ペルシャとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ペルシャの意味・解説 

ペルシャ【Persia】

読み方:ぺるしゃ

ペルシア

「ペルシャ」に似た言葉

ペルシア

(ペルシャ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 06:55 UTC 版)

ペルシアペルシャギリシア語: Περσία[1])は、現在のイランを表すヨーロッパ側の古名である。漢名は波斯(はし)・波斯国(はしこく)。波斯と書いてペルシャ、ペルシヤと読ませることもある[2]。イランの主要民族・主要言語の名称でもある。


  1. ^ ラテン文字表記:Persia
  2. ^ 近八郎右衛門編 『明治改正大日本国名尽・世界国名尽』p9、1886年、金沢・近八郎右衛門。「ヤ」は大きい字で表記。
  3. ^ 「改訂版 世界の民族地図」p155 高崎通浩著 1997年12月20日初版第1刷発行


「ペルシア」の続きの解説一覧

ペルシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 03:59 UTC 版)

紀元前209年」の記事における「ペルシャ」の解説

パルティアの王アルサケス2世セレウコス朝の王アンティオコス3世から攻められ領土奪われ同盟結ばされた。

※この「ペルシャ」の解説は、「紀元前209年」の解説の一部です。
「ペルシャ」を含む「紀元前209年」の記事については、「紀元前209年」の概要を参照ください。


ペルシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 03:42 UTC 版)

紀元前206年」の記事における「ペルシャ」の解説

パルティアの王アルサケス2世バクトリア王のエウテュデモス1世との戦い敗れて領土失ったセレウコス朝の王アンティオコス3世ヒンドゥークシュ山脈通ってカーブルまで行進しマウリヤ朝の王Sophagasenusと和解をした。

※この「ペルシャ」の解説は、「紀元前206年」の解説の一部です。
「ペルシャ」を含む「紀元前206年」の記事については、「紀元前206年」の概要を参照ください。


ペルシャ(声:遠藤綾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 08:28 UTC 版)

ルーンファクトリー3」の記事における「ペルシャ(声:遠藤綾)」の解説

お風呂屋を営むマーメイドボケ担当色恋良く分かってない水につかると足がヒレになってしまうが水着姿別に用意されている食べること絡んだ話をする本気で怒るが、イカ使った料理好物としている。

※この「ペルシャ(声:遠藤綾)」の解説は、「ルーンファクトリー3」の解説の一部です。
「ペルシャ(声:遠藤綾)」を含む「ルーンファクトリー3」の記事については、「ルーンファクトリー3」の概要を参照ください。


ペルシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 04:42 UTC 版)

メソポタミア」の記事における「ペルシャ」の解説

詳細は「ペルシア帝国を参照 紀元前539年アケメネス朝ペルシアキュロス2世新バビロニア滅ぼしメソポタミアを含むオリエント全域領土とする大帝国築き上げたアケメネス朝支配200年ほど続いたが、紀元前331年マケドニア王国アレクサンドロス3世バビロン入城しペルシアの支配終わった

※この「ペルシャ」の解説は、「メソポタミア」の解説の一部です。
「ペルシャ」を含む「メソポタミア」の記事については、「メソポタミア」の概要を参照ください。


ペルシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 09:54 UTC 版)

アバカス」の記事における「ペルシャ」の解説

紀元前6世紀アケメネス朝のころ、ペルシャでアバカス使われ始めたパルティアサーサーン朝では、学者らがインド中国ローマ帝国など周辺の国々知識発明品交換しあった。

※この「ペルシャ」の解説は、「アバカス」の解説の一部です。
「ペルシャ」を含む「アバカス」の記事については、「アバカス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ペルシャ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ペルシャ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:50 UTC 版)

固有名詞

ペルシア表記のゆれ:ペルシャ

  1. イラン旧称

複合語

翻訳


「ペルシャ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペルシャ」の関連用語

ペルシャのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ペルシャのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペルシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの紀元前209年 (改訂履歴)、紀元前206年 (改訂履歴)、ルーンファクトリー3 (改訂履歴)、メソポタミア (改訂履歴)、アバカス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのペルシャ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS