らが2組に分かれ、打毬杖(だきゅうづえ。毬杖)をふるって庭にあるを自分の組の毬門に早く入れることを競う。現在は、宮内庁青森県八戸市長者山新羅神社山形県山形市の豊烈神社にのみ伝承され、長者山新羅神社と豊烈神社では騎馬ではない「徒打毬(かちだきゅう)」も行われる。






「打毬」の続きの解説一覧



打毬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「打毬」の関連用語

打毬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



打毬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの打毬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS