外名とは? わかりやすく解説

エンドニムとエクソニム

(外名 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/08 21:27 UTC 版)

エンドニム: endonym)とエクソニム: exonym)とは、特定の地名 (toponym民族名 (ethnonym、言語名 (glossonymなどを、命名の主体となった民族・言語に内生した呼称と外来の言語における呼称とに区分する術語。また、その区分された特定の地名呼称、民族呼称、言語呼称のこと。主に国際連合地名専門家グループ会合などにおける地名行政[1]文化人類学の文脈で用いられる。日本語ではそれぞれ、内名(ないめい)と外名(がいめい)と訳される[2]


注釈

  1. ^ なお、国連の公用語の一つとしての中国語では、それぞれ、当地语地名外来语地名と訳されている[5]
  2. ^ アイヌ地名は、日本の長い歴史の中で内生化した[7]
  3. ^ もう少し詳しく見ると、たとえば小俣 (2009)では、現状のロシア地名の日本語表記を検討対象として、外国地名を日本語表記する手続きの内容について、翻字主義(文字の置換)、表音主義(発音の転写)、表意主義(翻訳)、慣用主義(慣用形)の4つに分類している[29]。これに加えて、特にアルファベット言語間では、内名と同じ語源から派生した転訛形も外来地名の一形態である(例:英語の内名 London に対するフランス語の外名 Londres やイタリア語の外名 Londra など)。
  4. ^ 公的文書では「도쿄」(トキョ)と読み書きされる。
  5. ^ 中国名でもある[53]

出典

  1. ^ 笹川・明野・須賀 2019.
  2. ^ a b 遠藤ほか 2014, pp. 46–47.
  3. ^ a b 日本学術会議 2019, pp. 18–19.
  4. ^ 笹川・明野・須賀 2019, p. 150.
  5. ^ UNGEGN 2002, p. 179.
  6. ^ a b 田邉 2020, pp. 62–64.
  7. ^ 田邉 2020, p. 63.
  8. ^ 田邉 2020, pp. 62–63.
  9. ^ a b c UNGEGN 2002, p. 10.
  10. ^ a b 田邉 2020, p. 64.
  11. ^ a b 田邉 2020, p. 65.
  12. ^ 田邉 2020, p. 53.
  13. ^ 田邉 2020, pp. 63, 65.
  14. ^ 加賀美 2017, pp. 3–6.
  15. ^ a b 加賀美 2017, p. 7.
  16. ^ a b 加賀美 2016.
  17. ^ a b c 田邉 2020, p. 52.
  18. ^ 田邉 2020, pp. 22, 67.
  19. ^ a b c d e 田邉 2020, p. 23.
  20. ^ 田邉 2020, pp. 64–65.
  21. ^ 田邉 2020, p. 41.
  22. ^ Kadmon 2007.
  23. ^ a b c d 田邉 2020, p. 40.
  24. ^ Woodman 2012, p. 60.
  25. ^ 田邉 2020, pp. 40–41.
  26. ^ a b 石山・岸本・下山・河瀬・笹川 2021, p. 65.
  27. ^ Tanabe 2021.
  28. ^ a b 田邉 2020, p. 43.
  29. ^ 小俣 2009, p. 116.
  30. ^ 田邉 2020, pp. 33–34.
  31. ^ a b c 田邉 2020, p. 21.
  32. ^ a b 田邉 2020, p. 20.
  33. ^ 田邉 2020, p. 22.
  34. ^ a b 田邉 2020, p. 14.
  35. ^ a b 田邉 2020, p. 46.
  36. ^ 三省堂辞書編集部 (2021年4月9日). “第1回 人気の第二外国語とそのおすすめの辞書・教材(中国語編)”. 三省堂. 2021年9月7日閲覧。
  37. ^ 明木 2002, p. 50.
  38. ^ 笹原宏之 (2012年3月20日). “第169回 韓国の漢字”. 三省堂. 2021年9月7日閲覧。
  39. ^ 笹原宏之 (2011年4月5日). “第89回 河内(ハノイ)の漢字”. 三省堂. 2021年9月7日閲覧。
  40. ^ 椙村 1965, p. 104.
  41. ^ 椙村 1965, p. 97.
  42. ^ a b 加賀美 2017, pp. 6–7.
  43. ^ 日本学術会議 2019, p. 2.
  44. ^ a b c 日本学術会議 2019, pp. 2–3.
  45. ^ 日本学術会議 2019, p. 18.
  46. ^ 遠藤ほか 2014, p. 47.
  47. ^ the Democratic Republic of Timor-Leste”. The United Nations Terminology Database. 2021年7月10日閲覧。
  48. ^ the Republic of Cabo Verde”. The United Nations Terminology Database. 2021年7月10日閲覧。
  49. ^ ICYMI: Cape Verde's Name Change”. Political Geography Now (2014年1月19日). 2021年7月10日閲覧。
  50. ^ グルジアはジョージアが正しい? 国名呼称の不思議」『日本経済新聞』、2015年5月27日。2024年6月2日閲覧。
  51. ^ ウクライナの首都等の呼称の変更”. 外務省 (2022年3月31日). 2024年2月8日閲覧。
  52. ^ 北米最高峰マッキンリー、デナリに名称変更”. ナショナルジオグラフィック日本版 (2015年9月3日). 2021年9月7日閲覧。
  53. ^ 世界の最高峰は「エベレスト」?「チョモランマ」?”. NHK放送文化研究所 (2001年9月1日). 2021年9月7日閲覧。
  54. ^ a b エヴェレスト? エベレスト? チョモランマ?”. 風の旅行社 (2016年2月23日). 2021年9月7日閲覧。
  55. ^ 趙 2016, p. 77.
  56. ^ 趙 2016, pp. 82, 135–136.


「エンドニムとエクソニム」の続きの解説一覧

外名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 05:29 UTC 版)

ジェマイティヤ人」の記事における「外名」の解説

ジェマイティヤ」はラテン語読みSamogitiaをもとにサモギティアもしくはそれに類する言葉呼ばれることがあるが、同様にジェマイティヤ人」もŽemaitēという自称かかわらず各国用いられる外名が異なる。 言語ジェマイティヤジェマイティヤ人サモギティア語 Žemaitėjė žemaitē リトアニア語 Žemaitija žemaičiai ベラルーシ語 Жамойць жамойць エストニア語 Žemaitija Žemaidid オランダ語 Samogitië Samogitiërs フランス語 Samogitie samogitiens ドイツ語 Schameiten Schameiten イタリア語 Samogizia samogizi ラトビア語 Žemaitija žemaiši ポーランド語 Żmudź Żmudzini ポルトガル語 Samogícia samogícios ロシア語 Жемайтия жемайты スペイン語 Samogitia samogitios スウェーデン語 Samogitien Samogitier

※この「外名」の解説は、「ジェマイティヤ人」の解説の一部です。
「外名」を含む「ジェマイティヤ人」の記事については、「ジェマイティヤ人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「外名」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外名」の関連用語

外名のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外名のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエンドニムとエクソニム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジェマイティヤ人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS