ひろし)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 文語活用形辞書 > ひろし)の意味・解説 

広し

読み方:ひろし

ク活用形容詞「広し」の終止形
「広し」の口語形としては、形容詞「広い」が対応する

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

HIROSHI

HIROSHIの画像 HIROSHIの画像
芸名HIROSHI
芸名フリガナひろし
性別男性
生年月日1961/8/10
星座しし座
干支丑年
血液型O
出身地東京都
身長174 cm
URLhttps://www.sunmusic-gp.co.jp/talent/HIROSHI/
プロフィール在学中よりリチャード・クレイダーマン曲集月刊キーボードマガジンショパン等の音楽雑誌において執筆編曲活動開始。クラシックからロックポップスはたまた演歌までジャンル垣根越えた幅広いスタイルこなせるピアニスト/キーボーディストとして活躍し卒業後ピアノ教育研究家・大村典子氏とのコンビによる公開セミナー共同執筆手がける従来堅苦しいピアノ音楽会のイメージ打ち破るユニークかつ、エンターテイメント性の高いライブ活動を展開。変化に富んだメドレー物や、右手ポップス/左手でクラシックの同時演奏等、斬新かつ奇想天外な独自のピアノ・サウンドを確立
代表作品1年1999
代表作品1TBS輝く!日本レコード大賞
代表作品2年2006
代表作品2CDシングルごめんね
代表作品3年1998
代表作品3雑誌月刊ピアノ
職種音楽
趣味・特技ニューヨークラスヴェガスでのショーミュージカル鑑賞

» タレントデータバンクはこちら

読み方
ひろし

読み方
ひろし

読み方
ひろし

ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 16:33 UTC 版)

ひろしは、日本人男性の(名前)の一つ。




「ひろし」の続きの解説一覧

ひろし(声:真地勇志(CDサッカー編))

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 22:38 UTC 版)

くにおくんシリーズ」の記事における「ひろし(声:真地勇志(CDサッカー))」の解説

熱血高校ドッジボール部員他のメンバー同様、様々なスポーツ対応できる才能を持つ。どのスポーツでも守備を得意とする。『第1作』から登場しているくにおの親友・ひろしと設定上の同一人物だが、作品毎にキャラクタードットが異なる。代表的な必殺技は「分裂シュート」と「スネークシュート」。

※この「ひろし(声:真地勇志(CDサッカー編))」の解説は、「くにおくんシリーズ」の解説の一部です。
「ひろし(声:真地勇志(CDサッカー編))」を含む「くにおくんシリーズ」の記事については、「くにおくんシリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ひろし)」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ひろし

出典:『Wiktionary』 (2021/10/10 16:19 UTC 版)

語源

日本祖語 *pirə

発音

三拍形容詞二類(?)

形容詞

ひろしし】

  1. 広い広々としている。広大だ
  2. 多い大勢である。栄えている。
  3. 行き渡っている。
  4. 寛大である。心が広い。ものにこだわらない
基本形 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用種類
ひろし ひろ -く -く -し -き -けれ ク活用
-から -かり -かる -かれ

諸言語への影響


「ひろし」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ひろし)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ひろし)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひろし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのくにおくんシリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのひろし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS