グラウンドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > グラウンド > グラウンドの意味・解説 

グラウンド【ground】

読み方:ぐらうんど

《「グランド」とも》

地。地面土地

運動場競技場球技場野球場。「ホーム—」

基礎土台。「バック—」


GROUND

オムロピクチャーズ配給 


グラウンド

名前 Ground

グラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 05:20 UTC 版)

グラウンド(ground)




「グラウンド」の続きの解説一覧

グラウンド(多目的グラウンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 22:29 UTC 版)

近江八幡運動公園」の記事における「グラウンド(多目的グラウンド)」の解説

グラウンドはA面B面C面3つ分けられるC面芝生(天然芝)である。サッカー1面ジュニア用なら2面)を取ることができる。 A面及びB面は土である。野球2面ソフトボール6面を取ることができる。

※この「グラウンド(多目的グラウンド)」の解説は、「近江八幡運動公園」の解説の一部です。
「グラウンド(多目的グラウンド)」を含む「近江八幡運動公園」の記事については、「近江八幡運動公園」の概要を参照ください。


グラウンド(地上管制席)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 05:42 UTC 版)

航空交通管制」の記事における「グラウンド(地上管制席)」の解説

グラウンド(GND)は航空機などの地上走行タキシング)・移動指示を与え管制部門である。比較交通量の多い空港設置されている。正しくはgrand雄大な立派なではなく「グラウンド」(ground地上)なのだが転訛発音定着してグランド」ともいう。 出発の場合は管制承認受けたのち(計器飛行方式により飛行する場合のみ)、グラウンドと交信して、滑走路停止位置までの走行経路指示されるその後タワーとの交信指示され離陸許可を待つ。 到着の場合は滑走路へ着陸後タワーからグラウンドに引き継がれ空港内スポット駐機場)への走行経路指示される。 グラウンドは、滑走路エプロン内を除く空港内での航空機業務用車両牽引車除雪車路面点検車両など)の移動管制業務対象とするこのため出発機や到着はもちろん夜間のスポットチェンジなど牽引車航空機移動させる場合にも、許可指示を与える。走行経路や、誘導路交差点で「止まれ」「走行支障なし」を指示する道路交通における交通信号機同じような役割である。一般的に航空無線公用語は英語であるが、航空機以外業務用車両交信する場合は、現地言語行われる事もある。なお、滑走路に係る地上移動滑走路横断など)はローカル・コントロール管轄する日本では航空管制官管制するほぼすべての空港設置されている。 交信Japan Air 501, Push back approved. Except Runway 34R.日本航空501便、プッシュバック許可します使用滑走路は34R。 Japan Air 501,Push back approved. Heading south.(approvedまで上と同じ)機首南に向けよJapan Air 501, Runway 34R. Taxi to holding point via W-4, A, H.日本航空501便、使用滑走路は34Rです。滑走路停止位置まで誘導路W-4A・H地上走行して下さい

※この「グラウンド(地上管制席)」の解説は、「航空交通管制」の解説の一部です。
「グラウンド(地上管制席)」を含む「航空交通管制」の記事については、「航空交通管制」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「グラウンド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「グラウンド」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



グラウンドと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

グラウンドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グラウンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグラウンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの近江八幡運動公園 (改訂履歴)、航空交通管制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS