大阪大学とは?

大阪大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 14:00 UTC 版)

大阪大学(おおさかだいがく、英語: Osaka University)は、大阪府吹田市山田丘1番1号に本部を置く日本国立大学である。1931年に設置された。大学の略称阪大(はんだい)。 1838年天保9年)に緒方洪庵により設立された適塾を前身とするというのが大学の公式見解である。




  1. ^ 一、適塾の沿革 — 大阪大学
  2. ^ 西山伸「大学沿革史のいま」、学校沿革史研究会『学校沿革史の研究大学編一』所収。
  3. ^ 菅真城「国立大学に建学の精神はあるのか?」広島大学学術情報レポジトリ
  4. ^ a b c d 平成20年度全国大学一覧(文教協会)
  5. ^ World University Rankings 2019 | Times Higher Education (THE)
    タイムズ・ハイアー・エデュケーション
    世界大学ランキング 2014-2018
    2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
    世界ランク 157 251-300 251-300 201-250 201-250
    アジア順位 16 23 28 19 28
    国内順位 4 5 4 3 3
    タイムズ・ハイアー・エデュケーション
    世界大学ランキング 2004-2013
    2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
    世界ランク 69 105 70 46 44 43 130 112 147 144
    アジア順位 11 17 13 8 7 6 17 11 17 15
    国内順位 4 4 3 3 3 3 4 4 5 4
  6. ^ ARWU World University Rankings 2017 | Academic Ranking of World Universities 2017 | Top 500 universities | Shanghai Ranking - 2017
  7. ^ Osaka University Rankings - TopUniversities
  8. ^ QS「アジア世界大学ランキング2018」で、阪大は国内第3位 — 大阪大学
  9. ^ CWUR 2018-2019 | Top Universities in the World
  10. ^ 次世代に繋ぐ女性研究者のサポート連鎖の形成
  11. ^ 大阪大学の歴史”. 大阪大学. 2019年4月13日閲覧。
  12. ^ 懐徳堂 — 大阪大学
  13. ^ 塩見理化学研究所小史 芝 哲夫 大阪大学五十年史資料・編集室 大阪大学史紀要 1983-11-30
  14. ^ 大阪大:論文疑惑 予備調査27本の調査打ち切り 毎日新聞 2015年4月8日 2016年12月6日閲覧
  15. ^ すっきりしないけど、阪大疑惑論文の調査打ち切り 産経新聞 2015年4月8日 2016年12月6日閲覧
  16. ^ お知らせ:お知らせ:レーザー科学研究所
  17. ^ 大阪大学箕面キャンパス移転について - 大阪大学・箕面市 (PDF)
  18. ^ 大阪大学 ワニ博士
  19. ^ 学科目、専修の構成は、大阪大学文学部規程による。
  20. ^ 学科目と研究分野の構成は「人間科学部パンフレット」(2019年入学生用) (PDF) による。2年次後半から各学科目に分かれて専門教育科目を履修。
  21. ^ a b c d e f g h i 学科目は、大阪大学における講座、学科目及び研究部門に関する規程
  22. ^ 学科目、履修コースの構成は、大阪大学工学部規程による。
  23. ^ 「大阪大学における講座、学科目及び研究部門に関する規程」では、連携講座の記載はない。
  24. ^ a b c d 2018 OSAKA UNIVERSITY PROFILE (PDF)
  25. ^ 大阪大学大学院文学研究科規程による。なお、文学研究科・文学部ホームページ、(博士前期課程2016年度入学生用の学生募集要項 (PDF)後期課程 (PDF) )では、文化基礎学専門分野、地域社会論専門分野の記載はない。
  26. ^ 大阪大学大学院文学研究科規程による。なお、文学研究科・文学部ホームページ、2015年度入学生用の学生募集要項(博士前期課程・後期課程)では、言語文芸学専門分野、文献情報学専門分野、異文化交流論専門分野の記載はない。
  27. ^ 大阪大学大学院文学研究科規程
  28. ^ 2015.11 理学研究科教育プログラム (PDF)
  29. ^ 「2015年度 学生便覧」
  30. ^ 2016年度用 理学研究科博士前期課程学生募集要項 (PDF)
  31. ^ 2016年4月入学生用の前期課程学生募集要項
  32. ^ 大阪大学大学院:理学研究科生物科学専攻:大学院入試
  33. ^ 英語コース
  34. ^ 学生は物理学専攻に所属
  35. ^ 学生は生物科学専攻、化学専攻、高分子科学専攻のいずれかに所属
  36. ^ 2013年度から学生は2コースのいずれかに所属することになったが、定員は特に定められていない
  37. ^ 不足しているがんの専門医・研究者(薬物療法専門医、放射線治療専門医、緩和医療専門医、外科専門医、病理専門医、がん予防・疫学研究者および医学物理士)を養成するため、2008年度に設置
  38. ^ 2016年入学生用の学生募集要項[1]
  39. ^ 2016年度学生募集分野の研究内容等(博士前期課程 (PDF)博士後期課程・博士課程 (PDF) )による。なお、「先進医薬学」は医療薬学専攻のみ募集するとされている。また、「医薬品医療機器評価学」は博士前期課程で募集していない。
  40. ^ 産業科学研究所との協力分野
  41. ^ 産業科学研究所との協力分野
  42. ^ 微生物病研究所との協力分野
  43. ^ 微生物病研究所との協力分野
  44. ^ 総合学術博物館との協力講座
  45. ^ 大阪府立成人病センターとの連携分野
  46. ^ a b c d e f g h 国立医薬食品衛生研究所との連携分野
  47. ^ 医薬品医療機器総合機構との連携分野
  48. ^ a b c d e f g h i j k l 医薬基盤・栄養・健康研究所との連携分野
  49. ^ a b c d 国立循環器病研究センターとの連携分野
  50. ^ コースは、2015年入学生用の学生募集要項(博士前期課程[2]、後期課程[3])による。なお、2016年度から電気電子情報工学専攻のコースは、電気工学コース、情報通信工学コース、電子工学コース、総合コースに再編される[4]
  51. ^ 左記4コースに跨る横断型コース。
  52. ^ 学生募集要項に添付される各専攻・領域の研究内容[5]による。なお、「大阪大学プロフィール 2015」によると、量子機能融合講座(連携講座)、人間社会発達環境学講座(連携講座)もある。
  53. ^ 研究グループには、強相関系理論、強相関系分光、強相関系量子物性がある。
  54. ^ 研究グループには、機能性物質科学、量子情報・量子光学、ナノスピントロニクスがある。
  55. ^ 協力講座。研究グループには、半導体量子科学、ナノ機能予測がある。
  56. ^ 研究グループには、合成有機化学、合成高分子化学、有機金属化学がある。
  57. ^ 研究グループには、表面・界面機能化学、生体機能化学がある。
  58. ^ 協力講座。研究グループには、太陽エネルギー変換がある。
  59. ^ 研究グループには、ナノ反応工学、量子化学工学、触媒設計学がある。
  60. ^ 研究グループには、移動現象制御、分子集合系化学工学がある。
  61. ^ 研究グループには、生物発想化学工学、生物反応工学がある。
  62. ^ 協力講座。研究グループには、環境光工学がある。
  63. ^ 研究グループには、分子エレクトロニクス、機能分子創製、理論物質科学がある。
  64. ^ 研究グループには、微小物質コヒーレンス、構造揺らぎダイナミクスがある。
  65. ^ 協力講座。研究グループには、複合極限物性がある。
  66. ^ 協力講座。研究グループには、ナノマテリアル・デバイスがある。
  67. ^ 学生募集要項に添付される各専攻・領域の研究内容による。なお、「大阪大学プロフィール 2015」によると、デザインバイオニクス講座(連携講座)も記載されている。
  68. ^ 研究グループには、熱工学、流体力学がある。
  69. ^ 研究グループには、材料・構造強度学、固体力学がある。
  70. ^ 研究グループには、分子流体力学、流体工学がある。
  71. ^ 研究グループには、ロボティクス・メカトロニクス、数理固体力学がある。
  72. ^ 研究グループには、バイオメカニクス、生体機械システム、人間機械情報学(客員)がある。
  73. ^ 研究グループには、細胞システム工学、バイオダイナミクスがある。
  74. ^ 研究グループには、生体光計測、バイオイメージングがある。
  75. ^ 学生募集要項に添付される各専攻・領域の研究内容による。なお、「大阪大学プロフィール 2015」によると、先端センシングエレクトロニクス講座(連携講座)も記載されている。
  76. ^ 研究グループには、ナノエレクトロニクス、光電変換デバイス、ナノ物性デバイスがある。
  77. ^ 研究グループには、量子デバイスシステム、量子情報デバイスがある。
  78. ^ 研究グループには、光波マイクロ波、情報フォトニクス、量子エレクトロニクスがある。
  79. ^ 協力講座。研究グループには、先端エレクトロニクスがある。
  80. ^ 研究グループには、システム解析、適応ロボット学がある。
  81. ^ 研究グループには、応用ロボット学、知能ロボット学、パターン計測、ヒューマンインタフェースがある。
  82. ^ 研究グループには、微分方程式、応用解析がある。
  83. ^ 研究グループには、統計解析、データ科学がある。
  84. ^ 研究グループには、統計的推測決定、ファイナンス数理モデル、確率解析がある。
  85. ^ 研究グループには、複雑システム、システム計画数理がある。
  86. ^ 2016年入学生用の学生募集要項(博士前期課程[6]、後期課程[7]
  87. ^ 言語文化比較交流論、言語文化システム論、超域文化論を中心に履修
  88. ^ 言語コミュニケーション論、言語文化教育論を中心に履修
  89. ^ 言語情報科学、言語認知科学を中心に履修
  90. ^ 2016年度 言語文化研究科言語社会専攻/日本語・日本文化専攻博士前期課程学生募集要項 (PDF) による。なお、大阪大学大学院言語文化研究科規程では、コースに関する言及はない。
  91. ^ 専攻言語は、中国語、朝鮮語、モンゴル語、インドネシア語、フィリピン語、タイ語、ベトナム語、ビルマ語、ヒンディー語、ウルドゥー語、アラビア語、ペルシア語、トルコ語、スワヒリ語
  92. ^ 専攻言語は、ロシア語、ハンガリー語、ドイツ語、デンマーク語、スウェーデン語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語
  93. ^ 2016年入学生用の学生募集要項2016年度 生命機能研究科博士課程募集要項〔5年一貫制博士課程〕 (PDF) では、「研究分野」という表記になっている。
  94. ^ 理化学研究所統合生命医科学研究センターと連携
  95. ^ 医薬基盤研究所
  96. ^ 理化学研究所生命システム研究センター
  97. ^ 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター
  98. ^ 5年一貫型の博士課程教育を行う。前期課程合格者が応募できる
  99. ^ 文学研究科(文化形態論専攻、文化表現論専攻)、人間科学研究科、法学研究科、経済学研究科、理学研究科、医学系研究科(医学専攻、保健学専攻)、歯学研究科、薬学研究科、工学研究科、基礎工学研究科、言語文化研究科、国際公共政策研究科、情報科学研究科、生命機能研究科の学生が対象
  100. ^ 理学研究科(生物科学専攻)、医学系研究科、歯学研究科、薬学研究科、工学研究科(生命先端工学専攻、応用化学専攻、環境・エネルギー工学専攻、ビジネスエンジニアリング専攻)、生命機能研究科
  101. ^ 基礎工学研究科(物質創成専攻、システム創成専攻)、理学研究科(物理学専攻、化学専攻、高分子科学専攻)、工学研究科(マテリアル生産科学専攻、応用化学専攻、精密科学・応用物理学専攻、生命先端工学専攻)の学生が対象
  102. ^ 文学研究科(文化表現論専攻、文化形態論専攻)、人間科学研究科、法学研究科、経済学研究科、医学系研究科(医学専攻、保健学専攻)、工学研究科(地球総合工学専攻・ビジネスエンジニアリング専攻)、言語文化研究科、国際公共政策研究科の学生が対象
  103. ^ 情報科学研究科(情報数理学専攻、コンピュータサイエンス専攻、情報システム工学専攻、情報ネットワーク学専攻、マルチメディア工学専攻、バイオ情報工学専攻)、基礎工学研究科(機能創成専攻、システム創成専攻)、生命機能研究科の学生が対象
  104. ^ 大阪大学附属図書館とは
  105. ^ 分野:分子細菌学、ウイルス感染制御、分子ウイルス、感染病態、感染微生物
  106. ^ 分野:分子免疫制御、自然免疫、免疫化学
  107. ^ 分野:遺伝子生物学、発癌制御研究、情報伝達、細胞制御、ゲノム動態研究グループ
  108. ^ 分野:遺伝子機能解析、ゲノム情報解析、感染症メタゲノム研究
  109. ^ 分野:細菌感染、分子原虫学、ウイルス免疫
  110. ^ 臨床感染症学研究グループ、病原体同定研究グループ、新興ウイルス感染症研究グループ、病原微生物資源室
  111. ^ 研究部門:モデル生物、細胞老化
  112. ^ 細菌感染部門、ウイルス感染部門、薬剤耐性菌部門、感染症治療薬開発部門、大阪-マヒドン感染症センター
  113. ^ プロジェクト:ワクチン動態、ワクチン創成、粘膜ワクチン
  114. ^ 研究分野:量子システム創成、半導体量子科学、先進電子デバイス、複合知能メディア、知能推論、知識科学、知能アーキテクチャ
  115. ^ 研究分野:自然材料機能化、半導体材料・プロセス、先端ハード材料、先端実装材料、励起物性科学、量子ビーム発生科学、量子ビーム物質科学
  116. ^ 研究分野:励起分子化学、機能物質化学、精密制御化学、医薬品化学、生体分子反応科学、生体分子制御科学、生体分子機能科学
  117. ^ 研究分野:トランスレーショナルデータビリティ、新産業創造システム、知的財産
  118. ^ 研究分野:第1プロジェクト、第2プロジェクト、第3プロジェクト
  119. ^ 専任研究分野、所内兼任分野、客員分野、学内兼任分野
  120. ^ 分野:エネルギー制御学、エネルギー変換機構学、加工プロセス学、レーザプロセス学、先端基礎科学
  121. ^ 分野:溶接機構学、接合界面機構学、複合化機構学
  122. ^ 分野:接合構造化解析学、接合構造化評価学、接合設計学、信頼性評価・予測システム学
  123. ^ 分野:スマートコーティングプロセス学、ナノ・マイクロ構造制御プロセス学、スマートグリーンプロセス学、ライフイノベーション材料プロセス学
  124. ^ グローバルCOEプログラム委員会. “平成19年度グローバルCOEプログラム審査結果 (PDF)”. 2008年11月15日閲覧。
  125. ^ クラブ・サークル紹介 — 大阪大学
  126. ^ 平成14年3月6日「明道館部室内の物品等調べについて」大阪大学学生部
  127. ^ 明道館で2度の不審火 見直される管理体制 | 大阪大学POST 2008年7月9日
  128. ^ 明道館が火事になりました。
  129. ^ 文学部・文学研究科同窓会
  130. ^ これを教訓に、九州大学では郊外移転計画において医・歯・薬・医療・学部および附属病院は都心部に留まった。『九州大学医学部百年史』
  131. ^ 自転車使用と通学に関するルール — 大阪大学
  132. ^ 大阪大学構内交通規制実施細則
  133. ^ 大阪大学総合学術博物館 概要リーフレットより
  134. ^ 産経新聞朝刊2002年1月6日 国立大の統合加速 「合意」「検討」7割 本紙アンケート
  135. ^ 産経新聞朝刊2002年1月25日 「国立大 36校で統合協議 群大など4校連携も 文科省検討状況調査」
  136. ^ 大阪大・大阪外大統合の歴史分析〜固有の組織文化はどのように維持されるのか〜 大阪大学 経済学部 関口ゼミナール - PDF
  137. ^ 産経新聞朝刊2006年3月24日「阪大と大阪外大 来年10月統合で合意 国際教育、より多彩に」
  138. ^ 産経新聞朝刊2015年6月18日「阪大、箕面キャンパス移転へ 北大阪急行延伸の新駅前に」
  139. ^ 北大阪急行延伸 新駅前に大阪・箕面市が文化拠点施設…ホールや図書館、生涯学習センター(1/2ページ) - 産経WEST
  140. ^ 産経新聞朝刊2014年12月1日「知と技のコラボ」箕面船場 夢広がる新駅
  141. ^ 産経新聞朝刊2015年6月18日「阪大、箕面キャンパス移転へ 北大阪急行延伸の新駅前に」
  142. ^ 大阪大学箕面キャンパスの移転について — 大阪大学
  143. ^ 阪大箕面キャンパス移転へ 平成33年オープン、新設駅前に - 産経WEST
  144. ^ 放送大学 2018年度 単位互換案内 (PDF) p.12
  145. ^ 大阪大学との連携 Archived 2007-09-28 at the Wayback Machine. 吹田市
  146. ^ a b 阪大NOW No.96 2007 4月号 (PDF) p.39「豊中市および箕面市と連携協力に関する包括協定締結」
  147. ^ 大阪大学と箕面市が包括協定を締結! - ウェイバックマシン(2007年9月27日アーカイブ分) 箕面市
  148. ^ 阪大NOW No.97 2007 6月号 (PDF) p.28「茨木市と連携協力に関する協定締結」
  149. ^ a b 阪大NOW No.98 2007 8月号 (PDF) p.32「大阪市及び池田市と連携協力に関する協定締結」
  150. ^ 大阪大学と大阪市とが「連携協力に関する包括協定」を結びます 大阪市計画調整局
  151. ^ 阪大NOW No.102 2008 2月号 (PDF) p.29「堺市との連携協力に関する包括協定締結」
  152. ^ 堺市と大阪大学とが連携協力に関する協定書を締結しました Archived 2012-05-16 at the Wayback Machine. 堺市
  153. ^ 阪大NOW No.107 2008 12月号 (PDF) p.40「摂津市と連携協力に関する包括協定締結」
  154. ^ 阪大NOW No.126 2011 8月号 (PDF) p.53
  155. ^ ダイキン、阪大とIoT・AI研究 10年で56億円提供日刊工業新聞』2017年6月26日(電機・電子部品・情報・通信面)2018年6月11日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大阪大学」の関連用語

大阪大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大阪大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大阪大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS